顔周りを引き締めるダイエット法。少しの努力で小顔に慣れる!

ダイエットしても顔周りが全然変わらないから、誰も痩せたことに気付いてくれない!二重アゴで実際の年齢よりも上に見られる…。

がんばって体重を減らしても、顔のサイズや印象が変わらなければ達成感も半減してしまいますね。実は、顔周りは体重以外にも、別の原因で大きくなっている可能性があるのです。

顔周りもきれいに細くなるコツを覚えて、ダイエットの効果をアップさせましょう!

顔が大きく見える理由は人それぞれ。自分のタイプを見極めよう!

顔が太って見えたり大きく見えるのは、大きくわけて4つの理由があります。

1. むくみ
2. 脂肪太り
3. 骨格のゆがみ
4. 表情筋の衰え

1は、塩分の摂りすぎや、お酒をよく飲む人に多い理由です。塩分を摂りすぎると、塩分濃度を薄めるために血管から水分が出て、むくみに繋がります。また、アルコールを大量に摂取すると血管が膨張し、やはり血管から水分が出やすくなり、むくみの原因になります。

お酒を飲むと、から揚げなど塩味のするおつまみが欲しくなります。飲んだ後のシメは必ずラーメン!という人も塩分の摂りすぎになるので、翌朝顔がパンパンに!ということになるのです。

アルコールと塩分は喉が渇きやすいという共通した特長があります。必然的に水を大量に飲むので、さらにむくみやすくなってしまいます。

2は、肥満したから顔にも脂肪がついたという単純な理由です。体重を減らす必要があります。

骨は頭からつま先まで、すべて繋がっています。どこかにゆがみが出れば、当然全身に影響します。頭蓋骨も例外ではありません。

顔の骨がゆがむと、血行やリンパの流れが悪くなり、たるみの原因になります。

顔にも筋肉があります。笑いや怒り、悲しみが表情となって表れるのは、表情筋が動くからです。しかし体の筋肉に比べると顔の筋肉は、あまり使いません。筋肉は使わなければ衰える一方です。

結果、顔の肉を支えるものがなくなり、二重アゴになったり全体に垂れ下がった印象の顔になってしまいます。

間違った顔やせダイエットしてない?アナタに効果的な方法はこれ!

顔周りが痩せない理由は人それぞれですから、対処法もそれに見合ったものを選ばなければ、効果は出ません。

まずは、自分の顔周りが太って見える原因をしっかりと見極めましょう。

前述したようなむくみは一時的なものですので、飲みすぎ食べすぎを改めれば改善されます。改善される兆しが見えなければ、何か病気がひそんでいる可能性もあるので、医師に相談しましょう。

ダイエットが必要な場合は、高たんぱく低カロリーな食事をこころがけましょう。脂身の少ない肉や魚介類、野菜をバランスよくとりましょう。炭水化物は玄米やライ麦など、皮や胚芽の多く残っている茶色い穀物類を中心にすれば、太りにくくなります。

運動して筋肉をつけて、代謝を高めれば太りにくい体をつくることができます。睡眠不足は代謝が衰える原因になります。

規則正しい生活習慣を身に着けましょう。

座っていても、立って歩いても姿勢が悪ければ骨格はどんどんゆがんできてしまいます。特にデスクワークなどで長時間猫背で座っているとお腹に脂肪がつきやすくなり、ますます体のバランスが崩れてしまいます。

普段から意識的に姿勢をチェックしたり、ストレッチを取り入れたりして骨をゆがんだ位置に固定させないようにしましょう。

鍛えるべき筋肉は輪郭で違ってくる。アナタはどのタイプ?

表情筋は顔の形によって衰えやすい部分が違ってきます。表情筋を鍛えるストレッチは、自分の輪郭を意識して、衰えやすい筋肉を集中的に鍛えるようにしましょう。

  • 丸顔…頬と口元の筋肉が衰えやすいタイプです。
  • たまご形…目周りがたるみやすくなります。目元とおでこの筋肉を意識的に鍛えましょう。
  • 四角形…表情筋の衰えは比較的少ないタイプですが、ほうれい腺ができやすく老けてみえることがあります。口元の筋肉を動かすようにしましょう。
  • 逆三角形…口元と頬が緩みやすくなります。

表情筋を鍛えるストレッチは数え切れないほどあります。自分にあったものをじっくり探しましょう。とはいえ、短期間でころころ変えても効果が期待できません。

最低でも3週間~1ヶ月は続けて様子を見てみましょう。

表情筋は、その名の通り表情をつくる筋肉です。笑うときは思いっきり笑い、泣くときは大泣きし、怒るときはしっかり怒る!といった豊かな表情をこころがければ、多少顔が太く見えても魅力的になるかもしれません。

シワになるのが怖いからと、無表情のままでいる女性もいるようですが、筋肉は使わないとどんどん衰える一方です。表情筋をしっかり使った、いきいきとした顔が顔やせの一番の早道なのかもしれませんね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.