夜食にバナナはダイエット向き?夜中の空腹に食べていいもの悪いもの

ダイエットで失敗する人ほど、夜食で失敗することが多いです。

夜食は、ダイエットに悪影響を及ぼすだけでなく、食事量が増していくたびに、太りやすい体質になってしまうこともあります。また、塩分を大量に摂取してしまうことも多くなり、その影響で、内臓を傷めてしまう人もおられます。

夜食バナナは、このような問題を解決できるダイエット法のため、今では、若い女性から支持されることも増えてきました。

夜食がいけない理由は?太りやすい体質になってしまう原因

夜食バナナを通じて、夜食について考える人が増えてきました。また、夜食を繰り返していると、以下のような体調不良に見舞われるリスクが高まるため、夜食のリスクを知る人が増えてきたのです。
  • 太りやすい体質になる
  • 睡眠不足になる
  • 体臭が悪くなる

少しずつですが、体臭が悪くなることも注目を浴びるようになりました。というのも、夜食は男性だけでなく、女性の間でも良く行われるようになってきたからです。

女性の場合、夜更かしを繰り返している内に、口さみしい問題を夜食で対処することが多くなり、その後、体臭が悪くなる問題に直面します。体臭というのは、汗をかく、ストレス発散することで、体臭の問題が緩和されるようになっています。

ですが、夜中にしっかりと睡眠を取っていないと、人間の脳は、このリズムを生活リズムに組み込むようになるのです。そして、睡眠時間が7時間ほどから、5時間ほどまで減っていき、その後、体調不良を訴えるようになってから、体臭の問題が改善できないことに気づき、体臭の問題を病院で治療する女性もいるのです。

これらの問題は、どうして早い段階で気づけないのかというと、それは習慣性にあります。人というのは、徹夜などの問題であれば素早く対処するのですが、不眠症、もしくは夜更かしなどの問題は半年間、もしくは1年間ほど放置されることが多いです。

そして、気づいた時には病気が目立つようになるため、慌てて治療を行おうとするけれど、それほど良い効果を挙げられずという状況に陥ります。これがストレスとなり、より体臭の問題が際立つようになる女性まで存在しますし、中高年の女性の中には、ストレスの影響で激太り、薄毛、脱毛症のトラブルを抱えてしまう人もいます。

人が何気なく行っている睡眠は、体内の血糖値を上げる、そして代謝を活発にさせる、ホルモン分泌を安定させる効果があるので、夜食、夜更かしが目立つようになると、太ってしまう、ダイエットで成功しなくなるのは当然のことかもしれません。

その他の問題点!夜食を繰り返していると睡眠不足になる

夜食バナナが人気になってきたことで、BMAL1(ビーマルワン)も有名になってきました。

・ビーマルワンとは

たんぱく質の1種に、ビーマルワンというものがございます。

ビーマルワンは、体内時計に関連しているたんぱく質として有名で、ビーマルワンの効果には、脂肪を溜め込むという性質もあるのです。つまり、ビーマルワンが良く動いている時間帯で、良く栄養を摂取していると太りやすい体質になります。

ビーマルワンは、夜10時から増加し始め、そして明朝(朝2時ほど)にかけて減少する性質があります。このようなたんぱく質の影響もあるので、夜中には食事を多く摂取しないほうが良いのです。

また、人によっては夜食を繰り返しても太らない人もいます。ですが、このような人ほど隠れ肥満の問題を抱えており、病院で診断を受けると、メタボリックシンドローム、もしくは糖尿病の予備軍であることが多いです。

ビーマルワンが機能しないことはありませんので、夜食をどうしても取りたい場合は、なるべく夜食バナナのような生活で、ビーマルワンを刺激しない生活を送ったほうが良いでしょう。

また、夜10時以降からビーマルワンが増加し始めるのですが、夜10時までに睡眠を取らないでいると、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減ってしまうこともあります。

エストロゲンは、年齢とともに分泌量が低下することでも有名です。また、ストレスが良く溜まっていると小じわができやすくなりますが、ストレスの影響でもホルモン分泌は安定しなくなるので、やはり、夜食でもそうですが、夜更かしによって健康が保たれるという都合の良い話は無いようです。

