運動して痩せる!ダイエットに効果的な方法はコレ!

健康的にダイエットしたい!それなら食事でのダイエットに加えて痩せる為の運動がかかせません。運動だけで痩せたい?そんな人にぴったりの運動方法についてお話ししましょう。

運動することで美しくメリハリのあるボディを作る!毎日続ける簡単な有酸素運動から、筋肉を増やす筋トレまで。ダイエットに効果的な運動方法を知りたいと思っているあなた!必見ですよ。美しい身体づくりの為の参考にして下さいね。

運動だけで痩せられる?ダイエット効果のある運動はコレ!

ダイエットしたいと考える人は多いですよね。食事によるダイエットが大半でしょうが、運動する事で脂肪を燃焼させてすっきり痩せたいと考える人も多いです。効率良く痩せる為にはどのような運動をするのが良いのでしょうか。

まず、ダイエット効果があるといわれる運動についてお話ししていきましょう。一番よく知られているのがジョギングやウォーキングですよね。走ったり歩いたりすることで痩せやすい身体を作る運動です。

ジョギング・ウォーキングで無理なく脂肪燃焼

ジョギングやウォーキングは何といっても習慣化できる手軽な運動です。シニアの方でもウォーキングは無理なく行える運動として人気です。

余分な脂肪を燃焼させてくれる有酸素運動としてダイエットにももちろん効果的ですよ。

最初からマラソン選手のように早く走ったり、長く歩く必要はありませんよ。自分でできる範囲を守り、ジョギングなら最初はスロージョギング、ウォーキングなら20分くらいを目安に始めるとよいですよ。

効果的なジョギング・スロージョギングの方法

  • 背筋を伸ばし前傾姿勢で顎を少し上げる
  • かかとを上げアキレス腱を延ばすように走る
  • 身体を上下に揺らすようにゆっくり走る

ジョギングは時速約8km、スロージョギングは時速約4kmといわれています。最初はゆっくりとスローペースで無理なく続けることをお奨めします。

スロージョギングで消費するエネルギーは15分で50kカロリー、ジョギングでは倍の100kカロリーです。慣れてきたら20分、30分と時間を長くされるのも良いですが、くれぐれも無理のないようにして下さい。

効果的なウォーキングの方法

  • 背筋を伸ばし視線は前方
  • 親指に力をいれて地面を蹴りかかとから着地
  • 散歩よりも少し早めのスピードで歩く

景色を見ながら友人同士話し合って歩くのは散歩です。

ウォーキングは真っ直ぐに前を向き、スローペースでも散歩よりも少し早めで歩きます。

話をしながらでももちろん良いのですが、少しスピードが速い分話していると息が上がりますよ。

歩く時の姿勢はジョギングと同様に背筋を伸ばし、視線は前向きです。あくまでも運動ですから足先にも神経を使うことが必要です。

効率よく酸素を体内に取入れることで、体の中の脂肪を燃焼させることが期待できるのです。姿勢を正して早歩き程度の速度で歩きましょう。

運動を上手に取り入れてメリハリある美しいボディを作る

ダイエットというと体重の減少ばかりに目が行きがちですが、痩せるだけでなく、しっかりとくびれのあるウェスト、ほっそりと弛みのない二の腕など、美しいボディ作りも大切ですよね。

このようなメリハリのある美しいボディ作りには、その部位に特化した運動が必要となります。どのような運動があるのか確認していきましょう。

  • 二の腕や全身を引き締めるスクワット
  • 下腹を引き締めるバランスボールなど
  • 太ももを引き締めるペダル漕ぎ運動など

メリハリのある身体作りにはジムなどで行う無酸素運動が適します。

脂肪を燃焼させてダイエットにつなげるのではなく、鍛えることで筋肉を増やし、代謝をよくすることでダイエットにつなげるという方法です。

ジムに通わなくても、自宅でスクワットを行ったり、マシンを使って筋力を鍛え、筋肉を増やすことは可能ですよね。バランスボールや腹筋など効率良い無酸素運動でメリハリのあるボディを手にいれましょう。

