へそピアスでセクシーなお腹に!痩せる体操【ウエスト周り編】

今ではおしゃれアイテムの一つとして、へそピアスを着けている人がたくさんいますよね。

特に水着になり、お腹を見せる機会が頻繁になると、映えるアクセサリーの一つです。

ただ、へそピアスを開けようと思ったら色々と準備をしておかなくてはならないことがたくさんあります。

まず単純にへそピアスを引き立たせる為のボディケアです。

その為には痩せることがとても大切になります。

へそピアスを開けるためにダイエットを頑張っている人、多いのではないでしょうか。

しかし、なかなかうまくダイエットが出来ない人も多いと思います。

比較的、成功しやすいダイエット方法をピックアップしていますので、是非、参考にして欲しいと思います。

お腹の脂肪があるとへそピアスの魅力も半減…まずはダイエット!

へそピアスは非常にお洒落ですが、へそピアスの魅力を最大限に引き出したい場合は、やはりお腹周りのダイエットをしなくてはならないでしょう。

お腹の脂肪に押されて、へそピアスが見えなくなってしまってはピアスホールを開けた意味がなくなってしまいます。

へそピアスはお腹を見せる夏の時期が近づくと開ける人がぐんと増えると言われていますので、その時期までにダイエットを完了しておかなくてはなりません。

もしもあまり時間がないという方は、置き換えダイエット食などを利用して食事制限をするのも良いかもしれません。

この方法ならば面倒なカロリー計算なども必要ありませんし、夕食を置き換えダイエットにするだけですので面倒臭さが無く、手軽に始めることができると思います。

また、ドラッグストアなどに行くと色々な種類の置き換えダイエット食が売られていますので、自分の予算に合ったものを購入することができますし、インターネットに至っては店頭に販売している種類以上の物がたくさん売られていて、より選びやすくなっています。

今の置き換えダイエット食はカロリーが低いのに栄養はたっぷりと入っていますので、変な痩せ方になることがなく、女性らしさを残しながら綺麗に痩せることが可能です。

そのようなダイエット食を利用しながらうまくコントロールすることができると、女性らしいセクシーなボディラインを作ることが可能になります。

セクシーなボディでへそピアスも一段と映えるようになると思いますよ。

早めに体重を落としたいという方は是非、置き換えダイエット食を購入してダイエットにチャレンジしてほしいと思います。

ただ痩せるだけより、引き締まった体の方が似合う!

へそピアスをする時は、必ずダイエットをした方が映えるのですがただ痩せるだけではなく、できれば引き締まったお腹の方の方が、よりへそピアスが似合うと思います。

体重を落として、同時にお腹周りの脂肪を減らすだけならば食事制限のみでも十分にできると思うのですが、それでもどうしても少しプニプニした脂肪が残ってしまいますよね。

それは女性特有の丸みを帯びたラインの脂肪になりますので、完全にペタンコにすることは難しいかもしれません。

ただ、筋トレをすることでそのプニプニした脂肪を引き締めることが可能ですので、よりへそピアスが際立ち、セクシーさが倍増します。

お腹周りの鍛え方はいろんな方法がありますが、できるだけ毎日継続することができ、それでいて効果的な筋トレ方法を選んで欲しいと思います。

インターネットを検索するとお腹周りの鍛え方がたくさん紹介されていますので、自分に合った方法を選んで、毎日行うようにしてください。

数ヶ月後にはかなり締まった腹筋が出来上がっている可能性がありますので、ますますへそピアスが似合うようになっていると思いますよ。

筋トレは毎日やってこそ成果があります。

どうしても疲れていて筋トレに集中できないという時は、たった数分で構いません。その代わり、毎日継続するようにしてください。

注意!脂肪過多だとピアスホールから脂肪が出る事も!

