ダイエット中の夜の外食。食べ過ぎない時間の過ごし方

ダイエットを実行中の方、とても多いと思います。

その中でも食事に関してはダイエットに非常に重要な意味をもたらしますよね。

カロリー等の他に食べる時間も注意しなければ太ると言われていますし、食事内容も糖質が多かったり脂質が多かったりすることで、太る、太らない等、色々な意見があります。

その中でも昔からよく聞くのが、夜の食事は太りやすいということです。

特に社会人などになると、外食をする機会がとても増えますよね。恐らく、夜の食事は外食で済ませている人が多いのではないかと思います。

しかし、外食は本当にダイエットに向いていないのでしょうか。その辺りについてまとめてありますので、是非、参考にしてください。

夜に食べると太る?!その根拠は?!

昔から夜にご飯を食べると太りやすく、なかなか痩せにくいという話を聞いたことがある人も多いと思います。

本当に夜の食事は太りやすいのでしょうか。

それならば、その根拠は一体どこにあるのでしょうか

このように言われる根拠の一つに、夜になると代謝が落ちると言うことです。

人間は個人差があるものの、18時以降になると、交感神経が落ち着き、代わりに副交感神経が優位になり代謝が低くなります。

交感神経は体を活発に動かすエネルギッシュな神経ですので、その神経が夜になって鈍ると、食べた分のエネルギーをきちんと消費しきれず、脂肪となって蓄積すると言われているんです。

ですので夜の食事はなかなか胃が活発に動いてくれず消化に時間がかかり、しっかりと対処されずに結局、余分な脂肪となってしまい、太る原因になると言うことですね。

ダイエットをする時に昼ご飯を抜くよりも、晩御飯を抜いた方が人によっては倍の速度でダイエット効果が変わってくると言われています。

それだけ晩御飯は肥満という点から見ると、結構な影響を与えているのかもしれません。

外食メニューは太るものが多い?!気をつけたい事

また、外食メニューを見るとカロリーが高すぎるものが多いんです。非常に美味しそうなものがたくさん並んでいるのですが、これが皮肉なことに美味しいものはこぞってカロリーが高めなんですよね…。

また、糖質や脂質が多すぎるメニューが圧倒的で、結局このようなメニューも太りやすい要因の一つとなっているのかもしれません。

いついつまでに体重を減らさなくてはならない…ダイエットを焦っている人にとって、外食のメニュー内容は非常に辛いものが多いと言えるでしょう。

こうなるとやはり家で自炊をする方が良いのかもしれませんが、仕事から疲れて帰ってきて自炊するのは正直辛いと思います。

しかし、本当に外食メニューで痩せられないのでしょうか。

実はそんな事はありません。

外食メニューでも食べ方を注意すれば、ダイエットにつながる可能性が高いんです。

その辺りについて、もう少し掘り下げていきたいと思います。

必ずサラダを頼んで野菜から食べる大切さ

カロリーが高い外食であっても、太りにくい食べ方を身につけることができれば、さほど外食も怖いものではありません。

ダイエットをする時に太りにくい食べ方というものがあり、それを守ることで過食を防ぐことができたり、糖分などの吸収を遅らせることができたりしますので、外食を楽しめたりするんですよ。

ポイントは食物繊維をしっかり摂取すること!

外食で大切なのはバランスです。

栄養のバランスが偏ったメニューばかりを注文すると痩せにくい体になりますので、なるべくバランスの良い食材が入ったメニューをまんべんなく注文するようにしてください。

特に食物繊維が豊富に含まれたサラダなどを頼んで、一番最初にサラダを完食しましょう。

後から食べる糖質や脂質を体の中に吸収されるのを遅くする働きがありますので、すぐにお腹が空きにくくなり、血糖値も抑えられダイエットにつながりやすいと言われています。

まずは食物繊維が入ったメニューをしっかりと食べること、そうすることで後から食べる糖分や脂質に対してのバリアができますので、ダイエットをしていて外食を気にしている方は是非、実行してほしいと思います。

暖かい食べ物を積極的に食べよう!

