夜にフォーカスして効果的に痩せたいなら!納豆活用ダイエット

どうしても食べ過ぎてしまう夕食。まさか夕食の後に運動するといっても、それは無理ですよね。控えなきゃいけないのに、食欲が満たされないのがダイエット失敗の大きな原因です。

運動すると余計にお腹が空いちゃって、という相談はありがち。むしろ夜の食事で一日の体調を整えたいとなると、むしろダイエットのマイナス効果が大きすぎです。

効果的ダイエットを成功させるため、納豆を道具として使える事実

さまざまに、ダイエットの失敗報告や後でのリバウンドなどの報告は衝撃的で、しかもネットや雑誌に溢れています。そのような記事を見かける度に誰しも気持ちが削がれます。そのようなマイナスの例は、どのようなダイエットにも見つけられます。

ちまたには、ダイエット方法と同じ数だけ、失敗例が見つかります。それぞれの失敗は確かに事実でしょう。たとえそうでも、ダイエットに成功する人は、やはり多くいます。この違いはどこにあるのでしょうか。

納豆を夕食に取り入れるダイエットのやり方

今、実行者が増えつつある納豆ダイエットはいくつかの理由で成功例が少なくない方法として、取り上げられている数が増えています。理由はあれこれ挙げられますが、まず、基本的な手順を確認してみましょう。

手順を整理すれば以下の通りになります。

  • 夕食前に納豆を食べる
  • 通常の夕食を食べる
  • 運動をしっかり継続する
  • 毎日の食事をコントロールする

どこが普通のダイエットと違うかといえば、夕食前に納豆を食べるというところでしょう。夕食前の納豆がどうしてダイエットに役立つのか、分かりにくいかも知れませんね。

でも、ポイントはそれぞれの手順に隠されているのです。夕食前に納豆を摂取することで、過剰な空腹状態を避ける狙いがあります。過剰な空腹感は、過食に直結しているからです。

通常の食事とあえて添えられているのにも理由があって、省くと問題が生じます。食事量を減らすダイエットと同じだと考えて食事内容が乏しくなったりすると、別の問題でダイエットが破綻する例を増やす結果になります。

運動を継続するのは、難しいと考えられる方も多いでしょう。しかし、ここでいう運動はアスリートを目指すような激しい種類ではなく、毎日の散歩、朝のラジオ体操程度の軽い運動です。

食事のコントロールは、ダイエット成功を見据えたものでしょう。ダイエットが成功した後でのリバウンドを回避するために、ダイエット期間中にコントロールを習慣化するのが上策です。

要注意!避けるべき陥りがちな失敗パターンと理由はこれです

お腹が空いている状態を我慢するのは困りものです。食事に焦点を当てたダイエットに挫折する最大の要因でしょう。お腹が空いている状態に意味を見いだせないからです。またお腹が空くと、気持ちも弱くなって、やる気が失われます。

結果として夕食にがっつりと食べてしまうのではありませんか?特に夕食で多く食べてしまうと、胃腸に負担を掛けてしまいます。消化に時間が掛かってしまい、さらに大食への衝動が進んでしまう結果を招きかねません。

夕食後の運動は難しいのも問題を加えます。食事の直後に運動するのはアスリートでもおすすめできません。ましてや一般の人が食後に運動をするのは無茶というもの。ですから、夕食後に運動してカロリーを消費するという作戦は成立しません。

睡眠時間を削るのは美容・健康の大敵です。しっかりと、ゆったりと睡眠を取るのが若さと美しさを保つ絶対条件。無理なダイエットで健康を損ねると肌が荒れたり、吹き出物で対処に困ります。

矛盾した目標を設定することで失敗に終わるのにも注意したいものです。健康であることと急速なダイエット効果は矛盾しています。どちらが大切かを考えれば、もちろん健康です。


健康を犠牲にした目標は、確実にダイエットを失敗へ導きます。

これさえやってれば?納豆ダイエットにも問題点はあります

納豆ダイエットは無敵ではありません。どんなものにも、成功するには理由があります。同じ事が納豆ダイエットにも当てはまります。ですから納豆さえ食べていれば、ダイエットに成功するといてう結論は誤りです。

納豆のダイエット効果に過大な期待をするのは間違いです。納豆は日本の伝統食品のひとつです。昔から伝えられてきました。日本人の食生活を支え、健康を支えてきました。だからといって、納豆は万能薬ではありません。

納豆だけを食べる単品ダイエットは健康を損ないます。納豆ダイエットは単品ダイエットではありません。通常の食事に取り入れる工夫を加えることで始めて、ダイエット効果を期待できます。


