縄跳びでダイエットする時の注意点!関節が痛くなる?

子供の頃に縄跳びを学校の授業や遊びなどで、実際にしたことがあるでしょう。縄跳びは有酸素運動でダイエット効果もあります。その縄跳びのダイエットをする上でのメリットとデメリット、そして注意点を紹介していきます。

縄跳びダイエットのメリットとデメリット

縄跳びダイエットの最大の魅力といえば、縄があれば簡単にできるところです。縄跳び用の縄は安い物なら、百円ショップで購入する事が出来ますので高いトレーニング用品を購入する必要はありません。

また、縄跳びと同じ有酸素運動のジョギングやウォーキングと違い畳一枚分の広さもあれば大丈夫なので、人目に付かないようにするのも簡単です。

縄跳びダイエットのメリット

縄跳びダイエットにはいろんな効果があります。どれも、ダイエットをする上で魅力的な効果です。

縄跳びは有酸素運動。

脂肪を燃焼させる運動は有酸素運動です。そして、縄跳びはその有酸素運動の一つです。他にもウォーキングやジョギング、水泳とありますがどれもかなりの広さが必要だったり、専用の場所じゃないと出来ないものだったりします。

また縄跳びは隙間時間に行うのが簡単です。十分や五分と言った短時間で気軽に行う事が出来るのです。

下半身を引き締める。

縄跳びは足首、ふくらはぎ、太ももといった下半身の筋肉を沢山つかいますので部分やせの効果があります。また、縄を回すために二の腕と肩を引き締める事が出来ます。

さらに続けて飛ぶために、インナーマッスルを鍛えてバランス感覚も養われます。

インナーマッスルを鍛えると痩せやすい体になりますのでとても魅力的です。

新陳代謝が上がって痩せやすくなる

先程も言いましたが、縄跳びは下半身の筋肉を使います。実は人間の筋肉は、七割は下半身にあるのです。インナーマッスルを鍛え筋肉がつくと新陳代謝があがります。

新陳代謝が上がると、動かなくてもカロリーを消費するようになります。ダイエットに成功してもすぐにリバウンドしてしまう。と、言う悲しい事も起きにくくなります。

リバウンド防止にも縄跳びは効果的なのです。

念のために注意しておきますが、筋肉が付いたからと言ってまったく動かなかったらまた新陳代謝が下がりますので注意してください。

悩みだったむくみや冷え性も!

縄跳びダイエットは飛び続けるので、ウォーキングに比べると息が上がりやすくなります。そうすると、呼吸が荒くなり心肺機能が高まります。

心肺機能が高まると、冷え性やむくみが解消されるのです!

なぜなら、免疫力があがり老廃物が回収されやすくなり血行がよくなります。むくみの原因である老廃物が回収されて、むくみが取れます。そして、血行が良くなると指などの細部にも血液が流れて指先にまで暖まるのです。

縄跳びダイエットでどのくらいカロリーが減る?

さて、ダイエットで最も気になるのはなんといってもカロリーでしょう。簡単でもカロリーが中々に減らないなら、止めておこうかな。と、思っている人もいるかもしれません。

縄跳びは大体、ウォーキングの二倍ほどの効果がありますし、軽いジョギングも縄跳びに比べると三分の二ぐらいの効果です。

さらに、あや跳びや二重跳びと言った飛び方を混ぜるとさらに効果があがります。

縄跳びをする上でのデメリット

縄跳びダイエットには沢山のメリットがありますが、それと同時にデメリットも存在します。そちらの方も、こちらの方でご紹介します。

筋肉痛や怪我をしやすい

縄跳びはわりときつめの運動です。子供の頃にやったきりで久しぶりにやってみたら、筋肉痛になる。と、言う事もあるかもしれません。その場合は、無理をせずに筋肉痛が治るまで縄跳びをしない方が良いでしょう。

特に縄跳びでは太もも、ふくらはぎ、アキレス腱と言った階段の上り下りで負担に感じる部分が筋肉痛になりやすいのです。なので、最初のと時は時間を短めに設定してみましょう。

