背泳ぎダイエットの効果とは。ボディーラインが美しくなるって本当?

水泳というのはダイエットに効果が見込めると言われますが、色々ある泳法の中でも背泳ぎも痩せるのに効果的であるという点をご存知でしょうか。背泳ぎというと、泳法としても難しいと思われるかもしれませんが、ダイエットをされるならうってつけなのです。

そこで今回は、背泳ぎによる痩せ効果について探っていきたいと思います。痩せたいという方は、ぜひご参考になさってください。

それはなぜ?痩せたいなら背泳ぎをすべき理由について

背泳ぎで痩せられるという声がありますが、ダイエットに生かすためにその理由についても知っておきましょう。

ボディラインのバランスが良くなるという利点もある!

まず、背泳ぎはボディラインのバランスが良くなるという魅力もあるのです。

バランス感覚が必要になりますし、泳いでいて水をかくとローリング運動と言い、そのたびに体が傾くでしょう。身体が揺れるのを正してくれて、真っ直ぐに直してくれるのが体幹の力となっています。

背泳ぎをすれば、その体幹を鍛えられるということです。ローリング運動というのは、腹筋だけでなくふくらはぎや胸筋、首筋、背筋といった身体にあるあらゆる筋肉が効率的に使うのが可能となります。

背泳ぎをすれば、バランス感覚も養われてボディラインも整えられるのです。

ここも注目!腹筋にも効果が見込めるのが魅力

それに、背泳ぎとは背中のぜい肉に留まらず腹筋への効果も期待できます。背泳ぎというのは、ずっとバタ足をしていることで浮くことができる泳法です。

両方の足を伸ばした状態において交互に蹴り上げるという動きが、腹筋にも効果をもたらしてくれます。

実は、腹筋に効くのはクロールや平泳ぎではなく背泳ぎなのです。腹筋を鍛えたいとお思いでしたら、ぜひ背泳ぎを行うのがおすすめとなっています。また、水をかくごとに行うローリング運動は、わき腹のぜい肉にも効果が見込めるのをご存知でしょうか。

ひねることによって、取れにくくなっているわき腹のぜい肉をシェイプできると考えられます。

姿勢がよくなって背中のぜい肉も取れるのもメリット!

そして、背泳ぎは姿勢が改善されるのをご存知でしょうか。

それは背筋を伸ばして泳ぐからです。仰向けになり泳ぐと、背筋や首の後ろが伸びているのがわかるでしょう。背泳ぎというのはクロールや平泳ぎとは異なり、上手に背中の筋肉を動かす泳ぎ方を実践する必要があります。

肩を力強く回転させて、背中の筋肉に圧をかけ刺激を与えるという泳法だということです。クロールのみで泳いでいれば、腕を前にかく動きにばかりになってしまいかねません。ところが、背泳ぎをすると肩が広がって動かせる領域も広くなります。

背筋および肩甲骨に刺激が与えられるので、肩こりの解消や背中のぜい肉を取るという効果も見込める可能性があるのです。できれば、泳ぎのメニューの終わりに背泳ぎを取り入れるというのがベストになります。

覚えておこう!背泳ぎは一体どの程度の消費カロリーになっているか

ここで、背泳ぎをした時の消費カロリーとその他の泳法での消費カロリーを比べてみましょう。

背泳ぎの消費カロリーは多くないけど体系維持にはもってこい!

泳ぎ方の中でも、背泳ぎは難しいと考える方は少なくないと考えられます。それでも、一旦泳ぎ方を身に付けてしまえば、魅力のある泳法なのです。息継ぎをせずに済みますし、ゆったりしていて泳ぎやすさがあります。

背筋に加えて肩回りの筋肉も鍛えられますし、肩こりを解消させたり猫背も治せる可能性があるのです。

それに、ただ単に浮いているだけであってもリラックスできます。それでも、消費カロリーは体重が50キロの方であれば498キロカロリーとなっているので、他の泳法と比較してみると少ない数値になっているのです。

そうしたことからも、背泳ぎはとことん痩せたいという方ではなく、主として体系維持をしたいという方やゆっくりと時間をかけて痩せていきたいという方に向いている泳法とも考えられます。

バタフライは長時間泳ぐのがキツい!

バタフライは、消費カロリーが体重50キロの方なら724キロカロリーととても高いのですが、その分他の泳法と比較するととても体への負荷が大きく長時間泳ぐというのは難しくなってきます。

よって、1時間持続して泳げるという方も少ないと考えられますし、ダイエットに主眼を置いて運動するよりも、バタフライは水泳を楽しむといった泳ぎ方が向いていると考えられるのです。

クロールも背泳ぎと共に行うとより効果的!

クロールの場合は、バタフライに比べると消費カロリーが少なくなりますが、それでも体重50キロで525キロカロリーが消費できます。腕を回したり息継ぎをするために体を捻るという動きにより、体の真ん中になっている体幹が鍛えられる可能性があります。

エクササイズも期待できますので、背泳ぎに加えてクロールも取り入れると、より痩せる効果が見込めるのではないでしょうか。

背泳ぎで痩せるなどのメリットについても知っておこう!

続いて、背泳ぎをすることでどの様に痩せられるのかなどの、メリットについても迫ってみましょう。

広い環境が必要だけど美ボディが目指せる!

ダイエットをするなら、クロールなどが長時間継続しやすいため適しているという向きもあります。それでも、美ボディを目指すなら背泳ぎを試すのも利点があるのです。

背泳ぎをすれば、肩甲骨ほぐしにもなりますし背中の肉を解消できる可能性があるからとなっています。それに、脚が下がってしまわないように腹筋も使うという点が他の泳法と違い、練習をするとそれだけ背中の肉もお腹の肉もなくなっていき、ボディラインを整えられるのです。

とは言え、進行方向を見られないですし真っ直ぐに泳ぐこと及びどのタイミングでターンをするかというのが掴みにくいので、広いプールなどがあると長く続けやすいでしょう。

腕の筋肉にも刺激が与えられる有酸素運動!

また、背泳ぎは背中の筋肉を上手に使って泳ぐことを必要としている点が他と異なり、力を入れることや肩を回すなど背中の筋肉を総合的に緩急をつけつつ上手に刺激ができるのがポイントです。

よって、背中のぜい肉だけでなく二の腕などといった腕の筋肉に刺激が与えられる有酸素運動のため、背泳ぎをすると上半身は特に引き締める効果が期待できるでしょう。

いつもは使わない筋肉を使うと代謝が上がり、日常生活上でも代謝が上がりやすくなります。

そうなると、やはり痩せる可能性も高くなるのです。

上手に背泳ぎを取り入れてダイエットをしよう!

背泳ぎをするとボディラインのバランスが良くなりますし、腹筋にも効果が見込め姿勢も良くなるという点で、実践すると良いとされています。また、背泳ぎは消費カロリーが他の泳法と比較すると多い方ではありませんが、体系維持を目的として取り入れるのが適しています。

さらに、有酸素運動であり腕の筋肉にも刺激が与えられるという点も魅力になるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.