ダイエット基本の知識、痩せるメカニズムとは?

スラリとした美しい身体はすべての女性の目指すところですよね。最近太ったと人に言われた、確かに体重が増えて何とか痩せなきゃとあせっている。そんな時にはどのようなダイエットがより効果的なのか気になりますね。

ダイエット前にまず知っておきたいことは、どうすれば痩せるのか…痩せる為のメカニズムです。こちらではダイエットに必要な基礎知識について、痩せるメカニズム、痩せやすい身体を作る為の基礎について、わかり易く説明しています。

ダイエットの前にこれだけは知っておこう!

痩せる為には食べなければよい、と考えていませんか。確かに摂取するカロリーがなければ消費するばかりなので体重は落ちていきます。でも、それでは必要な栄養素もまったく摂取できないという結果になってしまいます。

それどころか、美しく痩せる為に必要な筋肉までも痩せてしまい、身体自体が飢餓に備える体質となり、体脂肪を貯える結果に繋がってしまいます。

正しいダイエットの為にこれだけは知って欲しい基礎的なことについて挙げてみましょう。

  • バランスよく食べて痩せる
  • 有酸素無酸素運動を上手に取り入れて痩せる
  • 無理なく少しずつ綺麗に痩せる

何といっても断食して痩せるというのはお奨めできません。摂取カロリーが消費カロリーを超えないように気を付けることは大切ですが、バランスよい食事が美しい体型を作ってくれるのです。

摂取カロリーをほんの少し抑えることと、適度な運動を行うことがダイエットの基本です。

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動、ストレッチやジムでの部分に特化した無酸素運動、それを無理なく行うことがメリハリのある美しい体型を作るもとになります。

無理なダイエットはストレスのもとにもなり、せっかく痩せても病的な痩せ方になってしまったり、リバウンドのもとになりやすいのです。無理なくきれいに痩せるのが、ダイエットで最も必要なことですよね。

ダイエットの基礎!痩せるメカニズムとは?

美しく無理なく痩せる為には痩せるメカニズムを知る必要があります。それではここでダイエットの基礎である痩せるメカニズムについてお話ししていきましょう。

甘いものは太る?糖質制限ダイエット

摂取カロリーが消費カロリーを超えた場合人は太ります。甘いもの=高カロリー、と捉えるなら、糖質制限ダイエットは確かに有効なダイエットかもわかりません。

例えば糖質制限でカロリーを1500Kカロリーに抑えたとしましょう。甘いもの、お米、パン、それらはすべてタブーです。あれもこれもダメでは何だかストレスが溜まってしまいそうではないですか。

それなら、同じ1500Kカロリーを糖分も含めてバランス良くとるようにした方が、ストレスにならないのではと考えます。バランスの良い食事のお話しの前に摂取カロリーと消費カロリーについて考えてみましょう。

摂取カロリーが消費カロリーよりも多ければ太る

摂取カロリーとは文字通り身体の中に取入れた食べ物のカロリーとなります。消費カロリーは基礎代謝量を含む運動などで消費するカロリーのことですよね。当然のことながら摂取カロリーが消費カロリーを上回ればその分が脂肪として蓄積され、体重増加につながるのです。

それでは摂取カロリーを限りなく少なくすればよいかというと、そうとばかりはいえないのです。まず、人間が何もしない時であっても消費されるカロリー(基礎代謝量)について確認してみましょう。基礎代謝は男性、女性、そして年齢などによって違ってきます。

基礎代謝量の計算方法

男性の場合…66+13.7×体重+5.0×身長-6.8×年齢

女性の場合…665+9.6×体重+1.7×身長-7.0×年齢

例えば30歳の女性で160cm、60kgの人の基礎代謝量は、665+576+272-210=1303…一日に1303kカロリーがじっとしていても消費されるということになります。

反対にいえばこの基礎代謝量は絶対に必要な摂取カロリーであるともいえますよね。無理なダイエットでこの基礎代謝量を下回るカロリー摂取となると、身体に何らかのダメージを与える結果になってしまいますよ。

基礎代謝量と一般的な運動量とで、平均どのくらいの摂取カロリーが必要なのかを年齢別に見て行きましょう。

女性の場合

  • 18歳~29歳…1950kカロリー
  • 30歳~39歳…2000kカロリー
  • 50歳~69歳…1900kカロリー

男性の場合

  • 18歳~29歳…2650kカロリー
  • 30歳~39歳…2650kカロリー
  • 50歳~69歳…2450kカロリー

160cm、60kgの30歳女性がダイエットするのなら、2000kカロリーから1303kカロリーを引いた697kカロリーの中で摂取カロリーを抑えなくてはいけないという事ですよね。

