腹筋はダイエット向け?腹筋を鍛えると痩せられるのか大研究!

昔から腹筋を鍛えることでダイエットをする人がたくさんいます。

腹筋を鍛えると、お腹が引き締まりダイエットになると信じられていて、ダイエットイコール、腹筋と言うイメージがある人も多いと思います。

しかし本当に腹筋を鍛えたからといってダイエットに結びつくのでしょうか。

夜中の通販番組などを見ていても、腹筋を鍛えるためのダイエットアイテムがたくさん売られたりしています。

しかしそれらは本当に効果があるのでしょうか。

痩せたいと思っている人にとってはとても気になる情報ですよね。

ダイエットと腹筋の関係について色々と調べてみました。

気になっている方は是非、最後まで読んでみてくださいね。

ズバリ!腹筋で痩せられるの?!

ダイエットをするのに、腹筋を一生懸命鍛えている人が結構いますよね。

あれだけ見ているとお腹の筋肉を使うことによって、全体的にすっきりと痩せられるような印象を持つ人もたくさんいると思いますが、本当に腹筋を鍛えるだけで痩身効果はあるのでしょうか。

実は残念ながら、腹筋を鍛えてもダイエット効果には直接繋がりません。

痩せたいのならば、やはり食事制限をしないと難しいのが現実なんです。

もっとわかりやすく言えば、シックスパックなど、お腹をしっかりと筋肉の形に割りたい場合は、一度ダイエットをして全体的に脂肪をすっきりと落としてから腹筋を鍛えないと、あのような綺麗なシックスパックにお腹が割れることはまずありません。

筋肉の上に皮下脂肪がたっぷり乗った状態で鍛えたとしても、割れた筋肉が見えてくるということはほとんどないんです。

腹筋をしてお腹の脂肪を取ろうなんて言うダイエット情報がありますが、腹筋を鍛えたとしても脂肪が乗った状態のままでお腹を鍛えることになりますので、痩せたようには見えませんし、脂肪の中で筋肉が膨らみ余計にスカートやデニムが入らない現象が起こりかねません。

色々なダイエット情報が氾濫していますが、腹筋をしたからといってダイエットに繋がるわけではありませんので、気を付けてください。

お腹がすっきりと割れた人たちがダイエット商品の広告に使われていたりしますが、あのような方はもともとスリムな体型か、ダイエットをして脂肪を落としてから筋肉をしっかりとつけた結果だと思っていた方が良いでしょう。

筋肉を付けたいのならば、食事内容にも注意!

ただ、体の中の筋肉量が増えると基礎代謝が上がりやすく、痩せやすい体になりやすいということは間違いではないと思います。

ですので、筋肉を今よりもちょっとつけたいなと思っている方は、食事内容にも気をつけた方が良いですね。

例えば、タンパク質を中心とした食事に変えることで筋力アップを狙えるようになります。

徹底して脂肪分や糖分が少ない食事を行うと早めに筋肉がつきやすく、ちょっと運動をしても代謝が上がりやすく、痩せやすい体に変化しますよ。

ながら腹筋はNG!腹部に意識を集中しないと効果感じられず!

痩せやすい体を作るために筋力アップを狙う人はたくさんいると思いますが、「ながら腹筋」をしてもなかなか効果がないということを覚えておいてください。

例えば、テレビを見ながら、スマホで動画を見ながら腹筋をしても、不思議なことにさほど効果が出ないんですね。

鍛えたいと思っている腹筋に意識を集中して行うことにより、始めて効果が出るんです。

しかもここでもう限界!もう無理!というところからなおさらあと10回トレーニングをプラスすることで、そのラストの10回が強烈に筋肉に効いてくると言われています。

筋肉がプルプル震えて、乳酸が出まくりの限界の状態から、さらに数回頑張ると、体は変わってくるということなんですね。

脳に、今自分は腹筋を一生懸命鍛えているんだ、筋力アップを図っているんだ!ということをしっかりと認識させて、トレーニングを行うことで結果が変わってくるということを覚えておいてくださいね。

腹筋を鍛えて痩せられると売られているEMS!正直効果無し!

