塩レモンで痩せられる?!ダイエット効果の真相調査!

ダイエット…これは男性も女性も生きている限り、永遠のテーマかもしれませんよね。カロリーを気にせず、色々な物をどんどん食べても痩せている方は本当に得だと思います。そんな体質に生まれたかったと嘆いている人も多いでしょう。

しかし殆どの人達は、やっぱり食べ過ぎると太ってしまうものです。自分だけが食べたら太ってしまうわけではないので、そのあたりに関しては卑屈になる必要は全然ありませんよ。

今では色々なダイエット方法が出てきていますが、例えば今、話題の塩レモン、積極的に摂取すると痩せると言われているんです!

しかし、それは本当なのでしょうか。その辺りの真相について探ってみたいと思います。

塩レモンが痩せると言われる所以!ズバリ秘密はレモンにあり!

塩レモンの作り方は実に簡単で、適度にカットしたレモンをたっぷりの塩につけて発酵させるだけの実にシンプルなものです。

それを調味料として料理などに使うことによって、ダイエット効果が期待できると言われているんです。

塩味のついたレモンですのでそれをお肉などと一緒に焼いたりするだけで、さわやかなレモンの風味の、そして塩味のあっさりとしたステーキが出来上がります。

魚などを一緒に焼いたりするとレモンの風味で、生臭みが取れ、ちょっとしたおしゃれな料理に変身します。

そしてこのレモンにはクエン酸がたっぷりと含まれており、食べ過ぎた糖質をエネルギーに変換する時、このクエン酸の働きで、より効率良くエネルギー変換でき、代謝がアップして痩せやすいと言われているんです。

水太りに効果的?!塩レモンにより塩の摂取量が減らせる!

料理には塩がつきもので、欠かすことができません。

しかし、塩分をたくさんとりすぎてしまうとどうしてもむくんでしまい、溜まりすぎて水分が上手に排出されにくくなるんですよね。

そうなるといわゆる水太り状態に近くなり、今までスムーズに履けていたデニムなどがきつく感じられるのではないでしょうか。

靴下の跡や靴の跡などが足首や足の甲などにくっきり残るようになり、ちょっと恥ずかしい思いをすることもあるのではないでしょうか。

しかし、塩レモンを利用することで料理にダイレクトに塩を使う時よりも、塩分量を減らせると言われています。

レモンの持つ風味がとても爽やかで、少々塩の利用量を減らしてもレモンの香りで料理の味わいが引き立ちますので、美味しく調理することができるんです。

要するにレモンの風味が料理を引き立てるので、塩分を減らしても、味を上手にごまかすことができるということにつながるわけですね。

また、塩分量を減らすことができれば水太りを解消するだけでなく、高血圧予防や動脈硬化予防などにも大きく貢献しますので塩分過多が気になっている方にとっては、塩レモンは非常に効果的だと思います。

結論!劇的なダイエット効果は正直、感じられないかも…

今何かと話題になっている塩レモンではあるものの、正直、体の脂肪を減らすなどといった本格的なダイエット効果は見込めないと言えるかもしれません。

ただ、料理にダイレクトに塩を使うよりも、塩レモンを使うことでクエン酸の働きや、塩分過多を防ぐことができる可能性がありますので、体のむくみはすっきりと解消でき、その分のサイズダウンに繋がる可能性はあります。

つまり、体の中に水分を溜め込み難い状態を作ることはできるかもしれません。

ただそれは脂肪の排出とはまた別の話となってきますので、BMI指数が減ると言ったことには残念ながら繋がらない…と思っていた方が良いでしょう。

ただレモンには美白効果などもありますし、身体に良い成分がたっぷりと含まれている果実です。

ビタミンC不足に陥っている方達はとても多いですので、塩レモンを作って常備しておき、料理を作る際に塩の代わりに積極的に取り入れると良いでしょう。

塩レモンを使って料理をしたら、すごく美味しくて今度は食べ過ぎてしまわないように注意してくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.