有酸素運動と無酸素運動はここが違う

ダイエットに効果的な運動についてお話ししてきましたが、ここで有酸素運動と無酸素運動について少し詳しくお話ししましょう。まずは有酸素運動と無酸素運動にはどのような違いがあるのか確認してみましょう。

有酸素運動 無酸素運動
酸素を使用し長期間継続して行う
軽めの運動
酸素を使用せず短期間で行う
比較的強い運動
酸素を使い体内の脂肪を燃焼する 筋肉を動かすエネルギーを使い
基礎代謝を上げる
水泳、ジョギング、
ウォーキング、サイクリング
ウェイトリフティング、
短距離走、スクワット

有酸素運動と無酸素運動について違いはお分かりいただけたでしょうか。

酸素をエネルギーとし、体内の脂肪を燃焼するのが有酸素運動、筋肉を動かすエネルギーで筋肉を作り、基礎代謝を上げるのが無酸素運動です。

むやみに運動をするのではなく、自分のダイエットに合った運動方法を選ぶ必要があることがお分かりいただけたと思います。ダイエットには主として有酸素運動が取入れられ易いのですが、特に太ももを細くしたい、くびれを作りたいなどの時は無酸素運動を組み込むとよいですね。

効率良い運動と適した食事でダイエットは成功する

ダイエットと運動の関係についてお話ししてきました。健康的に痩せたいと考えているのなら、運動で痩せる努力をするのが一番でしょう。ただ運動だけでは理想の身体を作るまでに長い月日が必要となります。

美しく無理なく痩せるためには、ダイエットに適した食材を使った食事をバランスよく摂り、長く継続できる有酸素運動を日々の日課として行うこと、時には筋肉作りにかかせない無酸素運動を取入れること。

すべてをバランスよく組み込むことで、ダイエットはより完璧なものとなることでしょう。

一番大切なことは途中で投げ出さないこと、その為には無理のない計画をたてること、そして楽しみながらダイエットを行うことが何よりも必要なのではないでしょうか。

理想的なダイエット方法を考える

今回はダイエットに必要な運動のこと、よりダイエット効果を高める為にはどのような運動をすればよいのかをお話ししてきました。そこで無理なくダイエット効果を上げられるのでは、と思われる痩せる為の計画を立ててみました。

  • 毎日100~200kカロリーカットの食事
  • 基礎代謝を上げる為のスクワット
  • ウォーキングを30分以上
スクワットは無酸素運動ですが、有酸素運動のウォーキングと組合すことでより大きな効果が期待できます。この他にも有酸素運動の水泳と無酸素運動の腕立て伏せなど、相乗効果が期待される運動の組み合わせが行く通りかありますよ。

これは無酸素運動の後に有酸素運動を取入れると、活発化した成長ホルモンが酸素とともに脂肪を燃焼するのに役立つ為、よりダイエット効果が期待できるという結果につながるからです。

両方の運動を上手に組み合わせて、より効果的なダイエット計画を立てることが、美しく痩せる為には必要です。もちろん、バランスのよい食事も計画の中に取入れることはいうまでもありませんね。

座ったままで筋トレ!筋力の衰えをカバーしてこっそりダイエット

運動が苦手な人や体を動かす機会があまりなく、筋肉が衰えていると感じる人はいませんか?筋肉が衰えていると太りやすくなったり、不健康の元になったりすることもあるため適度に鍛えることも重要です。 「座ったままできる筋トレ」という方法もあり、鍛える時間がない人でも筋肉を鍛えることは可能です。ここでは座ったままできる筋トレや筋トレだけでダイエットできるのか、筋肉が衰えるとどうなるのか紹介していきます。

ヨガとピラティスはどっちがいい?精神の安定と体の矯正を理解し選ぶ

ヨガとピラティスの違いと選ぶ判断基準を案内できたらと思っております。 どちらも体にも良さそうだし健康に気を使っている人で、なにか習い事を始めたい人にとっては、たまたま友人がヨガもしくはピラティスを勧めてくれたらその違いを別に意識することなく勧められた方を習うかもしれません。 もちろん友人の勧めがあるのだから、いい結果を得られたから勧めてくれているのだろうから問題ありません。 やったことのある

