背中を綺麗にしたい!贅肉を落とすためのダイエット方法とは

背中というのは自身ではなかなか見えにくい部分ですが、綺麗でありたいと願う女性も少なくないのではないでしょうか。背中に贅肉がたっぷりと付いているのは避けたいという方も多いと思います。

そこで今回は、背中の贅肉を解消するダイエット方法について探っていきますので、ぜひ参考になさってください。

どうして?背中の贅肉が付く理由について検証しよう

まずは、どうして背中に贅肉が付いてしまうのかについて知っておく必要があります。一体それはなぜなのでしょうか。

加齢や運動不足が原因になることがある!

人というのは、年齢を重ねていくとそれだけ代謝も低下していくものです。

そうなると脂肪も付きやすくなります。背中についても同様であり、以前は脂肪がなかったとしても加齢と共に背中に贅肉が付きやすくなってしまうのです。また、年齢は若いとしてもあまり運動をしていなくて筋力が低下していれば、代謝は下がるでしょう。

例え年齢は若くなくても普段からストレッチを行っている方やいつも運動をしているという方は、背中にはあまり贅肉が付かないものです。

気を付けよう!背中の贅肉は姿勢も影響している

背中の贅肉は、日常的な姿勢も影響していることをご存知でしょうか。

パソコンやスマホを使っている方が多い今の時代ですが、そのことで姿勢が前傾になる機会も多くなっています。猫背になり首が前に出て背中が丸くなっている状態であれば、見た目にもよくありませんし背中の筋肉がいつでも弛んでいることになるので、贅肉が付きやすくなるという点を覚えておきましょう。

背中の『はみ肉』は合っていないブラジャーも原因の1つ!

あなたの付けているブラジャーはサイズがぴったりと合っているでしょうか。

サイズの合わないブラジャーを付けていれば、背中や脇などといったはみ肉がますます悪化してしまいます。

女性の身体では柔らかい脂肪が特徴として挙げられますが、その中でもお尻や胸周辺は特に柔らかくなっているために、サイズが合っていないブラジャーをずっと付け続けていると、カップの中に納めなくてはいけない脂肪が背中や脇へと流れていってしまいます。

要するに、本当であればバストとしてあるべき脂肪が、背中の贅肉になってしまうということです。よって、ブラジャーを新調する際にはきちんとフィッティングをしてから購入するというのが綺麗な背中のためにも大事になります。

ここもカギ!姿勢を正すことでも背中の贅肉は改善可能

背中の贅肉を落とすなら、姿勢を正すことも大事になってきます。その詳細について迫ってみましょう。

正しい姿勢の保ち方を知っておけば背中もスッキリする可能性あり

上記でも姿勢が悪いと背中にも贅肉が付きやすくなるとお伝えしました。

正しい姿勢を維持するためには、息を吸いお腹に力を込めて内臓を上に持ち上げるようにします。

肩を下に押し下げて、首の後ろを伸ばすようにしましょう。お尻にも力を入れて引き締め、歩く際にもこの状態を維持するのです。猫背は意識して改善する必要があります。猫背というのは、骨盤を歪ませたり血行不良、筋肉の凝りを慢性化させるのです。

楽はいけない?椅子にもたれかからないのもポイント

デスクワークなどで椅子に座って仕事をされている方などは、なるべく椅子の背もたれに寄り掛からずに、正しい姿勢をキープするのが大事になります。常に身体を上に引き上げるように意識をすることで、美のための筋肉が呼び覚まされると考えられるのです。

椅子に座るならば、できる限り浅く腰掛けるのがカギになります。

背中についた贅肉を落とすならストレッチも大きな要素!

ここでは、背中についてしまった贅肉を落とすためのストレッチ方法についてお伝えいたします。

背中の贅肉を落とすストレッチは椅子に座った状態でも可能

背中についた贅肉を落とすとすれば、椅子に座った状態でも背中の贅肉を落とすストレッチが可能であり、仕事の合間に行うのも適しています。椅子に浅く腰を掛けて座り、その際には腹部に力を入れるのです。

続いて両手を真っ直ぐにあげて後部に倒すようにしてもっていきましょう。この時には息を吐きつつ戻す際には10セットをゆっくりと行います。簡単な動きではありますが、肩の周辺が伸びますので爽快にほぐれると考えられます。

四つん這いでのストレッチや仰向けでするストレッチもしよう!

四つん這いのストレッチでは、最初に肩幅ほどに両手と両足を開きましょう。息を吐きながら、踵の方にお尻をつけるようにして伸ばすのです。その後さらにゆっくりと踵がお尻にゆくようにして、猫のポーズを取れば肩甲骨が伸びます。

仰向けでのストレッチは、まず仰向けになってからゆっくりと足を曲げつつお腹につくようにして持っていくのです。それからは、腕を使い足をお腹に引き寄せるようにして丸くなります。

なるべく頭を上げお尻についても少し上げるようにすれば、背中がより伸びるのです。それ以外なら、仰向けになり右であれば右足を立て左側に倒すとウエストがひねられてストレッチになります。

ウエストに効果がありますが、背中にも効果があるでしょう。

これは簡単!肩甲骨を締めるダイエット方法もやってみよう

まず、顔を正面に向けて首を横に倒して30秒キープするという準備運動をします。反対側も行ったら、肩甲骨を閉じるエクササイズをしていくのです。それから、両腕を肩の高さまで上げて手の平を上に向けましょう。

続いて肘を90度に曲げたなら、肘を後ろに引いて肩甲骨を下げます。そして、肩甲骨が下がって背骨に近い位置に寄せたなら、5秒キープするのです。この動作を10回繰り返すことで効果が得られる可能性があります。

背中の贅肉をダイエットで落とし後ろ姿を綺麗にしよう!

背中に贅肉が付くのは、加齢により代謝が低下することや運動不足が原因になります。また、姿勢の悪さも背中に贅肉を付ける可能性があるのです。この背中の贅肉を改善するなら、猫背に注意するなど、姿勢を正すことも大事になってきます。

背中の贅肉を改善する方法ならストレッチも有効であり、椅子に座ったままできるものや四つん這いや仰向けで行うものなどがあるので、あなたもぜひ試してみてください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.