運動なしに効果を発揮するダイエットは体力以外にも健康をなくす可能性が高い。

運動は代謝を刺激して、正常に保つ効果が期待できます。ダイエットをすると生命的反応で代謝は低下傾向が高くなるので、運動によって代謝効率を維持する必要があります。

健康維持をしながら、しかもダイエットに効果的な納豆の秘密はこれ

単品ダイエットは危険ですが、あまりにも多くの単品ダイエットが提案されています。そのような状況で納豆ダイエットが提案されると、単品ダイエットに準じた理解をしてしまう方も少なくないかも知れません。

しかし、運動、と栄養摂取をコントロールした正しいダイエットの考え方が理解できれば、健康的に痩せることと納豆との関係も自然に理解できるはずです。。

単品ダイエットが危険であって避けるべき理由2つ

単品ダイエットは必要な栄養を満足できません。確かに栄養が豊富な食品は数多くあります。毎朝のバナナ1本で体重を増やせて、体力を得た人も少なくありません。しかし、単品で確保できる栄養分は必ず偏ります。

世の中に完全栄養食はありません。ひとつで賄える栄養素には限りがあります。人間が生命を維持するために必要な栄養素は多様です。糖質、タンパク質、脂質といった分類では不十分です。ビタミン類、ミネラル類などすべてが揃って初めて健康的に生命活動が可能になります。

同様にカロリーだけを考えるのは、あまりにも不健康です。単品ダイエットだとカロリーだけで計算できるかのような、錯覚を誘われてしまいます。人間はアルコールランプではありません。カロリーをそのまま代謝できるほど単純ではないのです。

運動、と栄養摂取をコントロールした正しいダイエットの考え方

ダイエットには主に食事制限によるものと、運動療法によるものの2種類ありますが、それぞれに偏るとダイエット効果が得られないばかりか、健康を害してしまいます。

無理な食事制限はリバウンドの大きな要因になります。リバウンドはダイエットを成功しても、途中棄権しても生じます。いずれの場合も体調のバランスが壊れてしまっているので、リバウンドするとさらに酷い結果を招きます。

摂取カロリーが長期間にわたって基礎代謝量を下回ると生命維持に問題を生じます。たとえ運動をしない生活をしても、生命維持に必要なカロリーを摂取しないと、蓄積されたエネルギーを消費してしまい、免疫力が低下などして健康を損ないます。

意外かも知れませんが、健康的に痩せることと納豆との関係はこれ

納豆は茶碗一杯のご飯程度のカロリー摂取になります。納豆はカロリーが0ではありません。ご飯を半分程度おかわりしたのと同じ位のカロリーを取ることになります。

なので納豆ダイエットを正しくする限り、カロリー不足や栄養不足で健康を損なうリスクは考えなくてもよろしい。むしろ、納豆を一皿増やすダイエットですから、ダイエットの意識を保ち続けるのに貢献するはずです。

余分に食べたものをなんとかしようという思いがダイエット継続を支える動機として小さくありません。そして納豆には後述するような栄養学的なメリットが多くあります。

納豆だからって?納豆を食べてるだけで、痩せるわけがありません

摂取カロリー以上に運動すればダイエットが成功します。ただ、自分の正確な基礎代謝量と摂取カロリーとを完全に把握して、始めて理論が文字通りに実現できるのです。

だからこそ、納豆の性質・特徴を理解した上で、食生活に取り入れるのが成功の鍵になるのです。そのためにダイエットの原則を摂取エネルギーと代謝エネルギーとで確認しておきましょう。

摂取エネルギーと代謝エネルギーとのバランスが本質

摂取が少なければ蓄積したエネルギーを消費します。蓄積したエネルギーとは憎き体脂肪やその他の脂肪です。ただ、すべての脂肪分が無駄かといえば、決して正しくありません。

血管の内壁に取り憑いたコレステロールも脂肪分ですし、張りのあるお肌の細胞も脂肪分でできています。なので、無作為に脂肪を制限してしまうと、目に見えてお肌が衰えてしまうのです。

体内でのエネルギー補充は脂肪より筋肉が消費対象です。ダイエットをすると筋肉量が先に落ちます。これは筋肉の方が代謝する熱量が大きいため、体が低燃費で動くように作り変えられるのが原因です。

筋肉があると運動によってさらに消費エネルギーを必要としますから、生命維持にとっては筋肉よりも皮下脂肪の方が都合が良い。これが運動ダイエットのポイントを支えます。つまり運動することで筋肉を増やすように、外から働きかけるのです。