通常のダイエットが、1日の摂取カロリーを100から200kカロリー抑えるのが標準的なのはこういった理由からなのだとお分かりいただけたでしょうか。

2000kカロリーから毎日200kカロリーを引いた1800kカロリーを摂取し、適度な運動を組み合わせることで。30歳女性の身体は痩せるメカニズムが整うということになるのです。

これを守れば必ず痩せる

消費カロリー、摂取カロリーについてはお分かりいただけましたか。ただ単に甘いものや糖に変わるご飯類は食べないというだけではなく、ダイエットは無理なく楽しみながら行うのが一番良い結果を出すために必要なのではないでしょうか。

これが最も必要、こうすれば楽しく痩せることができる。そのヒントになることをいくつか挙げてみますね。

  • 減らすカロリーは200kカロリーほどで良い
  • 上手に置き換えメニューを作る
  • 食べたいものはがまんしない

減らすカロリーは多ければ良いという訳ではありません。1日に100から200kカロリーを減らすだけでも、充分ダイエット効果は得られます。

毎日200kカロリー減を3ヵ月続ければ18000kカロリー減、脂肪でいえば2.4kgに相当します。

もちろん単純計算なので、実際に落ちる体重は運動量などによりもっと多くなる場合もあるし、少ない場合もあるでしょう。それでも必ずマイナスの体重は約束されると考えても良いでしょう。

ごはんを半量にし、豆腐やコンニャクに置き換える。麺類も今は白滝を使ったものや春雨を使ったものも市販されています。

そういったものを上手に取り入れるのも良いですね。とにかく食べたいものは我慢しない。ケーキを食べた日は他のものでカロリー調整する。それで良いのです。

無理なく美しいボディを手にいれる為に

痩せる為のメカニズムについてお話ししてきましたが、体重減ということではお分かりいただけたと思います。ただ体重を減らすということだけでなく、メリハリのある身体、女性なら豊かなバストとくびれのあるウェストなど、美しい身体もダイエットの目的といえます。

メリハリのあるボディについては体重を落とすことに加えて、部分的に力を加える、筋肉を鍛えるなどの方法が必要となります。これには無酸素運動が適しているといえます。ストレッチを行う、ジムなどで筋力を鍛える運動が必要になるということですね。

筋力を鍛え筋肉を貯えることは、基礎代謝量を上げることに繋がります。

無理なく美しいボディを手に入れるには、基礎代謝を上げ、痩せやすい体質を作ると共に、バランスのよい食事を摂ること。

そして摂取カロリーを通常より100から200kカロリー落として摂取すればよいだけなのです。

痩せるメカニズムに基づくダイエットが成功のもと

決して無理なダイエットはしないこと。基礎代謝量を超えて消費カロリーを落とさない。

毎日100~200kカロリーを落とす努力をすること、我慢するのではなく、置き換えメニューや甘いものを食べた時には別のものでカロリーを落とす、など工夫して長く続ける努力をすること。

バランスの良い食事に適度な運動をあわせて行うことで、メリハリのある美しい身体は必ず手に入ります。決して焦らず、毎日続けることがダイエットを成功に導き、そうして手にした身体はリバウンドしにくくなることも実証されていますよ。

寝起きがよくなる睡眠方法。ぐっすり眠れて朝スッキリ!

朝起きるのが辛い。毎日朝が憂鬱な気分なってしまう。どうしても朝スッキリ起きることができない。 そんなアナタに朗報です。毎日のちょっとした工夫と習慣で寝起きがぐっと良くなる方法があります! 知って得する寝起きの良くなる方法をご紹介いたします。 寝起きがよくない理由を知ろう まず寝起きが悪いという状態になるということは、意識が覚醒するべきタイミングで覚醒できていないからと言われてい

過度な筋トレはNG!見た目を重視した痩せて見えるダイエット

体型が痩せて見えることは女性としては理想の体型ではないでしょうか。そのためにダイエットをする人は少なくありません。しかし何も知らずにダイエットをしてしまうと、理想の体型になるどころか前よりも体型が悪くなることもあります。 例えばダイエットが減ったとしても、見た目の体型に変化がないことも少なくありません。今回はダイエットをして体重を落とすだけではなく、どうしたら痩せて見えるようにダイエットできるの

