コンビニ生活で太らないために!低カロリー高タンパクの食べ物は?

コンビニには、太らない食べ物が売られているとされていますが、今では、若い女性の間で人気の食べ物も増えてきました。

また、ランキング形式で発表しているサイトも存在するほど、定着している食べ物まで存在します。そこで、今回は太らない食べ物として有名なもの、そして、なぜ太らないでいられるのかを、成分を元にして案内していきます。

人気の栄養はたんぱく質!たんぱく質が多く含まれている食べ物は?

コンビニの太らない食べ物と言えば、サラダチキンが定番でしょう。理由としては、以下のような低カロリー、高たんぱく質の食べ物だからです。
  • 低カロリーで有名、100gに対して100kcalほど
  • 1パックの容量が小さく、1パック120gほど
  • 手でちぎって調理できる

サラダチキンのような食べ物は、コンビニであれば、ほとんどのコンビニで購入することができます。このようなお手軽さが受けて、今では、誰もがサラダチキンを食べるようになりました。

ちなみに、同サイズでカロリー量を計測すると、鶏肉、豚肉、牛肉の順番でカロリー量が高まっていきます。豚肉は鶏肉のように低カロリーに近い食べ物なのですが、脂質が豊富なので、ダイエッターから避けられる傾向にあります。

しかも、サラダチキンは1パックのサイズも小さい。さらに、しっかりと調理されているので指を使ってちぎり、それをサラダの上にかける、もしくは、丁寧にスライスしてお皿に盛り付けるだけで、調理を終えることまで可能です。

サラダの上にサラダチキンをかける場合、コンビニで売られている低糖のドレッシングを使うようにするだけで、ダイエットを楽しみながら、サラダチキンを美味しくいただくことも可能になります。

女性にもたんぱく質?筋肉を付けても体重は増えない?

ダイエットの時は、脂肪、筋肉を付けないようにしたほうが良いと言われています。

これは、過去から現在にかけて受け継がれている、ダイエットの秘訣とされていました。ですが、今ではたんぱく質をしっかりと摂取して、体重を増やしつつ痩せる女性が増えてきたのです。

肉ダイエットでも有名になりましたが、女性であっても、筋肉を付けること、そして、赤身肉などたんぱく質が豊富な食べ物を食べることは、悪いことではありません。

  • 筋肉を付けると基礎代謝が上がる
  • 筋肉には栄養を蓄える力がある
  • 塩分、脂質は体に必要な栄養

コンビニの太らない食べ物でも、サラダチキンのように、適度なミネラル、塩分、脂質、たんぱく質を含んでいるものが人気です。その理由ですが、上記に該当するダイエットを目指したほうが、実はダイエットの成功者になりやすいからです。

過去から現在にかけて伝わっていたダイエットのほとんどは、短期間のダイエットばかりでした。ですが、このようなダイエットを繰り返しても、かえってダイエットに対してストレスが溜まりやすく、また、リバウンドをしてしまう可能性のほうが高かったのです。

そこで見直されるようになったのが基礎代謝です。基礎代謝は生命を維持するために使われているエネルギーで、痩せている人のほとんどは、この基礎代謝が高いため、健康、ダイエットに向く体を維持できているのです。

サラダチキンも、そんな基礎代謝に貢献してくれる食べ物であり、コンビニで販売されている太らない食べ物と言えます。なので、肉類をひたすら我慢するダイエットを続けている人は、時として、コンビニのサラダチキンを食べてみるのも良いでしょう。

ビタミンでダイエット!ビタミンが多く含まれている野菜は?

ダイエットの定番食材の中には、レタスといった野菜が良く出てきます。また、過去であればビタミンCが支持されていましたが、近年では、マルチビタミンのような複数のビタミンを、まとめて摂取したほうが良いという意見が増えてきました。

また、どうしてダイエットのために野菜を食べるのかというと、それは、野菜には以下のような秘められた力があるからです。

  • ビタミンA、Bが豊富
  • 噛む回数が自然と多くなる
  • 消化、吸収が早い

ビタミンA、Bは血管、もしくは肌細胞、粘膜の健康に影響を与えます。ダイエット中は、カロリー摂取量が減りやすいため、肌トラブルを起こしやすいのですが、ビタミンA、Bを摂取していると、このような問題を回避しやすくなるのです。

