ストレス太りを退治!ストレスの解消方法と肥満対策

ダイエットしてもなかなか痩せない…それで悩んでいる人は結構多いですよね。

一生懸命やっているのになかなか結果が出ない方…もしかしたらストレス太りではないでしょうか。

最近、職場や自分の身の回りの環境でストレスを強く感じることはありませんか。

ストレスが強くかかると、ダイエットをしてもなかなか痩せる事が出来ないという話を聞いた事がある方も多いでしょう。

実はその話…本当なんですよ。

それではどうしてストレスを強く感じると、ストレス太りになってしまうのでしょうか。

また、ストレス太りを解消する方法はないのでしょうか。

その辺りについて調べてありますので、是非、参考にしてください。

ストレスで太るのは何故?!そのメカニズム解剖

ストレス太りに悩んでいる人、結構多いと思います。

ストレスは生きているうちは絶対に背中合わせのもので、出来ればうまく付き合っていかなくてはならないものです。

しかし、ストレスが原因でどうしても体重が増えてしまう人も少なくありません。

なぜストレスを感じると肥満につながってしまうのでしょうか。

実はストレスは、コルチゾールというストレスホルモンの分泌を活発に促します。

コルチゾールには、血圧を上げたり、血糖値を上げる作用があるんです。しかしそれによってストレスから体や精神、心を健康に保とうとしてくれます。ですので、少々のストレスぐらいならば体に良い働きも、もたらすんです。

ところが、コルチゾールの分泌が高くなりすぎてしまうと、今度は筋肉を分解してしまうという悪い働きがあったり、病に打ち勝つための免疫力を落としてしまうなど、体に対して悪影響を与えることになるんです。

また、このストレスホルモンの分泌が高まり過ぎると、今度は過食になるという辛い状態に陥ります。

ストレスに立ち向かうために、エネルギーを体内に補充しようと働きかけ、その結果、食欲を増幅させてしまうんです。

そうなると当然、食欲は止まりません。

間食が増えたり、一回の食事の量が多くなったりするのも、ストレスホルモンがかなり影響している場合が多くあります。

つまり、増えすぎると体に悪影響があるストレスホルモンは、必要以上に過剰分泌させてはいけないということがお分かりいただけたと思います。

できるだけ過剰分泌されないようにストレスを感じさせない体づくりを目指すことが、ストレス太りからの回避方法となるでしょう。

痩せなければならないと思うその気持ちが却ってストレスを呼ぶ!

ストレス太りが原因とは分からず一生懸命ダイエットして、早く痩せなくてはならないと自分を追い込んでいませんか。

ストレス太りが原因だと、食事制限などをしてもなかなか痩せることができません。

痩せない現実が自分を追い詰めてしまい、それが却ってストレスになっている方もたくさんおられます。

どうして自分は太ってしまったのか…まずその原因をしっかりと突き止めなくてはダイエットは成功しません。

ストレス太りならばストレスを感じない体づくりを目指さなくてはなりませんし、過食が原因ならば食べる量を減らさなくてはなりません。

また、運動不足に陥って肥満過多になってしまっているのならば、運動不足解消をしなくては肥満は解決しません。

いずれにしても自分の肥満の症状と合っていないダイエット方法を試しても、結果はなかなか現れません。

なかなか痩せることが出来ない間違ったダイエット方法は余計に自分を追い詰め、それがストレス過多となり、そのうち慢性的なストレス太りに陥る…このような状況になってしまったら何が正解で、何が不正解なのか分からなくなってくるでしょう。

