痩せるための運動量はどれくらい?脂肪が燃焼しやすい体づくり

今、一生懸命ダイエットをしている方、満足いく結果を得られていますか。

一生懸命ダイエットをしているのにも関わらず、結果が伴っていないという方、多いのではないでしょうか。

ダイエットに行き詰まるとどうやったら効率よく痩せることができるのか、インターネットなどで検索する人も多いと思います。

そんな時にしばしば目にするのが、運動量が足りていないのでは?という事です。

運動量とは一体どういうことを指すのか…言葉のイメージから推測はできるものの、しっかりと把握できている方は少ないかもしれません。

ダイエットに密接な関係のある運動量、その辺りについてわかりやすくまとめてあります。是非、参考にしてくださいね。

痩せる為の運動量とはなんぞや?!まず把握しよう!

さて、ダイエットをする方法は色々あります。皆さんがよく知っているのは食事制限でしょう。

カロリーを抑えたり、今では糖質制限ダイエットなどが流行っていてそれらを駆使して体重を落とす人が多いですよね。

それと同じぐらい皆さんがよく行っているのが、運動をしてダイエットする方法です。

運動をしながら痩せる方法は、体に非常に良いですし、医療機関等が推奨するダイエット方法は、運動で痩せる方法が多いようです。

しかし運動で痩せる方法も、運動量がきちんと伴っていないとなかなか成果が出ないんです。

そこで痩せるための運動量とは一体どういうものなのか…改めて説明したいと思います。

実は全然難しく考える必要はありません。

簡単に言ってしまうと「痩せるために行う運動の種類とそれに費やす時間」ということになります。

例えば、3キロ痩せるのに必要な消費カロリーは27000カロリーとされています。

ウォーキングに換算すると、およそ75時間分に匹敵します。

ジョギング好きな方、時間に匹敵すると45時間分程度になります。

これらを何日間で痩せたい!という明確な日数があるのならば、その日数でわり算すると、一日にどれぐらいの時間、頑張れば良いのか自ずと答えが出てきます。

例えば一ヶ月で3キロ痩せたいのならば、75時間÷30日で、一日およそ2時間半のウォーキングが必要という事になります。

これらが運動量のからくりになります。

自分が行うスポーツの運動量はネットで計算してもらおう!

ただし、これらの数値に関してはある程度の目安にはなるものの、その人の基礎代謝量などによっても若干のブレがあります。

しかしおおよその目標にはなると思いますので、参考にしてもらえれば良いのではないかと思います。

ちなみにインターネットなどで検索すると、何キロ痩せるのにどれぐらいのカロリー消費が必要なのか、計算してくれるサイトがたくさんあります。

手軽に計算してくれますので、それらを利用するとわかりやすく、非常に便利ですよ。

それらの計算サイトは、行う運動によっても当然消費カロリー数が違ってきますので、その辺りもきちんと考慮の上、一度に計算してくれるものが多いです。

非常に便利ですので是非、利用するようにしてください。

ウォーキングとジョギングだと倍に近い消費カロリー差…

痩せるための運動量、上記を見ても分かるのですが、ジョギングとウォーキングならばほぼ倍の消費カロリー量の差があります。

早く痩せるためには、ウォーキングよりもジョギングの方が効果的だということがわかります。

運動量が明確に分かると効率の良い方を選びたくなりますよね。しかし、ここが失敗の元なんです。

確かにウォーキングよりもジョギングの方が短時間で効率よく痩せられるのは明確ですが、続けることができなくては意味がありません。

ウォーキングよりもジョギングの方が運動量が倍の分、疲労度も倍になります。

そうなると疲れがどうしても邪魔をしてしまい、モチベーションが下がっていくきっかけになってしまいます。

つまりは、早く痩せたいからといって身の丈に合わない運動をすることは避けた方が良いということになります。

長い間運動をしていない人にとって、ジョギングをするということは結構辛いものがあると思います。

体を壊してしまったり、怪我をしてしまう元となりますので、焦らず、欲張らないで計画的に運動を取り入れるようにしてください。

遠回りのように感じるのですが、結局、そこがダイエット成功のポイントとなります。

ポイント!運動量が見えるとモチベーションがあがる!

運動量や消費カロリーがある程度分かるという事は、ダイエットに大きな励みとなります。

目標が見えず、闇雲にダイエットをするから挫折する場合が多いんですよね。

この運動の場合は、何時間運動するとこれだけのカロリーが消費されるということが明確に分かった方が、絶対に成功につながりやすいです。

そして、いついつまでの間まで、継続して運動をすることでゴールが見え始めるという、ある程度の見通しができると勇気付けられ、励みになるんですよね。

全速力で走り、疲れる短距離送もゴールテープが見えるからこそ、走り切る事が出来るのと一緒で、ゴールというビジョンが見えると、達成しやすくなるのが人の本能なんですよね。

これからダイエットをやろうと思っている方は必ず、自分が行いたいと思っているスポーツの運動量などをしっかりと把握しておきましょう。それをすることでモチベーションがぐっと上がりますよ。

注意!運動量が見える事で自分を追い込み過ぎる人もいる!

この世の中には色々な性格の人がいます。

中には運動量が分かって、ある程度のゴールを認識することができると、そこからストイックになりすぎて、是が非でもゴールを目指そうとする人も出てきます。

サボらなければ予定通り、目標に近い減量達成になるだろうと頑張りすぎてしまう人がいますが、あまりにも必死になりすぎてしまうとそのうち、緊張の糸が切れてしまい、今度は打って変わってダイエットはしんどいものという認識をしてしまう可能性があります。

目標を掲げることはとても大切なのですが、それを達成するために自分を追い込んでしまうのはあまり良い傾向とは言えません。

ある程度、手を抜いたりする日があっても良いと思いますよ。

自分自身である程度の緩急をつけてダイエットをすると、気負いなく継続することができると思います。

運動量がわかりゴールの予測を立てた時、それで気が楽になる人と、自分を奮い立たせてやらなければ!と意気込む人、色々いると思います。

後者の場合は自分で自分を追い込み、結局途中で挫折に繋がる可能性がありますので、休む時は休んで、できるだけモチベーションを持続できるように工夫してほしいと思います。

結論!運動量を知るとゴールが見える!上手く利用して

ダイエットをしようと思った時に運動量を知ることはモチベーションが上がりやすくなりますし、ゴールが見えやすくなりますので知っておくべきことだと思います。

ただ自分を追い込まないよう、目標を高く掲げすぎないよう、うまく継続するために、運動量の計算をしてみてください。

ゴール達成の期間を少し長くしてみる、5キロ痩せたいというところを3キロに変更してみる…そうすることで運動量の数値が緩く変わりますので、それだけでも精神的な疲労度が緩和されると思います。

ダイエットは精神的な部分も深く関わりますので、下手に苦痛が伴わないよう、目標達成してほしいと思います。

自分で工夫することでダイエットも成功しやすい筈です!

運動量の計算をうまく使って、達成してくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.