バナナだけでダイエット!?夜食バナナで痩せられる理由

夜食バナナは、ビーマルワン以外に対しても良い影響を与えます。例えば、以下のような健康効果を得られるため、若い女性から支持されることが増えてきているのです。
  • 低カロリー
  • ビタミンが豊富

バナナは炭水化物と比較して、約半分のカロリー量しか存在しません。そのため、ついつい食べ過ぎてしまった場合も、その影響で、すぐに脂肪が増えてしまうことがないのです。

バナナは、炭水化物のように糖質が多いと言われることもあります。ですが、バナナは果実と同じ種類の糖質を保有しているだけなので、体内でサラッと溶けるタイプの糖質なのです。

糖質は、サラッと溶けるタイプであれば、血管から各細胞に運ばれるようになっており、すぐに燃焼するという性質があります。ですが、炭水化物のように中々溶けないタイプの場合、血管から各細胞に運ばれるまでの時間が長く、その影響で、燃焼されづらい問題を抱えてしまうのです。

このような問題を解決できない糖質は、次に脂肪に転換される仕組みになっています。

すると、脂肪として貯蔵されることが多くなっていくため、体重が上がりやすくなり、しかも、エネルギーとして消化されるまでに時間がかかってしまうのです。夜食バナナは、このような問題にも対応できているため、バナナは夜食、そしてダイエットに効果的だと言われることが多いです。

補足となりますが、夜食バナナに近い健康的な夜食は他にも存在します。具体的には、以下のような食材を食べることで、夜食バナナとほぼ同等の健康効果を得られるのです。

  • 味噌汁
  • 春雨スープ
  • 春雨ヌードル
  • お粥
  • ホットヨーグルト

上記の食材は、胃の中でサラッと溶ける性質があります。ただし、ヨーグルトはホットヨーグルトにしておかないと、糖質が長く溜まってしまい、上手く使われないこともあるので注意してください。

また、夜食も含めたダイエットの基本となりますが、温かい食べ物のほうが、冷たい食べ物よりもダイエット向きです。冷たい食べ物は胃腸を刺激し、さらに血流を悪化させる可能性があるため、肥満を増長するリスクがあります。

なので、なるべく温かい食べ物を食べるように努めたほうが、健康的な生活を長く続けられるようになるでしょう。

マラソンランナーも実践している!バナナの隠れた健康効果

近年では、バナナのみを研究している企業まで存在します。

というのも、バナナに含まれている糖質には、以下のような健康効果まで存在するからです。

  • ブドウ糖:生理作用に関与する糖質として有名
  • デンプン:摂取しやすく、長く糖質を保つ効果がある
  • ショ糖:他の糖質と結びつきやすく燃えやすい
  • 果糖:素早く処理される糖質で、エネルギーに変換されやすい

ブドウ糖というと、あまりサプリメントなどで見かけないと感じている人もおられるでしょう。ですが、今ではブドウ糖とは言わず、代わりにグルコースという名称が成分表に記載されています。

ブドウ糖は、穀類、果物に多く含まれているため、人体に対して副作用がまったく無い糖質として有名です。そのため、夜食バナナは健康的であると言われることが多いのです。

このような健康効果はデンプンも同じです。デンプンは、ブドウ糖が多数結合した多糖類の1種ですが、長く栄養を保つ性質があり、緩やかにエネルギーとして使用される性質があり、この性質もあり、運動前に摂取しておきたい栄養として言われることが多くあります。

果糖、ショ糖は、それぞれフルクトース、スクロースでお馴染みです。どちらも、他の糖質と一緒に燃えることが多く、エネルギーとして残ってしまう可能性が小さいので、少しでも栄養バランスを高めたい食品(サプリメントなど)に対して、配合されていることが多いのです。

バナナを食べると、これらの糖質から健康効果を得られるため、ただ糖質を摂取するより、高い糖質の効果を得られる、持続性のあるエネルギーを得られるので、研究が進められている食材の1つとなりました。

白湯(さゆ)も効果的!少しずつ痩せやすい体質に変われる?