さて、ダイエットを頑張っているけれどもどうしても痩せることができない…こんな悩みを抱える方も多いと思います。

しかし、へそピアスは少々の脂肪ならばホールを開けるときに痛みを軽減するクッションになりますので、あまり問題はないのですが、明らかにたっぷりと脂肪が乗ってると、ピアスホールを開けることで皮下脂肪が流れ出てくる場合があるそうです。

これは正直怖いですよね。

そうなってしまうとなかなかピアスホールとして定着することが難しく、ヘタをすると膿を持ってなかなか治らない場合があり、そうなるとへそピアス自体を完全に諦めなくてはなりません。

実はこのような状態になることは珍しくないようですよ。

ピアスを開ける前にあまりにもたくさんの脂肪過多状態になっていないのかどうか今一度チェックをした上で、開けるようにしてくださいね。

へそピアスを開けてから痩せると形が変わる事あり!

実はへそピアスを開ける前に痩せる等の準備をしておく必要があると言ったのには、まだ他に理由があるんです。

実はへそピアスを開けてからダイエットをして成功した場合、おへその形が変わり、ピアスホールが微妙にずれてしまう場合が多いんです。

斜めになってしまったり、ピアスデザインが生かされないような貫通になってしまうことがありますので、ピアスホールを開けてからのダイエットはできるだけしないようにすることが賢明なんだそうです。

従って、ピアスホールを開けてからの本格的なダイエットはなるべく行わないようにしましょう。

へそピアスを開けた時点から体型維持必須!

つまり、へそピアスを開けてから極端に太ったり痩せたりすること事態、NGなんです。

少しの体型の変化で穴が塞がったり、ピアス自体が入れにくかったりしますのでそれがストレスとなり、結局は痛い思いをして開けたのにも関わらず、入れられなくなるパターンが多いんです。

へそピアスを開ける時点でそこから痩せることも太ることも絶対にない!という強い意志が必要となります。

太りやすい方は当然、暴飲暴食は絶対にいけません。

暴飲暴食を続けることでへそピアスのホールの位置が変わり、見た目にも美しくなくなる可能性がありますし、ピアスホール自体が塞がる可能性も高いです。

体型を維持することができる人のみしか、本当はへそピアスを楽しむことができないかもしれませんね…。

守って!自分では絶対に開けない!

綺麗に痩せることができたら、すぐにでもへそピアスをしたいという気持ちが湧いてくると思いますが、我慢できずに自分で開けてしまう人もとてもたくさんいて、その後の処置が悪く、化膿してしまったり、大きく腫れてしまったりする人がたくさんいます。

ボディピアスなどのお洒落をしたい気持ちは理解できるのですが、だからといって自分でへそピアスを開けるなどという暴挙に出るのは絶対良くありません。

へそピアスは美容外科などで消毒などをきちんと行い、麻酔をかけてもらい、それ相応の処置をした上で開けてもらうようにしてください。

中には内出血が治らず、おへその周りだけいつまでも紫色になっていたり、何日も腫れてしまって、服を着る事が辛くなってしまう人もたくさんいるんです。

どれだけ気持ちが逸っても、必ず専門医に開けてもらう事!それは絶対に守ってくださいね。

結論!へそピアスで魅了するなら準備が必要!

へそピアスは非常に魅力的なアイテムなのですが、結局、綺麗なお腹のラインを見せるにはダイエットも必要ですし、それだけでなく、きちんと引き締まった腹部にすることが理想的だということがおわかりいただけたと思います。

インターネットなどで検索してみても、へそピアスを開ける時はお腹をシェイプして開けるようにしてくださいというアドバイスが圧倒的です。

脂肪がたっぷり付いた状態でピアスをしたとしてもピアスが引き立ちませんし、下手したら座った時にお腹の脂肪に隠されてしまう可能性だってあります。

へそピアスをしたいと思ったら計画的にダイエットをすること、ある程度運動などをしてさらに引き締めることを目標にしてください。

綺麗に痩せることができて、へそピアスを開けるとテンションが上がって嬉しい気持ちでいっぱいになると思います。

セクシーな女性のお腹のラインを際立たせるへそピアス、似合う体型になるように今から頑張っていきましょう!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.