プールに通う頻度はどれくらい?水泳ダイエットの基本知識

ダイエットには様々な方法がありますが、中にはプールで泳ぐというものもあります。しかし、いざ始めるとなっても一体どの程度の頻度でプールを訪れれば良いのかなどが分からないという方もいるかもしれません。

そこで今回は、プールでダイエットをする場合の頻度などについて探ってみたいと思います。ダイエッターの方は、ぜひ参考にしてみてください。

慣れていこう!初めは週に1回から2回でも問題はない

慣れるまでは、プールでダイエットをするとなっても頻繁に通っても疲れてしまうかもしれません。そこで初めのうちの通う頻度についてお伝えします。

最初のうちは慣らしていくという点を目標にしよう

プールでダイエットをするとしても、最初の頃というのは慣れていないこともあるので、徐々に体を慣らしていくのが適切です。

その頻度は週に1回から2回となります。週に1回や2回程度であれば効果が得られないのではないかと考える方もいるかと思います。しかし、初めのうちというのはダイエットをするというよりも、身体を慣れさせるというのを目的に行うのが賢明なのです。

プールというのは、1度泳いだだけであっても疲れるものです。

1回でも筋肉痛!続けるためにも初めは週1で慣れよう

人によっては週に1回だけであっても大変と言うケースもあるでしょう。中には、泳いだ翌日は筋肉痛になり、仕事をするのもつらくなるほどに疲労感を覚えたというケースもあります。

週に1回で疲れてしまうのですから、初心者でいきなり週に4日ほど行ったりすると、持続できなくなる可能性もあるのではないでしょうか。ダイエットならどういった方法でも同じと考えられますが、続けていけることに意味があるのです。

よって、初めは水中ウォーキングでも問題ないので、週に1回程度のペースから始めるようにするのが適しています。

お仕事後に!週に4日訪れるのが適している

それではここで、理想的なプールダイエットの頻度について考えてみましょう。慣れてきた後のことに関して迫ります。

週4日で正しいフォームやゆっくり行うことが大事

一か月程度継続していると、僅かに身体も順応してくるために段々と泳ぎを取り入れてみるのがポイントです。

プールでの水泳ダイエットでは、正しいフォームで長くゆっくりと行うようにすることが大事になってきます。

この大事な点3つを守るなら、平泳ぎが最適です。それに、泳いでいて疲れにくいのも平泳ぎであると考えられます。脂肪燃焼するならクロールの方が適してはいるのですが、平泳ぎよりも疲労感が大きくなりますので、もしクロールで泳ぐのであれば休みの日の前日に泳ぐのが適しています。

そうしたことから、普段は平泳ぎにしてあまり体力を消耗しないようにするのも1つの手なのです。ただし、水泳でのダイエットは意気込み過ぎてしまえば失敗してしまうことも多く、ダイエットへの意欲まで削がれてしまいかねません。

心身ともに余裕を持った方が長続きもするかと考えられますし、週に4日でも続けていくのが可能です。

のんびりとゆっくりと行うのがダイエットでは効果的!

プールダイエットで、水中ウォーキングをする場合でも泳ぐのであっても、短い時間で勇んで行うというよりも、のんびりとした気持ちでゆっくりと行うのがダイエットの効果面で適しています。

行う回数に関しては、大幅に痩せたいという方は毎日通うという手段もあります。異なるスポーツよりも消費カロリーが多いですが、体重を落とすなら毎日きちんと継続するのがカギとなるでしょう。

お仕事などでお忙しいでしょうし毎日通うのが困難なら、前述のように週に3日か4日で1時間程度行うのが理想です。通えない日は、自宅で筋トレを行うというのも効果的になっています。

ここも大事!プールでの水分補給のタイミング等も知っておこう

プールでダイエットをするなら、水分補給が大事です。そこで、その頻度やタイミングなどについても知っておく必要があります。

水泳でダイエットをするなら水分補給が非常に大事!

水中にいると、喉が渇いていることに気づきにくくなります。

有酸素運動である水泳をしていても水分を摂らないという方もいるものです。水泳でかく汗の量や消費カロリーは、陸上で行う他の運動に比べて多くなっています。水泳をしている時に水分補給を全くしなければ、身体から水分がどんどんと失われていってしまい、脱水症状を起こしてめまいや頭痛といった症状が現れてしまう可能性があるのです。

この脱水が進行してしまえば、命の危険にも関わるという点を把握しておくのが非常に大事になるでしょう。

摂るべき水分量とその頻度などについて!

水泳ダイエットで摂るべき水分量や頻度は、胃腸においては水分を摂ってから30分で、180ミリリットルほどの水分を消化吸収するという点を踏まえると、水泳をする前にコップで1杯から2杯、水泳を開始してから30分してから同じ量を、それから30分毎にも同量の水分を補給するのが適しています。

とは言え、気にし過ぎて水を多量に飲んでしまうとお腹が重くなり泳ぎにくくなることや、むくんでしまうこともあるので要注意です。水分を摂るのが大切なのですが、一気に飲んだり飲みすぎてしまうことにも気を付けましょう。

水泳をずっとしていなかった方や、泳ぎが得意ではない方は、想像以上に体が疲れてしまうために、初めのうちは20分から30分で休憩を入れるようにして、慣れてきた段階で徐々に時間を長くしていくのがカギです。

疲れが溜まってしまい、やり過ぎになってしまわないように、泳ぎ続けるなら1回で90分程度までに抑えるのもポイントになります。

プールでのダイエットは頻度などが大事になるから覚えておくのが大事

初めのうちは慣れるまで週に1度か2度でも問題ありません。慣らしていくのがポイントになるからです。慣れてきなら、週4日で正しいフォームによってゆっくりと長く行っていくようにしましょう。

水泳でダイエットを行うなら、水分補給も大事です。なので、水泳をする前にコップ1杯を飲み、30分毎に同量の水を飲んでいくのがポイントになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.