モーツァルトの曲を聴くと痩せるって本当?!肥満と音楽の関係性

音楽は人間には欠かせないものですよね。

大好きな音楽を毎日のように聴いている人はとてもたくさんいると思います。

音楽の好みは人それぞれだと思いますが、音楽には癒しの効果があったり、気持ちが上向きになる効果があったり、人の気持ちを良い方向に向かせる力があります。

そして今、注目を浴びているのが聞くだけで痩せる音楽というダイエット方法です。

聞くだけで痩せることができる音楽なんて本当にあるのか正直、信じられない人の方がほとんどなのではないでしょうか。

本当にダイエットに効果的なのかどうか、その辺りについて調べてみたいと思います。興味がある方は是非、最後まで読んでみてくださいね。

本当?!話題になっている痩せる音楽はモーツァルト?!

さて、巷で話題になっている痩せる音楽は一体どういうものがあるのか色々と詳しく調べたところ、これを聞くだけで痩せる効果が高いと言われているのがなんとモーツァルトのクラシック音楽なんです。

どうしてそのように言われているのかと言うと、モーツァルトの音楽の中には色々な名曲がありますが、その中の多くが周波数の3500~4200ヘルツを推移しているそうで、この周波数がダイエットに影響していると言われています。

つまりは逆に言い換えれば、このヘルツ数を超えた音楽を聴いてもダイエット効果は望めないということになりますね。

そして肝心な効果のほどなのですが、これも二分していまして音楽を聴いて数キロ痩せることができたという人もいたら、全く効果がなかったという人もいます。

自分がどちらに転ぶかは正直わかりませんが、聞いてみてもしも痩せることができたら儲けものですよね!自分に効果があるのかないのか…試してみる価値はあるのかもしれません。

興味がある方は是非、試してみてください。

モーツァルトを聞くと癒し効果アップ!それがダイエットに繋がる?!

実はモーツァルトを聞くと癒し効果がとてもアップして、精神的に落ち着き、体の不調な部分が整いやすくなると言われています。

例えばモーツァルトを聴くことにより、血圧が下がり、精神的にもゆったりとした気持ちになると言われているんですよ。

血圧が下がり、ゆったりとした気持ちになると体の中では様々な変化が起こり、それがダイエットに繋がると言われているんです。

まずゆったりとした落ち着いた気持ちになることで、体温が上がりやすくなると言われています。リラックスして眠たくなったら体温が高くなる原理と同じですね。

そして、体温が上がりやすくなると、自然と体の中に脂肪が蓄積しにくくなるとよく言われます。体を冷やすと脂肪が蓄積しやすくなり、ダイエットする時も苦労をするのですが、元々体が温まっている人は、いざ、ダイエットを始めても比較的簡単に体重を落とすことができます。

体が冷えていると、どうしても体の中で脂肪が緩みにくくなり蓄積しやすいんですね。

しかし、温めることにより、体の中の脂肪が緩みやすくなり、本格的なダイエットを始めたとき、早く脂肪燃焼されやすいと言われています。

モーツァルトは精神的にゆったりとした気分にさせてくれる曲が多いので、癒し効果が高まり、その分、血圧が下がりそれと同時に体温が上昇し、ダイエットに嬉しい効果をたくさんもたらすと言われています。

最近冷え性で悩んでいたり、ダイエットをしてもなかなか結果が出ないという方は、一度モーツァルトをじっくり聞いて癒し効果を引き出してみてはいかがでしょうか。

自分の体質に合っている可能性は否定できませんし、もしかしたら良い効果が期待できるかもしれませんよ。

モーツァルトで自律神経が正常!?満腹感が得られるようになる!

