自宅で手軽に!誰でも美尻になれる簡単エクササイズ

昔と比べてお尻が大きくなったような気がする・パンツスタイルに自信がないと感じたことはありませんか?

体が細くてもお尻がだらんと垂れ下がっていたり横に大きく広がっていると、それだけでプロポーションが悪く見えてしまいます。

キュッと上がった綺麗なヒップラインは女性のみならず男性にとっても魅力的に映るものです。

手軽にできて続けやすい、美尻になれる簡単エクササイズについて解説します。

お尻が垂れる原因とは?

お尻が垂れるのは年のせいだから仕方ないと諦めている人もいらっしゃると思います。

しかし、垂れ尻は加齢による筋力低下以外にも様々な原因があるのです。

姿勢や座り方が悪い

姿勢の悪さは垂れ尻を悪化させる大きな原因のひとつです。

椅子に浅く腰掛けて背もたれに寄りかかる姿勢はお尻の真ん中にある仙骨という骨に負担をかけ、骨盤を歪めてしまいます。

骨盤は背骨や股関節と繋がっているため、歪みを放置すると全身のバランスが崩れてお尻の位置が下がります。

脚を組んで座る・正座をする時に足の裏を重ねる・あぐらをかくのも骨盤によくありません。

左右どちらかが必ず上になるような座り方は骨盤が歪みやすくなります。

歩き方が悪い

ヒールの高い靴をよく履いている人に多いのが、膝を曲げる歩き方です。

膝が内側に入ることでお尻の筋肉が正しく使われずにどんどん衰えていき、垂れ尻の原因となります。

ハイヒールなどを履かなくても、普段から内股気味で歩く癖がある場合は要注意です。

下着のサイズが合っていない

きつい下着を着けていると、はみ出したお尻の肉が下に流れて形が崩れてしまいます。

また、締め付けによって血流やリンパの流れが滞ることでセルライトもつきやすくなります。

お尻との間に隙間ができるほどゆるい下着も、下着がお尻をきちんと支えきれないので避けるべきです。

美尻エクササイズで全身もシェイプアップ!

垂れ尻の原因についてはこれまでの説明でお分かり頂けたかと思いますので、ここから先はオススメの美尻エクササイズをいくつか紹介していきます。

ドンキーキック

美尻エクササイズの中でも王道と言えるのがドンキーキックです。

大臀筋とハムストリングを鍛え、お尻と太ももを引き締める効果があります。

1.四つんばいになり背中を真っ直ぐに伸ばす
2.膝の角度を90度に曲げ右脚を後ろに蹴り上げる
3.床と平行になる位置まで太ももを上げ2~3秒キープ
4.ゆっくりと右脚を下ろし再び後ろに蹴り上げる(下ろした脚は床につけない)
5.2~4を10回繰り返す
6.左脚も同様に行う

背中が丸まらないように注意しながら行いましょう。

目線を斜め下に落とすと正しい姿勢をキープしやすくなります。

ヒップリフト

ヒップリフトは体幹トレーニングとしてもオススメです。

体幹を鍛えると筋肉量が増えて基礎代謝が向上し、痩せやすい体になります。

1.仰向けになり膝を曲げ両腕を軽く広げて床に置く
2.膝から肩まで一直線になるようにお尻を上げ2~3秒キープ
3.ゆっくりとお尻を下ろす(床につく直前で止める)
4.2~3を10回・3セット行う

爪先と膝の向きを揃え、お尻にしっかりと力を入れるのがポイントです。

お尻を床につけると力が抜けて負荷がなくなってしまうので注意しましょう。

クラムシェル

クラムシェルはテレビを見ながらできるエクササイズです。

1.横向きに寝そべり膝を軽く曲げて両脚を重ねる
2.上側の膝を貝のように開き3秒キープしてから閉じる
3.2を10回繰り返した後もう片方の脚も同様に行う

膝を開く時は太ももではなくお尻を使うことを意識し、上半身を動かさないようにしましょう。

ゴムバンドを膝上に通して行うとより効果的です。

お尻を鍛えて理想のプロポーションを手に入れよう

最後におさらいとまとめをします。

垂れ尻の原因は姿勢・座り方・歩き方・下着といった何気ない習慣と密接に関係しています。

エクササイズで適度に筋肉をつけていけば、お尻と一緒に脚やウエストをシェイプアップすることも可能です。

美尻エクササイズは普段運動をしていない人ほど即効性があります。

慣れないうちは少ししんどいと思いますが、猫背や腰痛も改善できるので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.