下腹ぽっこりを解消!短時間の簡単な運動でスッキリお腹になる

素敵な服を着てみたんだけれど、お腹がぽっこりで着られない。体重が重い訳じゃ無いんだけれど、お腹まわりが心配。すっきりとしたお腹が理想。けれど、現実はぽっこりお腹。そんな人は沢山、いると思います。そんな方に簡単な運動で、ぽっこりお腹をすっきりお腹にする方法をアドバイスします。

運動方法の紹介

運動のために高い器具を購入したり、専用の施設に行く。あるいは、長時間が必要。と、言うわけではありません。

効果的にやれば短時間でお金をかけずに可能なのです

ストレッチ

まずストレッチがオススメです

お腹ダイエットのためのストレッチはいろいろとありますが、伸ばす事と捻る事が基本です。筋トレを行う前に筋肉を夜話楽すれば、さらに筋トレの効果があります。

伸ばす運動
ここでは、二種類の方法をご案内します。準備のストレッチとクールダウンのストレッチと案内します。

準備のストレッチ

  • まず背伸びをするように両手をのばして頭の上で組む
  • その状態で左右に体を倒す。その結果、体の横部分がしっかり伸びます

クールダウンのストレッチ

  • 立ち姿勢で両手を腰に当てる
  • ゆっくりと瀬をそらして元に戻す

ひねり運動
こちらは準備のストレッチです。伸ばした後に捻ってみてはいかがでしょうか?

肩幅に足を開いた状態で立ち、左右に体を捻る

ストレッチは準備運動でありクールダウンでもあります。筋トレを行った後にやるのも効果的かもしれません。また、ダイエットに関係無く毎日やる事でリラックス効果もあります。

筋トレ

お腹周りをすっきりさせるには、まず大切なのは脂肪を取ること? と、思っているかたもいるかもしれませんがそれは間違いです。

確かに脂肪を取ることは大切ですが、それ以上に大切なのはお腹の筋肉です。お腹は、筋肉不足でぽっこりと出てくるのです。腹筋があると、下がっていた内臓が上に押し上げられてお腹がすっきりとするのです。そのために、腹筋を鍛える事がオススメです。

それでは、腹筋方法の一つ、クランチをご紹介します。

  • 仰向けに寝た状態で足を上げて膝を九十度にあげ頭を上げる
  • その状態で四秒、かけて肩が上がるところまで状態をおこします
  • 四秒かけて元の姿勢を戻す

これらを、五回から十回ほど繰り返すのを1セット。

それを、二回から三回繰り返してみましょう。

この時、腹筋が使われている事をしっかりと意識しておくと効果的です

また、反動をつけないように気をつけてください。

最後に注意事項ですが、筋トレは毎日行うと帰って良くないことが行われます。筋トレは、筋肉に負担が掛かり、傷つきます。それは、二日から三日掛けて修復されて強くなります。そのため、修復されてからまた行う事がオススメです。

なので、一週間に二回だけで良いのです。
だから、毎日続けるのが面倒と言う人でも大丈夫です。

続いて、ウォーキングです。言ってしまえば、歩くと言うことですがお腹ダイエットには欠かせない運動です。いつもより、腹筋を意識して歩くだけで余分な脂肪は燃焼される有酸素運動と腹筋運動ができます。日常動作にも入れやすいので、もっとも簡単にできると思います。

この時の注意点です。

  • 背筋は伸ばす
  • 腕を大きく振る
  • 出来るだけ大股にする
  • 姿勢を崩さずリズムよく歩きましょう。二十秒歩くだけで、効果があります

ウォーキングなどは、有酸素運動でもあるので毎日行う方が効果的です。

ダイエットの基本は適度な運動とバランスの良い食生活

いろいろと説明をしましたが、あくまでも運動は補助の一つです。筋トレをしているから、運動をしているからと考えて、食べ過ぎたりそれだけしか運動をしない。と、言う事をしていたら痩せることは難しいです。

なので、ちゃんとバランスの良い食事を取りましょう。また、他にも効果的な運動などがあるかもしれませんので、そちらを参考にしてみてもいかがでしょうか?
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.