結果的に運動せずに摂取カロリーを制限する、偏ったダイエット理論では、脂肪だけの体になります。ですから脂肪分を摂取すれば、その分、脂肪分は蓄えられやすくなってしまいます。

納豆を夕食に取り入れるだけでは問題を取り残すことになる

単純に納豆を食事に取り入れるとダイエットになりません。それは納豆にはそれなりにカロリーが含ませているからです。なので納豆を食べるときに、ちょっしたコツが必要です。

納豆は咀嚼回数を増やす必要があります。納豆は飲み物ではありません。充分に咀嚼すれば納豆の粒の中に隠れている物質を活性化させる効果が期待できます。

ご飯より満腹中枢を刺激しやすく、腹持ちがよいのが納豆です。角の空腹時に食事をすると、過食になるのは当然のこと。昼食後夕食まで、6時間以上間が開くのは現代的状況です。場合によっては昼食すら危ぶまれる事態も。

だからこそ、夕食前に納豆を1パック食べておくことで、準備するという考え方がダイエットに適います。食欲を納豆で満足させながら、運動ダイエットを併用すれば、ダイエットの相乗効果が期待できます。

健康的なダイエットの公式は「摂取量<消費量+基礎代謝量」

もちろん摂取エネルギーを減らせば、痩せる可能性はあります。しかしそう単純ではないのがダイエットの不思議。そこには人間ならではの要因が複雑にあるからです。


人間は機械ではありません。

摂取カロリーだけに注目すると生活そのものが危険にさらされます。まず体力が目に見えてなくなっていきます。学校や会社までの往復だけで疲れてしまう。寝たはずなのに朝に疲れが残っている。これらはみな体力を損なってしまった結果です。

消費カロリーを増やすことを考えて、摂取カロリーとのバランスを考えると実現性を増します。確かにそうです。しかしやはり人間の性でしょう。一日も休まず継続するのはある意味、何よりも困難なようです。

特に運動をしなくても、消費エネルギーを増加させる方法があれば、便利で、目的に適っています。ただし恒常的なエネルギー消費を高めるためには、少し時間が掛かるのが現実です。ましてや、高い強度の運動をすれば良いというものではありません。

基礎代謝量を上げる生活を心がける方法で、一番簡単なのは恐らく体をできるだけ、涼しくして過ごすことです。体が寒いと感じると代謝を上げて体温を維持するように体ができています。なのに厚着して暖房の効いた部屋で過ごすのは、代謝を制限してしまう行為。

健康であることが条件ですが、手足が冷たいとお腹の中は熱を出そうと頑張っている状態です。体の表面と内側とは逆になっています。お腹が熱を出すためにエネルギーを出すと代謝が上がります。水泳選手に太った人がいないのも、これが理由のひとつです。

ダイエットのコツを外すと効率が悪くなるそして失敗する

必要以上の我慢をするとダイエットは失敗に終わります。人間は欲望が本質だと説明するのはユダヤの賢者です。欲望があって、生きる力が出るそうです。その欲望のひとつである食欲を抑えすぎると、生命力そのものが昂進してしまうのです。

食欲を否定しすぎないダイエットを心がけなければいけませんね。気づかない間に、スナックに手が伸びていたなんていうのは、食欲を制限しすぎている結果でしょう。食事制限をしていると、3食の内で一番辛いのが夕食。だからこそ夕食の対策がダイエットに効果的です。

間違った理論を信じていると、ダイエットが上手くいくはずがありません。もっとも多いのがカロリー理論に立脚した、食事制限ダイエットかも知れません。カロリーさえ気にしていればよいという考え方に、あまり人間性を感じません。人間性から目を逸らした理論には実効性が伴いませんよね。

実践しないことで失敗に終わるのは当然です。でも内容を理解しただけで納得してしまって、実際にダイエットをした気になってしまうという事態があります。怠け心が働くのではありません。これくらいならいいか、という思いがどこかで作用するのです。

諦めることで結果が固定されます。いろいろやってみたけど、といういいわけは常識的なものでしょう。何をしたのか具体的に挙げようとしても思いつくはずもありません。諦めるのに必然性を必要とはしません。諦めれば、どのようなダイエットも効果しません。

非日常的行動にしてしまうとダイエットは失敗に終わるといえば、心当たりはあるでしょうか?日常的な生活行動から区別してしまって、ダイエットを特別なものにすると継続するのが困難になります。ダイエットを継続しなくても日常生活に影響が出ないのが理由でしょう。

