お腹回りのダイエットは【正しく根気強く】で簡単に痩せられる

「ダイエットを頑張っているつもりだけど、なぜだか効果が見えない。」
「体重は減っているのにお腹回りの変化がない」

お腹回りを中心に痩せたいと思っている人の多くが経験し、これが原因で挫折してしまう人が多い悩みです。あなたもそう思っているのではないですか?

結論から言いますと、お腹回りのダイエットは根気と知識が必要です。正しい知識を持って、根気強く続けることで、最後の最後に結果が見えてくるのがお腹回りなのです。

ただダイエットしているだけでは効果が少ないかもしれません。もう1度自分自身を見直してみませんか?理解してしまえばお腹回りのダイエットは簡単ですよ。

まずは今の自分の生活を把握しておこう

今、現在、あなたはどのような生活を送っているでしょうか?ただ慌ただしく1日が過ぎてしまうことも多く、見直してみると落とし穴がたくさんあるかもしれません。

あなたは毎日何を食べていますか?

  • 3食きっちりと食べている
  • 野菜もたくさんバランスよく食べている
  • 外食よりも自炊をしっかりしている

上記の3項目は理想の食事です。あなたはどうですか?

まず、朝ごはんは食べないという人はダメですよ。どうせ食べないなら夜を抜いた方が良いです。理想は3食ともしっかり食べること。3食食べている人の方がダイエットは成功しやすいです。

外食が多い、お肉や揚げ物を食べることが多いという人は、まずはここを改善しなければいけません。このような食事を続けているままに、運動などでダイエットをしても、お腹回りに効果を出すのは難しくなってしまいます。

毎日の自分の食事を見直し、3食食べるようにする、間食を減らすようにする、外食をしないようにする、野菜をたくさん食べるようにするなどの改善を心がけましょう。

あなたは毎日どれくらいの運動をしていますか?

  • 通勤などの移動以外の運動
  • 掃除など家事以外の運動
  • 少しずつでも毎日続けている運動

上記の3項目は理想の運動です。あなたはどうですか?

正直なところ、そうそう時間を作ることも難しいという人は多いかもしれません。ですが、極端な食事制限をしない限り、食事制限だけでダイエットを成功させるのは難しい部分もありますし、何よりもリバウンドが怖いです。

通勤などの移動や、家事などでたくさん動いていますが、それは運動とは言い切れない部分があります。食事制限と一緒に運動をすることで、効率よく痩せることができますし、リバウンドしにくい体を作ることも可能です。

スポーツジムに通う、スポーツチームに入るなどをするのは難しいことですが、自宅で簡単にできるストレッチを取り入れる、30分くらいはウォーキングやランニングをする時間を作るなどの改善を心がけましょう。

お風呂はシャワーだけ派?浸かる派?

  • しっかり湯船に浸かる
  • 半身浴をする

上記の2項目は理想の入浴です。あなたはどうですか?

私も最近までそうでしたが、シャワーだけで済ませてしまっていました。私の場合、座ることすらせずに立ったままで、ただ洗うとこを洗って出るというお風呂生活でした。

もちろん、お風呂の本来の目的だけを考えれば、1日の汚れを落とせればよいのでこれでOKですが、ダイエットを目的として考えるとこれはNGです。

シャワーだけでは体は温まりませんよね。しっかり湯船につかることで血行をよくし、ダイエットがしやすい体を作ることができます。湯船に浸かることは1日の疲れを取る効果もありますよ。時間がある時は半身浴も試してみましょう。

あなたは何時に寝て何時に起きますか?

  • 早寝早起きをしている
  • 5時間以上の睡眠をとっている
  • 不規則な生活をしていない

上記の3項目は理想の睡眠です。あなたはどうですか?

