ただいま糖質制限中!付き合いで外食しなければならない時の注意点

ただいまダイエット中!という方、とても多いと思います。

男性も女性もダイエットに励んでいる人、多いですよね。

今、ダイエットは色々なやり方があるのですが、ブームになっているのは糖質制限です。

非常に効果的なダイエット方法なのですが…例えば仕事の帰りなどに付き合いで外食しなくてはならないことがあると思います。

今、糖質制限中だから外食はできないんです…と突き放すことが難しい場合も多いですよね。

しかし、本当に外食は糖質制限の妨げになるのでしょうか。

少し工夫すれば、十分に外食でも糖質制限ダイエットを行えるのではないでしょうか。

その辺りについて詳しく調べてありますので是非、参考にしてほしいと思います。

食べ方注意!主食系を減らす事のみ重視しよう!

今一番流行っているダイエット方法、糖質制限ダイエットはとても簡単なダイエット方法で、実行している方もとてもたくさんいます。

特に糖尿病患者などにも効果のあるダイエット方法ですので、有名なお医者さんが今、一番推奨しているダイエット方法だと言っても良いでしょう。

理屈は簡単で、糖質を制限するだけです。

日本の食事で糖質といえばご飯、うどん、麺類、そして洋食ならばパン…要するに主食となるものが糖質の代表とされています。

これらを一切体の中に摂取しないことによって、余分な脂肪が体に蓄積せず、血糖値も上がらず、急速に痩せる体質になれるんです。

付き合いで外食をしなければならない時、どうしても糖質量が多い食事に付き合わなくてはならない時もあるでしょう。ただ、今、糖質制限中であることを一緒に行く人に告げた方が良い時もあります。

正直に言う事で、食べる内容をチェンジしてくれる可能性もありますよね。

例えばお寿司屋さんを焼肉屋さんやステーキの店に変えるだけで、糖質制限がしやすくなりますので、予定を変更できそうな感じならば正直に告げた方が良いかもしれません。

糖質制限は何も付き合いができないようなダイエット方法ではありません。

相手に誤解を与えないように、きちんとその旨を話した方が変なわだかまりがなくなり、良いかもしれません。

糖質さえ取らなければ、いっぱい食べても大丈夫なのが糖質制限ダイエットの魅力となりますので、付き合いで食べるお店の料理内容だけ気をつければ、全く問題はありません。

お酒の席では食べ過ぎ注意!

付き合いで外食をする場合、お酒を飲むことがとても多いと思います。

お酒を飲むと気が大きくなり、どうしても食べ過ぎてしまう傾向が強いんですよね。

今まで一生懸命ダイエットをしていてもお酒をたくさん飲んでしまったせいで気が大きくなり、ダイエットに対してのモチベーションが下がってしまうことがよくあります。

ダイエットはモチベーションがとても大切になりますので、たった1日、ハメを外したことで緊張の糸が切れ、そこから立て直しをするのに苦労する人もとてもたくさんいます。

ですので、付き合いでお酒を飲むときは必ず適量を守るようにしましょう。

また、お酒の席は味の濃いものを食べてしまう傾向が強くなります。

味の濃いものは塩や砂糖などがたくさん使われていることが多く、糖質制限には不向きだったりします。

少量のお酒ならばかまわないのですが、みんなといる時間が長くなればそれなりお酒の量も自然と増えてしまいますので、気を付けるようにしましょう。

外食でもまずサラダ!ここが肝!

外食をする際に食べ物のオーダーをするとき、必ずサラダを頼むようにしましょう。

できるだけ、多めのサラダを頼んだ方が良いですね。

サラダは本格的な食事が来る前に食べておくと、後で食べる糖質をブロックする作用があります。

血糖値が上がりにくくなりますので、糖尿病患者の方にもおすすめの食べ方です。

この食べ方は医療機関でも推奨している食べ方ですので、ぜひ実行するようにしてください。

またサラダをしっかり食べることで胃の中で嵩まししますので、過食を防ぐこともできます。

もちろん、ビタミンもたっぷり取ることができます。

  • 血糖値を上げない
  • 過食を防ぐ
  • ビタミンもしっかり取れる

上記のような作用があるため、ダイエット中のサラダは鉄板と言えるでしょう。

色々な酒の肴やお料理などが運ばれてきても、それよりも先にしっかりとサラダを食べる癖を付けておきましょう。

糖質の少ない野菜サラダをチョイス!野菜にも糖質多し!

