脂肪を燃焼する!アミノ酸ダイエットのやり方

たんぱく質は人間の体をつくるうえで必要なもので、それを構成する要素がアミノ酸です。

筋肉や骨、内蔵、血液などがアミノ酸でつくられるので、体をつくるにはアミノ酸の摂取が必要不可欠になります。

近年、アミノ酸を摂取しながら痩せられる「アミノ酸ダイエット」をやる人が増え、実際に痩せた人もいます。

ただ単にアミノ酸を摂取するだけでなく、運動と組み合わせて行うダイエットです。

アミノ酸ダイエットは筋肉をつけながら痩せられるので、実施することで脂肪を燃焼しやすい体になります。

人間の体にとって重要な成分!アミノ酸の特長

人間の体の約15%がたんぱく質で、筋肉や肌、髪の毛などをつくります。

そのたんぱく質を作っているのがアミノ酸で、毎日のように新陳代謝を繰り返しています。

アミノ酸は20種類あり、その中でも9種類の必須アミノ酸は体内でつくることができないため、食品から摂取する必要があります。

あとの11種類は非必須アミノ酸と呼ばれ、体内で合成することができます。

アミノ酸は種類によりますが、摂取することで体に以下のような効果を発揮します。

  • ダイエット
  • スキンケア
  • 免疫力を高める
  • 集中力を高める
  • 筋力をつける

これらの効果のうち、今回はダイエットをメインにアミノ酸の効果を説明します。

アミノ酸が含まれる食材には、肉や魚、卵、大豆製品など、たんぱく質を含む食材が多いです。

野菜や穀物にもたんぱく質が含まれているので、バランスの良い食事をすれば、各種アミノ酸が摂取できます。

食品だけでは摂取が難しいという人なら、サプリメントなどで摂取するといいでしょう。

脂肪を燃焼しやすく!アミノ酸ダイエットの効果

アミノ酸を摂取しながら痩せられると話題になっているのが、アミノ酸ダイエットです。

これはアミノ酸を摂取して新陳代謝を高め、脂肪を燃焼しやすい体をつくるダイエットです。

アミノ酸の中には、BCAAやアルギニンのような疲労回復に効果があるものがあり、この働きにより運動日数を増やすことができます。

新陳代謝を高めるには、アミノ酸の摂取を継続して筋肉量を増やし、体温を上げることでエネルギーを消費しやすくします。

運動する前にアミノ酸を摂取すれば、脂肪燃焼までの時間を短縮することができます。

脂肪を燃焼させるには有酸素運動を30分以上しなければなりませんが、運動前にアミノ酸を摂取すれば、運動した分の疲労を軽減できるため、その後も継続して運動できるようになります。

アミノ酸ダイエットをするメリットには、むくみや水太りを防ぎ、リバウンドしにくい体をつくることができるところがあります。

通常のダイエットではストレスがたまりますが、アミノ酸ダイエットではアルギニンの効果でストレスをためずに取り組むことができます。

脂肪の燃焼を助ける!ダイエットに効果的なアミノ酸

アミノ酸の中で、特に脂肪の燃焼を助ける効果があるものは4種類あります。

  • アルギニン
  • リジン
  • アラニン
  • プロリン

これらのアミノ酸は、脂肪の分解に必要なリパーゼという酵素の原料になり、さらにリパーゼに働きかけて脂肪を分解し、燃焼する手助けをします。

また、これらのアミノ酸にはやる気を起こさせる作用もあるので、ストレスを抑えながらダイエットができます。

アミノ酸ダイエットはこの4種類をカバーすればいいのですが、4種類だけを摂取するのではなく、バランスのよい食事をすることが大事です。

しっかり痩せるために!運動との組み合わせが効果的

アミノ酸ダイエットは、ただ単にアミノ酸を摂取すれば痩せられるというわけではありません。

アミノ酸はたんぱく質を構成する栄養素なので、筋肉をつくる性質があっても、摂取するだけで脂肪が減るというわけではありません。

アミノ酸を摂取するのと同時に、しっかりと運動することで痩せることができるのです。

通常のダイエットでは、筋肉がつくのが嫌だからと体重を減らせばいいという考え方でやる人が多いです。

しかし、これでは筋肉の量も減ってしまい、新陳代謝が下がり脂肪が燃焼しづらくなり、逆にリバウンドしやすい体になってしまうのです。

アミノ酸をしっかりと取り、運動もすることで、リバウンドしにくい体をつくることが大事です。

運動ならこれがおすすめ!効果的に痩せられるウォーキング

アミノ酸ダイエットでは、アミノ酸の摂取と並行して、運動することでより効果的に痩せられます。

その運動でおすすめの方法として、テレビ番組でも紹介された東大式ウォーキングをすることで、痩せることができます。

東大式ウォーキングのやり方は、まず腰に手を当てて足踏みをして、骨盤が上下に動いていることを手で感じ取ります。

足踏みにねじりを加え、足踏みは右ひざを斜め左にあげ、左ひざを斜め右にあげます。

両足とも対角線上に足を上げることで、体のねじりが加わり、そこで動きがつかめたら、手を離してそのまま前に歩き始めましょう。

ねじる動きは、体幹の筋肉の1つである大腰筋が鍛えられ、ウエストが引き締まります。

大腰筋は上半身と下半身をつなぐ筋肉で、膝を上げる時にこの筋肉が使われるので、ウエストの引き締めに効果があります。

食事やサプリメントで!アミノ酸を摂取する方法

アミノ酸を摂取するには、摂取にちょうどいいタイミングがあります。

ベストなタイミングでアミノ酸を摂取することが大事で、吸収しやすい空腹時がタイミングとしていいでしょう。

  • 起床時
  • 運動前後
  • 入浴時
  • 就寝前
アミノ酸は吸収が速いので、運動する前にアミノ酸を摂取すれば脂肪を燃焼する効果が上がります。

運動後は筋肉が増えるベストな時間なので、アミノ酸のグルタミンを摂取することで脂肪が筋肉に変わります。

就寝時は筋肉の疲労回復が行われるので、寝る30分前に摂取することで筋肉に働きかけます。

ダイエットに効果的な4種類のアミノ酸やBCAAなどは、脂肪の燃焼や持久力のアップにつながります。

アミノ酸を摂取するために!たんぱく質を含む食材を食べよう

アミノ酸を摂取するには、たんぱく質を多く含んでいる食材を食べることで、摂取することができます。

主に肉や魚、乳製品、大豆などに含まれ、たんぱく質には動物性たんぱく質と植物性たんぱく質があります。

動物性たんぱく質は人の体に含まれるアミノ酸に近いアミノ酸を持っているので、摂取すると筋肉や血などをつくります。

植物性たんぱく質は動物性たんぱく質よりカロリーが低く、動物性たんぱく質と比べれば体をつくる働きは劣ります。

双方を摂取するにはバランスのとれた食事を心がけるのが大事で、これらの食材の中には脂質や糖質なども含まれているので、食べ過ぎに注意してください。

食事以外に効果的にアミノ酸を摂取するには、サプリメントを飲むといいでしょう。

サプリメントから摂取するには、ドラッグストアなどでアミノ酸のサプリメントを購入しましょう。

アミノ酸のサプリメントにも様々な種類があるので、服用するなら脂肪の燃焼に効果があるアルギニンやリジンなどが含まれているものを選びます。

アミノ酸を摂取することも大事ですが、摂取するだけでなくしっかりと運動もすることで、痩せる効果が表れます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.