くるみはダイエット効果ある!?カロリーも高いけど栄養価も高い

くるみは、パンやスイーツなどに含まれ、食感や香ばしさを良くするために欠かせない食材と言えます。

もちろんそのまま食べることも可能で、好んで食べている方も多いのではないでしょうか。

栄養も豊富に含まれ、健康食品とも名高いくるみですが、ダイエットにも効果があると言われています。

そこで今回は、くるみのダイエット効果について詳しくご紹介していきます。

また、実践方法についても説明していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

腹持ちがいい?くるみのダイエット効果とは

くるみは、意外にも脂肪分が多い食品だとされています。

約6~7割は脂肪で占められており、ダイエットには不向きと感じる方も多いと思います。

しかしながら、くるみに含まれている成分のa-リノレン酸が、ダイエットに効果的だと言われています。

悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、代謝を上げる効果が期待できます。

そのため基礎代謝能力が上がり、脂肪を燃やしやすい体を手に入れることができるのです。

くるみは、比較的高カロリーな食品ではありますが、適量なら太りにくいものだと言えます。

また、腹持ちが良いとされ少量でも満腹感を得やすい食品でもあります。ダイエット時には、空腹感を我慢しなければならないことが多くなりがちです。

しかしくるみを食べることでお腹が空きにくくなり、余分なカロリーを摂取しなくて済むことが考えられます。

空腹を我慢していると、ストレスを溜めてしまい体調不良を引き起こすおそれがあります。

くるみダイエットは、充分な効果を得られるだけでなく、健康面にも配慮できるダイエットなのです。

お菓子はダメ!くるみダイエットのやり方

くるみダイエットの実践法は、食事に取り入れることや、1食の食事を置き換える方法などが挙げられます。

難しい方法ではないため比較的どなたでもすぐに始めやすいという利点があります。

ただし、くるみが含まれている食品であれば、なんでも食べていいわけではありません。

お菓子やパンなどに含まれているくるみでは、余分なカロリーを摂取してしまい、くるみのダイエット効果を十分に活かすことが困難です。

また、あまり加工されすぎたくるみも塩分が過剰に含まれていることがあります。

そのためなるべくプレーンな状態で販売されているくるみを選択しましょう。そうすれば、しっかり代謝を上げることができ効果的なダイエットにつながるはずです。

また、くるみは酸化しやすい食品であるとされています。購入する際は、小分けのものや殻付きにものを選び、日持ちしやすいものを選ぶことも大切です。

酸化してしまうと栄養分を失ってしまうおそれがあるため十分注意しましょう。

食べすぎてもいけない!くるみダイエットの最適な摂取量

くるみは、栄養価が高い食品ですが、反面高カロリーでもあります。

そのためあまりにも大量に摂取するとカロリー過多になってしまうおそれがあります。

とくに置き換えダイエットを行っている方は注意が必要です。

くるみの摂取量の目安としては、40g程度にしておきましょう。カロリーで表すと約270kcalとなり、ダイエットの1食として最適な量となるはずです。

また、3食ともくるみを食べることもおすすめはできません。

不足な栄養を補うことも大切であり、他の食事でしっかり必要な栄養を摂りましょう。そうすれば健康的なダイエットができるはずです。

くるみに飽きたら料理に活用しよう

ダイエットを長期継続するためには、多少食品にも工夫が必要です。

常に同じ食べ方をしていると、味に飽きてしまいモチベーションが低下してしまうおそれがあります。

そのためくるみの食べ方も工夫して、しっかり続けられるように試行錯誤することが大切です。

比較的手軽な方法として考えられるのは、サラダやシリアル、炒め物などに加えることではないでしょうか。

料理に自身がなくても手軽に実行でき、味を変えることが可能です。

料理に加える場合は、他の食材で適切に栄養を補いましょう。また、ダイエット効果が高いものを一緒に加えることで、相乗効果が生まれる可能性があります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.