骨盤スクワットで基礎代謝アップ!1日3分で徐々に効果が!

女性にとって体型維持はしておきたいと考えている人は多く、そのためにいくつかの方法を試している人もいるでしょう。

特に女性は、出産後に体型が変わりやすいといわれており、出産後のケアが必要になってくると考えられます。

体のケアをするためには日ごろから運動を行うことが大事で、女性においては骨盤スクワットが効果的だといわれています。

骨盤スクワットをすることで、体にどのような効果があるのでしょうか、またダイエットのためにどのようなことをすればいいのでしょうか。

正しい位置にする!骨盤スクワットの効果

骨盤スクワットを行う目的は、ゆがんだり緩んで開いたりした骨盤を元に戻すために行うもので、矯正のために行う運動です。

骨盤は立つことや座ることなどの動作で必ず使われる場所で、姿勢の悪さや筋力の低下などによってゆがむことがあります。

女性の場合は、妊娠で胎児を保護するために重要な役割を持っており、出産によってゆがみや開きができてしまいます。

骨盤を正しい状態に戻すためにスクワットを行い、実際にスクワットを行うと次のような効果が得られます。

  • 便秘の解消
  • 生理痛の改善
  • 冷え性やむくみの改善
  • 姿勢の改善
  • 肩こりや腰痛の改善
  • バストアップ
様々な対策を取ってもこれらの症状が改善されないという人は、骨盤が正しい状態でない可能性があり、実践してみることが大事です。

骨盤のゆがみや開きによってこれらの症状が現れるので、骨盤スクワットによって症状が改善できるかもしれません。

ダイエットのために!骨盤スクワットの始め方

骨盤スクワットは、便秘の改善にも効果があるといわれ、また出産後の胸の状態を気にする人ならバストアップにも期待できます。

ゆがんだり開いたりした骨盤を元に戻すためにも、骨盤スクワットは大切で、特に出産後に行うことが大事です。

出産後に実践するには、ホルモンバランスの影響もあるため、体調には個人差があり、すぐに始められないという人もいるでしょう。

出産後に骨盤スクワットを始めるには、目安として1か月検診の後に行うのがよく、体調のことを考えて実践しましょう。

骨盤の矯正または骨盤スクワットによるダイエットは、産後半年までに行うのが最も効果的とされ、無理せずに行うことが大事です。

女性にとって出産後の体型の変化は気になるという人は多く、今回の骨盤スクワットを行うことで体型を変えることができます。

どうして痩せる?骨盤スクワットがダイエットに効果がある理由

骨盤スクワットを行うことで、骨盤の矯正に効果があるだけでなく、ダイエットにも効果があるといわれています。

骨盤スクワットをすることで、体の見えないところにあるインナーマッスルが鍛えられ、基礎代謝が上がることで痩せやすい体を作ることができます。

骨盤が変化すると、血流が悪くなって代謝が下がる原因になるので、骨盤を矯正することで血流がよくなり、老廃物の排出が活発になります。

骨盤を正しい状態にすることやインナーマッスルを鍛えることで、代謝を上げることができ、それがダイエットにもつながるのです。

骨盤ダイエットのやり方は、まず足を肩幅程度に開いて立ち、足のつま先を限界まで外側に向けます。

上半身と床を垂直にしながら、前後のぶれないように45秒かけて腰を落としていき、その後15秒かけて元の位置に戻り、今度はつま先を限界まで内側にします。

同様に45秒かけて腰を落とし、15秒かけて元の状態に戻していき、つま先をそのままにした状態で、状態をできるだけ前に倒して15秒キープします。

ゆっくりと最初の状態に戻ってスクワットの一連の流れが終わり、1回当たりの所要時間は3分かかります。

骨盤スクワットは1日1回、好きな時に行うだけでよく、1週間行ったら3日休むというペースで行うのが良いとされています。

毎日行うと筋肉に刺激が慣れてしまい鍛えることができなくなるので、以上のペースでやるのがよく、まずは1か月間効果が出るまでやってみましょう。

骨盤スクワットは骨盤を正しい状態にするだけでなく、ダイエットをはじめとする様々な効果が期待できる運動です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.