食欲異常は危険信号!ダイエット前にストレスと過食について理解する

食事を食べても満たされない…。それどころか間食も食べているのにお腹が空く。普段からあまり食習慣を意識していない人や生活習慣が悪い人は食欲が異常になってしまうことがあります。

異常な食欲をそのままにしておくと、下手をすると直すのも大変になるため、そのままにしておくのはよくありません。普段から食事や間食をよく食べるという人は、食欲の異常を疑ってみてはどうでしょうか。

ここではなぜ食欲異常になってしまうのか?もし食欲異常になってしまったらどうしたらいいのか?紹介していきます。

止まらない食欲異常!その理由は生活習慣にある

食欲が止まらず、異常に食べ過ぎてしまうという経験をしたことはありませんか?食欲異常に陥ってしまう理由はいくつかあります。まず考えられるのが精神面に負荷がかかっていることです。

日常生活で過剰なストレスを感じる人やため込みやすい人は、そのストレスが異常な食欲となっていることが考えられます。

ストレスをため込んだままダイエットをしても、ダイエットが続かないことも多いため、ストレスを解消してからダイエットを始めると良いでしょう。

ちゃんと眠れていますか?睡眠不足は食欲異常の原因に

スマホやパソコンをTV、趣味などに夢中になり寝不足になってしまう人は少なくありません。寝不足により十分な睡眠をとれていないとそれがストレスになってしまいます。先ほども紹介した通りストレスは食欲異常の原因となるため、食欲が異常なのは睡眠不足が考えられます。

睡眠は体の疲れも癒してくれるとても重要な時間なので、睡眠不足にならないように生活するようにしましょう。

普段の食事を振り返ってみよう!食事の偏りも食欲異常の原因

食べても食べても食欲が収まらない場合、それは栄養不足が原因の場合もあります。

普段から栄養バランスを考えて食事を食べていないという人は多いのではないでしょうか。栄養バランスを考えずに食事をすると、体に必要な栄養が不足してしまいそれが食欲異常になることもあります。

食事のバランスが悪いと食欲の異常だけではなく、体の不調の原因になることもあるため普段から食事はバランスの良いものを食べることを心がけましょう。

食欲異常は病気の前兆の可能性もある!

食欲が異常な原因としては、病気を患っているという可能性もあります。

バセドウ病という病気になると食欲が異常になってしまいます。この病気の特徴としては異常な食欲がまずあげられ次に体重の減少が挙げられます。

異常な食欲で多量に食事をしているにも関わらず体重がなぜか減少していくという人はバセドウ病である可能性があるため、一度検査してもらいましょう。

  • 糖尿病
  • 胃炎
  • 胃潰瘍

糖尿病になると血糖値が下がってしまい、食欲の異常が起きてしまうことがあります。無性に甘いものを食べたいという場合は糖尿病である可能性が高いので甘いものが食べたいと感じたら糖尿病も疑ってみましょう。

胃炎や胃潰瘍は基本的には食欲を低下させますが、初期だと逆に食欲が異常になってしまうことがあります。食欲が異常な理由はいくつかあるため、見極めも難しいですが、食欲が止まらないのであれば医師に相談してみてはどうでしょうか。

ダイエットを始めるなら異常な食欲は解消しておこう!

食欲が異常なままダイエットを始めてしまうと、ダイエットどころではなくなってしまうこともあるため、始める前に必ず解消しておきましょう。

ストレスが原因の場合はストレスを解消すれば異常な食欲を解消することができます。ストレスは自分な好きなことをすることで解消することができます。

  • 読書
  • 運動
  • 食事
  • 睡眠
  • ゲームなど

ストレスは異常な食欲だけではなく体調不良の原因になることもあるため、できるだけため込まずに時間がある時に解消しましょう。

食べることで異常な食欲を抑えることができる!?

異常な食欲が何によって起きているのかにもよりますが、異常な食欲は食べることで解消することもあります。

例えば栄養不足の人の場合は不足している栄養が豊富に含まれている食べ物を食べれば異常な食欲の解消につながります。食べ物の中には食欲を抑えてくれる食べ物もあるため紹介していきます。

  • アーモンド
  • チョコレート
  • ゆで卵
  • 炭酸水

アーモンドはとても腹持ちが良いですし、血糖値の上昇も抑えてくれます。食事の前にアーモンドを食べておけば事前に満腹中枢が刺激されているため、少量の食事でも満腹感を得られるようになります。

チョコレートや湯で卵にも同様なことが言え、食事や空腹時に食べることで間食の量を減らせたり食事の量を減らせたりします。このように食欲を抑えてくれる食べ物は身近にあるため、食欲が抑えられないという人は手元に用意しておくと良いでしょう。

異常な食欲は体を動かして解消!だけど運動後には注意しよう

良く体を動かす人は空腹を感じたまま運動をしたことはありませんか?そんな人は運動後に空腹を感じなくなったという経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

運動をすることで交感神経が刺激されて、一時的に空腹を感じにくくなります。ただしあくまでも一時的だけなため、運動後には食欲が倍増してしまうこともあります。運動は食欲を抑えるだけではなくストレスの解消にもなるため、食欲を抑えたい人は適度な運動をしてみることも検討してみましょう。

