テレビ番組を通じてブームに!鎖骨ひねりダイエットの効果

鎖骨ひねりダイエットを始める前に必要となる、鎖骨に関する知識もまとめています。

なぜ、鎖骨ひねりを行うだけでダイエットにつながるのか、鎖骨ひねりで注意するべきポイントなども案内しているので、良ければこちらも参考にしてください。また、エクササイズとして評価されている理由も案内しているので、なぜ、今では高い人気を誇るようになったのか、そのことも理解できる内容になっています。

鎖骨の周りの筋肉!鍛えておくとダイエットを進めやすくなる!

鎖骨ひねりダイエットを行っていると、筋肉そのものを鍛えやすくなります。具体的には、以下のような筋肉に影響を与えるため、男女問わずで支持されることが多いダイエットとなりました。
  • 僧帽筋
  • 鎖骨下筋
  • 大胸筋
  • 三角筋
  • 胸鎖乳突筋

上記の筋肉は、健康、美容に深く関わってくる筋肉でもあるので、今では、ダイエットのために鎖骨ひねりをされる人が増えてきました。

例えば、僧帽筋は大きな三角形の筋肉なので、しっかり鍛えておくと、脂肪燃焼を促進する力を得られます。あまり動かす部位ではないため、このような筋肉の鍛え方として、鎖骨ひねりを推奨することも増えてきました。

鎖骨下筋は、肩関節が動く際に鎖骨を固定するための筋肉なので、しっかり鍛えておくと、体の丈夫さが上がるという特徴があります。肩関節に痛みを感じやすく、運動不足を感じている人は、鎖骨下筋が弱っているかもしれません。

大胸筋は、大きな筋肉なので鍛えやすいと思われがちです。しかし、実際は硬くなりやすい筋肉の1つで、水泳などの全身運動を要求されるスポーツを、継続して行っていないと鍛えることが難しい筋肉です。

体力増強に関わってくる筋肉でもあるので、老化により大胸筋がかなり衰えやすくなるなど、様々な体力の問題に関わってくる筋肉としても有名なので、鎖骨ひねりで筋肉に刺激を与えることで、体力が安定することもあります。

三角筋は、腕を上下させる際に動く筋肉なのですが、硬くなってくると、体の動作に悪影響を与えることでも有名です。鍛えにくい筋肉の1つなので、鎖骨ひねりで鍛えたほうが良いでしょう。

胸鎖乳突筋は、肩だけでなく首にも関わってくる筋肉です。胸鎖乳突筋が弱まってくると、重いものを持ち上げる際、もしくは、姿勢を保つ際にふらつきやすくなるため、鍛えておいたほうが良い筋肉としても有名です。

鎖骨美人を目指せる!鎖骨を通じてキレイになるってどういうこと?

鎖骨ひねりダイエットの素晴らしいところは、美容効果も得られるところです。

なぜ、鎖骨をひねるだけで、健康、美容を改善できるのかというと、以下の健康効果を得られるからです。

  • 血流改善効果
  • リンパ液の循環を改善する効果
  • 神経の痛みを鎮静する効果

血流改善効果は、鎖骨をひねることで発生するリンパ液の循環が、改善される効果のオマケで発生します。

リンパ液は、循環が滞っただけでむくみ、冷え性が発生しやすくなり、血流を悪化させてしまうほどの影響力を持っています。運動不足に悩まされている人ほど、このような問題のため、筋肉痛や体調不良を感じることが多いです。

また、血の巡りが悪い状態では神経が悪化しやすくなります。神経が悪化すると炎症を起こす頻度が高まり、小さな痛みに対して敏感に反応するようになります。放置されていると、痛みで表情が固まりやすくなり、あまり顔の筋肉を動かせなくなるなど、美容に大きな悪影響を与えることもあるのです。

その他のトラブルでは、肌荒れ、ニキビ、吹き出物のトラブルが多くなります。

血の巡りが悪い状態では、摂取した栄養を正しく体のすみずみに運べなくなり、体調不良が長く続くようになるのです。すると、新陳代謝までもが悪化し、その影響で古い角質を改善できずに肌荒れ、肌が炎症しやすいためニキビが増えるなど、多くの肌トラブルを抱えることになります。

鎖骨をひねる行為は、血流、リンパ、神経に良い作用がありますので、健康を意識して長く行ったほうが良いでしょう。

鎖骨に問題が発生!老化で発生する問題を放置するとどうなる?

鎖骨ひねりダイエットは、スタイルを良くする際にも効果的だと言われることが増えてきました。というのも、肩、腰に対しても良い効果があるからです。
  • 首が細くなりやすくなる
  • イカリ肩を矯正しやすくなる
  • 腰周りがシュッとする

鎖骨をひねることで、人の体は刺激を多く得ている状態になります。すると、ホルモン分泌量が安定するようになり、ホルモン分泌の影響で、体の状態を正常にしようとする作用を得られるようになるのです。

鎖骨ひねりダイエットの場合、鎖骨をひねることを意識して運動するだけです。ですが、体の中に溜まっていた老廃物が汗に混じって出やすくなり、しかも、お通じなどの問題も解消しやすくなります。

老化の影響で、首が太く見えるようになったり、お腹、腰にばかり脂肪が溜まるようになったという人は、もしかすると、代謝機能に問題があるのかもしれません。

鎖骨ひねりダイエットは、中高年の方でも効果が高く、近年では、このような効果の高さも評価されるようになったので、テレビ番組でも良く見かけるダイエット方法になりました。