また、今ではレタスを挟んだサンドイッチなど、カロリー量が少ないだけでなく、歯ごたえの良いものが増えてきました。シャキシャキレタスという名称で売られているものが多く、カロリー量も200kcalを少し超える程度なので、実は、おにぎり1個とカロリー量が違いません。

しかも、パンの部分の歯ごたえも悪くないので、食事に時間がかかる、唾液の量も多くなる、歯を良く動かすためアゴが丈夫になるなど、ダイエットだけでなく、健康に良い効果を多く得られるようになっています。

近年では、ダイエット中の健康も考えて、ハム、チーズが挟まれているタイプの食べ物も増えてきました。ハム、チーズともにたんぱく質が豊富、胃で消化されやすいという特長もあるため、食事後の満腹感も悪くありません。

ビタミンの効果!なぜ最近になって注目されるようになった?

ビタミンB群が存在するため、ダイエット中に野菜を食べる人が増えてきました。

ビタミンB群というのは、ビタミンB1以外のビタミンも該当し、以下のような栄養効果を得られるため、ビタミンは体にとって重要な栄養と言われるようになりました。

  • ビタミンB1:糖質の代謝を改善する
  • ビタミンB2:脂肪の代謝を改善する
  • ビタミンB6:たんぱく質の代謝を改善する
  • ビタミンB12:神経の傷を修復する

ビタミンB1は、糖質の代謝に影響を与えるので、ダイエット中のリバウンドを抑制する効果があります。近年では、アミノサプリメントにも含まれることが多く、ダイエット効果を上げる際に、重要な栄養と言われることが多くなりました。

ビタミンB2、ビタミンB6にも同じような働きがあります。例えば、脂肪の代謝を改善できた場合、痩せやすい体質になることがあるのです。

たんぱく質の代謝も改善できるようになると、筋肉を付けてダイエットに成功できるため、基礎代謝の向上を受けて、リバウンドを抑制できるだけでなく、糖質、脂肪の燃焼を素早く行えるようになります。これにより、体温が安定するようになり、免疫力が改善されることもあるのです。

ビタミンB12は、運動、ダイエットで発生するストレスを軽減する効果があります。ストレスが溜まってくると、食事量がストレス発散の目的で多くなり、リバウンドを抑制するどころか、頻繁にリバウンドの危機にさらされることもあります。

そのため、ダイエットを長く行っていきたい場合は、ビタミンB12も摂取したほうが良いと言われているのです。

また、ビタミンB群の栄養を正しく摂取したい場合、以下のような食材からビタミンB群を摂取すると良いでしょう。

  • ビタミンB1:豆類、肉類、海苔、豆腐、ごま
  • ビタミンB2:卵、牛乳、チーズ、レバー、緑黄色野菜、納豆
  • ビタミンB6:卵、肉類、魚肉、豆類
  • ビタミンB12:卵、牛乳、レバー、チーズ、貝類
  • 温かい食べ物でダイエット!コンビニの食べ物が人気の理由は?

    コンビニで売られている鍋物ですが、安定した人気を誇るのはおでんの具です。

    おでんの具が、多く入っていることをアピールしているものほど人気が高く、また、おでんの具にはダイエットに良い効果があることも、段々と一般の人にも知られるようになってきました。

    • 量が多くても低カロリー、約500gに対して200kcal
    • たんぱく質も豊富

    これらの良い特徴があるので、コンビニの太らない食べ物の中でも有名なのです。

    また、冬など寒い時期に食べられることが多く、冷えやすくなっている体を温めてくれる効果もあります。鍋物は、簡単に熱が奪われにくい練り物が入っているので、鍋物の具材を食べた場合、体温が下がりづらい効果を得られるのです。

    しかも、8種の具材が入っているおでんであっても、価格は約200円となっていますので、ほぼ毎日でも食べられる魅力まで存在します。

    おでんは調理も難しくありません。おでんの具材を鍋に放り込む、後は煮込むだけで完成しますし、お出汁の味わいを良くしたい場合は、白出汁を少しだけ入れて、味わいを調整するだけで自分好みの味わいになるのです。