夜の納豆で痩せられる秘密!基本栄養成分を見ても分からない理由

ダイエットに都合が良い「痩せ」効果を直接期待できない納豆が何故、ダイエットに良いのかを解説しています。ところがダイエットが健康的に効果するためにとても良い成分を納豆は含んでいます。

納豆の成分で健康的ダイエットを効果的にする成分5種類はこれ

納豆には一般的な食品には含まれない特別な栄養成分が含まれています。それらのうち代表的な成分として次の5種類の成分を挙げるのが相応しいです。

  • レシチン
  • イソフラボン
  • ナットウキナーゼ
  • 大豆サポニン
  • 大豆ペプチド

レシチンなら卵黄レシチンが有名です。リン脂質の一種で、大豆が含むものにはコレステロールを含まない特徴があります。イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをします。

またナットウキナーゼは日本人が古来から摂取してきた酵素タンパクのひとつです。そして大豆サポニンは大豆の苦み成分のことで、大豆ペプチドは大豆のタンパク質が分解される時にできる成分です。

これらの成分がいい具合に含まれているのが納豆です。もちろん、サプリにして販売されている成分もいろいろありますが、納豆を食べれば、それらの成分を一括して吸収できます。

それぞれの成分から期待される効果は体重減少だけではありません

期待しているのが体重の減少効果だけではないのが、納豆ダイエットの特徴でしょう。美しく痩せたいという願いを見誤ってはいけません。美しくという部分を実現するのは、体重ではなく健康だからですね。

健康な身体を維持するために必要なものを節約したり、省いたりしてしまっては元も子もなくします。ダイエットのつきものとして考えられていても、吹き出物や肌荒れは健康を損なっている証拠ですよ。

血管と細胞を若く保つ効果が期待できるのは納豆が含む特別な栄養成分のおかげです。これらの成分を、一番効果が期待できる夕食時に食べれば、健康を維持し続けられる期待が高まります。

レシチンは細胞膜、神経を形成します。細胞が栄養を取り込むのを助けつつ、血管壁から余分なコレステロールを回収するという仕事もこなす働き者。イソフラボンには強い抗酸化作用があり、アンチエイジングを期待できます。

納豆成分で主役級なナットウキナーゼは、血管中の血栓を溶かす能力があって、中高年以降にとっても頼りになる存在ですが、熱に弱いので、気をつけてお付き合いする必要があります。

大豆サポニンは大豆に含まれています。納豆になっても現役で活躍してくれるタフさをもっているのは、抗酸化作用が優れた栄養素だからです。脂質の酸化を抑えながら、脂質代謝を促進するという機能が影からダイエットの成功を支えてくれるのです。

そして大豆ペプチドも納豆にしっかり含まれていて、スポーツの疲れを癒やしてくれる疲労回復やコレステロール低下等などで、お手伝い。納豆菌がタンパク質を分解して作ってくれるので、大豆をそのまま食べるより納豆の方が効率的です。

納豆が優れた栄養食品だから!ダイエットに効果的な理由はこれ

納豆は通常の栄養成分的に考えてもかなりの優等生なんです。納豆とご飯の組み合わせは基本栄養成分をバランス良く取れる優れたメニューなのは、今も昔と変わらないようです。では、納豆の栄養成分はどのような特徴を持っているのでしょうか。

納豆が持つ、主な基本栄養成分の特徴はカロリーが高いことです

意外だったのですが、納豆のカロリーはご飯の1.2倍あります。以下の表をご覧ください。比較はそれぞれ100g当たりの値を表示しています。

成分 納豆 ご飯
エネルギー 197kcal 168kcal
炭水化物 11.3g 37.1g
タンパク質 16.6g 2.5g
脂質 10.0g 0.3g

意外なのは納豆の健康的なイメージによらず、納豆のカロリーがご飯より大きくなっているのは脂質が多いからなんですね。ですから単純にご飯食を納豆に置き換えるような方法ではむしろ摂取カロリーが多くなってしまうだけです。

ただし、販売されている納豆は1パック40g〜50gなのでご飯60g分程度のカロリー換算になります。なので一食当たり、納豆を取り入れるのにご飯を少し控えめにすれば、摂取カロリーは大した変化をしなくて良さそうです。

活用できる!栄養のバランス的に納豆の優れた点はここにあった

タンパク質・脂質がご飯より多いのは納豆の自慢です。タンパク質や脂質は、消化吸収に時間が掛かります。つまり腹持ちが良いということを意味します。納豆の興味深い点はこれで終わりません。

