エアロバイクを漕ぐ時間と心拍数!ダイエットに最適な方法とは?

効率よく痩せたい、体のラインを美しくしたいとお考えの方の多くは、日々ダイエットにはげんでいるかと思います。

とくに有酸素運動は脂肪燃焼のために効率が良く、長期継続することでリバウンド防止にもなるのです。

今回は、エアロバイクダイエットに焦点を当ててダイエット効率について説明していきます。

エアロバイクを漕ぐ時間、心拍数などを意識することができれば、効率の良いダイエットにつながるはずです。

雨でもできる!エアロバイクダイエット

有酸素運動に分類され、高いダイエット効果が得られるとしてエアロバイクを活用している方もいると思います。

専用の機材を用意することができれば、比較的省スペースで行うことが可能です。

また、エアロバイクの最大のメリットは、天候に左右されにくい点が挙げられます。

ジョギングなどの有酸素運動は、基本的に屋外で行う運動であり、雨の日に実践するのは困難になりがちです。

そのため毎日習慣として行うのが難しい傾向があります。

しかしエアロバイクは、室内で行う運動になり雨の日でも問題なく取り組めるダイエットではないでしょうか。

いつでもコンスタントに始められることで、モチベーションの低下を防ぐ効果が期待できます。

今日は雨の日だからやめよう、いつもの時間にできないから後回しにしよう、といった事態になりにくく、しっかりと習慣付けたダイエットを行うことにつながるはずです。

意外と長い!?エアロバイクの効果が出る時間とは

エアロバイクダイエットは、ただやみくもに漕いでいるだけでは十分な効果が望めません。

とくにエアロバイクの効果が出る時間について、しっかり理解を深めることが重要です。

脂肪が燃え始める時間の目安としては、おおよそ20分前後になり、十分な効果を発揮するには、30分以上継続する必要があります。

また、消費するカロリーにも個人差があるため、なるべく長時間続けることが大切です。

ただし、慣れていないうちは30分以上続けるのは難しいため、ストレスが溜まってしまうおそれがあります。

まずはエアロバイクが楽しいと感じられる程度に行い、長期継続を想定して行っていくのがいいでしょう。

やりすぎてもダメ?エアロバイクは心拍数が重要!

エアロバイクには、速度や心拍数を測定するメーターが付いているものが多いです。

有酸素運動において最も重要とされているのが、心拍数の管理になります。うまくコントロールすることで、脂肪燃焼効率を大きく向上させることができるはずです。

あまりにも心拍数が高い状態で運動しても、無酸素運動となってしまい、エネルギー消費の効率を落としてしまうおそれがあるのです。

そのためエアロバイクを漕ぐ速度を調節し、最適な心拍数を保ちながら継続するのが重要となります。

ご自分の最適な心拍数を把握するためには、(220-年齢)×0.7という計算式で算出することが可能です。

これは個人の最大心拍数の約7割を出す数式になり、最適な数値を把握するために役立てることができます。

頑張りすぎて逆効果?足が太くなってしまう!?

自転車を漕ぐ運動を繰り返し行うため、足の筋トレとしても大変効率が良い運動にもなります。

足の筋肉を鍛えることで、基礎代謝を向上させ痩せやすい体を作ることも可能なのです。

しかしながら、ダイエットによって美しい体のラインを作りたい方は注意が必要です。

過剰に筋肉を付けてしまうと、足が太く発達してしまい、想像していた体と違う体型に仕上がってしまうことも想定できます。

そのためエアロバイクを長時間行うだけではなく、他のダイエットを織り交ぜて負荷を分散させることが大切です。

一週間で自分なりのメニューを組むのもいいですし、頻度を少し落として筋肉が付きすぎないようにするなど、工夫することが成功の秘訣となります。

いつやるのが効果的なのか?

エアロバイクを行う時間帯も重要になり、脂肪燃焼効果の効率に影響すると考えられます

有酸素運動全般に言えることですが、なるべく早朝や食事の前に行うのが、最も効果が期待できる時間帯となります。

食後に行うと血液中の糖分濃度が上昇し、脂肪燃焼効率を低下させてしまうおそれがあります。

また、体調が悪くなってしまう原因にもなりかねませんので、なるべく食後は控えたほうがいいでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.