痩せる体質づくり。毎日の生活習慣を見直してダイエットに繋げよう!

痩せたい痩せたいといいながら、ついつい甘いものはかかせない、運動は苦手。そんな人いますよね。無理なく痩せたい!?それなら日々の生活の中に、取入れて太りにくい身体をつくる。痩せやすい体質に変えていく。

そんな方法を試しませんか?こちらでは、毎日の生活習慣を見直すことで、身体そのものを痩せやすい体質に変える方法について詳しくお話ししています。身体にも良いダイエットを目指しましょう。

ダイエットと生活習慣の深い関係

ダイエットを目指しているのに、食べたいものを我慢するのは嫌、甘いものもお酒もやめたくない、などという人が多いのに驚きます、糖質のとりすぎ、その上適度な運動もしない、これでは身体にも良いわけがありません。

まずはダイエットと生活習慣の深い関係についてお話ししていきましょう。太るということは、体内に脂肪を蓄えてしまっていると考えてよいと思います。もちろん糖質の多いものを摂取し過ぎるということもあるでしょう。

その他の毎日の生活で太りやすくなる体質を作る習慣にはどのようなことがあるのか、確認してみましょう。

  • 夜遅い時間にお酒や甘いものが欠かせない
  • 車での生活でほとんど歩かない
  • とにかく食事時間が早い

夜遅い時間からがお酒を飲みながらピザをつまむ。ストレス解消にとケーキにぱくつく。これはダメとわかっていても、習慣になってしまっている場合がありますよね。その上ほとんど歩かない、運動はしないというのでは太らない方がおかしいです。

だいたい太っている人は、食事の時間が早すぎることも特徴です。食べる時間が早いのです。

その反対にやせている人は食事時間をゆったりととっています。食べ物をゆっくり噛み、時間をかけて食べています。

このことで分かるように、痩せたい人はゆっくりとしっかり噛んで食べるという習慣をつけるようにしなくてはいけません。

まずは痩せやすい体質を作ろう

太りやすい人の生活習慣を踏まえた上で、まずは痩せやすい体質を作る努力がダイエットには大切なのです。痩せやすい体質というのはどうすれば作れるのでしょうか。

食事についていえば、きちんと朝、昼、夜とバランス良い食事を摂ること。出来れば時間を決めて夜の8時までには食べ終えること、ゆっくりと良く噛んで食べることが大切です。

スクワットなど筋トレとジョギングなどを毎日の生活に取入れると、健康の為にも良いですし、続けることによって脂肪燃焼を助けてくれるので、ダイエットを成功に導いてくれますよ。ダイエットに関係する生活習慣のことをもう少し詳しくお話ししていきましょう。

間違ったダイエットは痩せにくい

とにかく食べなければ痩せる、と考えていませんか。確かに食べなければ摂取カロリーが消費カロリーを下回ることで痩せるでしょう。

でも人間の身体は良くできたもので、極短な飢餓状態になると、それに負けないように脂肪を体内に蓄えようとするのです。

結果太りやすい体質になってしまいます。太りやすい体質になってしまうと、ほとんど食べていないのにどうしても太ってしまうという原因のひとつになってしまいます。しっかりと痩せやすい体質に変えていく努力をしていきましょう。

生活習慣を見直すことで健康も手に入れられる

いつも車で通勤するけれど、歩いての通勤に変更してみる。自転車での通勤に変えてみる。エレベーターを使わずに階段で移動する。

痩せる為にはこんな小さな事の積み重ねも大切なのですね。また生活習慣を見直すことは健康にもつながるのです。

ダイエットに成功して痩せたとしても、身体を壊したのでは元も子もありません。健康的で美しく痩せる為にもしっかりと生活習慣を見直していきましょう。3食をきちんと、しかもバランス良く食べることはダイエットには一番必要といわれています。

筋肉を増やすことがダイエットにつながる

ジムなどでトレーニングを積むと筋肉が蓄えられ、筋肉を蓄えることで代謝がアップされ、筋肉を増加させることでエネルギーを消費させる力もアップしていきます。脂肪燃焼を助け、燃焼しやすい…痩せやすい体質が作られるというわけですね。痩せやすい体質を作る為に必要な事を挙げてみましょう。