夜中の2時くらいに人間の体は作られているそうです。なので夜の10時から翌3時くらいまでの5時間は、しっかりと睡眠をとっているのが理想的なのです。

この時間に寝ていたら痩せるというわけではないのですが、この時間に寝なければ痩せにくくなるそうですよ。

できるだけ夜は11時、どんなに遅くてもその日の内には眠りについておきたいものです。朝もいつまでも眠ってしまいたいですが、6時くらいには起きる生活を心がけましょう。

『めっちゃ痩せる』よりも『現状維持』を意識してみよう

何も考えないで、ただ痩せたいという理由だけで、いきなり「10キロ痩せる!」とか無謀な目標を立てたりしていませんか?ちょっと考え方を変えてみましょう。

現状維持すら出来ない人が痩せるわけがない

  • ちゃんとした食事ができているか
  • 運動をしているか
  • 睡眠をしっかりしているか

ダイエットを始めようとしている人や、既に初めているものの結果に繋がっていないという人は、まず現状維持はできる状態にあるでしょうか?

上記の食事・運動・睡眠、おまけに言うなら入浴方法。それで体重や体の変化はあるでしょうか?

ダイエットをしているにも関わらず、体重を減らすどころか、現状維持さえできずに増えることもあるというならば、ダイエットをして痩せるわけがありません。

  • 食べ過ぎてるなら減らす
  • 必要な栄養が足りないなら足す
  • 運動していないならする
  • 睡眠不足なら寝る
  • 寝すぎているなら早く起きる
  • 規則正しい生活をする

まずはダイエットを始めて痩せる前に、生活を見直して改善し、今の体重を現状維持できる状態を作りましょう。

今の体重を増やすことなく現状維持できる状態、それができる生活を知ることで、更にどうすれば痩せることができるのかを考えることができるようになります。

例えばご飯をおかわりして3杯食べていたら太った。でも2杯にすると現状維持ができるようになった。だったら1杯にすれば痩せるのでは?という感じに、結果の出るダイエットを知ることができるようになります。

体調の変化にも敏感になれる人になろう

こんな経験はありませんか?

「お友達と一緒に居たから、ケーキをたくさん食べちゃったのに体重が増えてない。」
「食べ放題に行ったからヤバイと思ったのに、全然体重増えてなかった!」

たくさん食べ過ぎたと自覚しているのに、実際に体重を測ってみたら、思っていたよりも体重が増えていなかったという経験。

反対に…

「昨日はほとんど食べていないのに、全然体重が減っていない…。」
「最近あんまり食べていないから痩せていると思ったのに、なぜか増えている…。」

普段に比べて食べていなかったり、食べていない日が続いているのに、体重に変化がなかったり、むしろ増えてしまっていたりという経験。

必ずしも、『食べたから太る』『食べなかったから痩せる』とも言い切れないということです。

これには体調の変化が関係していることがあります。例えば月曜日、たくさん食べて1キロ太ったとしましょう。火曜日も全く同じ食生活をしても、同じく1キロ太るとは限らないんです。

体調の変化によって、同じものを食べ続けていても、基礎代謝が高い日もあれば、低い日もあります。

毎日の体調管理と共に、体重測定も毎日行い、食べたものなども記録をつけることで、ちょっとした体調の変化に合わせた食事や運動をすることができるようになりますね。

特に女性は生理があります。毎月必ず体調やホルモンが変化しますので、自分のパターンを知る為にも記録することをオススメします。

お腹回りダイエットは食事制限が1番効果的

自分の普段の生活を見直し、改善するべきところが分かったので、次は更にお腹回りを痩せる為にどうするべきなのかを学んでいきましょう。やはり、食事制限が1番効果的です。

摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなるように

摂取カロリーとは、食べたり飲んだりすることで得るカロリーです。消費カロリーとは、日々の生活や運動などにより減るカロリーです。

当然のことながら、摂取カロリーが消費カロリーよりも多ければ多いほど、どんどん太ってしまうということになります。

つまり、食べた分のカロリーを消費できなければ太りますので、消費カロリーよりも少ない食事に改善するか、食べた分を全て消費するくらいの運動をするか、絶対痩せるにはこの2択になります。

とはいえ、体内に栄養として吸収すべきものもありますし、脂肪を完全に無くすのは危険過ぎます。500キロカロリー食べたら500キロカロリー全てを消費しろということではなく、それくらいの気持ちでダイエットしなければいけないということです。

炭水化物を極力減らす努力をしよう

お腹に脂肪がついてしまう原因の1つが『糖質』です。糖質は字のごとく甘いものに多く含まれていますが、私たちの主食である米や麺などのいわゆる炭水化物にも多く含まれています。

