お風呂ストレッチで足痩せ実現!リラックス状態で効果も倍増

体重を落としたり、お腹周りのダイエットは案外簡単に減らすことができるのに、足痩せって難しいと思いませんか。太ももやふくらはぎの細くならない原因は、むくみかも知れません。そんな時におススメなのが、ストレッチです。でも、ストレッチをする時間が無い!運動も得意じゃない!って声が多く聞こえます。そこで、誰でも簡単にできるお風呂でできる足痩せストレッチをご紹介します。

お風呂でのストレッチが足痩せにピッタリ!

お風呂でのストレッチは普通のストレッチより効果が高くなります。その理由は、入浴することで体温が高くなり、血行を促進しますので代謝もグンとアップします。また、お風呂だと浮力で無駄な力が必要ない分、無理をせずスムーズにストレッチができるので、誰でも取り組みやすいと言えます。

また水中で行うストレッチは、カロリー消費も高くなりますから、ダイエットにはピッタリです。

入浴時間にストレッチを行えば、プライベートの時短効果もバツグンで、リラックスしながら効率よく足痩せダイエットすることができます。

少しの時間でも、毎日続けることで足痩せできる!

日々の生活の中で運動の時間を取るのは難しく、三日坊主になる人も多いものです。しかし、まずは毎日続けられることがカギとなります。無理なく普段の生活の中で実践できれば、足痩せ美人になれます。

そこで、毎日の生活の中で取り入れやすいのがお風呂の時間を利用することです。

新陳代謝を促すバスソルトなどを利用すると、足痩せストレッチの効果が高くなります。

お風呂で足痩せストレッチは、温度が大切!

お風呂の温度はどれぐらいがお好きですか?熱いのが好きな人、ぬるいのが好きな人様々ですが、目的によってお風呂の温度は調節することが大切です。

足痩せストレッチには41℃ぐらいのやや高めの温度が最適です。
38~39℃

リラックスしたい時はこの温度。身体への負担が少なく、副交感神経が活発になりますから、安眠したい人はこの温度がピッタリです。

41℃

筋肉の緊張をほぐしてくれコリを取ってくれます。足痩せストレッチにはこの温度が最適です。やや高めの温度ですので、身体全体を浸かる場合は、のぼせないように時間の目安は20分ぐらいが良いかと思います。

42℃

熱いお風呂は交感神経が活発になりますので、新陳代謝が促され、老廃物や疲労物質を排泄しやすくなります。半身浴がおススメです。覚醒作用がありますので、朝スッキリした方にはもってこいの入浴方法です。

お風呂の前にはコップ1杯のお水が大切

お風呂ストレッチに大切なのが、水分補給です。お風呂って普通に入浴するだけでも結構な汗をかくものです。特にストレッチする場合は、水分補給をお勧めします。

入浴前にコップ一杯のお水を飲んでから入浴しましょう。

水分を取らないでお風呂に入ると、血液がドロドロになりやすくなります。


血液ドロドロは心筋梗塞や脳卒中などを引き起こしますので、しっかり水分を取ってからの入浴は特に重要です。

また、水分を多く取ってからの入浴は新陳代謝の促進にもなりますので是非、入浴前にはコップ一杯の水を飲みましょう。

足痩せストレッチのコツはココ!

足痩せストレッチに留まらず、お風呂でのストレッチには、このコツがお勧めです。

  • お湯の温度は少し高めの41℃ぐらい
  • 身体の動きは、ゆっくりと勢いをつけずに
  • 息を止めないで、ゆっくり大きな呼吸を心がける

お風呂でのストレッチは、凝り固まった筋肉をほぐす効果があります。

ゆったりとした気持ちで、硬くなった足と対話するように、ストレッチするのが良いでしょう。

長続きする為には、無理してやらない!

ストレッチも運動も、長く続けることが成功の秘訣になります。少しでもいいから、毎日することが大切です。しかし、どうしてもしんどい時は、きっぱり休みましょう。「足痩せは一日にしてならず。」です。毎日、絶対にしなければならないと考えずに、細く永く続けることが、ずっとステキな足をキープしていけるのです。

どうしてもやりたくない時は、やらない選択が大切です。

足痩せストレッチに役立つのがバスタブのフチ!

足のむくみ取りに効果的なストレッチをご紹介します。

1:お風呂に浸かり、体育座り(膝を立てて座る)ます。この際の姿勢は、バスタブに背中をもたれ掛からず座ります。キツイ場合はもたれても良いと思います。
2:片足を持ち上げて、バスタブのフチに足を掛けます。この際、膝を良く伸ばした状態にします。膝裏とふくらはぎが十分に伸びていることを感じたらOKです。30秒~1分そのままの姿勢をキープします。
3:左右を入れ替えて、反対側も同じ要領で行います。

お風呂の形状によっては、浴槽のフチに足を掛ける事が難しい場合は、お風呂のフタを利用しても足痩せストレッチはできますね。

足痩せには、筋肉も大切

お風呂での足痩せストレッチは、張った筋肉をほぐしてくれます。足が、太いと悩んでいる人の中には、筋肉質だからだと思い込んでいる人がいますが、それだけが原因ではありません。

むしろ、足痩せを望むなら、筋肉を付けておく必要があります。お風呂で足痩せストレッチなら、脂肪やむくみは減らしながら、筋肉は良い状態にしておけます。カロリー消費には筋肉が必要です。ちょっと太めだなと思うふくらはぎも、ダイエットには必要な、立派な筋肉です。お風呂の足痩せストレッチで、美脚も近づきますよ。

お風呂ストレッチは太ももシェイプもOK!

お風呂って狭いので、ストレッチにも限界があると思われがちですが、太ももストレッチもできるのです。お風呂で行う太ももストレッチをご紹介します。

1:バスタブのフチに座ります。(足が湯船に浸かった状態です)
2:脚をできるだけ大きく開き、両手を左右交差して、膝を掴みます。
3:両手は膝を外側へ押し出すように力を入れます。脚は、膝を閉じるように力を入れて、そのまま10秒間キープします。この際の呼吸は、ゆっくり行います。
4:同じ動作を5回繰り返します。

眠る前のストレッチも見逃せない!

お風呂の足痩せストレッチで物足りなくなったら、寝る前のストレッチもおススメです。

寝る前の簡単ストレッチ
仰向けに寝て、両手両足を天に向かってあげます。そのまま、ブラブラ振ります。時間は30秒~1分程度でOKです。

普段心臓より下にある、足や手先は血流が悪くなりがちです。

上記の方法で、血の流れをスムーズにすることでむくみや血流を改善します。

そのまま、眠くなったら寝てしまいましょう。ぐっすり眠ったら、翌朝が楽しみです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.