糖質制限中でも焼肉を楽しむ方法!食べ方、おすすめ肉の部位など

糖質制限中のダイエット、主食が食べられずイライラしている人も多いのではないでしょうか。

日本人は主食が大好きな人が多いですので、ご飯を食べることができないと聞くだけでなんとなくフラストレーションが溜まってしまいますよね。

プラス、ダイエットをしているのだからたくさんものを食べることができないと言うイメージもあります。

ところが今のダイエット事情は少し違います。

特に糖質制限ダイエットを行っている場合は糖質のみを食べないようにすれば良いですので、なんと焼肉を思う存分楽しむことができると言われています。

…しかし本当なのでしょうか。

その辺りについて検証していますので、是非、参考にしてください。

朗報!焼肉はタンパク質の宝庫!筋肉量アップで痩せやすく!

糖質制限をしていると、糖質を取らないように一生懸命食べるものを考えている人が多いと思います。

しかし、たまには自分の好きなものを思いっきり食べてみたいですよね。

そんな中、糖質制限中の焼肉に注目が集まっています。

焼肉と言うとカロリーが高く、ダイエット中には絶対に食べてはいけないとされている食事ではあるものの…それでは糖質制限を行っている場合の焼肉は、どのように判断すれば良いのでしょうか。

実は糖質制限中の焼肉、全然オッケーなんです。

糖質制限は皆さんが思っている通り、糖質を減らすのが基本となります。その基本のルールに則っていれば他のものを少々食べ過ぎてもさほど問題にはなりません。

焼肉の場合もタンパク質の宝庫となりますので、筋肉量が増加し代謝が上がりやすく、痩せ体質になりやすいんです。

確かに肉の脂分など、他の問題もあるのですが、糖質制限という定義においては焼肉は問題ないとされています。

もう少し詳しく説明していきましょう。

脂分が決め手!ロースは避けてフィレ肉で焼肉を楽しもう

糖質制限をしている人は基本的にご飯やパンを食べることができません。

その代わり、朝からステーキを食べたり、ステーキダイエットと言って朝昼晩とお肉を食べたりしている人がとてもたくさんいます。

これは糖尿病を専門としているお医者様も言われていることで、肉食中心になるのは全然構わないようです。

ただ、できれば脂の多いお肉を選ぶのではなく、フィレ肉などの赤みの多い肉を選ぶようにしたほうがよりダイエット効果が高まるでしょう。

赤身肉の方が筋肉量の増加を見込めることができますし、代謝が上がりやすいと言われています。

糖質制限中はお肉をたくさん食べても良いとされているのですが、脂分過多になることで、高脂血症などに罹患する可能性があります。

そうなるとまた別の治療が必要となり厄介ですので、できれば焼肉を楽しむときもお肉の部位に注意して注文するようにしてください。

焼肉のタレに気を付けて!甘いのは出来るだけ避けるべし!

ただし、焼肉を食べる時はタレに注意しなくてはなりません。

焼肉のタレの殆どが砂糖などをふんだんに使っていることが多く、比較的甘辛く味付けされているものが多いですよね。

主食を食べなくても、タレをたっぷり付けて食べているとそれだけ糖分を摂取していることになります。

焼肉を食べる時はタレにも気を配らなくてはなりません。

糖質制限を行っている場合は、塩や醤油などを付けて食べることをお勧めしたいと思います。

わさびや生姜などの薬味を一緒に食べることで風味が増しますし、タレで無くても美味しくいただけるのでないかと思いますよ。

ただ、塩や醤油で焼肉を楽しむ時は塩分の摂りすぎに気をつけるようにしてください。

塩分を摂りすぎることで高血圧になってしまう可能性があります。そうするとまた治療を受けなくてはならなくなりますので、そういうことがないように塩分量を控えめにしながら焼肉を楽しんでくださいね。

野菜をたくさん焼いて先に食べると効果的!

