筋肉質の足を細くしたい!効果的なストレッチの効果、方法

筋肉質の足を細くしたいというのは、男女問わずの問題とされています。

また、独自の考えで問題を解消しようとする人は多く、そのほとんどは太い筋肉質な足を改善できず、運動さえもやめてしまうことが多いのです。今回は、そんな人の悩みが、どのようなメカニズムで発生しているのか案内しているので、これから足を細くしたい人の参考になれば幸いです。

筋肉が太くなる!実は良いことばかりではない筋肉トレーニング

筋肉質な足というのは、本来であれば、痩せやすい体質なので良い足だと評価できます。ですが、このような足を持つ人でも、足が太くなる、痩せにくいという悩みを抱えているのです。

というのも、以下のような悩みが発生するからです。

  • 筋肉太りの疑いがある
  • 無酸素運動を繰り返している

筋肉質の足を細くしたい場合、筋肉太りの問題を解消したほうが良いです。筋肉は、筋肉が増強されるほど代謝機能の向上につながるため、今では、健康のためにスポーツを奨励することが増えてきました。

ですが、筋肉太りの問題を抱えている人は、筋肉の間に脂肪が付きやすい悩みを抱えているのです。筋肉を調べてみると、筋肉、脂肪が霜降り状になっているため、他の人と大きな違いを確認できる筋肉でもあります。

このような問題は、無酸素運動に頼りすぎていると起きやすく、そのため、今では有酸素運動を健康のために行う人が増えてきました。

有酸素運動はインナーマッスルに作用し、そして、無酸素運動はアウターマッスルに作用することが多いです。ですが、アウターマッスルには脂肪を多く燃焼する力があるわけではありません。

栄養を溜め込む、俊敏さなど運動能力向上に直結している筋肉なので、足が筋肉で太くなっていくというのは、太りやすい体質に近づいている可能性を疑ったほうが良いのです。しかし、今まで順調にアウターマッスルを獲得してきた人は、簡単に有酸素運動を取り入れられないことが多いです。

なので、最初は20分程度の有酸素運動を行うだけにして、残りの運動時間は、無酸素運動に当てる形で様子を見たほうが賢明でしょう。このような努力1つで、痩せやすい体質になる方もいます。

原因は糖質にある!足を細くすることが難しいメカニズム

筋肉がある人は、必ずしも脂肪が付きにくい体を得ているわけではありません。

まったく筋肉がない人(老人など)と比較すると、体質的に痩せやすい体質であると言える程度です。

  • 無酸素運動は糖質を良く消費する
  • 運動量を極端に減らすと太りやすくなる

上記は、いきなり運動をやめてしまうと激太りする理由を、わかりやすくまとめたものです。

元々、多くの筋肉があった人でも、糖質を多く消費する体のおかげで太らずに済んでいるケースは良くあります。ですが、いきなり運動量を減らしてしまうと、生活習慣が変わっていないのに、カロリー消費量は悪化してしまうことになります。

なので、いきなり運動量を減らすのは良くありません。このような対応を取ってしまうと、脳が状況の変化に合わせて、脂肪を溜め込むようになるからです。

人間の体は、現代を生きる人々が思っているような、美的な外観を保つために機能しているわけではありません。どちらかと言うと、多くの栄養を溜め込む機能を元にして、生命維持を図ってくれるだけなのです。

そのため、運動量を減らした影響でカロリー消費量が減っているのに、食事量が減らない生活を続けていると、糖質をエネルギーに変えて体を動かすのではなく、脂肪に変えてエネルギーを貯蓄するようになるのです。この仕組みを知らない人ほど、体質が太りやすくなってきた際に、無酸素運動を繰り返すだけで、有酸素運動を行わないことが多いです。

脂肪は有酸素運動でも燃えますし、無酸素運動の場合は、長時間の運動をされていないと体質の変化が難しく、無駄に筋肉を付けてしまうことが多くなるだけです。

乳酸に注意する!足を細くするために知っておきたい基礎知識

運動後のストレッチは、ダイエットにも良いと言われています。そのため、今ではヨガのポージング、もしくは、長時間のストレッチを行って、痩せやすい体質を得る努力を続けている人が増えてきました。