    しかも、練り物のほとんどは保存にも適しているため、数日の保存を行ったとしても味わいが変化しません。

    低カロリーで健康的?今ではテレビで特集を組むほど人気が高い

    鍋物の素晴らしいところは、以下のような魅力も含まれているところにあります。

    • 具材が豊富
    • 鍋物の種類が多い
    • 熱いので満腹感を得やすい

    コンビニだけでなく、スーパーでも1人用の鍋物などが販売されています。これほどの人気を得ている理由は、安い、美味い、健康に良いを兼ね備えているからです。

    今では、ネギ、タマネギ、人参、白菜、キャベツ、もやしなどの野菜が含まれている鍋物が増えてきました。鍋物の素晴らしいところは、自分好みの味わいが存在することです。

    しかも、ごまをふんだんに使用している鍋物も存在するので、ごまパワーでダイエットを促進することまで可能です。このような汁、具材にダイエット効果が含まれている食べ物は少ないため、今では、テレビで特集を受けるほどの人気を得ている鍋物もあります。

    今では、キムチ鍋、チゲ鍋などが有名となっていますが、これらの鍋にはカプサイシン、もしくはイソフラボン、コラーゲンなどが多く含まれているため、若い女性から良く支持されるようになりました。

    これらの栄養を良く摂取していると、良く汗をかけるようになったり、肌の粘膜が改善されるようになります。また、少量だけ食べたとしても満腹感を得られますので、ついつい食べ過ぎてしまう心配がありません。

    しかも、これらの栄養のほとんどは添加物の影響を受けていないのです。これは、コンビニで売られている鍋物も同じ状況となっているので、ヘルシーなダイエットを行いたい女性から、今のような支持を得られるようになったのは、自然なことだと言えます。

    昔から人気の大根サラダ!太らない食べ物として定着している

    食物繊維という栄養が、今では良く知られるようになってきました。

    食物繊維という栄養の特徴は以下のとおりです。

    • 食物繊維は不溶性食物繊維、水溶性食物繊維に分類できる
    • 不溶性食物繊維は悪玉菌の除菌で効果を発揮する
    • 水溶性食物繊維はお通じの改善で効果を発揮する
    ・悪玉菌とは

    腸内細菌の種類のことで、他に善玉菌、日和見菌が腸内に棲んでいます。

    腸内細菌はバランスが保たれている場合は、腸の動きを改善してくれる作用があり、バランスが乱れている場合は、腸の動きが悪化する性質があります。

    人によっては、運動で体力づくりを行っているのに、下痢、便秘の問題が改善しない人もいます。そのような人ほど、食物繊維を摂取していないことが多く、悪玉菌が増殖する問題を減らしたい場合は、大根サラダなどを食べたほうが良いのです。

    大根サラダには食物繊維が豊富に含まれています。ただし、大根サラダで摂取できる食物繊維は不溶性食物繊維なので、海藻サラダも食べるようにして、水溶性食物繊維も摂取したほうが良いでしょう。

    不溶性食物繊維は、腸内に溜まっている食べカス(排泄されずに残っているカス)をまとめてくれる作用があり、この作用のおかげで、お通じが改善されやすくなるのです。水溶性食物繊維は、まとめた食べカスを水っぽく柔らかくする作用があり、これにより、便秘などのトラブルが軽減できるようになります。

    腸内細菌は、栄養バランスの悪い食事、不安定な睡眠、起床によるストレスでも悪化しやすいため、これらにも注意して、さらに食物繊維を正しく摂っている生活を継続すると、お通じの改善から、ダイエットの成功につながることもあるのです。

    食物繊維でダイエット!食物繊維はバランス良く摂取したほうが良い

    食物繊維を摂取する際のコツですが、不溶性食物繊維を2、水溶性食物繊維を1のバランスで摂取すると良いです。

    また、不溶性食物繊維は大根、さつまいもなどの芋類に含まれているため、不溶性食物繊維を多く摂取するのは簡単です。ですが、水溶性食物繊維は以下の食材に少量だけ含まれているため、意識的に、これらの食材を食べるようにしないと、2:1のバランスで生活を継続することが難しくなるでしょう。

    • 海藻類
    • にんにく、ごぼう、オクラなどの野菜

    補足となりますが、水溶性食物繊維は野菜から摂取しやすいだけで、果物にはほとんど含まれていないケースもあります。なので、野菜中心のダイエットは腸内細菌にも良いのですが、果物を食べるだけのダイエットを繰り返していると、それほど、良いダイエット効果を得られないこともあるので注意してください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.