ダイエットしたいなら基礎代謝を上げよう!痩せやすい体づくり

ダイエットで苦労されている方、どれぐらいいらっしゃるでしょうか。

ダイエットに苦労はつきものと言われていますが、あまりにも反映されないのはつらいですよね。

なかなかダイエットが成功しないという方、きちんと代謝はスムーズに行われていますか。ダイエットには代謝がとても大切になります。

代謝がきちんと行われていないと、頑張ってもなかなか結果に現れません。その代わり代謝が上がると、スムーズに結果が出る方が多いんですよ。

それでは代謝を上手に上げる方法はどのようなやり方があるのでしょうか。その辺りについてまとめてあります。

代謝がなかなか上がらず苦労されている方は、最後まで読んでみてくださいね。

近道はやっぱりこれ!基礎代謝を上げる事が大切!

ダイエットを一生懸命しているのにもかかわらずなかなか痩せることができないという方の多くは、代謝が下がっていると言う大きな原因があります。

実は代謝には二つの種類があり、一つは新陳代謝、そしてもう一つは基礎代謝です。

どちらもとても大切なのですが、今回は基礎代謝の方に焦点を当ててみたいと思います。

基礎代謝とは一体何なのか…よく分かっていないという方も多いのではないでしょうか。

新陳代謝と基礎代謝は全く別物で、新陳代謝は基本的にターンオーバーを促進したり、体の中に溜まっている古いものを外に押し出したりする力のことを言います。

そして基礎代謝とは生命に関わる代謝のことを指します。

例えば寝ている間、ただ単に座っている間、そんな時でも心臓が動いたり肝臓や腎臓が動いたりし続けています。動かすためにはエネルギーが必要で、車で言えばガソリン部分になり、それが人間に例えると基礎代謝になるんです。

車の場合は燃費が良い、つまり、あまりエネルギーを消費しない車の方がありがたいわけですが、人間の場合はその逆で、少しの基礎代謝量、つまりは燃費の良い基礎代謝の人よりも、燃費が悪く、エネルギー消費の多い人の方が痩せやすいということになります。

早い話、体の臓器を動かすためのエネルギーは、たくさん消費してくれる方が脂肪になりにくく、スリムな体を保つことができるということになります。

寝ている間に100のエネルギーを消費する人と、50のエネルギーを消費する人とでは、前者の方がよりたくさん体の中のエネルギーを利用しているということになるので、エネルギーが余ることがあまりなく、脂肪に蓄えられる余力がないということになります。

ですので、じっとしていてもカロリー消費が活発な体を作ることが、ダイエットをするにあたってとても大切なことだと言えます。

ここがポイント!代謝を高める為にすべき事!

新陳代謝を上げなくてはなかなかダイエットに反映しづらいということはわかりました。

ただ、どのようにして代謝をあげたらいいのかわからない方も多いと思います。

新陳代謝を上げるためにしなくてはいけない大事なことを以下以降、まとめてみました。

ダイエットを頑張っているのにも関わらず、なかなか痩せないと嘆いている方や、今まで何度もダイエットに失敗している方、そしてこれからダイエットをやってみようと思っている方も是非、参考にして、ダイエット成功への最短ルートを確保しましょう。

筋肉増強!筋肉を付けると痩せるカラクリ

体を動かすにはエネルギーが必要です。

寝ている間、臓器を動かすのにもエネルギーが必要なのですから、起きて活動している間はもっとエネルギーが必要になるということになります。

しかし活動的に動いているのにも関わらず、燃費がよく、あまりエネルギーを必要としないという方は、体の中の脂肪をがっつりと使ってくれるわけではありませんので、なかなか体重が減らないんですよね。

つまりは基礎代謝量が落ちているということになります。

このような状態に陥っている方は、新陳代謝を上げるために、筋肉の増強を始めてください。

筋肉を使うということは思いの外、エネルギーを消費します。

体の中にたくさんある筋肉が発達したら、当然、たくさんエネルギーを使うことになりますので、エネルギーが足りなくなれば、お腹の中などに溜まっている脂肪がエネルギー源として利用されることになります。

そして利用した脂肪は減ることになります。

しかし、ここに一つ落とし穴があり、筋肉を動かすためのエネルギー…実は体のあちらこちらに着いた脂肪を利用するのはもう少し後で、そのエネルギー源となるのは食べたばかりの食物なんです。

どうせなら体に付いた分からエネルギーとして使ってくれたら有り難いのですが、人間の体は、いつ何時訪れるかわからない危機的状況を逃れるための本能が備わっていて、そんな時に生き延びるため、脂肪を蓄える習性があります。

食べたものから先にエネルギーとして使われるという事は、いつまで経ってもお腹や背中に付いた脂肪はそのままと言うことになります。

しかし、筋肉を鍛えるとエネルギーをどんどんと使いますので、例えば、食べる量を少なめにして、尚且つ筋肉を鍛えると食べる量だけのエネルギーでは足らず、体に蓄積されている脂肪がどんどんと筋肉を動かすために使われ始めます。

この方法を取れば正直、あっという間に痩せることが可能だと思います。

ただ、食べ物を減らすのはどうしてもつらいですよね。

そんな方もせめて筋肉だけはできるだけ鍛えておきましょう!

