エア自転車こぎでダイエット効果を高める方法と継続するための秘訣

エア自転車こぎとは、実際に自転車をこぐことによってダイエットを行うのではなく、自転車をこぐ際のフォームによって、体幹を鍛える、脂肪燃焼効果を発生させることを言います。

近年では、自転車に乗る際は周囲に注意して、自転車をこぐ必要性があると叫ばれるようになってきました。そのため、エア自転車こぎを通じて体を鍛え直し、また、自転車を購入しないことで無駄な出費を抑える人が、現代では増加傾向にあるのです。

エアなのに効果あり!?エア自転車こぎがダイエットに良い理由

エア自転車こぎという名称のため、実は効果がまったく無いのではと疑われることもあります。ですが、以下の理由でダイエットに最適と感じている人は多く、今でも、エア自転車こぎで痩せている人が続出している状況なのです。
  • 下腹部に負荷を与える
  • リズミカルな有酸素運動
  • 基礎代謝の向上につながる
・有酸素運動、基礎代謝とは

有酸素運動とは、酸素を取り入れながら運動を行うことです。一時的に息を止めて、酸素を吸わない運動は無酸素運動と言います。

基礎代謝とは、運動を行っていない場合であり、生活の中で緩やかに発生する代謝のことです。

エア自転車こぎを行っていると、有酸素運動、基礎代謝の向上を同時に目指せるため、今では、室内で行えるウォーキングとして高い評価を得るようになりました。しかも、エア自転車こぎを継続して行っていると、下腹部に対して強い負荷をかけることができるのです。

年齢の影響で、徐々に脂肪は下腹部に蓄積するようになります。しかし、エア自転車こぎを行っていると、お腹、お尻、太もも、ふくらはぎに対して負荷を与えられるようになり、この影響で脂肪の蓄積を弱めることができるのです。

また、負荷を上げたい場合は自分の意思で行なえますので、運動量を増減するのも簡単という魅力があります。そもそも、エア自転車こぎはリズミカルに行なえますので、運動そのものを辛く感じるケースがほとんどありません。

人は、リズミカルな行動を行っている時に、ストレス発散が行われやすくなります。エア自転車こぎの場合、このような影響だけでなく筋肉増強の影響もあるため、引き締まった体を手に入れたい人も、エア自転車こぎを行っているのです。

なにより室内で運動することができるので、誰にも迷惑をかけることがありません。必要となるものは、トレーニング用のフロアマット、スポーツウェアくらいでしょう。

もし、大量の発汗を意識してエア自転車こぎを行いたい場合は、減量ウェア、サウナスーツを着込んだ状態で行うと、大量の汗を気持ち良く短時間でかくことができます。

具体的な運動法!エア自転車こぎは運動法を習得するのも簡単

エア自転車こぎは、以下の順序で行うだけで問題ありません。

  • 仰向けに寝る
  • 腰を手で支える
  • 下腹部に力を入れる
  • 両足、頭を上げる
  • 自転車をこぐポーズをイメージする
  • イメージを保ちながら足でペダルをこぐ

重要なのはイメージです。もし、イメージが難しいという場合は、足をゆっくりと動かすことだけを考えて、エア自転車こぎを行うようにしましょう。

イメージがしっかりしていると、太もも、ふくらはぎにも力が入るようになり、エア自転車こぎの影響で、スラッとした体型になりやすいです。それと、力を入れて運動することは重要なのですが、だからと言って、呼吸を曖昧に行うのは良くありません。

ペダルを1回こぐ間に、呼吸を1回済ませるようにしましょう。呼吸が整っていると、長時間の運動であっても疲労が溜まりにくくなり、その影響で、大量の汗を気持ち良くかけるようになります。

それと、仰向けに寝る際は姿勢が斜めにならないよう意識しましょう。斜めになっていると、骨の歪みが発生することもあります。

すると、エア自転車こぎを終えた際に、起き上がるのが辛くなることもありますし、ダイエット効果が弱まってしまうこともあるのです。

どんな人に最適?エア自転車こぎは本当にダイエットと相性が良い?

エア自転車こぎは、ダイエット方法として紹介されることが多いです。ですが、以下のような人ほど最適という一面もあるので、良ければ以下も参考にして、エア自転車こぎを始めるようにしてください。
  • 毎日の運動量が少なく、体調不良を感じている人
  • 昔に比べて、排泄など下の問題が目立つようになった人
  • 立っている時間が短いと感じている人

エア自転車こぎですが、10分間の消費カロリー量は42kcalと言われているので、1時間では252kcalとなります。つまり、ウォーキングよりも消費カロリー量が少ないため、急激なダイエット効果を得たい人に対して最適ではありません。

ウォーキングの場合、1時間であれば300~400kcalのカロリーを消費できるため、早い段階でダイエットの効果を実感したい人は、ウォーキング、ジョギングを通じてダイエットを進めたほうが賢明でしょう。