もちろん、ケーキなどの糖分たっぷりなものを控えるのは当然です。ダイエット中はたまのご褒美程度まで我慢しましょう。

主食であるお米。これを無くせと言われると厳しいですよね。でも大丈夫。完全に無くす必要はありません。多少は糖質も採っておく方が、お腹回りの脂肪は落ちやすくなります。

朝と昼は普通にお米を食べて、夜はお茶碗に半分にするなど、無理のない程度に減らす努力をしてみましょう。その代わりにしっかりと野菜を食べるなどしても大丈夫です。

いきなりおかずとご飯!と食べだしたい気持ちを抑え、まずはサラダやお味噌汁などを食べて、ある程度は胃を満たしてからお米を食べるようにすれば、無理なく続けられると思いますよ。

慣れてきたら、夜はお米を食べない、今日は1日お米は食べないという日を作っても良いかもしれませんね。

ダイエットの大敵『油』の摂取のポイント

ダイエット中にお菓子やスイーツを我慢するのは、『食べない』というだけなので、やろうと思えば簡単なのですが、油って絶対に摂取しないのは難しいですよね。

ですが、焼肉や揚げ物、中華料理などなど、脂っこい食べ物はどれもカロリーが高く、ダイエットの大敵でもあり、できることならば摂取したくないものでもあります。

なのにも関わらず、調理をする最初の段階で『フライパンに油をひく』という作業がありますし、肉や魚なんかは元々油が付いてくる食材であり、どうしても摂取してしまう難関です。

そこでポイントです。まず、ダイエット中なので、焼肉や揚げ物など、初めから脂っこいと分かっている食事は控えるようにしましょう。

次に調理をする際の油ですが、できれば使わないという選択をしましょう。油を引かなくてもよいフライパンを使う、油をひかずに肉を最初に炒めて肉の油を利用する、これで無駄なサラダ油の摂取を防げます。

できることなら焼くより、蒸す、茹でるという調理方法を選ぶと更に良いでしょう。

どうしても油を使わざるおえない時、ちょっと脂っこいものが食べたくなってしまった時、そんな時も大丈夫ですよ。ダイエットに最適な油を摂取しましょう。

魚の油や、オリーブオイルやエゴマ油などは、少々摂取している方がお腹回りは痩せやすいとも言われているんです。

もちろん摂取し過ぎはNGですが、どうしても油を使わなければいけない時は、サラダ油ではなく、オリーブオイルを使うなどすれば良いでしょう。

お腹回りダイエットは根気強く続けるのがポイント

特に夏になると気になるのがお腹回りの脂肪。男性も女性も水着になる機会も増え、お腹回りをしっかり引き締めておきたいですよね。

最後にお腹回りダイエットの重大なポイントをお伝えしておきたいと思います。

ダイエットには痩せていく順番があり、お腹に効果が現れるのは最後の方なのです!

正しくダイエットを始めると、体重が減り始めるのは早いかもしれません。しかし、それ痩せやすい部分の脂肪が落ちているからであり、お腹回りの脂肪が減ることによる体重減少はまだまだです。

目に見えて「ウエストが細くなった!」と思えるようになるまでは、ダイエットを根気よく続ける必要があります。

ダイエット自体がとても辛いものなので、少しでも早くお腹回りにも効果が出るように、『自分はどうすれば痩せるのだろう?』というのをしっかりと理解し、効率よくダイエットをするべきです。

なので、ここでお伝えしました、今の自分の生活状況の見直しをしっかり行い、ダメなところを良くする努力をし、まずは体重を増やさずに現状維持できるまで改善しましょう。

そして、更に食事制限や運動を取り入れ、少しでも早くお腹回りに効果が見えるようになるように頑張りましょう。

結局は食事制限が1番効果があると言いました。これは、どんなに激しい運動を繰り返していても、毎日焼肉を食べていては痩せませんよね?やはり、食事を改善するのが1番最初にやるべきであり、効果が高くなることなんです。

食事制限と言っても、断食をしろというわけでもありません。あくまでも消費カロリーよりも摂取カロリーを抑えれる努力をして欲しいということです。

根気強く続ける必要がありますが、正しくダイエットを行うと、意外にも簡単に脂肪が落ちてくれるはずです。挫けずに頑張ってくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.