食事制限を同時に行なっている方達よりも少し時間はかかるかもしれませんが、今の状態よりかは、痩せやすい体質になることは間違いないです。

痩せるためには基礎代謝を上げる、そしてそのためには筋肉を増強させる、ここが大きなポイントになります!

便秘は必ず解消すること!

便秘はダイエットに非常に大敵です!便秘気味で毎日困っている人が多いと思いますが、必ず治すようにしてください。

便秘気味であるということは、腸の活動が不十分であるという証拠になります。

体の臓器がしっかり動くということは体温を上げますので、脂肪が緩みやすくなるんです。

脂肪が常に緩みやすい状態になっているということは、脂肪が凝り固まることを防ぐということにもなります。

ですので便秘を防ぐということは脂肪の蓄積を防ぐ大事な要因になりますので、便秘気味で悩んでいる方は、必ずしっかりと治すように努めて下さい。

体は絶対に冷やさない!常に温かく!

また先ほどの理論で言えば、体を冷やすのも良くありません。冷えた体には溶けにくい脂肪がいつまでも滞留することになります。ですので、痩せた体を作りたいと思ったときはできるだけ体を温めるようにした方が効果が高いんです。

冷たい飲み物や食べ物を食べるよりも、温かい食べ物を食べた方がダイエットに良いと昔から言われているのも、この理論があるからです。

最近太ってきたなと思う方、体を冷やすような飲み物や食べ物をしょっちゅう摂取していませんか。

一刻も早く体重を落としたいと思う場合は、夏場であっても温かいものを食べる習慣を身につけることをおすすめしたいと思います。

筋肉を作るには、高タンパクの食事プラス栄養も考えて!

代謝をアップさせて痩せやすい体を作りたい場合は、できるだけ高タンパクの食事に切り替えるようにしてください。

高タンパクの食事は筋肉を増強させ、効率よく脂肪を燃焼させることができますので、ダイエットに非常に効果的なんです。

今は高タンパクで低糖質の食事が流行っていて、コンビニなどに行くとそれに則った惣菜や食材などがとてもたくさん売られるようになりました。

昔に比べるとあまり深く考えることなく、簡単にダイエットメニューを作ることができるようになっていますね。

しかし、あまりにも高タンパク質に偏った食事だけを取っていても、体には良くありません。

ビタミンやミネラルもそれなりに必要になってきます。

筋肉を効率よく身につけるダイエットに切り替える場合は、タンパク質プラス、バランスの良い栄養を摂取することが大切だということを忘れないようにしましょう。

結論!基礎代謝アップには筋肉を育てる!コレに勝るものは無い!

いかがでしたか。

基礎代謝をしっかりと上げる為には筋肉を作り、痩せやすい体を作る、ここが一番のポイントとなります!

基礎代謝量が少なくなってしまったらまた太りやすい体になってしまいますので、常に上げておくことがスリムな体を維持するためにも必要だということになります。

全身の筋肉を鍛えなくてはならないなんて難しいことは考えずに、自分が鍛えやすい、動かしやすい筋肉を中心に、こまめに動かすようにしましょう。

例えば少し長めの距離を歩いたり、自転車に乗るときも太ももの筋肉を意識したりするだけでもかなり変わってきます。

また、初心者でも簡単に筋肉を増強できるような体操などが、インターネット上では山のように公開されています。

全ての体操をしなくてはならないことはありません。

この体操ならば長く続けることができるであろうと思うものをピックアップして、できるだけ毎日続けるようにしてください。

毎日少しずつでも構わないので、コツコツと努力を続けると基礎代謝の上がりやすい体に必ず変わります。

時間がかかる可能性がありますが、そこで投げ出さずに続ける者こそが勝ち組になります!

気負いすぎてしまうと途中でしんどくなってしまうことがありますので、あまり自分を追い込まず、続けていくようにしてください。

継続してみると思いの他、早く結果が出る人もいると思いますよ。頑張りましょう!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.