美容効果も注目されている!鎖骨ひねりの意外な効果は数種類もある

鎖骨ひねりの美容効果ですが、以下のような美容効果もあることが、近年になってわかってきました。

  • 猫背の改善
  • 胸が垂れる問題の改善

猫背、胸が垂れるという問題は、今まで、老化、生活習慣が影響していると思われてきました。

ですが、そのような問題以外にも、呼吸が浅くなりやすい、体調が悪化しやすいかどうかも,猫背、胸が垂れる問題に関わってくるのです。猫背の場合、同じような姿勢が続くと、猫背を改善することが難しくなります。

ですが、鎖骨ひねりダイエットを行っていると、肩、胸の筋肉を鍛えることができるので、その影響で姿勢を維持するのが楽になるのです。人によっては、体重をしっかりと減らしたのに、猫背だけは改善できなかったという人もいるでしょう。

そのような人は、鎖骨ひねりダイエットと相性が良い人です。今よりさらに見た目を良くしたい人は、鎖骨をひねる動作で猫背の改善を行ってみてください。

また、女性にとって胸が垂れ始める、垂れやすいというのは美容上の大きな問題です。ですが、このような問題も筋肉との大きな関わりがあり、老化以外の理由でも起きることがあります。

例えば、鎖骨周りの筋肉が弱っている場合、胸を支える筋肉が伸びてしまうこともあります。筋肉は刺激をもらうと反応し、収縮運動を盛んに行うようになりますので、鎖骨をひねる動作は、胸に対して良い刺激を与える動作でもあるのです。

また、激しい運動を行わないで良いため、鎖骨ひねりダイエットであれば、無駄な筋肉を付けてしまう恐れがありません。なので、女性タレント、女優の方も鎖骨ひねりダイエットを行っていますし、SNSなどで、ダイエット効果をアピールしている女性が増えてきているのです。

意外と簡単!鎖骨ひねりダイエットは誰でもすぐに始められる

鎖骨ひねりダイエットの方法は、以下のように誰にでもできるほど簡単です。

  • 立っている状態をキープし、足を肩幅ほど開く
  • 親指、小指で鎖骨の上下を押さえる(固定する感じが望ましい)
  • 顔は正面に向けたままをキープする
  • 体を180度で左右にひねる
  • 顔は一緒にひねってしまわないように注意する
  • すべての動作を30秒で1セットとする

簡単なように感じるかもしれませんが、これだけの動作で、健康、美容に良い効果を、即効性を高めて得られるようになります。

そのため、鎖骨ひねりダイエットと相性が良い人は、主に以下のような人が該当します。

  • 激しい運動を行う体力が無い
  • 時間を無駄にしたくない
  • 首、肩、腰に効くダイエットを行いたい

鎖骨ひねりダイエットのコツですが、まったく力を入れないことです。これは、テレビ番組や雑誌でも同じ表現が用いられています。

力を入れてダイエットを行った場合、刺激が強くなりやすいという問題点が発生します。刺激が強いとダイエット効果が高まりそうですが、実際は、筋肉に多くの疲労が残るだけなのです。

すると、体内に溜まっているエネルギーが、疲労を修復するために使用されてしまい、エネルギーを体中に送る際の効率が下がってしまいます。鎖骨ひねりダイエットは、代謝機能の底上げ、血流などの改善効果を得ることが目的なので、筋肉に対して強い負荷をかける必要はありません。

筋肉増強はオマケで行うことも理解し、暇な時間を有意義に使用するためのダイエットとして、継続するのが最良とされています。

健康法として高評価!鎖骨ひねりは肩、腰にどのような効果がある?

長引く肩こりを治すために、鎖骨ひねりダイエットを始める人もいます。

なぜ、鎖骨をひねることで肩こりを治せるのかというと、それは、鎖骨をひねる動作で、以下のような健康効果が発生するからです。

  • 血流改善効果
  • 乳酸が溜まりづらくなる
  • 低刺激、低負荷の発生

鎖骨をひねることで血管、リンパ管に対して、良い影響を与えられるようになります。血流改善効果を良く得るようになると、その影響で乳酸が溜まりすぎる問題を解消できます。

乳酸は痛み、疲労などを発生させる諸原因のため、長時間のお風呂、睡眠の質を高める、アミノ酸を多く摂取する生活を要求されます。ですが、鎖骨をひねる動作を通じて、あまり使われなかった筋肉が使われるようになり、その際に、体内に無駄に溜まっているエネルギーも使われるようになるので、乳酸の量そのものが減っていくのです。

首、肩などはひねりすぎると痛みが発生します。ですが、低刺激、低負荷でストレスをかけ続けると、筋肉、血管、神経にとって、良い作用が発生するようになるのです。

鎖骨ひねりダイエットは、腰痛に対しても良い効果があるダイエット法の1つです。

  • 痛みが発生する一般的な腰痛
  • 椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎すべり症

鎖骨ひねりダイエットを続けていると、腰痛に関する上記の痛み、症状がやわらぐというデータも存在します。

腰痛は、適度に体を動かしていると、痛みがやわらぐという性質があるため、軽運動などで症状を緩和する人もいます。ですが、椎間板ヘルニアなど、急に激しい痛みが発生する腰痛の場合、運動方法によっては、症状の悪化を招く恐れがあるのです。

しかし、鎖骨ひねりダイエットの場合は、主に鎖骨、そして胸筋などを用いて、体の血の巡り、筋肉の硬さを調整する運動となっているため、腰そのものに対して強い負荷をかけることがありません。また、血の巡りが良くなっていくに連れて、神経痛、炎症などを抑えられることもわかってきました。

鎖骨ひねりダイエットは余計な体力を使いませんし、1セット30秒以内に終わる程度の運動量です。そのため、体力が低下している人、もしくは、強い負荷を体に与えることができない人でも始められる、優秀な運動方法の1種でもあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.