数年前から何かと話題のEMSをご存知でしょうか。

それを巻くだけでお腹の筋肉に電気で刺激を与え、腹筋が勝手に動き、自動的に鍛えられるという痩身器具なのですが、はっきり言って、これを装着してもダイエットにつながるとは言い切れません。

アメリカでは全く効果がないという結論に至っていますので、全く人気のない痩身器具となってしまいました。

しかし日本では未だにEMSを売っている業者があり、それをお腹に巻くだけで簡単に痩せることができるという謳い文句につられ、購入する人も結構いるんです。

なら高周波のEMSならばやせられる

さて、お腹に巻いて電気を流しダイエット効果を得るという痩身器具のほとんどが低周波での電気刺激でした。

ところが、最近になって高周波のEMSが売られるようになって注目を浴びています。

はっきり言ってやはり、みんなの感想はバラバラで、高周波のEMSを使っても、筋肉肥大などはお腹の中であるかもしれませんが、その表面に覆われている脂肪がなくなるわけでは無いという感想を持つ人が多いようです。

やはりその部分は自分の努力で削ぎ落としてから初めて筋肉を鍛えるようにしないと、引き締まったお腹はたとえ高周波のEMSであっても得ることができないことがほとんどであると覚えておく方が良いでしょう。

また、高周波のEMSはとても値段が高く、基本的にはエステティックサロンなどで使われていることがほとんどです。

一般の人たちが購入するにはかなり敷居が高く、その割には体の脂肪は落とせないということになると、ちょっと考えものです。

あくまで高周波EMSはインナーマッスルを鍛えるのに効果がある可能性がありますが、脂肪を落とすこととインナーマッスルを鍛えることはまた別モノです。

インナーマッスルを鍛える事によって基礎代謝は上がりやすい体にはなるかもしれませんが、高周波BMSが身体表面の脂肪をきれいに落としてくれるということには繋がりませんのでその辺りを混同しないようにしてくださいね。

まとめ!腹筋を鍛えてもその周りの脂肪が落ちる訳ではない!

さて、色々と説明していますが早い話、腹筋を鍛えてもその周りについている脂肪が根こそぎ落ちていくことではないということを、しっかり覚えておくことが大切です。

腹筋の割れた綺麗なお腹を目指すのであれば、食事制限をして、運動をして体全体の余分な脂肪を全て落としてから、腹筋を鍛えるんです。

そうすることによって、腹筋が浮き出てきて、引き締まった体つきになるんです。

つまり痩せた人が腹筋を鍛えると、腹筋が割れて引き締まった体つきになる訳です。

お腹周りや身体全体に脂肪がついている人が腹筋を鍛えても、さほど効果がないということですね。

  • 1・まずは余分な脂肪を食事制限やスポーツで落とす
  • 2・体重が落ちてから腹筋を鍛える

この1番、2番のやり方を忠実に守って初めて綺麗な腹筋が現れてきますので、相当、時間がかかるということも覚えておきましょう。

確かに腹筋を鍛えると、インナーマッスルが鍛えられますので基礎代謝が上がりやすく、痩せやすい体になるのですが、重度肥満の方や、明らかに脂肪が付いているだろうという方に関しては、腹筋に着目するよりも、まずカロリー制限や運動などを行って、外側の脂肪を削ぎ落とすところから初めてください。

そちらに特化した方が綺麗な見た目になると思いますし、ダイエットの近道になりますよ。

少しカロリー制限をしたり、少し運動を取り入れたりするだけで、脂肪がたくさんついている人ほど良い結果が出ますので、諦めずにちょっとだけ努力して頑張ってみてください。

腹筋を鍛えるのはその後でも十分だと思いますよ。がんばってくださいね!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.