ですが、ウォーキングのような運動は体力が無くては長続きしません。なので、体力が少ないと感じている、体調不良の影響で外に出ることが少ない人は、エア自転車こぎと相性が良いのです。

エア自転車こぎは、下腹部に負荷をかけることが多く、その影響で胃腸の動きを改善してくれる運動でもあります。つまり、今では便秘、下痢など下の問題が目立ってきている人の場合、エア自転車こぎで、これらの問題を改善できることもあるのです。

さらに、エア自転車こぎを継続して行っていると、血の巡りが良くなることが多いです。そのため、プロポーションを改善したいと思っている方、立っている時間が短く、足回りに上手く力が入らない人は、エア自転車こぎで体力を改善してみると良いでしょう。

部分痩せに最適!女性から支持されているエア自転車こぎ

エア自転車こぎは、他の運動と比較して、部分痩せでも効果のある運動として評価されている一面があります。

・部分痩せとは

二の腕、太ももなど、部位を定めてダイエット効果を得る方法のことです。

近年では、むくみを解消する目的で運動を行い、さらに部分痩せもできる運動法の人気が高まっています。

部分痩せは、エステなどでダイエット用の施術を受けると、目に見える形で部分痩せを体験することが可能です。しかし、運動を行うだけではできないと思われているため、今では、エア自転車こぎが人気になっているのです。

エア自転車こぎを継続して行っていると、以下の部位が部分痩せしやすくなると言われています。

  • お尻
  • 太もも
  • ふくらはぎ

お腹に対してもダイエット効果を与えるのですが、お腹の場合は、筋肉増強につながるケースが多く、部分痩せのようにスラッと痩せるケースが少なく、むしろ、筋肉質になり脂肪燃焼が促進されることが多いです。

そのため、エア自転車こぎはお尻、太もも、ふくらはぎが気になっている女性から支持されています。また、人によっては素速く部分痩せの効果を得られることもあります。

その理由ですが、エア自転車こぎによる以下の作用を受けて、部分痩せが加速することもあるからです。

  • 体内に溜まっている水が排出されやすくなる
  • 汗が出やすくなる

エア自転車こぎは下腹部に効果的なので、胃腸の動きを改善してくれることが多いです。すると、便に混じる形で水分が体外に排出されやすくなります。

水分が無駄に体に溜まっていると、血液の流れが悪くなるだけでなく、神経の動きが悪化することもあるのです。そのため、エア自転車こぎのような負荷の小さな運動でも、継続して行っていると美容に良いとされています。

汗についても同じことが言えます。汗をあまりかかない人、運動などを通じて汗をかかない人の場合、汗腺と呼ばれている、重要な腺から汗が排出されなくなってしまい、次第に汗腺の量が減っていくのです。

水分の問題とは違い、汗腺の問題はリンパに大きな影響を及ぼすので注意してください。リンパが正しく動かない場合、老廃物が溜まりやすくなる、疲労回復が難しくなり、日常生活に支障をきたすこともあるのです。

このような問題は、体の冷えを増長させることもあります。冷えが酷い場合、むくみ、下痢などが頻繁に起こるようになり、睡眠の質が下がってしまうこともあるので、エア自転車こぎなどを通じて適度に体を動かすことは、体力を維持する上で重要なことでもあるのです。

サプリメントを活用!エア自転車こぎと相性が良いサプリメント

今と昔では、サプリメントの名称、性質がかなり変わってきました。

例えば、スポーツ用のサプリメントには以下のような作用が存在します。

  • 糖質の吸収が穏やかになる
  • カリウムの力で塩分の排出がサポートされる
  • 食事制限をサポートしてくれる

昔であれば、ミネラル、マルチビタミンといった、定まった栄養が含まれているだけでした。

ですが、以下のような運動効果を改善してくれる栄養も存在するため、今と昔では、サプリメントの意味が大きく変わってきているのです。

  • 高たんぱく質:筋肉増強を素速く行えるようにする
  • Lカルニチン:脂肪燃焼を促進してくれる
  • 生姜(しょうが):冷えを改善する

エア自転車こぎの場合も、このような栄養を含むサプリメントを意識して、栄養を摂取したほうが良いでしょう。というのも、エア自転車こぎであっても、疲労感からダイエットをやめてしまう人がいるからです。

上記のようなダイエットサプリメントとして販売されているものは、体に溜まっている水分の排出、塩分の抑制に力を入れています。また、ダイエットサプリメントは高いと思っている人もいますが、価格は1ヶ月分で2000円前後です。

近年では、メリロート、カリウムの栄養を上手く用いて、むくみを解消する効能が高いサプリメントも増えてきました。メリロートは、カリウムと同じで塩分の抑制に良い影響を与えますし、セルライト除去にも良い影響を与えることで注目されています。