食欲異常が改善されないなら医師に相談してみよう

食欲異常を解消する方法はいくつかありますが、それでも解消されないということもあります。

なかなか食欲異常が改善されない人は医師など専門知識がある人に相談することをオススメします。

食欲異常と聞くと大したことがないと考える人もいますが、場合によっては命に係わることもあります。また食欲は無理に抑えようとすると、余計に状態が悪くなってしまう可能性もあります。

できるなら自力で食欲異常を抑えたいという人もいると思いますが、体の事を考えるのであればまず医師に相談してから対処するようにしましょう。

間違ったダイエットが食欲異常の原因!正しい方法を知ろう

食欲の異常はダイエットをしている時に起こることもあります。特にダイエットについて詳しく知らずに始めてしまうと食欲異常になってしまうことが多いです。

すぐに痩せたいから、なんとなくの知識でダイエットを始める人もいますが、ダイエットは一つ間違えばダイエットの失敗だけではなく体の不調などの原因となることもあります。ダイエットを始めるのであれば正しい知識を得てから始めるようにしましょう。

ではダイエットがなぜ食欲異常になるのか?これには理由がいくつかあります。理由としてはまず食事制限が挙げられます。痩せるためにダイエット中は食事の量を減らすことが多く、食事量を減らすと栄養失調になってしまうことも少なくありません。その栄養を摂取するために食欲が異常になっていることが考えられます。

ダイエットは一見簡単に見える方法でも始めてみると意外と苦痛で続けるのが嫌だと感じてしまうことがあります。それがストレスの原因となってしまい、ストレスから食欲異常を引き起こしてしまうこともあります。

間違えたダイエットをしていると栄養失調やストレスを感じやすくなってしまうため、正しいダイエット方法もしくは自分に合ったダイエットを探す必要があります。

正しいダイエットをすれば食欲の異常も起こりにくい

始めてダイエットをする人は、痩せるために「とにかく食べる量を減らせばいい」「体を沢山動かせばいい」と考えている人も多いです。これは実は勘違いで、極度な食事制限や激しい運動は食欲異常の原因となることもあります。

ダイエットには極度な食事制限や激しい運動は必要ありません。食事制限は普段の食べる量を少し減らしてダイエットを続けていけば徐々にダイエットに繋がっていきます。運動も20分程度軽く汗を掻く程度に歩いたり走ったりすればダイエットに繋がります。

自分の無理のない範囲でダイエットを行えばストレスも感じにくいですし体への負担も少なく済みます。

無理のないダイエットが痩せるためにはとても重要であるため、これからダイエットを始める人は無理のない範囲でダイエットを行うようにしましょう。

食事制限とバランスの良い食事・正しい生活習慣で痩せよう

ダイエットをする場合、できるだけ簡単な方法で痩せたいと考えるのは誰でも同じです。そのため食事制限だけで痩せようとする人や、簡単な運動だけでダイエットを行おうとする人も少なくありません。

ダイエットは食事制限だけで痩せる事は難しいですし、運動だけで痩せる事も難しいです。正しいダイエットは食事制限と適度な運動、正しい生活習慣が重要になります。

食事制限だけでダイエットをした場合、筋肉が低下してしまうことが多く基礎代謝が低下してしまい太りやすくなってしまいます。運動だけのダイエットも、体を動かして脂肪を燃焼させても食事を多量に食べてしまうと運動をした意味がなくなってしまいます。

正しい生活習慣というのは例えば睡眠時間や食事の時間や回数といったものが挙げられます。睡眠時間が短いとストレスのもとになることもあれば、ホルモンのバランスが悪くなってしまい痩せにくい体となってしまいます。

このように「食事制限だけ」「運動だけ」のダイエットは失敗してしまう可能性がとても高いため、ダイエットをするのであれば食事制限と運動、正しい生活習慣で行うようにしましょう。

食事は一日三食バランスの良い食事を食べるようにして食事で体つくりをしましょう。運動は有酸素運動が効果的なため、比較的簡単なウォーキングやジョギングを取り入れてみてください。またダイエット中は筋トレも効果的です。

筋トレ自体に脂肪を燃焼させる効果はありませんが、筋力の維持や筋力をつけることで代謝を上げることができます。脂肪を燃焼しやすい体作ることができますし、引き締まった体を作ることもできるため、美しく痩せたいという人は筋トレも取り入れてみましょう。

異常な食欲はそのままにしないで!解消してからダイエット

沢山食べることは良いことだと言われますが、それも度が過ぎれば考え物です。

その食べすぎは何らかの理由で起きている食欲異常である可能性も少なくありません。食べても食べても食欲が収まらないという人は食欲の異常を疑いましょう。

普段のストレスから異常な食欲になることもありますし、生活習慣が乱れていると異常な食欲の原因となってしまいます。異常な食欲で太ってしまったら、次にダイエットをすると考える人もいるでしょう。

しかし異常な食欲を解消しないままダイエットをしてしまうと、余計に悪化してしまうこともありますし、痩せるどころか太ってしまう可能性もあります。ダイエットをするのであれば、異常な食欲を解消してから行うようにしましょう。

またダイエットをしていると、途中で食欲異常に陥ってしまうこともあります。ダイエット中ですから食欲が抑えられないことは多々ありますが、ダイエット方法が間違えている可能性も高いため、ダイエット方法の見直しも必要です。

無理をしてダイエットをしている人ほどダイエットは失敗するケースが多いため、無理をしない範囲でダイエットすることをオススメします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.