  • バランス良い食事と必要な栄養素をしっかりとる
  • 筋トレと有酸素運動をバランスよく行う
  • 自分の基礎代謝量を知り消費カロリーを知る
  • 冷たいものより温かいものを取入れる
  • 休息モードに入る夜間は食物を摂取しない

何よりも大切なことは食事はしっかりと取ることです。低カロリーなものばかりではなく、肉や油、ごはんなどの炭水化物もバランスよく食べることが、痩せにくい体質作りには重要ですよ。

筋肉を作る筋トレなど無酸素運動は代謝を上げて、痩せやすい体質に変えてくれるすぐれものですが、脂肪燃焼を助けてくれる有酸素運動を上手に取り入れることでよりその効果が高まります。基礎代謝や消費カロリーを計算して自分の摂取カロリーを確認することも大切ですね。

身体が冷えることで血流が悪くなり代謝が下がるので、冷たい食べ物よりも温かい飲み物や食べ物を取る方が痩せやすい体質を作る為には良いのです。生野菜よりも温野菜など、温かいものを取入れるようにすると良いですよ。

美しい身体と健康な体は体質を変えることから始まる

太りやすい体質、痩せやすい体質についてお話ししてきましたが、お分かりいただけたでしょうか。自分が太りやすい体質だと思う人は痩せやすい体質に変えていく努力をすることが、ダイエットを成功させる為には大切なのです。

痩せやすい体質作りには基礎代謝量を上げよう!

基礎代謝とは何もせずにいても身体が消化している最低限のエネルギーのことをいいます。

この基礎代謝量は加齢とともに衰えていくのです。

基礎代謝が下がっているのに摂取カロリーは変らないのでは太るのはしかたのないことですよね。

だからといって食べることをやめる無理なダイエットでは身体が逆に栄養を溜めなくては、と働いてしまうので、これもまた太ってしまう原因となるのです。基礎代謝を上げる為には何が必要なのでしょうか。

  • 身体を温める
  • 姿勢を良くする
  • 睡眠をしっかりとる
  • 代謝促進のビタミンB群
  • 有酸素運動と無酸素運動
  • 代謝を上げるサプリメント

冷え性は代謝を下げる要因の一つです。温かい食べ物や飲み物をとることで身体を温めましょう。

身体を中から温める食品を取ることも大切です。またシャワーでなく湯船にしっかりと浸かる、足元を冷やさないなどの対策も大事ですよ。

姿勢を良くすることは腹筋や背筋を鍛えることにもなります。身体をしっかり休めることは内臓などの機能低下を防ぎ成長ホルモンの分泌を促します。筋肉を鍛えることと成長ホルモンの分泌を促すこと、内臓を充分機能させること、どれも代謝アップには大切なことです。

同時に代謝促進のビタミンB群を多く含む食品(豚肉、レバー、牛乳、卵など)やサプリメントを上手に取入れることも代謝アップに繋がります。もちろん適度な運動はかかせません。スクワットやジョギングなど無酸素運動と有酸素運動を取り合せて体質を改善し、痩せやすい体質作りをして下さいね。

太らないご飯の食べ方とは?食生活を改善して痩せる体質をつくる

「食事をしても太らない」もしくは「太りにくい」ということにはきちんとした理由があります。例えばご飯を食べる時に工夫をすることで太りにくくなるため、意識してご飯を食べるようにしましょう。 ここでは太らないご飯の食べ方について紹介していきます。食べることが好きで食べながら痩せたいという人はダイエットをする前に参考にしてみてください。 食事をしているだけなのになぜ太る?太らないご飯の食べ方 同じく

おへその掃除の仕方はキレイの第一歩!正しく雑菌を除去してへそ美人

女性のみなさん、スキンケアやネイルは気にしているかと思いますが、おへそもたまには掃除をしないとゴミや雑菌の温床になってしまうって知っていましたか!? 筆者もおへその掃除法を勉強して、今日からやろうと思いました…。 この記事では ①おへその役割とおへその形 ②ゴミや雑菌の温床になるとは? ③おへその簡単な掃除法と普段のお手入れ ④綺麗なおへそを保つには? 以上の4項目をご紹介していきた