さて、モーツァルトを聴くとダイエットに効果的だという話を先ほどからお届けしているのですが、実はモーツァルトを聴くことで自律神経が整うという研究結果も出ているようです。

自律神経である交感神経と副交感神経の均衡がきちんと整っていれば、体に大きな変調をきたしたり精神的に不安定になりにくいと言われています。

この部分が崩れるので色々な体調不良が現れやすくなるんです。例えば過食に走ったり食欲が減退したりするのも、自律神経が大いに関わっている可能性が高いです。

特に過食に走る場合は、自律神経が正常にコントロールできていない可能性があります。

人間は過食をしてしまうと、きちんと食べ過ぎサインを出せるものなのですが、過度なストレスなどがかかり自律神経が乱れがちになると、食べ過ぎサインを出せなくなってしまい、結果、食べ過ぎてしまう方向に走ってしまうことが結構あるようです。

結局それが、肥満に繋がりやすくなってしまうんですよね。

しかしモーツァルトを聴くことで自律神経が安定すれば自然と過食が減り、痩せやすい体になっていくと言われているんです!

過度なストレスは絶対に良くありません!体調を狂わせるだけでなく、肥満に向かわせてしまう可能性も高くなりますので、きちんと自律神経を整えて、ストレスに強い体を作らなくてはなりません。

モーツァルトの音楽を聴くことで少しでも自立神経が整う可能性が高いのであれば、積極的に聞いてみるのも良いのではないでしょうか。

その結果、過食が治りストレスが緩和され、体調が整えばこんなに嬉しいことはないですよね。過食を含め、体調不良に悩んでいる方はモーツァルトの音楽に興味を持ってみましょう。

癒される音楽を聞くと安眠効果大!成長ホルモンの分泌促進!

モーツァルトの音楽を聴くと自律神経が整いやすいという話をしましたが、実は自律神経が整いやすくなるとぐっすりと安眠できることがわかっています。

幸せホルモンと言われるセロトニンがきちんと分泌されるため、深い眠りにつきやすくなると言われているんです。

実はぐっすりと眠ることと、肥満解消には深い関係があることをご存知でしょうか。

夜の10時から夜中に2時までの間に熟睡することができると、成長ホルモンが分泌されると言われています。

いわゆる睡眠のゴールデンタイムと呼ばれるものなのですが、この時間にたっぷりと深い眠りを得ることで成長ホルモンがたっぷりと分泌され、体の不具合や細胞の活性化を促してくれると言われています。

体の傷ついた部分を修復したりする力を発揮するのも、この成長ホルモンだと言われています。

この成長ホルモンは、その人が持っているエネルギーを餌として活動しますので、体の中に蓄積された脂肪などを養分として動きやすくなると言われています。

言い換えればぐっすりと眠ることができれば、成長ホルモンの分泌が盛んになり、体の中の脂肪を餌に活動してくれますので、自然と痩せやすい体質になるということになるわけです。

ただ、その成長ホルモンが一番分泌する時間帯というのが、夜の10時から夜中の22時までの間と言われていますので、その間に深い眠りに入ることが条件となります。

その時間に定期的に眠くなるには規則正しい生活をしなくてはなりませんし、たっぷりとしたセロトニンが分泌されなくては気分が高ぶって眠れなくなってしまいます。

そんな時に聞くと良いと言われているのが、モーツァルトの音楽ということになるわけです。

肥満と深い関係のある眠りの質、これらもモーツァルトの音楽によって全てをうまく繋げてくれる可能性が高いということになります。

まとめ!絶対に効果があるとも言い切れないが、試してみる価値あり!

まとめ!絶対に効果があるとも言い切れないが、試してみる価値あり!

いかがでしたか。

モーツァルトの音楽には意外な力があるということが分かりましたよね。

正直、薬を投薬するわけではありませんし、ダイエットするためにカロリーを大幅に減らしたり、運動するわけでもありませんので絶対に痩せることができると言う確証はないかもしれません。

ただ、上記を読んでいると肥満とストレスや自律神経の関係性はあながち絶対に間違っているとも言い切れません。

努力をしているのにも関わらず、あまりダイエットの結果が芳しくない方は、是非、モーツァルトの音楽を聴いてみてストレスを排除し、自律神経をできるだけ正常に保つように方向転換してみてください。

もしかしたら良い結果に転ぶ可能性がありますよ。できることは何でも試してみる!

頑張りましょう!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.