痩せる体質づくり。毎日の生活習慣を見直してダイエットに繋げよう!

痩せたい痩せたいといいながら、ついつい甘いものはかかせない、運動は苦手。そんな人いますよね。無理なく痩せたい!?それなら日々の生活の中に、取入れて太りにくい身体をつくる。痩せやすい体質に変えていく。

そんな方法を試しませんか?こちらでは、毎日の生活習慣を見直すことで、身体そのものを痩せやすい体質に変える方法について詳しくお話ししています。身体にも良いダイエットを目指しましょう。

ダイエットと生活習慣の深い関係

ダイエットを目指しているのに、食べたいものを我慢するのは嫌、甘いものもお酒もやめたくない、などという人が多いのに驚きます、糖質のとりすぎ、その上適度な運動もしない、これでは身体にも良いわけがありません。

まずはダイエットと生活習慣の深い関係についてお話ししていきましょう。太るということは、体内に脂肪を蓄えてしまっていると考えてよいと思います。もちろん糖質の多いものを摂取し過ぎるということもあるでしょう。

その他の毎日の生活で太りやすくなる体質を作る習慣にはどのようなことがあるのか、確認してみましょう。

  • 夜遅い時間にお酒や甘いものが欠かせない
  • 車での生活でほとんど歩かない
  • とにかく食事時間が早い

夜遅い時間からがお酒を飲みながらピザをつまむ。ストレス解消にとケーキにぱくつく。これはダメとわかっていても、習慣になってしまっている場合がありますよね。その上ほとんど歩かない、運動はしないというのでは太らない方がおかしいです。

だいたい太っている人は、食事の時間が早すぎることも特徴です。食べる時間が早いのです。

その反対にやせている人は食事時間をゆったりととっています。食べ物をゆっくり噛み、時間をかけて食べています。

このことで分かるように、痩せたい人はゆっくりとしっかり噛んで食べるという習慣をつけるようにしなくてはいけません。

まずは痩せやすい体質を作ろう

太りやすい人の生活習慣を踏まえた上で、まずは痩せやすい体質を作る努力がダイエットには大切なのです。痩せやすい体質というのはどうすれば作れるのでしょうか。

食事についていえば、きちんと朝、昼、夜とバランス良い食事を摂ること。出来れば時間を決めて夜の8時までには食べ終えること、ゆっくりと良く噛んで食べることが大切です。

スクワットなど筋トレとジョギングなどを毎日の生活に取入れると、健康の為にも良いですし、続けることによって脂肪燃焼を助けてくれるので、ダイエットを成功に導いてくれますよ。ダイエットに関係する生活習慣のことをもう少し詳しくお話ししていきましょう。

間違ったダイエットは痩せにくい

とにかく食べなければ痩せる、と考えていませんか。確かに食べなければ摂取カロリーが消費カロリーを下回ることで痩せるでしょう。

でも人間の身体は良くできたもので、極短な飢餓状態になると、それに負けないように脂肪を体内に蓄えようとするのです。

結果太りやすい体質になってしまいます。太りやすい体質になってしまうと、ほとんど食べていないのにどうしても太ってしまうという原因のひとつになってしまいます。しっかりと痩せやすい体質に変えていく努力をしていきましょう。

生活習慣を見直すことで健康も手に入れられる

いつも車で通勤するけれど、歩いての通勤に変更してみる。自転車での通勤に変えてみる。エレベーターを使わずに階段で移動する。

痩せる為にはこんな小さな事の積み重ねも大切なのですね。また生活習慣を見直すことは健康にもつながるのです。

ダイエットに成功して痩せたとしても、身体を壊したのでは元も子もありません。健康的で美しく痩せる為にもしっかりと生活習慣を見直していきましょう。3食をきちんと、しかもバランス良く食べることはダイエットには一番必要といわれています。

筋肉を増やすことがダイエットにつながる

ジムなどでトレーニングを積むと筋肉が蓄えられ、筋肉を蓄えることで代謝がアップされ、筋肉を増加させることでエネルギーを消費させる力もアップしていきます。脂肪燃焼を助け、燃焼しやすい…痩せやすい体質が作られるというわけですね。痩せやすい体質を作る為に必要な事を挙げてみましょう。