また、このような努力にはダイエット効果があり、今では、どのようなメカニズムで痩せやすくなるのかも明かされています。

  • 乳酸が溜まりにくくなる
  • 筋肉には使用しづらい筋肉がある

乳酸は疲労物質という形で、運動後に蓄積される仕組みになっています。そのため、まったく乳酸が発生しない、溜まらない生活を続けるのは困難であることを理解しておきましょう。

ですが、ストレッチを行った場合は、使用しづらい筋肉を使えているため、乳酸が溜まりにくくなるのです。乳酸は、激しい運動を繰り返すほどに、溜まりやすくなる性質があります。

また、このような生活を繰り返していると、乳酸の影響で筋肉の収縮運動が盛んに行わない状態になります。すると、脂肪を燃焼する力が弱まってしまうので、筋肉太りの問題まで起きてしまうのです。

筋肉が太くなっていくと、運動の成果が上がっていると実感できるため、人によっては病みつきになる人もおられるでしょう。ですが、疲れが溜まりやすい、体重が中々落ちないという場合は、すでに乳酸が溜まりやすい体になっているだけかもしれません。

このような問題を抱えている人は、前屈みのストレッチを行うなどして、腰、太もものストレッチを入念に行うようにしましょう。

また、ストレッチは1、2分のような短時間ではいけません。1セット5分ほどを目安にして、体に刺激を与えることを意識して行ったほうが良いです。

ストレッチには保温効果もありますので、5分ほどのストレッチを行っていると、自然と脂肪が燃えやすい体を維持できますし、保温効果により臓器の動きが改善され、その影響でカロリー消費量が上がる効果も得られます。

小さな工夫も大事!足を細くすることができる人、できない人の差

筋肉をほぐす方法を知っている人は、他の人と比べて、足が細くなりやすいです。

筋肉をほぐす方法というのは、以下のような誰にでもできるようなもので問題ありません。

  • 入浴時間を10分以上にする
  • 運動後はプロテインを飲む
  • 体を温める飲み物を飲む

10分以上の入浴時間は、筋肉質の足を細くしたい場合に有効です。入浴時間が短い生活を繰り返していると、睡眠の質が下がりやすくなります。

また、お風呂からあがった際に冷めやすい体になるので、乳酸を減らしにくい状態を保つことになるのです。温泉の入浴で、体がポカポカする作用も、血流改善効果のある成分を体が吸収しているからです。

お風呂の場合、温泉のような高い効果を得られるわけではないので、体を温めやすくするために10分以上は浸かったほうが良いでしょう。それと、運動後はミネラル、たんぱく質、アミノ酸を摂取したほうが良いです。

これらの栄養は、丈夫な筋肉を生み出す際に必要とされている栄養です。食事から摂取することも可能ですが、理想的なのは、運動後にすぐ摂取することなので、飲みやすい、栄養量が多いプロテインが最適となります。

そして、しょうが汁など体を温める効果のある飲み物も良いです。体が温まると神経痛、炎症などの問題を解消しやすくなり、人によっては冷え性、むくみ、下痢、便秘などの問題も改善できるようになります。

足を細くする際は、体内に溜まっている余分なものを出さないといけません。それは、腸内に溜まっている排泄物であったり、もしくは汗であったりします。

このような問題を放置されていると、体内で毒素が発生しやすくなり、体力低下、体温の低下を招くこともあるので、運動で体質改善を行う際は、このようなことにもチャレンジしたほうが良いのです。

