ダイエット基本の知識、痩せるメカニズムとは?

スラリとした美しい身体はすべての女性の目指すところですよね。最近太ったと人に言われた、確かに体重が増えて何とか痩せなきゃとあせっている。そんな時にはどのようなダイエットがより効果的なのか気になりますね。

ダイエット前にまず知っておきたいことは、どうすれば痩せるのか…痩せる為のメカニズムです。こちらではダイエットに必要な基礎知識について、痩せるメカニズム、痩せやすい身体を作る為の基礎について、わかり易く説明しています。

ダイエットの前にこれだけは知っておこう!

痩せる為には食べなければよい、と考えていませんか。確かに摂取するカロリーがなければ消費するばかりなので体重は落ちていきます。でも、それでは必要な栄養素もまったく摂取できないという結果になってしまいます。

それどころか、美しく痩せる為に必要な筋肉までも痩せてしまい、身体自体が飢餓に備える体質となり、体脂肪を貯える結果に繋がってしまいます。

正しいダイエットの為にこれだけは知って欲しい基礎的なことについて挙げてみましょう。

  • バランスよく食べて痩せる
  • 有酸素無酸素運動を上手に取り入れて痩せる
  • 無理なく少しずつ綺麗に痩せる

何といっても断食して痩せるというのはお奨めできません。摂取カロリーが消費カロリーを超えないように気を付けることは大切ですが、バランスよい食事が美しい体型を作ってくれるのです。

摂取カロリーをほんの少し抑えることと、適度な運動を行うことがダイエットの基本です。

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動、ストレッチやジムでの部分に特化した無酸素運動、それを無理なく行うことがメリハリのある美しい体型を作るもとになります。

無理なダイエットはストレスのもとにもなり、せっかく痩せても病的な痩せ方になってしまったり、リバウンドのもとになりやすいのです。無理なくきれいに痩せるのが、ダイエットで最も必要なことですよね。

ダイエットの基礎!痩せるメカニズムとは?

美しく無理なく痩せる為には痩せるメカニズムを知る必要があります。それではここでダイエットの基礎である痩せるメカニズムについてお話ししていきましょう。

甘いものは太る?糖質制限ダイエット

摂取カロリーが消費カロリーを超えた場合人は太ります。甘いもの=高カロリー、と捉えるなら、糖質制限ダイエットは確かに有効なダイエットかもわかりません。

例えば糖質制限でカロリーを1500Kカロリーに抑えたとしましょう。甘いもの、お米、パン、それらはすべてタブーです。あれもこれもダメでは何だかストレスが溜まってしまいそうではないですか。

それなら、同じ1500Kカロリーを糖分も含めてバランス良くとるようにした方が、ストレスにならないのではと考えます。バランスの良い食事のお話しの前に摂取カロリーと消費カロリーについて考えてみましょう。

摂取カロリーが消費カロリーよりも多ければ太る

摂取カロリーとは文字通り身体の中に取入れた食べ物のカロリーとなります。消費カロリーは基礎代謝量を含む運動などで消費するカロリーのことですよね。当然のことながら摂取カロリーが消費カロリーを上回ればその分が脂肪として蓄積され、体重増加につながるのです。

それでは摂取カロリーを限りなく少なくすればよいかというと、そうとばかりはいえないのです。まず、人間が何もしない時であっても消費されるカロリー(基礎代謝量)について確認してみましょう。基礎代謝は男性、女性、そして年齢などによって違ってきます。

基礎代謝量の計算方法

男性の場合…66+13.7×体重+5.0×身長-6.8×年齢

女性の場合…665+9.6×体重+1.7×身長-7.0×年齢

例えば30歳の女性で160cm、60kgの人の基礎代謝量は、665+576+272-210=1303…一日に1303kカロリーがじっとしていても消費されるということになります。

反対にいえばこの基礎代謝量は絶対に必要な摂取カロリーであるともいえますよね。無理なダイエットでこの基礎代謝量を下回るカロリー摂取となると、身体に何らかのダメージを与える結果になってしまいますよ。

基礎代謝量と一般的な運動量とで、平均どのくらいの摂取カロリーが必要なのかを年齢別に見て行きましょう。

女性の場合

  • 18歳~29歳…1950kカロリー
  • 30歳~39歳…2000kカロリー
  • 50歳~69歳…1900kカロリー

男性の場合

  • 18歳~29歳…2650kカロリー
  • 30歳~39歳…2650kカロリー
  • 50歳~69歳…2450kカロリー

160cm、60kgの30歳女性がダイエットするのなら、2000kカロリーから1303kカロリーを引いた697kカロリーの中で摂取カロリーを抑えなくてはいけないという事ですよね。