  • バランス良い食事と必要な栄養素をしっかりとる
  • 筋トレと有酸素運動をバランスよく行う
  • 自分の基礎代謝量を知り消費カロリーを知る
  • 冷たいものより温かいものを取入れる
  • 休息モードに入る夜間は食物を摂取しない

何よりも大切なことは食事はしっかりと取ることです。低カロリーなものばかりではなく、肉や油、ごはんなどの炭水化物もバランスよく食べることが、痩せにくい体質作りには重要ですよ。

筋肉を作る筋トレなど無酸素運動は代謝を上げて、痩せやすい体質に変えてくれるすぐれものですが、脂肪燃焼を助けてくれる有酸素運動を上手に取り入れることでよりその効果が高まります。基礎代謝や消費カロリーを計算して自分の摂取カロリーを確認することも大切ですね。

身体が冷えることで血流が悪くなり代謝が下がるので、冷たい食べ物よりも温かい飲み物や食べ物を取る方が痩せやすい体質を作る為には良いのです。生野菜よりも温野菜など、温かいものを取入れるようにすると良いですよ。

美しい身体と健康な体は体質を変えることから始まる

太りやすい体質、痩せやすい体質についてお話ししてきましたが、お分かりいただけたでしょうか。自分が太りやすい体質だと思う人は痩せやすい体質に変えていく努力をすることが、ダイエットを成功させる為には大切なのです。

痩せやすい体質作りには基礎代謝量を上げよう!

基礎代謝とは何もせずにいても身体が消化している最低限のエネルギーのことをいいます。

この基礎代謝量は加齢とともに衰えていくのです。

基礎代謝が下がっているのに摂取カロリーは変らないのでは太るのはしかたのないことですよね。

だからといって食べることをやめる無理なダイエットでは身体が逆に栄養を溜めなくては、と働いてしまうので、これもまた太ってしまう原因となるのです。基礎代謝を上げる為には何が必要なのでしょうか。

  • 身体を温める
  • 姿勢を良くする
  • 睡眠をしっかりとる
  • 代謝促進のビタミンB群
  • 有酸素運動と無酸素運動
  • 代謝を上げるサプリメント

冷え性は代謝を下げる要因の一つです。温かい食べ物や飲み物をとることで身体を温めましょう。

身体を中から温める食品を取ることも大切です。またシャワーでなく湯船にしっかりと浸かる、足元を冷やさないなどの対策も大事ですよ。

姿勢を良くすることは腹筋や背筋を鍛えることにもなります。身体をしっかり休めることは内臓などの機能低下を防ぎ成長ホルモンの分泌を促します。筋肉を鍛えることと成長ホルモンの分泌を促すこと、内臓を充分機能させること、どれも代謝アップには大切なことです。

同時に代謝促進のビタミンB群を多く含む食品(豚肉、レバー、牛乳、卵など)やサプリメントを上手に取入れることも代謝アップに繋がります。もちろん適度な運動はかかせません。スクワットやジョギングなど無酸素運動と有酸素運動を取り合せて体質を改善し、痩せやすい体質作りをして下さいね。

生理前の食事制限は無駄?効果的な対策を徹底解説

女性なら月に1度必ずやってくる生理。 個人差はありますが、イライラ・眠気・腹痛・だるさといった生理前特有の症状は誰にとっても不快なものです。 ダイエット中でも生理前だけは食欲旺盛になってつい食べ過ぎてしまう人もいらっしゃると思います。 よく「生理前は食事制限をしても痩せない」と言われますが、実際はどうなのか気になったことはありませんか? 生理周期に合わせて無理なく痩せるための対策を徹底解説

オタクによるオタク向けのダイエットと”オタクな”ダイエット

オタクにも色々あります。一般的なオタク・付き合いたくないオタク・許せる趣味としてのオタクなどの一覧で紹介していきましょう。 オタクには自宅系とお出かけ系があり、それぞれに適したダイエット法が考えられます。自宅系なら”ながらダイエット”、お出かけ系ならウォーキング、そのどちらもできないのならもっと簡単なダイエット法があることを紹介します。 また、マニアックなダイエット法も数多くあますので、そんな

やせたい方必見!肥満に効果のある漢方薬はこれ!

