食生活をタンパク質重視に変えるダイエットとその効果とは

女性にはいくつになっても美しくありたいと思っておられ、その実現のために過去ダイエットを行ってみたことは一度や二度では無いでしょう。

そのダイエットというのも、ただ単に食べる量を減らせば良いと考えて、ものをほとんど食べずに体重を減らそうとする方法をとられた方も多いと思いますが、この方法は身体にとって非常に危険な行為となります。

そこで今回はすべての女性が健康的に実践できる、良質のタンパク質をしっかりとって行うダイエットをご紹介して参ります。

高タンパクを摂取するダイエット方法とは!

普通、ダイエットによって女性がきれいになるためには、適切なタンパク質を摂取することが大切です。

これは肉や卵、魚などの良質なタンパク質を積極的に摂るということであって、決して余分な脂を摂るということではなく、更に併せて適度な運動をすることも必要です。

このタンパク質には人間の体で作ることが出来ないアミノ酸が含まれており、さらには皮膚や髪の毛、さらには筋肉を作るための重要な栄養素になります。

もし、ものをほとんど食べないようなダイエットを行い、タンパク質が不足してしまうとホルモンのバランスが崩れ、逆に食欲が増すこともあります。

このように、ダイエット中にタンパク質を摂ることは、ホルモンのバランスを整えることになり、我慢することもなくなるのでリバウンドもしにくくなります。

高タンパク質ダイエットの効果とは!

高タンパク質ダイエットを行うことにより、以下のような効果が得られます。

生活習慣病などにも効果があります!

高タンパク質ダイエットは美容だけではなく、健康にも効果があり、様々な病気を防ぐ効果にも期待が出来ます。

①動脈硬化の予防
オメガ3脂肪酸を多く含んでいる魚を摂取すると、コレステロール値を制限する効果が期待でき、コレステロール値が高いことで引き起こすとされる動脈硬化や心臓疾患のリスクが低減できるといわれています。

②ホルモンバランスを整えます
現代社会で頑張っておられる女性の方々はストレスなどでホルモンバランスが乱れがちといわれていますが、そんな女性たちが大豆製品をタンパク源として積極的に食べることによって、女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンを摂取することが出来、それは髪や肌をきれいに見せ、乱れたホルモンバランスを整えます。

③糖尿病のリスクを低減してくれます
生活習慣病のひとつである糖尿病は、現在の日本で増え続け、その予備軍を含めるとかなりの数の人たちがそのリスクを持っていると言われていますが、タンパク質を中心とした食事に切り替えることで、血糖値の上昇を抑え、糖尿病のリスクが低くなります。

女性の方々の気になる部分の美容と健康を維持できます

女性の髪の毛や爪、肌は美しさが表すパーツといわれていますが、これらは全てタンパク質によってできています。

よって、タンパク質が不足すると、以下のような事柄が懸念されます。

  • 髪の毛のパサつき
  • 肌の乾燥
  • 爪がもろくなる
我慢を伴わないためリバウンドがありません

ダイエットには好きな食べ物を我慢したり、運動をしたりする 等の制限がつきまとうと、綺麗にかつ痩せるためには努力が必要だとわかっていても、我慢が続くとストレスが溜まります。

また、ダイエットを頑張って成功すると、自分に対するご褒美として今まで我慢していたものを食べるようになり、これがダイエットの失敗=リバウンドの原因につながります。

高タンパク質ダイエットは、制限するものが少ないため我慢することが少ないことから、食事制限が苦手な人も成功するといわれています。

基礎代謝量を上げることにより余分な脂肪を燃焼

健康的に痩せるためには、余分な脂肪を燃焼させることが重要な鍵となりますが、間違ったダイエット方法を実践すると、体重が落ちても脂肪が減ることはありません。

ちなみに、食べた物をエネルギーに変える働きのことを代謝といい、この代謝が高ければ太りにくい体だといえますが、その代謝を左右するのが体の筋肉量になります。

この筋肉のもとを作っているのがタンパク質でとなり、タンパク質が不足すると筋肉が落ちて痩せにくい体となります。

今回の高タンパク質ダイエットについては、筋肉を作るための素を十分に取ることになりますので筋力をつけ、さらに代謝量をアップすることによって、痩せやすい身体が作られます。

憧れの理想的なボディラインを得られます

皆さんが目指している身体は、出るところは出て、締まるところは引き締まった身体かと思いますが、そんな理想的な体型を作るために欠かせないのが筋肉になります。

同じような身長または体重でも身体のラインに違いが出てくるのは、筋肉量が異なるからで、筋肉は身体を引き締めて見せてくれるため、気になる部分の筋力トレーニングを実践することによって身体の引き締め効果が得られます。

高タンパク質ダイエットを行うに際しての注意点

こんな体に無理なく痩せられるという良いところだらけの高タンパク質ダイエットにも実は問題点があり、それはすべてをタンパク質重視にしてしまう事によって、必要以上の糖質制限となってエネルギーが不足してしまうことです。

そのため筋肉が使われていくことや、脳への栄養が十分に行き渡らず、頭の働きが悪くなることにもなりますので、タンパク質だけでなく、朝食や昼食では炭水化物もしっかり摂ることをお勧めします。

さらには、一日に必要なタンパク質量は人によって異なるため、タンパク質を摂りすぎることもりスクがあります。

というのも、高タンパク質ダイエットを長期間行うことには、生活習慣病などの病気になることも考えられるので、タンパク質は野菜や海藻類などの他の栄養素と組み合わせてバランスよく摂るようにしてください。

高タンパク質の食品をご紹介します!

高タンパク質の食品は色々ありますが、今回おすすめする食品は高タンパク質でありながらも低カロリーの食品となります。

納豆

納豆には、植物性タンパク質や、カルシウム・鉄分などのミネラルを踏むんでおり、タンパク質の強化や貧血の予防に関して力を発揮する食品で、納豆に含まれているビタミンKを摂取することにより、骨の中のタンパク質は活性化され、新しい骨の形成を促進する効果があります。

無脂肪牛乳

余分な脂肪摂取を抑えたい方への乳製品としては、無脂肪牛乳をお勧めするのですが、その理由として牛乳にはタンパク質を吸収するのに役立つミネラルが多く含まれているため、骨を作るのに欠かせない成分を摂取できるからです。

ツナ

缶を開けるだけですぐに食べられるという手軽さが人気のツナは、タンパク質補給の定番ですが、特に水煮されているツナは、オイル漬けと比べて余計な脂分が含まれていないため、タンパク質のみを摂取したい方にはおすすめです。

赤みの多い部分

世間一般に赤身と呼ばれる部位には、効果的にタンパク質を吸収するミネラルが多く含まれ、牛肉でいうところの「もも」や「ランプ」、豚肉でいうと「ひれ」や「もも」になります。

鶏肉でいうと、赤身ではありませんがムネ肉、魚では回遊魚であるイワシやブリ、マグロ、カツオなどになります。

如何でしょうか、決して無理することがない高タンパク質ダイエットで、ぜひ美しいスタイルを手にいれてください!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.