通常のダイエットが、1日の摂取カロリーを100から200kカロリー抑えるのが標準的なのはこういった理由からなのだとお分かりいただけたでしょうか。

2000kカロリーから毎日200kカロリーを引いた1800kカロリーを摂取し、適度な運動を組み合わせることで。30歳女性の身体は痩せるメカニズムが整うということになるのです。

これを守れば必ず痩せる

消費カロリー、摂取カロリーについてはお分かりいただけましたか。ただ単に甘いものや糖に変わるご飯類は食べないというだけではなく、ダイエットは無理なく楽しみながら行うのが一番良い結果を出すために必要なのではないでしょうか。

これが最も必要、こうすれば楽しく痩せることができる。そのヒントになることをいくつか挙げてみますね。

  • 減らすカロリーは200kカロリーほどで良い
  • 上手に置き換えメニューを作る
  • 食べたいものはがまんしない

減らすカロリーは多ければ良いという訳ではありません。1日に100から200kカロリーを減らすだけでも、充分ダイエット効果は得られます。

毎日200kカロリー減を3ヵ月続ければ18000kカロリー減、脂肪でいえば2.4kgに相当します。

もちろん単純計算なので、実際に落ちる体重は運動量などによりもっと多くなる場合もあるし、少ない場合もあるでしょう。それでも必ずマイナスの体重は約束されると考えても良いでしょう。

ごはんを半量にし、豆腐やコンニャクに置き換える。麺類も今は白滝を使ったものや春雨を使ったものも市販されています。

そういったものを上手に取り入れるのも良いですね。とにかく食べたいものは我慢しない。ケーキを食べた日は他のものでカロリー調整する。それで良いのです。

無理なく美しいボディを手にいれる為に

痩せる為のメカニズムについてお話ししてきましたが、体重減ということではお分かりいただけたと思います。ただ体重を減らすということだけでなく、メリハリのある身体、女性なら豊かなバストとくびれのあるウェストなど、美しい身体もダイエットの目的といえます。

メリハリのあるボディについては体重を落とすことに加えて、部分的に力を加える、筋肉を鍛えるなどの方法が必要となります。これには無酸素運動が適しているといえます。ストレッチを行う、ジムなどで筋力を鍛える運動が必要になるということですね。

筋力を鍛え筋肉を貯えることは、基礎代謝量を上げることに繋がります。

無理なく美しいボディを手に入れるには、基礎代謝を上げ、痩せやすい体質を作ると共に、バランスのよい食事を摂ること。

そして摂取カロリーを通常より100から200kカロリー落として摂取すればよいだけなのです。

痩せるメカニズムに基づくダイエットが成功のもと

決して無理なダイエットはしないこと。基礎代謝量を超えて消費カロリーを落とさない。

毎日100~200kカロリーを落とす努力をすること、我慢するのではなく、置き換えメニューや甘いものを食べた時には別のものでカロリーを落とす、など工夫して長く続ける努力をすること。

バランスの良い食事に適度な運動をあわせて行うことで、メリハリのある美しい身体は必ず手に入ります。決して焦らず、毎日続けることがダイエットを成功に導き、そうして手にした身体はリバウンドしにくくなることも実証されていますよ。

結果を求める人必見!短期間で痩せる!効率の良いダイエット法

ダイエットをしても3日坊主で終わってしまう…、目標の体重になる前に止めてしまった…、そんな経験ありませんか? 多くの人がダイエットが続かない理由。それは「結果が見えない」ことが原因です。 例え1日でも食事を我慢したり、運動をしたのであれば結果は出るはずですが、減ったのがほんの数100グラムだったり、変わらないのであればやる気もなくなってしまいますよね。 今回はそんな「ダイエットが続かない」と

ダイエットで体重が突然減ることがある。いつどんなタイミングで!?

一生懸命ダイエットしても、なかなか体重が減らない…と思いきや、ある日突然大幅に減っている!ダイエットに成功した人の多くが体験している現象です。食事や運動管理をしっかりしていけば、減り方は一定になりそうですが、実際はそう単純でもないようです。 停滞期を乗り越え、ダイエットを成功させたければ、体重が減っていくメカニズムを理解する必要があります。3日坊主にならないためにも、しっかり勉強しましょう。

女性がダイエットする理由。時には周囲からの無言のプレッシャーも!

