食欲がなくなる方法ってある!?生活スタイルの改善で食べ過ぎを回避

日々、ダイエットに励んでいる方、たくさんいますよね。

皆さんそれぞれ自分に合ったダイエット方法で頑張っていると思いますが、なかなか結果が出ず、焦っている人も多いのではないでしょうか。

そんな時にみんなが思うのが、食欲がなくなる方法があればいいなということです。

食欲をなくすことができれば、自然とダイエットにつながりますので、苦労することはありません。

なかなか食欲に打ち勝つのは厳しいものがあります。

できるだけ食欲がわかないようにする方法を探している人も多いでしょう。

実はダイエット中に食欲を減退させる方法が幾つかありますので、紹介したいと思います。

興味がある方は最後まで読んでくださいね。

食物繊維たっぷりなものを先ず食べる!ダイエットには重要!

ダイエット中に役立つ、食欲がなくなる方法をいくつかご紹介したいと思います。

どのようなダイエット方法を行っているのかは人によって違いますので、全員に当てはまるかどうかといえば難しいところがあるのですが、これは使えるというものを積極的に取り入れることで、それなりの効果が上がる可能性がありますので、是非、注目してほしいと思います。

食欲が無くなる方法として効果的なのが、胃の中を常に膨らませておくということになります。

例えば食物繊維が豊富なサラダなどをしっかりと食べて、水分を与えることで胃の中で膨らみ、それが原因でお腹が空かなくなる可能性が高くなります。

物理的に胃の中が食べ物でいっぱいの状態だとら、食べたくても食べる事が出来なくなりますよね。食物繊維は消化が遅くいつまでも胃の中に残留する傾向がありますので、たくさん食べることによって比較的、長く腹持ち効果が持続します。

いつもサラダを食べている人は、倍の量に増やしてみてください。

飲食店に入ったらまずサラダを多めに頼み、それをすべて完食してください。その後に食事を取るようにします。

これだけでもかなりダイエット効果は高くなりますよ。

サラダなどを食べることで血糖値が急激に上がる事を抑える

食物繊維を食べることでダイエットに効果的な理由はもう一つ、実は食物繊維は食事の前にたっぷり摂ることで、おなかの中でかさ増しができるだけでなく、後から入ってくる糖質や脂質をブロックする働きがあるんです。

すぐに体の中に吸収されなくなりますので、血糖値が上がりにくくなり、ダイエットに非常に効果的だと言われています。

血糖値が上がりにくいと空腹感をあまり感じにくくなりますので、是非、食事の前に野菜をたっぷり食べるように習慣付けてください。

つまり野菜をしっかり取ると自然と食欲が抑えられ、無理なくダイエットすることが可能となるわけです。

ビタミンもしっかり取ることが出来ますし、お肌も綺麗になります。

また食物繊維によるデトックス効果により、お通じもきちんと毎日来るようになりますので、お腹がぽっこりと出たような状態からさよならすることもできます。お通じが無い事で、お腹が出てしまう悩みを持っている方も多いですよね。

野菜はダイエットする時の大きな味方となりますので、積極的に摂取するようにしてください。

しっかりと噛むということは、脳の満腹中枢を刺激するということになります。噛めば噛むほどしっかり食事をしているという認識が脳に送られますので、満腹感を得られるようになるんです。

肥満で悩んでいる方、早食いではないでしょうか。

早食いは脳が満腹感を感じる前に食事を終えてしまいますので、しっかり食事をしたのにも関わらず、お腹いっぱいになった感じがしないんですよね。

無駄にお腹が空かない方法を模索している方は、とにかく一回の食事中に噛む回数を増やすこと。

ここが大きなポイントとなると思います。お腹が減らないようにするには満腹感を必ず得ること。

たくさん噛んで満腹中枢を刺激するようにしましょう。

食欲減退のツボ押し、カラーなどは殆ど効果無し…

ダイエット特集の記事などを見ていると、ツボを押したり、食欲減退に効果がある色を見続けたりすると自然と食欲が湧いてこなくなると書いてあることがあります。

ちなみに食欲を減退させるには青い色を見ると効果的だと言われています。

また食欲を抑えるツボがあるので、それを刺激することによってお腹が空かなくなるというような内容の記事がありますが、残念ながらそれも食欲減退には繋がらないと思います。

また青色を見たからといって、食欲がなくなるということも信用しない方が良いでしょう。

やはり確実な食欲減退方法は食物繊維などをしっかりと摂取し、お腹いっぱいの状態を作っておく方が確実だと言えるでしょう。

海外の食欲抑制剤には注意!そそっても手を出さないように!

インターネットなどを見ると海外の食欲抑制剤などがたくさん売られていますが、絶対に手を出さないようにしましょう。

それが本当に効果があったとしても、日本では未認可の商品がほとんどだと思います。

それを飲むことによって、どのような危険な副作用が起こるかわかりません。

食欲を抑える薬として売り出されているのならば、脳神経に関わる薬であることは間違いないでしょう。

日本未認可の薬を飲むことによって取り返しのつかない事になったとしても、自己責任という形で終わってしまうことになります。

どれだけ美味しい内容が書かれていたとしても、どんなにそそる内容が書かれていたとしても、絶対に購入しないようにしてください。

それらのサイトはダイエットをしたい人の気持ちを駆り立てるように作られています。確かに本当に効果的な薬があるのかもしれませんし、書かれている内容に嘘偽りがないのかもしれません。

しかし認可されていない薬を服用するのは勇気が要りますし、取り返しがつかなくなった時に泣きついて行く場所がありません。

そういったトラブルを避けるためにも、食欲抑制剤には手を出さないように気をつけましょう。

暇な時間を作らない!これはとても効果的で大切

そして食欲をなくす方法でとっておきなのが、暇な時間を作らないということです。

忙しい環境に身を置いているとお腹が空いていたとしても忘れることが多くありませんか。

忙しいと食事について考える暇がありませんので、自然とダイエットにつながります。しかし、暇な時間が多いと食に関することばかり頭の中をめぐることが多くなり、そうなるとどうしても食欲を抑えることが不可能となります。

食欲が湧いてしまってどうしようもない時はできるだけたくさん用事を作って、忙しい時間を設けてください。

忙しさの中に没頭していると自然と食欲は減退しますので、自然とダイエットにつながります。

習い事でも構いませんし、どこかに出かけるのでも良いでしょう。

とにかく食事のことを考えずに済むように、忙しい時間を作りましょう。

まとめ!何かに打ち込み、食への意識を紛らわせよう

いかがでしたか。

食欲がなくなる方法として、日頃から積極的に食物繊維を食べてお腹を満腹に近い状態にしておいたり、忙しい中に自分の身を置くなどして工夫をすることで十分に効果が発揮されます。

それらを毎日続けていくことで自然と食欲が減退するようになりますし、食についてずっと考えたりすることがなくなると思いますよ。

日頃からお腹が空いて仕方がないというような悩みからは解放されると思います。

食以外のものに自分の意識を向けられるようになることが大切ですので、趣味を見つけるようにして自分なりの生きがいを見つけてみてください。

それだけでもダイエットは成功に近づくと思いますよ。諦めずに頑張ってくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.