・セルライトとは

体内に溜まっている脂肪の一種を、セルライトと言います。

脂肪が塊のように溜まっているものを主にセルライトと呼び、腕周り、足回りなど、関節部分で多く見られる脂肪としても有名です。

セルライトは燃えにくい脂肪としても有名なため、もし、エア自転車こぎを通じて痩せたい、部分痩せに成功したいという場合は、メリロート、カリウムが含まれているサプリメントを摂取したほうが良いでしょう。というのも、メリロートなどにはデトックス効果があるからです。

塩分が無駄に溜まっている体は、体内に多くの毒素が発生しやすくなります。しかし、メリロート、カリウムで塩分を抑制すると、その影響で毒素そのものが減っていくのです。

毒素を除去することをデトックス効果というのですが、あまり汗をかかない人、基礎代謝に問題がある人、病気をわずらっている人の場合、これらの問題を上手く解決できないことがあります。放置されていると、体温調節機能が弱まってしまい、吐き気など気持ち悪さに直結する問題が多く発生します。

人気のEMS!エア自転車こぎにも最適なものは意外と多い!?

楽に痩せたいと考えている人ほど、今では、EMSの効果に着目するようになりました。

・EMSとは

電気刺激の作用を利用し、特定の部位に電気刺激を送り込み、それにより筋肉が動くことを狙った機器であり、運動をサポートしてくれる機器のことです。

元々は、医療行為をサポートするものとして使用されていました。そのため、今でも体の一部が不自由な人に対して、適度な刺激を加えて血流を改善してくれるものなど、特殊な医療機器として使用されるEMSもあるのです。

これは、屋内で運動されている人も同じで、近年では、エア自転車こぎのついででEMSを使用する人も増えています。

  • 電気刺激を特定の部位に与えられる
  • 腹筋など、筋力トレーニングに最適なモードが存在する
  • ボタンをオン、オフするだけで使用可能

このような効果以外では、低周波、超音波の力で脂肪を少しずつ融解してくれるEMSも話題になっています。

楽をして痩せられるのは素晴らしいことですが、EMSには、以下のようなデメリットもあるので、どのEMSを選んでも、簡単に痩せられると思わないほうが賢明です。

  • 価格が高い
  • 交換用の付属品が高い
  • ものによっては効果が強すぎる

価格が高いとは、例えば、昔であれば1万円以内で購入できるEMSが多くありました。しかし、今では2~10万円で売られているものが多く、さらに交換用の付属品を継続して購入する必要があります。

付属品とは、EMSに最初から取り付けられているパッドのことです。パッドは、粘着力が弱まった際に購入、交換する必要があり、4枚のパッドで1セットの場合は、1000~4000円ほどの料金を支払わないといけません。

その他のEMS!EMSの選び方は用途によって変わる!

EMSは同レベルの出力で電気を流すわけではありません。そのため、ものによっては電気刺激が強すぎるものもありますので、そのような問題を抱え込まずにEMSを使用したい場合は、以下のタイプを購入すると良いでしょう。

  • 低周波タイプ:部分的に熱を発生させる
  • 超音波タイプ:部分的に超音波の振動を発生させる
  • マッサージタイプ:部分的にマッサージを行う

脂肪は運動による発熱だけでなく、低周波による熱でも融解しやすくなります。融解し始めると、その影響で燃えやすい脂肪となり、体内の脂肪燃焼が促進されやすくなるのです。

超音波は、脂肪を揺らすために使用します。エア自転車こぎでは熱を与えるのが難しい場所、例えば、お腹の奥などに超音波を送るようにすると、中々燃えることのない脂肪も含めて、燃えやすい状況を作り出すことが可能となります。

超音波の良いところは、まったく刺激を感じることなく、長時間であっても使用可能になっているところでしょう。ただし、EMSの中でも特に高額と言われるほど高く、安いものでも5万円前後ということが多いです。

マッサージタイプのEMSは、近年になって注目されることが多くなりました。というのも、体に溜まっている疲れを改善してくれる効果があるからです。

人によっては、体をまったく捻ることなく、姿勢などがいつも定まっている人がいます。しかし、姿勢が悪い場合は血の巡りが悪化しやすく、体力の低下を余儀なくされる人もいるのです。

ですが、マッサージタイプのEMSを使用していると、特に腰付近の筋肉、脂肪を良く揺らすことが可能となり、背筋の問題などを改善することも可能になります。ただし、ベルトを着用してEMSの機器を設置する必要もあるため、取り付け、取り外しに時間がかかるという難点があるのです。

このようにEMSの効果は素晴らしいのですが、メリット、デメリットを無視して選択するのはお金の無駄です。なので、どの部位に対してEMSを使用したいのか、予算は幾らまでであれば出せるのか、そのことを見極めてからEMSを購入するようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.