セルライトに要注意!運動しないで筋肉質な足を改善するのは難しい

近年では、筋肉を付けることが大前提のダイエットが増えてきました。

というのも、セルライト除去が前提で、ダイエットを成功させたい人が増えてきたからです。

・セルライトとは

中性脂肪と言われている脂肪のことで、二の腕、内臓の周りに蓄積する脂肪として有名です。長く蓄積されることが多く、脂肪燃焼が難しいことでも知られています。

人によっては、食事、もしくはダイエットグッズを用いて、運動しないで痩せられないか試す人もいますが、近年では、このような考えを持つ人が減ってきました。というのも、セルライトを無視してダイエットに成功しても、セルライトが付いている分だけ美容に悪影響を及ぼすからです。

セルライトが残っている体は、張りのない体になってしまい、二の腕などが水っぽくなる問題を抱えてしまいます。

では、どのようにしてセルライト除去を行うのかというと、それは、以下の運動でダイエットを成功させることが良いとされています。

  • 長時間の有酸素運動
  • 脂肪燃焼効果のある成分の摂取

セルライトは二の腕、内臓の周り、そして太ももなどに多く蓄積することがわかっているため、全身運動につながる有酸素運動を行っていると、自然とセルライト除去につながります。

また、食事による栄養補給でも、脂肪燃焼効果を得ることが可能です。

具体的には、以下の成分が効果的とされていますので、良ければ、こちらも参考にして筋肉質の足だけでなく、体全体を細くする努力を続けてください。

  • カテキン:内臓脂肪型肥満に効果的
  • カプサイシン:脂肪燃焼効果が高い

カテキンは緑茶に多く含まれています。今では、成分表示を確認することで、購入前にカテキンが多く含まれている緑茶を、判別することが可能となっています。

カプサイシンは赤唐辛子などに多く含まれています。カテキンと同じで、今では成分表示を行っているケースが増えているため、大量のカプサイシンが含まれている商品を探すのは難しくありません。

カプサイシンは、スポーツドリンクに含まれているものもあります。カプサイシンには強い発汗作用があるため、運動後のむくみを解消する効果もありますし、なにより高い脂肪燃焼効果により、ダイエットで成功しやすくなる成分の1種です。

筋肉質の足を細くしたい場合も効果的なので、セルライト除去のためにも、これらの成分を摂取するようにしてください。

むくみを解消しよう!筋肉質な足はむくみにも悩まされている!

むくみの解消法ですが、座った状態を長時間維持しないだけでも良い変化が訪れやすいです。

むくみに悩まされている人は、筋肉が硬くなりやすいだけでなく、血行不良に悩まされることが多くなり、テンションが上がらないなど、精神的な悩みを抱えることが良くあります。

具体的な改善方法は、以下のような簡単な対処のみで、むくみを解消できるようになります。

  • 肩、腰のマッサージを行う
  • 少し汗をかく程度の運動を行う
  • 着やすい服を着る

肩、腰のマッサージというのは、疲れを感じている部位をもみほぐすだけです。もみほぐすのが面倒という場合、マッサージ用の保温シートを用いて、疲れやすい部位を温めると良いでしょう。

むくみは血流、リンパの流れに問題が生じている人ほど発生しやすいです。しかし、体をしっかりと温めていると、汗をかく頻度が上がり、その際に、疲労物質など血流、リンパに悪影響を及ぼすものが、体外に排出されやすい体になります。

運動についても、エレベーターを使用せずに階段を歩く、近距離の移動は自分の足で歩く、もしくは自転車で移動するようにして、自動車を使わないようにすると良いです。このような簡単な努力で、むくみの問題を解消できたという人が大勢います。

それと、自分の体型を意識して服選びをすることも大事です。体を締め付けるような小さな服を購入してしまうと、着用するだけでストレスが溜まり、内臓の働きが弱まってしまったり、血流が悪化することもあるのです。

これは靴にも同じことが言えます。無理矢理履かないといけない靴は履かずに、余裕をもって履ける靴を選ぶようにしましょう。

何気ない努力かもしれませんが、このような努力を繰り返すことで、筋肉質の足を細くすることが可能となり、セルライトなど、美容に悪い影響を与える問題も、ダイエットと同時に解消できるようになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.