ダイエットをしているのにもかかわらずなかなか成果が出ない方は、一度、原点に帰ってみて、どうして太ってしまったのか原因追求してみるところから始めてみましょう。

自分を冷静に省り見ることによって、肥満の原因が見えてくるはずです。

焦らず、冷静になってきちんとした判断を行ってください。

そうすると答えが見えますので、それに合ったダイエット方法に切り替えて改めて始めてみてください。

その悩み事、考えて解決するの?無駄な心配はやめよう

ストレス太りはストレスを排除すると、緩和されることがよくあります。

しかし、なかなかストレスを緩和することは難しかったりしますよね。基本的に悩み事があったり嫌なことがあると、ストレスが発生します。

ただ、ストレスを上手く発散させることが出来る人は、必要以上に色々なことを考えたりしませんし、良い意味で、諦める勇気を持ち合わせている人が多いです。

反対にストレスを抱えてしまう人は、真面目なのですが、その真面目さ故に色々なことを抱えすぎてしまい、結局消化する事が出来ずに、ジレンマに陥る人が多いのではないでしょうか。

悩み事があると、常に不安になり、回答が出ないのに、いつまでもそれを考え、ストレスに陥っていませんか。

もうそんな状態に陥るのはやめにしましょう!

ただ、生まれ持った性格もありますので、いきなりやめにしようと言われても、そんなに簡単に変われるものではないこともわかります。

しかし、その悩み事、考えたからといって解決しますか?

考えて、解決法が見つかる内容ならば、悩むのも良いでしょう。しかし、悩んでも回答が出ないものと自分でわかっているのならば、もうその悩みからは脳を解放してあげてほしいと思います。

そうは言っても、やはり人間、長くつきあってきた性格ですので、やっぱり考えてしまうでしょう。

ただ、少しずつでも良いので、自分は考えすぎているなと思った時点でほんの数分で構いません、考えるのをやめにしませんか。

敢えて考えない…この時間が少しずつ長くなることで、平行してストレスを感じる時間が短くなっていくはずです。

ストレスを感じることが少なくなっていくと、何事に対しても前向きになります。

そして、精神的に落ち着くことでストレスホルモンの分泌が抑えられ、過食に走ることも少なくなるでしょう。

少しの時間で構わないので、自分は考えすぎていると思ったら、敢えて考えるのをやめてみる…これだけでもストレス軽減が期待できて、痩せ体質が自然と手に入る可能性が高いですよ。

自分の趣味を見つけよう!没頭出来る何かを探そう!

ストレスを抱えていない人はあまりいませんが、ストレスが溜まったなと思ったら、自分でストレスを軽減する方法を持っている人はたくさんいます。

ストレスを軽減させるためには、悩んだり考え込んでしまったりする時間を作らない事も大切なポイントだと言えるでしょう。

趣味に没頭する時間を作るのも、ストレス解放にはとても良いですよ。

自分が今、一番やってみたいことや集中できる何かを敢えてやってみる…おそらくその時間は集中力が高まって、嫌なことは忘れ、ストレスをあまり感じていないのではないでしょうか。

ストレスが溜まりに溜まり、心の病になりかけた方に刺繍をさせてみると、集中するため、その間は嫌なことを考える事がなく、気持ちが楽になるという方の話を聞いたことがあります。

それからその人はストレスを感じるたびに刺繍でストレスを発散させるのだそうです。

結局、時間を忘れるぐらい何かに没頭すると、ストレスは緩和されるということですね。

嫌な事を考えてしまい、ストレス過多になる方は、没頭出来る趣味をみつけ、ストレスを発散させるようにしてみてください。

そうすることで、ストレス太りから解放される期待が持てます!趣味も見つかりますし、毎日が楽しく感じますよ。

まとめ!ストレスが解消できると、肥満解消の第一歩となる!

大きいストレスはストレス太りを引き起こすだけでなく、体調不良にもなり、体に悪影響を与えることが殆どです。

自分の体は自分で守るためにも、そしてスリムな体を取り戻すためにもストレス解消は絶対に不可欠です。

考えすぎる癖を少しの時間で良いので短くしてみる、打ち込む趣味を見つけてみる…これらを実践してみるだけで、かなりのストレス軽減になるでしょう。

うまくストレスを解消できるようになると、いつの間にかスリムな体を手に入れているかもしれません。

ストレス太りを感じたら、自分に合ったストレス解消方法をきちんと見つけてください。

ダイエットだけでなく、体の不調からも解放される可能性が高いですので、ストレスをあまり感じない生活を取り戻すことがとても大切ですよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.