ひとことで漢方薬といっても、種類はとても多く、様々なお悩みのある方々に対して幅広く活躍しています。 それは例えば女性特有の症状や心に関わる症状、はたまた膀胱炎の改善や高血圧に伴うイライラや上せ、鼻血など、いろいろな場面で役立っています。 そんな漢方薬の中で、最近ちょっと太ってきたかなぁと気にしている方々の役に立つと注目されているのが防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)になります。 今回は、痩

いつまでも綺麗で若くいたい!そんなアナタにおすすめする食事法

ダイエットをしてみたいけれども、忙しすぎて自炊ができないとか、頑張っているけれども、なかなかやせることができないという方は多いと思います。 そんな仕事や雑事に忙しく、料理まで手に回らまいという方に対しては、確実にダイエットを成功させ、お肌もつやつやでいつまでも若くきれいでありたいためには野菜をたっぷり採ることが必要です。 その野菜たっぷりというのは、皆さんが想像されている量の倍ぐらいを冷野菜と

もう風邪は怖くない!風邪を引きにくくする食べ物を紹介

みなさん誰もが一度は風邪を引いたことがあるとも思います。どうすれば風邪をひきにくくなれるのか知りたくなりますよね、実はなんと風邪を引きにくくする食べ物があるんです。この記事では風邪を引きにくくする食べ物についてご紹介いたします。 その他にも風邪を引いてしまっている時に食べたほうが良いものや、人は何故風邪を引いてしまうのかということについても記載しておりますので、併せてお読みください。 そもそも

40代でも諦めない!リバウンドせずに確実に痩せて綺麗になる方法

「ダイエッター」なんて呼ばれることもある、ダイエット情報に詳しく、またダイエット経験がとても豊富な人。かつてトライしてきたダイエットにはそれなりの効果もあったけど、その体型や体重をずっとキープできていたというわけではない。必要に応じてダイエットを重ねるけれど、だんだんと効果が感じられなくなっていく…。 これって、実によくある話なんです。 20代から30代前半くらいまでは、ダイエット効果に満足が

ダイエットにも効果的!バスソルトの使い方

バスソルトはおしゃれなボトルやパッケージで売られていることが多いため、その見た目に惹かれてつい手を伸ばしたくなります。 しかし、買ってはみたものの普通の入浴剤との違いが分からない・使い方をよく知らないという方もいらっしゃると思います。 実はバスソルトは正しく使うことでダイエット効果が得られるのです。 毎日の入浴で効率よくダイエットできるバスソルトの使い方について解説します。 バスソルトって

【いつもの食事でOK!】箸だけで出来ちゃう簡単ダイエット

皆さんはお食事の時に何を使って食べていますか? 最近はスプーンやフォークの活躍の機会も増えていますが、やはり日本人はお箸の文化なので、お箸を使うという人は多いですよね。 さて、このお箸。他に道具は必要なく、このお箸だけで簡単にダイエットができることをご存知ですか? 『つい早食いをしてしまう…』という人に、特にオススメな箸ダイエットについて解説していきましょう。 とっても簡単ですし、次の食事か

太らないご飯の食べ方とは?食生活を改善して痩せる体質をつくる

「食事をしても太らない」もしくは「太りにくい」ということにはきちんとした理由があります。例えばご飯を食べる時に工夫をすることで太りにくくなるため、意識してご飯を食べるようにしましょう。 ここでは太らないご飯の食べ方について紹介していきます。食べることが好きで食べながら痩せたいという人はダイエットをする前に参考にしてみてください。 食事をしているだけなのになぜ太る?太らないご飯の食べ方 同じく

おへその掃除の仕方はキレイの第一歩!正しく雑菌を除去してへそ美人

女性のみなさん、スキンケアやネイルは気にしているかと思いますが、おへそもたまには掃除をしないとゴミや雑菌の温床になってしまうって知っていましたか!? 筆者もおへその掃除法を勉強して、今日からやろうと思いました…。 この記事では ①おへその役割とおへその形 ②ゴミや雑菌の温床になるとは? ③おへその簡単な掃除法と普段のお手入れ ④綺麗なおへそを保つには? 以上の4項目をご紹介していきた
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.