確かに焼肉はお肉がメインとなりがちなのですが、たくさんの野菜を焼いて食べることで野菜不足を解消することができますし、脂質を過剰にとることもないのでおすすめです。

ただ意外や意外、野菜の中にも糖質が多いものも結構がありますので、そういうものを控えながら糖質が少ない野菜をチョイスして食べるようにしてください。

特に焼肉屋さんで頼んだ焼き野菜の中にトウモロコシが入っている場合がありますが、とうもろこしに関しては出来るだけ食べないようにしてください。

とうもろこしは非常に糖質が多い野菜になりますので、糖質制限をしている人には向きません。

ただ、野菜の多くはお肉のような脂質もありませんので、糖質の少ないものならば遠慮なく食べることができると思います。

普段の野菜不足を焼肉屋さんの焼き野菜で解消するようにしましょう。

ただし、その際も焼肉のタレで味付けなどはせず、塩や醤油などを軽く付けて食べるようにしてくださいね。

お腹も満足!スープを飲んで代謝をアップするのも良し!

焼肉屋さんにはとてもたくさんのスープが用意されています。

卵スープや野菜スープなど色々な種類があると思いますが、体を芯から温めるためにも、スープを飲むことをお勧めしたいと思います。

また、主食を食べることができない分、スープを飲むことでお腹が膨らみ、満足することも出来ると思いますよ。

特に卵スープなどはタンパク質が豊富ですので、ダイエットに非常に向いています。唐辛子が入った辛いスープなどもあると思いますが、そういうものを食べることで発汗作用を促し、新陳代謝量が上がる可能性が高くなります。

主食を食べることができない焼肉に物足りなさを感じた場合は、スープで紛らわせるというのも一つの方法ですよ。

主食のご飯は少量で!みんなで分けるのもあり!

糖質制限中だから焼肉屋さんに行っても絶対にご飯は食べてはいけない!…わかってはいるものの、あの香ばしい香りを嗅いでしまったらご飯をどうしても食べたいという気持ちになってしまう可能性も高いですよね。

そういう場合は我慢せず、ご飯を頼んでお茶碗半分のみ食べるだけで、取り敢えず満足するようにしましょう。

ご飯を皆でシェアするのも良いかもしれませんね。

一人一杯のご飯を頼んでしまったら、糖質制限中の緊張の糸が切れ、ご飯もしっかりと食べてしまう可能性が高くなります。

そうならないように一つのご飯をみんなで分ければ、我慢することもできるでしょう。

どうしてもご飯を食べずにいられない方は友達と分け合ってくださいね。

食後のデザートも少し食べたら残りは友達にあげよう!

さて、焼肉を食べた後は食後のデザート…ということになると思いますが、デザートに関しては糖質がとてもたくさん含まれているものが多いですので、頼んでも1口2口だけにして、残りは友達にあげるようにしましょう。

その辺りについてはちょっと辛いかもしれませんが、少し我慢のしどころだと思います。

デザートも入らないぐらい、赤身のお肉をいっぱい食べるのも一つの方法ですね。

ただ、絶対に食べてはいけないということではありません。焼肉屋さんによってはデザートも色々と種類が豊富だったりしますので、今では糖質の少ないデザートも用意されている可能性があります。

そういうものがあれば、それをチョイスして食べるようにしてください。

主食を抜くだけでもかなり糖質は制限されていると思いますので、あまりにもストイックになりすぎないことも大切ですよ。

結論!食べ方一つで十分焼肉も堪能出来る!

いかがでしたか。

焼肉はダイエットに不向きだと昔は言われていましたが、糖質制限ダイエットを行っている人にとっては非常にありがたいメニューなんです。

ご飯に始まって、焼肉のタレやデザートなど糖質が多いものさえ排除すれば焼肉も十分に楽しむことができるということになります。

ダイエットは我慢ばかりしているというネガティブなイメージがありますが、糖質制限ダイエットに関してはそういうことはありません。

ご飯大好きな人にとっては非常に厳しいダイエット方法ではあると思いますが、すべてにおいて食べられないダイエットではありません。

ご飯以外のものならば満足いくまで食べても良いというパターンが多いですので、ご飯が食べられないイライラを赤身のお肉などでカバーするようにしてください。

そのうちにご飯を食べない生活も慣れてくると思いますよ。

焼肉をダイエットに役立てて、ダイエット生活をうまく切り抜けてほしいと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.