1日の摂取カロリーと消費カロリーの目安を知って健康的に痩せる方法

1日の必要摂取カロリーってご存知でしょうか?意外と知らない方が多いかもしれません。これは男性、女性、大人。子供で必要なカロリー量は変わってきます。 更に年齢以外にも勿論、運動量でも変わってくるものですが、実はこれあまり気にしすぎる必要はなかったんです。 勿論カロリーの過剰摂取はいけませんが、あまり気にしすぎてもダメなんです。それでもやはり、カロリーって気になりますよね。 なので、ここで1日で

食べてなくても太るとお悩みの方へ、食べて痩せる方法ご紹介

食べなくても太ってしまうのはなぜでしょうか。 ダイエットには代謝がとっても重要です。食べないダイエットをすると、代謝が低下します。 食べないことにより、便秘になったり、筋肉の減少、ストレスの増加が起き、代謝がどんどん低下して、太りにくいからだになってしまいます。必要なカロリーをちゃんと摂取しないのは、かえって太りやすくなる原因となります。 食べないダイエットはしないで、食べて太りにくいからだ

ダイエット中のストレス解消法。運動や食事制限が辛いときに実践

ダイエット中は普段の生活に運動や食事制限といった制約が加わることでストレスが溜まりやすくなります。 適度なストレスは人間にとって必要不可欠なのですが、溜め込むと体にも心にも悪い影響を及ぼすため、放置するのはよくありません。 ストレスを解消しないままダイエットを続けていると、痩せるどころか余計に太ってしまったり、情緒不安定になることがあります。 楽しく健康的に痩せるために、ダイエット中のストレ

食欲が止まらない原因は過度なダイエッ?その原因と対策

なぜか食欲止まらない…という理由で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。食欲が止まらないとどんどん太ってしまいますし、ダイエットをしても痩せる事はできません。 ここではなぜ食欲は止まらなくなってしまうのか、食欲止まらない原因はどこにあるのか?また食欲を抑えるにはどのように対処すればいいのか紹介していきます。食欲が止まらなくて悩んでいる人や、食欲を抑えて痩せたいという人は参考にしてみてください。

ダイエットにもう疲れた…そんな時に再びやる気を出す方法

ダイエットを頑張っているものの、もう疲れた…やりたくないと思う時があると思います。 おそらくその時はダイエットに対してのモチベーションが下がり始めているのかもしれません。 もしもモチベーションが下がった気持ちが続いてしまうと、遅かれ早かれダイエットをやめてしまう可能性が高いです。 やはり何とかしてモチベーションを継続させたいと思いますよね。ダイエットに対しての情熱を取り戻す方法を色々と紹介し

ダイエットに成功、失敗する人の違い。どうして私は痩せられないの?

なぜかあの人は、何をやっていても上手くいく!!成功している!!という人がまわりに一人くらいいませんか? そのような人の中には「特別できそうな雰囲気じゃないのに、なんでだろう?」という人も少なくないのではないでしょうか。 なぜか上手くいく人には、それなりの理由があるのです。 ダイエットの成功と失敗を握るカギは「あなた自身の心」にあるといっても過言ではありません。 ダイエットには、気持ちが大き

ダイエットによる薄毛に注意!毛が抜けるのは栄養不足が原因?

ダイエットを頑張っているものの、もう疲れた…やりたくないと思う時があると思います。 おそらくその時はダイエットに対してのモチベーションが下がり始めているのかもしれません。 もしもモチベーションが下がった気持ちが続いてしまうと、遅かれ早かれダイエットをやめてしまう可能性が高いです。 やはり何とかしてモチベーションを継続させたいと思いますよね。ダイエットに対しての情熱を取り戻す方法を色々と紹介し

ダイエット中の吹き出物はこう治す!正しいスキンケアと食事改善

毎日食べるものを色々と考えて、頑張ってダイエットしている人はとてもたくさんいます。 しかしそのせいでイライラしたりストレスを抱えてしまっている人も多いですよね。 しかしダイエットによるイライラや栄養不足が祟ると、酷い肌荒れの原因になってしまいます。 もしも吹き出物などの肌荒れに悩んでいる人がいたら、今のダイエット方法を改めて見直さなければならないかもしれません。 ダイエット開始後から吹き出
1 / 1212345...10...最後 »
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.