夜食バナナのお供として、白湯が選ばれることもあります。

・白湯とは

熱したお湯ではなく、熱したお湯を少しだけ冷ましたものが白湯です。

白湯にはデトックス効果があるとされ、そのため、夜食バナナ、白湯は相性が良いと言われることが良くあります。

白湯のデトックス効果ですが、以下のような効果を得やすいため、1日にコップ1杯分の白湯を飲むことは、健康的な毎日を送るために必要という意見も増えてきました。

  • 発汗作用を得られる
  • 肌荒れの解消につながる
  • 血流改善効果を得られる
  • お通じ改善効果を得られる
  • むくみ、冷え性が治りやすくなる

上記のデトックス効果は、それほどダイエットに最適な効果ではありません。ですが、ダイエットを続けているとストレスが溜まりやすくなり、その影響で、発汗作用に問題が生じる方もおられます。

そのような問題を、白湯であればコップ1杯分で解決できるため、今のような人気を得るようになりました。

また、テレビ番組によっては、白湯に色々と健康に良さそうなものを入れていますが、白湯は水道水を煮沸して作るだけで問題ありません。その後、飲める程度まで冷ますだけで良いので、何か入れないと効果が高まらないわけではないのです。

白湯により健康に良い効果を得られるのは、デトックスであり、体内に溜まっている老廃物と言われている毒素が、汗、尿に混じって排出されやすくなるからです。これにより、血流に毒素が溜まってしまう問題、毒素の影響で内臓が冷えてしまう問題、体温が安定しない問題も解決できます。

海外では、アーユルヴェーダの手法の1つとして、白湯を案内している書籍まで存在します。アーユルヴェーダは、すでに3000年以上の歴史があり、現代でも、ポージングによる健康法など、健康に高い効果を発揮する運動法を伝えています。

白湯というと、夜食バナナの影響を受けて、最近になって流行になったイメージもありますが、海外では、かなり多くの人から愛されている健康法の1つなのです。

ハチミツで免疫力アップ!夜食バナナに飽きた時の良い対処法

夜食バナナ、白湯に飽きてしまった場合ですが、ハチミツを用いて飽きにくい健康法を編み出すのも1つの手です。

例えば、ハチミツを舐める、ハチミツをバナナにかける、ハチミツをきなこドリンクに入れて味わいを良くするなど、ハチミツを用いた健康法はかなり存在します。

また、今ではハチミツは美容に良いことも良く知られていますが、ハチミツには以下の健康パワーがあるので、美容、健康、ダイエットに良いのは確かです。

  • 肌を保護する効果がある
  • 長く栄養を貯蔵する
  • ビタミンB群が豊富に含まれている
  • 成長ホルモン分泌を促進する

ハチミツが今のような有名性を得ているのは、ビタミンB群が豊富、そして成長ホルモン分泌を促進する作用があるからです。

ビタミンB群には、B1、B2、B6などの有名なビタミンが存在し、これらには、糖質、脂質、たんぱく質の代謝を改善する力があります。糖質、脂質の代謝とは、無駄に溜まっているものを燃焼する作用のことです。

人間の体は、なにもしていない時でもエネルギーを使用する、もしくは貯蔵する作用があり、バランス良く代謝機能が用いられていると、無駄に糖質、脂質を貯蔵しないようになるのです。また、運動中など多くのエネルギーを欲している場合は、貯蔵されている糖質、脂質から順に燃焼させるようになります。

そのため、夜食バナナ、ハチミツの相性は良く、ちょっとした工夫で太りやすい体質を改善することもできるのです。

さらに、ビタミンB6でたんぱく質の代謝を改善していると、筋肉が付きやすい体になり、基礎代謝が向上しやすくなります。基礎代謝が向上すると、なにもしていない時の消費カロリー量が増えますので、ビタミンB6の作用も上手に活かすと、さらに痩せやすい体質になれるのです。

近年では、ハチミツの成長ホルモン分泌を促進する作用も、高く評価されるようになりました。というのも、成長ホルモンが良く分泌されている体は、体毛の問題が発生しにくくなるからです。