『細い!』という言葉は女性には嬉しいものです。最高のほめ言葉と言ってもいいかもしれません。そのせいか、日々ダイエットに励んでいる女性は非常に多いです。 ダイエットの理由の多はは『きれいになりたいから』ですが、別の理由でダイエットしている女性も少なからずいるようです。すでにじゅうぶん細いのに、もっと体重を減らそうとしている女性もいます。 そこまでして痩せたがる理由とは何なのでしょうか?行き過ぎた

ダイエットで胸が小さくなることもある。メリハリ残して痩せるコツ

ダイエットを始める前に、何かと不安を感じる人もいます。女性の人の場合は、ダイエットで胸が小さくなることが不安と感じる人もいるのではないでしょうか。 ダイエットで胸が小さくなってしまうことにはきちんとした理由があります。理由を知っておけば、胸を小さくしなくてもダイエットすることができます。何も知らずにダイエットを始めて、胸が小さくなってしまうこともあるため、ダイエット前にはきちんと胸が小さくなって

ダイエットが原因の腰痛は回避できる!?腰痛になる理由と防ぐ方法

ダイエットは「痩せる」というメリットに目が行きがちですが、メリットだけではないため注意も必要です。ではダイエットにどんなデメリットがあるのか?聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。 まず挙げるのであれば、「腰痛」です。痩せることができても、その結果、腰痛持ちになってしまうということもあります。腰痛になってしまうことにはきちんと原因があり、ダイエット方法によっては腰痛にならずとも痩せること

痩せホルモンを増やしてダイエット。食欲制御も可能かも!

体の対象や体質は体から分泌されているホルモンによって左右されます。そのホルモンがダイエットに効果的なことを知っているでしょうか。ホルモンを意識することはなかなかないため、ホルモンがダイエットに効果的なことを知らない人もいるでしょう。 ここではダイエットとホルモンの関係について紹介していきます。これからダイエットをするという人は、ホルモンを意識したダイエットに挑戦してみてはどうでしょうか。 ダイ

痩せる前兆を見逃さないで。脂肪が柔らかくなったらチャンス!

ダイエットはいざ始めてみると、効果がなかなか得られなくて途中でやめてしまうことも少なくありません。中途半端でやめてしまうとそれまでの努力が勿体ないですし、リバウンドでダイエット前よりも太ってしまうことも考えられます。 ダイエットを途中でやめてしまわないためにも、まずは明確な目標を決めてみてはどうでしょうか。ダイエットで痩せる時には前兆があり、それは脂肪が柔らかくなってからと言われています。 こ

下剤を飲んで痩せるのは危険!それって過食症の兆候かも

運動をしたりカロリー制限をしたり体を矯正するなど、世の中にはいろいろなダイエット方法があり、若い女性を中心にいくつものダイエット方法にチャレンジをしている人は多くいます。 それらの中で、下剤を使って痩せるという方法があります。これは市販で売られている下剤を飲むことによって痩せるという方法です。 しかし、本来の目的と違った使い方で下剤を飲むことで過食を招くなどのリスクがあり、あまりオススメできる

ダイエットで無気力に…健康的に痩せるおすすめダイエット法

世間にはあらゆるダイエット方法が溢れかえっており、いろいろな人がいろいろな方法のダイエットを行っています。 ダイエット法をしっかりと理解しないまま試したからか、その方法が本人にあっていないのか、リバウンドを起こしたり体調を崩すことがあります。そうなると、ダイエット方法を見直す必要があるでしょう。 そんな中、これもダイエットの影響なのでしょうか。無気力になることがあります。特に炭水化物を極端に控

髪の毛がパサパサになるのはダイエットのせい?元気な髪質に戻す方法

ダイエットにはいろいろなやり方があります。それで上手く健康で綺麗な体を手に入れることができるといいのですが、やり方によってはその人に合わず、上手く痩せられないことがあります。中にはそれだけなく、体の他の部分に影響が出ることもあります。 そんないろいろな症状の中で、ダイエットが髪の毛の状態に影響が出ているのではないか、という時があります。 髪の毛がやたらとパサパサとして艶もなく若さを感じ
1 / 612345...最後 »
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.