また、外食の際に太らないようにするポイントのもう一つとして、温かいものを積極的に食べることをお勧めしたいと思います。

体を冷やすということは代謝機能がダウンしてしまいますので、脂肪燃焼から遠ざかってしまうんですね。

脂肪燃焼を促進したいのであれば、出来るだけ体を温めること!ここが非常に重要になります。

外食をすると冷たい飲み物も豊富にあり、ついつい頼みがちなのですが、それは少量だけにしておいて、温かい飲み物を中心に頼むようにしてみてください。

そして、メニューもできれば生姜や唐辛子など、体の中をポカポカする作用のある食材を使った食べ物を注文するとより良いでしょう。

たったこれだけのことで脂肪燃焼が活発になり、太りにくくなりますよ。

付き合いは断れない…お酒を飲む時の注意点

さて、社会人になると夜の飲み会などの付き合いを断れないことが多くなりますよね。

これも社会人の宿命の一つと言えるでしょう。

飲み会などで注意したいのが、酒の肴についてです。

カロリーの高いもの、脂肪分の多いもの、糖質の多いもの…色々なメニューがあると思いますが、できるだけ糖質が高いもの脂質が高いものに偏った酒の肴に手を出すことはやめておきましょう。

かといって味気のないものばかり食べていてはその場が楽しくないので、頭の片隅に置いていつもよりも抑えるようにしたら良いと思います。

どうしてもそのような酒の肴が多い場合は、サラダなどを注文し先ほど説明した通り、先にしっかりと食物繊維を摂取しておきましょう。

そうすることで高カロリー食のバリアを張ることが出来ます。

また、味の濃い酒の肴を頼むとどうしてもお酒が進んでしまい、そしてそれにつられて酒の肴の量も増えてしまいます。

悪循環に陥りやすいですので、できるだけ味の濃い酒の肴は控えるようにしたほうが無難でしょう。

お酒の席は相互作用で食欲がどんどん進んでいきます。

サラダなどで先に胃の中にバリアを張ったりしておくことで、飲み会でも過食を防ぐことができますのでおすすめですよ。

お酒が入ると抜け出せないダラダラ食い…注意しよう!

さて、外食してお酒が入るとどうしてもダラダラ食いをしてしまう人、多いのではないでしょうか。

お酒が体内に入ると気分が良くなり、気の合う仲間たちと話などをして盛り上がるとどんどん時間が過ぎ、気が付くと3時間も4時間もずっと酒の肴を食べながらお酒を飲んでいるなんてこと結構あると思います。

下手したら、夜中の1時ぐらいまでずっと飲み続けたり食べ続けたりしている場合も少なくありません。

しかし、そうなってしまうともダイエットは難しくなります。

お酒を飲んで楽しくなるのは全然構わないのですが、それに引っ張られて食べ過ぎてしまうことがよくありますので、ダイエットをしている方は気を付けなくてはなりません。

見境がなくなるまで飲み続けてしまうと体にも悪いですし、せっかく頑張ってきたダイエットが元に戻ってしまう可能性もありますので、ダラダラ食いだけは気を付けるようにしてください。

まとめ!外食でも食べ方や太りやすいものに気をつければOK!

結論として、ダイエット中でも夜の外食は十分に楽しむことができます。

食べ方さえ少し注意することで、痩身効果は十分に期待することができます。

あまりにも過剰にストイックになりすぎると、ダイエットは長続きしません。

食べ方の順番などを少し気を付けるだけでもダイエットすることができるのでしたら、外食もたまには取り入れて構わないと思いますよ。

気の合う仲間と一緒に食事をすることはストレス解消にもなりますし、ダイエットで日々辛い食生活を送っている人にとってはホッとする時間になると思います。

うまくそういう時間も取り入れつつ、ダイエットを継続することで結果的に成功するのではないでしょうか。

少しの工夫で外食も怖くありませんので、是非、試してみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.