メイクするとブスになる!肌コンディションを整えNGメイクは止める

いつもと同じメイクをしているのに化粧ノリが悪い。顔色が悪く、肌あれも目立ち、ブスな顔に見えてしまう…。 おそらく、誰にでも一度や二度は身に覚えがあることなのではないでしょうか? それは、あきらかに肌コンディションの乱れ。 荒んだ生活習慣が肌にトラブルをひきおこすのはよく知られた話ですが、実は「効果が実感できるダイエット」によっても肌コンディションが乱れることがあるんです! 体重を減らすこと

モテる女子の特徴は?細身よりポッチャリ系の方がモテる意外な真実

女性の側から見て、可愛い子、美人な子、モテる子はみな一様に痩せている、ガリガリではないまでも、太っている子はいないはず、というような思い込みがどこかにあるようです。 ダイエットのきっかけとして、「自分は痩せたら絶対にモテるはず」という動機が少なからず、存在しているのは否定できないところです。 しかしながら、本当に「痩せている子の方がモテるか?」と言われると首を捻らざるを得ません。「モテまくる女

気持ちが落ち込む時の対処法!過剰なダイエットが心身に与える悪影響

健康診断などで太り過ぎを指摘されたような人にとってダイエットは健康になるための手段。多少体重を落とした方が病気にかかりにくく、長生きできる、ということ。 しかし、中にはダイエットによって気持ちが塞ぎ込んでしまったなんて人もいるようです。 たとえスリムボディを手に入れたとしても、精神が不安定で不健康な状態にあるのだとしたら、そのダイエットは意味のないことのように思えます。 やつれることと健康的

休日にやる気が起きない!気怠さは病気を知らせる身体からのSOS

休日のだるさを、自分の性格のせいにしている方も多いと思います。しかし自分がそう思い込んでいるだけで実際は身体の病気や精神的なことが原因なのかも知れません。 他にも栄養不足等様々なことが考えられ、ほっておくと取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。そこで症状の原因対処方法を紹介していきます。 様々な病気が関係している!休日にやる気が起きない方は気をつけて 休日にやる気が起きない

私は痩せる!思い込み(自己暗示)がもたらす脅威のダイエット効果

皆様、思い込みダイエットというものをご存知でしょうか。 ようは強い思い込みで痩せるるというものです。 なにをバカなことを思うかもしれませんが、少なくない成功例があるんです!   実際にあったダイエット実験や思い子もによる治療方法などなど、ここではそんな思い込みの力で痩せる方法についてみていきましょう。 思い込みの力、プラシーボ効果を知ろう プラシーボ効果って言われてもご存知ない方が多いかと思

ルネサンスでダイエット!サポートシステムで自分の変化が実感できる

スポーツクラブ『ルネサンス』では、身体の”復活”ダイエットができると言われますので、その会社と”ルネサンス”という言葉の元々の意味について説明します。 『ルネサンス』に対する好意的名口コミは設備が充実しているなどで、逆に否定的なものは『ルネサンス』利用者の人間関係が難しいというようなものもあるということを紹介します。 『ルネサンス』では新サービスの「ダイエットサポートプログラム」や、『全農』と

体重は減るのに体脂肪が減らない!体脂肪率に変化がない時の対処法

ダイエットをやってみて体重は減ったが、体脂肪が減らないという悩みをお持ちの方いらっしゃるようです。 体重の減少を求めてダイエットをやられる方もいるでしょうが、できたら体の脂肪を減らし、筋肉量を増やしていくダイエットが理想だと思います。 なぜ、体重は減るが、体脂肪が減らないということが起こるのか調べてみたいと思います。 体脂肪量と体脂肪率のちがいについて 体重は減るのだが、体脂肪が減らないこ

中年太りを解消!老化や更年期が気になる方のダイエット法

せりだしたお腹、大根にも負けない立派な下半身、中年になったら肥満の悩みは増えるばかり。若い頃ならちょっと食べ過ぎたぐらいでは、太る事なんてなかったのに、30代後半を過ぎた頃から、身体がぽってりし始めていませんか? それ、ずばり中年太りです。 30代越えた辺りから、身体の代謝は急激に低下していきます。新陳代謝の低下は、肥満の一因となります。一度体重が増加した中年太りは、シツコイのでなかなか痩せられ
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.