女性の場合、成長ホルモン分泌が安定しないと、体毛が薄くなる、脱毛症が発生するといったトラブルが起きやすくなります。ハチミツは肌に良いと言われていますが、良くハチミツを摂取していると皮膚が丈夫になり、その影響で肌の炎症を防ぎやすくなるのです。

ダイエット成功のために!夜食に良くない食べ物は決まっている

夜食バナナを学ぶ時は、夜食に最適ではない食材も同時に学んでおいたほうが良いでしょう。

例えば、以下のような食材は夜食に最適ではなく、むしろ、夜更かしの問題を引き起こす要因になりやすいと言われています。

  • おにぎり
  • ラーメン
  • うどん
  • そば
  • カフェインを含む飲み物

おにぎり、ラーメン、うどん、そばには炭水化物が多く含まれています。ビーマルワンと相性が良くなく、そのため、おにぎりなどを良く食べていると、かえって寝付きが悪くなり、しかも、太りやすい体質になってしまうのです。

炭水化物は消化に時間がかかりますので、胃腸の動きが悪くなり、体温を下げてしまう問題も懸念されることが多いです。体温が下がりやすい生活を繰り返していると、その影響で下痢、むくみ、冷え性などのトラブルが起きやすくなります。

また、カロリー量も少なくありません。最もカロリー量が少ないおにぎりであっても、1個につき約200kcalに相当するのです。

このカロリー量は、40分前後のウォーキングでようやく消費できるカロリー量です。そのため、少しでも体重を落としたい場合は、夜食におにぎりなど、炭水化物を摂取しないほうが良いでしょう。

カフェインの摂取についても注意を払ったほうが良いです。カフェインには覚醒効果があるため、眠気覚ましでコーヒーなどを飲むという人はいます。

ですが、覚醒効果で一時的に体温が上がってしまうと、高揚しやすくなり、その後の眠気に大きな影響を与えてしまうこともあります。人によっては、カフェインの影響で不眠症に陥ってしまう人もいますし、健康的な生活を送れなくなる人もいます。

また、尿意を催す作用もあるので、このような作用が邪魔をして、睡眠時間を減らしてしまうというデメリットも存在します。夜食に炭水化物、カフェインは、やはり避けたほうが安全だと言えるでしょう。

バナナに添えると良いものは?チーズなどと相性が良い

夜食バナナの効果をさらに上げたい場合ですが、チーズも併せて食べると良いでしょう。

チーズというと、人によっては脂肪の塊と思われている人もいます。ですが、チーズには以下のような健康効果があるので、最近では、健康維持のためにチーズを食べる人が増えてきているのです。

  • チーズの脂質はかなり燃焼しやすい
  • ビタミンB2で疲労回復効果を得られる
  • ビタミンAで免疫力が高まる

脂質のすべては、ダイエットの敵と思われることが多いです。ですが、脂質はナトリウムと同じで、一定量は体にないと、体の動きが悪化してしまう特性があるので、摂取しないほうが健康的というわけではありません。

また、チーズの脂肪はきめ細かい球状となっています。このような形の脂肪は、かなり燃焼しやすい性質を持っているので、今では、健康に良い食材としてチーズが重宝されるようになりました。

しかも、チーズはボリュームもありますので、夜食バナナでは満腹感を得られないという人に最適です。さらに、チーズにはビタミンB2、ビタミンAが大量に含まれているのです。

ビタミンB2には、脂質を素早くエネルギーに変える力があります。そのため、体内に脂質が残り過ぎないようになり、健康的で、エネルギッシュな体を手に入れられるようになるのです。

ビタミンAは、野菜に多く含まれていると言われることが多いのですが、実は、乳脂肪分から作られるチーズにも多く含まれています。ビタミンAには免疫力を高める作用があり、この効果により細胞を保護する力、そして、粘膜をみずみずしく保つ力が改善されていきます。

季節によっては、体調を落とすことが多い人は、チーズを食べて健康的な生活を維持するように努めましょう。

また、ビタミンB2、ビタミンAともに、ナチュラルチーズに多く含まれているため、夜食バナナの効果を少しでも上げたい人は、ナチュラルチーズを食べる習慣も獲得し、ダイエット、美容、健康を兼ね備えた生活を続けるようにしてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.