時間を選ぶし室内では難しい

縄跳びは縄を使って跳ぶのです。なので、室内でやるのは正直な話、やめておいた方がよいでしょう。なぜなら、室内で縄跳びをすれば縄が蛍光灯に引っかかってしまう。と、言うような事があるでしょう。また、アパートなどの集合住宅の場合は、下の階に住んでいる人にとても迷惑をかけます。

同じく夜では、たとえ屋外でも近所迷惑になる事がありますので注意してください。

また、外でも人に縄をぶつけないように気をつけてください。

縄跳びダイエットを始める上で

さてこうして、聞いて早速やってみよう! と、思っている人もいるかもしれません。そんな人に始める上での注意する点。そして、やる上でさらに効果を上げる豆知識をご紹介しようと思います。

始める上で大切な事

始める上でまず必要なものはなんといっても縄です。縄跳びの縄はいろんな種類があります。百円ショップで売られているのは大体、百グラムほどだったりします。また、ボクサーなどが使用しているのは三百グラムほどです。

縄跳びの重さで縄跳びダイエットの効果ややりやすさが違います。

  • 軽い縄跳びは疲れにくいが、カロリー消費量が少なく足に引っかかりやすい。
  • 重たい縄跳びはカロリー消費が多くテンポ良くできるが疲れやすい。

以上の特徴から、体力に自信が無いなら軽めの縄跳び。早く効果を出したかったりテンポ良く飛びたいなら重めの縄跳びを使ってみてはいかがでしょうか?

縄跳びを実際にやっている上で

縄跳びを用意して飛び始めて何回、跳んだか? と、言うのを気にする人は多いでしょう。けれど、縄跳びダイエットの上で跳んだ回数はそれほど重要ではありません。跳んだ時間が大切です。もちろん、一回、跳ぶのに何十分もかけるようでは意味がありませんけれどね。

目安としては、久しぶりなどでは十分を目安にしてみましょう。とは言え、十分間もぶっ続けで飛び続けるというわけではありません。

一分間跳んで、三十秒の休憩を挟む。それを、繰り返して合計十分になるようにしてみましょう。休憩を挟むことで、体に負担が掛からずに飛び続ける事が出来ます。

やり始めて、それでもキツければ休憩時間を伸ばしたり逆に余裕だったら休憩時間を少なくする。と、言うふうに始めていく中で自分用に変えていけば良いのです。

また、なれて来たら跳び方を変えてみるのも一つです。二重跳びや片足跳びといった跳び方を途中で混ぜてみると、飽きずに楽しめるかも知れません。

また、いきなり最初から毎日やるのは大変かも知れません。なので最初は、二日に一回。あるいは、三日に一回。と、言うふうに日を開けてもかまいません。続ける事が大切なので、無理に毎日やるよりもそちらの方が長期的に続ける事が出来ます。

また、毎日やるよりも日をまたいだ方がダイエット効果があがると言う説もあります。

実際にしている中で注意する所!

縄跳びダイエットには下半身を初めとして負担が大きいダイエットです。そのために気をつける所もありますので、そちらをご説明します。

準備運動はしっかりと!

縄跳びを始める上で準備運動はしっかりとしておきましょう。オススメの準備運動は、

  • 屈伸運動
  • アキレス腱を伸ばす
  • 足首を回す

縄跳びを跳んでいるときに、足首を捻ったりして転んでしまうと大怪我になります。また、跳び終わった後もストレッチなどで疲れた筋肉をほぐしましょう。

場所と靴にも注意!

縄跳びをやる上でオススメの場所は、土の上です。地面の上は柔らかくコンクリートやアスファルトに比べると下半身への衝撃が少ないのです。それによって、怪我をする確率もぐっと減ります。

また、靴を履く上でも靴底がぶ厚く柔らかいシューズで行いましょう。靴底が厚く柔らかければ、アスファルトやコンクリートでも衝撃を和らげてくれます。

ダイエットをする時に気をつける所

最後にダイエットの方法として縄跳びダイエットを紹介しましたが、あくまで縄跳びダイエットはダイエットの方法の一つでしかありません。縄跳びダイエットをしているから大丈夫。と、他は運動をしなかったり暴飲暴食をしていては、効果はありません。いくつかあるダイエット方法の一つとして、覚えて起きましょう。

ダイエットの基本はカロリーを消費して、摂取カロリーを減らす事です。規則正しい食生活と無理のない運動をする事が大切です。
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.