ビーフジャーキーもダイエットに効果あり!?取り入れ方の注意点

皆さんは、コンビニやスーパーへ立ち寄った時に、ビーフジャーキーを目にすることって多いのではないでしょうか?

特にビールなどよく飲む人にとって、ビーフジャーキーは大事なおつまみの種類でもあります。ですが!今やこのおつまみとして定番のビーフジャーキーにダイエット効果があるということで、注目を集めています。

あの肉の塊がダイエットに効果がある?何だか不思議に思いませんか?一体ビーフジャーキーにどんなダイエット効果が隠されているのか、探っていきましょう。

日本人の食生活の大きな変化!現代は欧米並みと言われている

昔の日本人の食生活と現代の食生活は、随分違ってきたことが分かっています。

昔の日本人は、いもや魚、野菜などを取るのが中心で、食卓に並ぶ料理もとてもシンプルなものでした。

どころが現代はどうでしょう!焼き肉店、ファミリーレストラン、ハンバーガーショップ、お弁当宅配などのお店が増えたことに寄り、肉食メニューが随分増えてきました。

特に目立つのが、野外で行うバーベキュー、そして夜の仕事帰りに立ち寄る焼き肉店、日曜日などは家族連れでにぎわうハンバーガーショップなどなど、本当に子供から大人まで、日本人は毎日の様に肉を食べる習慣が当たり前になってきました。

いつから日本人は食生活が欧米化したのか?

現代では当たり前の様に肉を食べるようになった日本人ですが、ではいつから食生活が欧米化してきたのか、過去をさかのぼって調べてみました。

日本人の食生活の変化は、戦後からもうすでに始まっていました。

世の中が平和になり、日本も戦後の復興に努力を重ねて、生活も豊かになりました。そんな中で外国からの輸入品が増えて、パンや外国産の肉類がどんどん入って来たのです。

元々日本人は外国とは違って、1日3回の食事には必ずご飯と味噌汁、漬物と言ったものを毎日の様に食べていました。

ですが、外国産の輸入品がスーパーのあちこちで売られるようになり、特に肉類などは本当に戦争前とは違って簡単に手に入るようになりました。

それに生肉だけでなく、肉を乾燥させて作った食品なども登場するようになりました。

  • ビーフジャーキー
  • コンビーフ
  • ソーセージ
  • ウインナー
  • ベーコン
  • ハム
これらの食品は現代では、スーパーやコンビニなどで当たり前の様に販売されています。ビーフジャーキー、コンビーフはビールのおつまみなどに、そしてソーセージ、ウインナー、ベーコン、ハムなどは朝食の食卓に並ぶようになりました。

ですから昔ながらの朝食はご飯、味噌汁の習慣は減ってきて、手軽に済ませることの出来るパン(トースト)やベーコンエッグなどの朝食の変化からどんどん日本人の食生活は欧米化していきました。

食生活の欧米化!生活習慣病のリスクが大きい

日本人は外国人とは違って、元々体は小型です。ですが近年の食生活の欧米化で生活習慣病のリスクがどんどん高まり、注目されています。

特にハンバーガーや焼き肉類など、油たっぷりの状態を見るといかにも高カロリーだということも分かっています。

まずダイエットするには、カロリーのことも視野に入れなくてはいけません。

おつまみ定番ビーフジャーキー!本当にダイエットに効果あるの?

24時間営業のコンビニなどでは、ビーフジャーキーがいつも販売されているのを見掛けます。ビーフジャーキーはビールのおつまみとしては最適な食べ物の1つです。

ですが、このビーフジャーキー、口にしたことのある方ならすでにお分かりでしょうが、とても固くてかみにくいですよね?

かみきるのに口の中で、随分時間がかかってしまい、時には口中が塩辛くなることも多々あります。

ですがこのおつまみ定番のビーフジャーキーはダイエットにはもってこいの食べ物なのです。

おつまみ食品なのに!何処にダイエット向きの根拠があるの?

ビーフジャーキーは輸入製品であり、コンビニ、スーパーだけでなく、空港ロビーの販売店・免税店でも多く販売されています。やはりおつまみとしてでなく、気軽に口に出来るおやつとして使われることも多いのです。

このおつまみ食品のビーフジャーキーが何故ダイエットに向いているのか、その理由は?

ズバリ!ビーフジャーキーはご飯1杯分よりも、大幅にカロリーが低いからです。

ご飯茶碗1杯分のカロリーは約200カロリーです。ですがビーフジャーキーでしたら、100カロリーもありません。とは言いましても、ビーフジャーキーをご飯茶碗1杯分も食べることはありませんね。

ご飯の場合、おかわりすると高カロリーになりやすく、太る原因です。ですからカロリーに低い食材でしたら、実に安心出来ます。

ビーフジャーキーダイエットのコツ!よく噛んで食べることが大事です

先ほども述べましたように、ビーフジャーキーはとても固い食材で、かみきることが大変です。ですがこのかみきる大変さがあることで、ダイエットに繋がると判明しています。

あの肉の塊でダイエット出来るの?とまだ疑問を抱かれてるアナタ。詳しくご説明いたしましょう。

ビーフジャーキーはよく噛むべき!そうすると満腹感が得られる

ビーフジャーキーは、コンビーフと比べますととても固くてかみにくいものです。ですがこの噛み続けることがダイエットに繋がっているのです。

根気よく噛み続けますと、唾液がかなり分泌されて、脳にかなりの刺激がいきますので、満腹感が得られます。

満腹感を得られるということは、食べすぎを防ぐ効果が大なので、ビーフジャーキーはダイエットとしてお勧めなのです。

ビーフジャーキーはタンパク質豊富!肌にも髪にもいいですよ!

食事の量をいつもより減らしたり、食事を抜くなどのダイエットは、返って健康に害を及ぼします。

お腹がすいてしまって、何か食べたいと思った時にはビーフジャーキーを食べましょう。確かに肉の乾燥させた加工品ではありますが、ビーフジャーキーはタンパク質が豊富です。

ダイエットだけでなく、毎日少しずつ食べることで、髪の毛や肌にも効果をもたらします。

ビーフジャーキーに含まれたたんぱく質は、髪の毛や肌につやとかはりを良くする効果があります。

但し、いくらダイエットに効果をもたらすからと言って、食べすぎは禁物です。ビーフジャーキーは意外と塩分が多いので、ついつい調子に乗って食べてしまうと、ビール好きの人にとってはお腹満腹以上の感覚になってしまい、太ってしまう可能性大です。

それから甘い炭酸ジュースやフルーツジュースと一緒に食べるのも、塩分・糖分の取りすぎになるので、要注意です。

なんでもほどほどにして食べることを心掛けましょう。それがダイエットへの成功の扉を開くことになりますよ!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.