背中の贅肉は加齢によるたるみが原因!?簡単に続けられる改善方法

ダイエットをする理由としては、体についてしまったぜい肉を落とすために行うことが多く、運動や食事などで改善できます。

全体的にダイエットを行う人もいれば、気になる部分を中心に行う部分痩せダイエットを行う人もいます。

女性にとって特に気になるのが、背中についてしまう贅肉で、年齢を重ねるごとにだんだんと付きやすくなります。

知らないうちに背中にたっぷり贅肉が付いてしまったということもあり、見た目をよくするために背中から変える必要も出てきます。

背中の贅肉を落とすためには運動などを行うことが大事で、背中を意識した取り組みをしていくことで贅肉を落とせます。

どうしてついてしまうのか?背中に贅肉がつく理由

背中に贅肉が付いてしまう原因としては大きく2つあり、これらを改善することで背中の贅肉を落とすことができます。

まずは加齢によって贅肉が付きやすくなることで、加齢で背中にたるみが出たり、背中に脂肪が付いたりしていきます。

背中の筋肉が年齢を重ねるごとに衰えていくことが主な原因で、日ごろから背中を鍛えていれば問題ありません。

もう一つの原因は姿勢が悪いことにあり、猫背などの姿勢が背中に贅肉がつきやすくなり、特にデスクワークの人は気を付けなければなりません。

姿勢が悪いと体が歪んでいくようになり、姿勢を正して筋肉を鍛えていくことで、背中の贅肉を減らしていけます。

加齢による衰えと姿勢の悪さを改善できれば、背中に贅肉がつきにくい体にすることができるので、これらを意識していれば大丈夫です。

毎日続けて落とす!運動で贅肉を減らす方法

背中の贅肉を落としていくには運動が効果的で、毎日のように続けていけば確実に減らせるようになります。

自分に合う方法で運動をすることが大事で、腹筋や背筋を鍛えることで背中の贅肉を改善できます。

背中の贅肉は肩甲骨周りにつくことが多いので、肩甲骨に働きかけるような運動をしていくことが大事です。

例えば、腕を後ろに伸ばしてゆっくり上げていく運動がおすすめで、自分のペースに合わせて回数を増やしていくと効果的です。

水の入ったペットボトルを持つことやフェイスタオルを両手に伸ばして持ちながら、腕を伸ばして動かすことで、さらに効果が期待できます。

激しい運動よりもゆっくりした運動の方がよく、肩甲骨を意識することで背中の贅肉に働きかけます。

腕立て伏せでも背中の贅肉を落とすのに効果的で、日ごろから腕立て伏せを行うようにすることで改善できます。

ゆっくりやっていく!背中の贅肉に効果的なストレッチ

運動で背中の贅肉を落とすことができますが、ストレッチを行うことでも背中の贅肉を落とすことができます。

様々な体勢からストレッチを行うことで、背中の贅肉に働きかけて、肩甲骨周りがよくなっていきます。

椅子に座っているときには、浅く座ってお腹に力を入れ、両手をまっすぐ上げて後ろに倒すように持って行く方法を行います。

四つん這いになって行うストレッチは、肩幅ぐらいに両手両足を広げ、息を吐きながらお尻をかかとのほうにつけるように伸ばすことで、肩甲骨に働きかけます。

仰向けの状態でもストレッチができ、ゆっくり足をまげてお腹の方に持って行き、腕を使ってお腹に引き寄せるようにすれば、背中が伸びるようになります。

その他のストレッチの方法でも背中に効果的なものがあり、ウエストに効果があるものでも背中に働きかけるものもあります。

普段の生活でできる!日常で行う背中のダイエット

背中に贅肉がつかないようにするには、日ごろの生活に気を使うようにしなければならず、改善しなければいけないところは改善するようにします。

生活習慣を見直すことで背中の贅肉を落とすことができ、バランスの良い食事や適度な運動、睡眠時間の確保などをしっかりするようにします。

普段の生活の中に、先ほどの運動やストレッチを取り入れることで、より効果的に背中の贅肉を改善できます。

日ごろ行っている家事にも背中の贅肉を改善できるところがあり、洗濯物を干すときや部屋の掃除をするときには、自然と体が動きます。

足腰を動かしながら腕を使うことで、自分磨きにもつながるようになるので、意識して家事に取り組むことも大事です。

普段から背筋を伸ばして生活していけば、背中に贅肉がつきにくくなるので、生活の見直しは重要なものになります。

背中の贅肉を改善する方法には、適切な運動と生活の改善が大事で、背中に働きかけることを考えれば大丈夫です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.