本格的な料理が運ばれてくる前に野菜サラダをしっかり食べることで血糖値が急激に上がらず、過食を防ぐことができるという話をしましたが、ここに少し注意点があります。

実はサラダも野菜によっては、糖質が多いものがあります。

メニュー表などを見て、サラダに色々な種類があるのならば、できるだけ糖質の少ない野菜が入ったサラダを頼むようにしてください。

野菜に甘味がある場合は思いの外、糖質が含まれているものがありますので、野菜はどれでもヘルシーであるとも言い切れないんです。

意外なのですが、糖質制限をしている場合は野菜にも気を配る必要があります。

各野菜にどれだけの糖質があるのか、前もって調べておきましょう。

食べて良い野菜、食べてはいけない野菜がありますので、把握しておくことが大切になります。

焼き肉、焼き鳥、誘われたら即オッケー!

糖質制限をしている方、焼肉や焼き鳥などに誘われた場合、どうぞ食事に付き合ってほしいと思います。

外食の中でも焼肉や焼き鳥を食べに行く人はダントツに多いのではないでしょうか。

焼肉や焼き鳥は高タンパクのものになりますので、糖質制限をしている方は非常に向いている外食メニューとなるんです。

ただし、ここからが重要なのですが、焼肉や焼き鳥を食べるとご飯が欲しくなったりする人が多いと思います。しかし、それに関してはぐっと我慢をしなくてはなりません。

食べたとしても、ほんのお茶碗に半分くらいの量で留めておくようにしてください。どうしても食べたくなったら赤身のお肉を倍注文したり、サラダを食べたりしてご飯を食べたい欲求をなんとかごまかしましょう。

また、焼肉のタレの甘味の強いものにも注意をしてください。

付けるのであればたっぷり付けずに少量だけにしてください。

焼肉や焼き鳥は糖質制限をしている方で利用している人は多いと思います。

付けダレだけ気をつけて食べると十分に糖質制限ダイエットをしていることになりますので、是非、利用してほしいと思います。

体の冷えはNG!氷の入った飲み物ばかり飲まないのも大切!

また、体を冷やす行為はダイエットに大敵です。

外食に行くと飲み物が非常に豊富で、中にはドリンクバーが設置している飲食店も多いのですが、そうなると色々な種類の飲み物を飲む人が多いと思います。

しかし冷たいものばかり飲んでいると体を冷やしてしまい、ダイエットにあまり良い影響を与えませんので、温かい飲み物を注文して体を冷やさないようにすることがとても大切です。

ドリンクバーなどが設置されている飲食店ならば温かい飲み物も飲み放題ですので、十分に体を温めることができると思います。

ダイエット効率を上げるためにも飲み物の工夫も大切ですよ。

ちょっとした気配りがダイエット効果を高めたりしますので、飲み物にも気を遣いましょう。

結論!付き合いは大切!糖質制限しながらでも外食は可能!

結論から言うと、糖質制限ダイエットをやっている最中であっても付き合いは全然できるということになります。

外食する際に食べ方に気をつけたり、注文するものに気を遣うだけで糖質制限ダイエットは継続することができます。

できるだけメニューが豊富なお店に行くことで、より一層糖質制限ダイエットを継続することができますので、付き合いを断ることもありませんし、楽しい時間が過ごせると思います。

外食するというのはストレス発散にもなりますし、精神的にも豊かな時間を過ごすことができますので、ダイエット中は特におすすめですよ。

是非、楽しい食事の時間を楽しんでくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.