炭水化物がご飯の1/3という低糖質です。糖質の摂取量が増えると食欲が増進するそうですから、夜の食欲を抑えるためにも低糖質な納豆は役立つはずです。

ですから糖質が少ない納豆と脂肪分・タンパク質が足りないご飯を組み合わせれば、4大栄養素がバランス良く摂取できて、理想的な食事に近づくという結果になります。

健康維持のために必要な栄養分をまかなう簡単な方法、納豆

残念ですが?人間はエネルギーにする基本栄養成分だけでは健康な体を維持できません。その他に多くの種類の成分を必要としています。それらの種類は多くて、把握するのが大変です。意識しなければ、不足してしまうものも少なくありません。

ですから、そのような意識し辛い成分をできるだけたくさん含んだ食品を取り入れるのが健康的な食事のポイントになります。納豆はこのような問題提起に応えてくれます。

カリウムなどのミネラル分が豊富なのです。多くの必要ミネラルを含んでおり、疲れた体に作用するカリウムも豊富に含んでおり、高血圧傾向などに効果を期待できるので理想的です。

ビタミン類も多種含有しているのが一押しの理由です。ビタミンも数多くあって、それらを管理して食事を整えるのはなかなかの難題になってきます。しかし、納豆を日常の食事に取り入れると、そのような心配を少しでも軽減するのに役立ちます。

ただし、忘れずにビタミンCを補う必要があります。ビタミンCは体内でどんどん消費されてしまいます。体内に蓄えることができないそうです。なのでこれだけは、食事でまかなうというよりは、サプリを活用するのをお勧めしたい。

食事が偏らないようにしたいのは健康維持、若さを保つためです。でもそのために労力も費用もできるだけかけないのが知恵でしょう。労力や費用が掛かるものは長続きしないのですから。

納豆ならなんでも良いの?どの納豆を選ぶべきかに答えます

ところで、納豆といっても、いくつかの種類があります。厚生労働省が公開している『日本食品標準成分表』に採用されている納豆には4種類あります。どれがダイエット向きの納豆なのでしょうか?

スーパーに出かけて見ると、いくつかの種類があって迷ってしまいます。

納豆といっても、いくつかの種類があるのは、それぞれ納豆という種類になっているのは、同じように大豆が原料ですが、製法が異なっているためです。

大豆の加工品が納豆だといっても、地方毎に分けるなら歴史文化の違いからさらにさまざまな種類があります。これらの種類の違いを知っていなければ、期待していなかった誤った結果も招きかねないでしょう。

これも納豆だからといって甘納豆を食べていては効果を期待できません。甘納豆も確かに納豆です。しかし、砂糖や蜜などで甘味を加えた食品がダイエットに効果的とは思えませんし、大豆以外も原料になっており、大豆納豆の効果をそのまま期待するのは困難です。

それぞれの納豆を簡単に紹介

納豆として分類されている食品は以下の通りです。

  • 糸引き納豆
  • 挽きわり納豆
  • 五斗納豆
  • 寺納豆

都市圏に住んでいるなら、これらの中でもっとも頻繁に目にするのはおそらく糸引き納豆と挽きわり納豆でしょう。残りの2種類は地方色が強く、また塩で発酵を調整したりの加工を施しています。

簡単にいえば、糸引き納豆を砕いて納豆にすれば挽きわり納豆という分類になるようです。栄養成分表で確認すると挽きわり納豆は、糸引き納豆とほとんど変わりません。ほとんどの項目でわずかに挽きわり納豆の方が少なめになっている程度です。

日常のダイエットに取り入れるのに相応しい納豆はこれで決まり

日常的にダイエットを継続し、栄養バランスをコントロールしやすく、夕食前に追加することで健康効果も加えたいという目的に適った納豆はどれかといえば、答えは明らかでしょう。

分類で「糸引き納豆」にされる納豆がよろしい。これなら、夕食前に加えて、就寝前の過剰な摂取を回避し、体の機能を健康的に保つのを期待できます。仕事後の、学校でのスポーツで疲れた身体を回復させるための機能に見合った栄養摂取になり得るでしょう。

単品ダイエット、または苦行に似た過酷なスポーツダイエットでは体を壊してしまいかねません。カロリーだけではなく、必須栄養素の全般に気を配った食事をして、適度なスポーツでエネルギーの摂取と消費をコントロールした健康的なダイエットを心がけたいものですね。

このように考えるなら、夜の食事に納豆を活用するのが効果的にダイエットを成功させるための鍵だったといえるのではないでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.