綺麗に痩せるなら筋トレが一番!ただ細くなるよりメリハリで魅力UP

ダイエットは正しい方法で行わないと、たとえ痩せる事ができたとしても見た目が悪くなってしまうということもあります。見た目にこだわりがちな女性の人はただ痩せるだけではなく、綺麗に痩せる事が目標の人もいるのではないでしょうか。 ダイエットで綺麗に痩せるのであれば筋トレを取り入れてみてはどうでしょうか。筋トレにはどんな効果があるのか?効果的に痩せるにはどうすればいいのか?紹介していきます。 どうすれば

後ろ歩きで健康ダイエット!無理をせず自然に痩せられる体づくり

後ろ歩きによるダイエットは、普段の生活で使わない、太ももの内側やお尻の筋肉を使うことができるので、大変効果的です。 後ろ歩きをする際は、最初は家の中でちょっとずつ歩く練習しましょう。まずは鏡を見て、正しい姿勢で後ろ歩きができるようになりましょう。 正しく後ろ歩きができるようになったら、後ろ歩きと前歩きを交互に行い、20分以上歩くことを心がけましょう。歩く場所はウォーキングコースや散歩道でよいで

逆立ちの効果とは?新陳代謝を向上して身体をキレイにシェイプアップ

今まで逆立ちダイエットはあまり聞いたことがありませんでした。ただ健康法として逆立ちを取り入れているという話は聞いたことがあります。 そんなに悪いイメージもありません。むしろ手軽にできて、「体にはいいのではないか」と思っています。 まずは、健康法としての逆立ちをご紹介して、そのあとダイエットになるかどうか検証していきたいと思います。 逆立ち健康法による効能はどんなものか 逆立ちは、どちらかと

朝の運動は自己流?キチンと行わないと危険な起き抜けダイエット

「朝活」という言葉が流行りましたが、朝起きて運動する人は、以前からたくさんいるようです。 ほとんどの人が、日中は働きに出ているでしょうから、朝しか運動する時間がないのも頷けます。 しかし、朝に運動することって、果たして健康に良いのでしょうか? ここでは、朝の運動のメリットとデメリットや、どのような運動が効果的なのか、運動する時間はいつが良いのか?を詳しく解説していきたいと思います。 より効

ダイエット運動をする時間がない!忙しいあなたが痩せる為の解決策

ダイエットは運動をして行うという考えを持っている人もいます。そのため運動する時間がないためにダイエットを諦めてしまう人や、誤ったダイエットをしてしまう人も少なくありません。 今回は運動する時間がない人でもダイエットは可能なのか?紹介していきます。時間がない、けど痩せたいという人は参考にしてみてください。 知っていましたか?ダイエットは運動する時間がない人でもできる! ダイエットは運動する時間

フラフープが上手に回せない…コツを掴んで理想のくびれ実現

フラフープ回せないという問題は子どもだけでなく、大人でも見られるようになってきました。 これは運動不足によるケース、そして生活習慣が元になって起きるケースがあるので、フラフープ回せないというだけで、筋肉量の問題だと思わないほうが良いでしょう。そのため、今回案内させていただく記事を参考にして、フラフープの選び方、使い方、ダイエット方法を正しく知っておいたほうが、より安全にフラフープと付き合っていく

ヤーナリズムで痩せる!今人気のダイエット方法とその効果

ダイエットというのは、なるべく楽をして痩せたいという人がいる一方で、実は、辛くても良いから痩せたいと考えている人も多くいるのです。 そんな辛くても良いからという考えを持っている人ほど、今ではヤーナリズムダイエットのようなダイエット方法を推奨しています。ヤーナリズムは辛い、しかし丁度良いという内容のため、今では女性を中心として人気が上がっているダイエット方法となりました。 ヤーナリズムの基本!他

筋トレで胸を小さくする方法。ウォーキングや食事の工夫も合わせて

筋トレ、栄養摂取でどのような努力をすると、胸を小さくする方法につながるのか案内しています。 昔であれば男女に関係なく、胸が大きくなってしまうというのは、正しく栄養摂取できている、もしくは健康体を意味するものとして評価されました。しかし今では、胸を小さくする方法を知りたい女性が増えており、大きな胸の悩みをSNSなどに投稿している人が増えているのです。 そんな時代だからこそ、今の時代に相応しい胸を
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.