ベハティプリンスルーのダイエット!現役エンジェルが明かす食事運動

人気モデルとしても有名なベハティ・プリンスルーは、独特なダイエットを行っていることでも有名です。

今回は、そんなベハティ・プリンスルーらしいと言えるダイエットを特集するだけでなく、なぜ若者からベハティ・プリンスルーダイエットが支持されているのか、こちらについてもまとめてみました。これからしっかりと痩せたいと考えている人にとって、役に立つような情報も多くまとめてあります。

人気のダイエットを考案!ベハティ・プリンスルーはどんな人?

ベハティ・プリンスルーの本名は、ベハティ・プリンスルー・レヴィーンです。ナミビア共和国出身の彼女ですが、身長180cmと高身長なのに、体重53kgというスリムボディを維持しています。

ベハティ・プリンスルーのその他の情報をまとめると、以下のような特徴のある人物となっています。

  • 生年月日:1989年5月16日
  • スリーサイズ:81・62・87

また、ベハティ・プリンスルーは以下のような経歴を持つ人物でもあるのです。

  • 2004年:南アフリカケープタウンでスカウトされた
  • 2008年:ヴィクトリアズ・シークレットPINKのモデルに起用された
  • 2009年:ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルに加入した

ベハティ・プリンスルーをスカウトした人物も有名人で、ケイト・モスを発掘したことで知られるサラ・ドゥカスが、ベハティ・プリンスルーをスカウトしました。

最近になってダイエットだけでなく、その人となりが注目されているベハティ・プリンスルーですが、以下のような注目ポイントを持っているので、世界的に知られるほどの人物となりました。

  • すっぴん画像が多い人物
  • 性格も含めて着飾ることが少ない
  • 独特なダイエットを行っている

モデルとして知られている彼女ですが、世界的に見ても着飾らない性格が功を奏することが多いです。しかも、独特なダイエットを行っていることが多く、そのダイエット方法も含めて人気者になりました。

水だけのダイエット!実は理に適っているダイエット方法!?

ベハティ・プリンスルーを通じて知られるようになったダイエット方法の中では、1日の水分摂取量に着目したものが有名です。

具体的には、以下のような要素を取り入れて、ベハティ・プリンスルーはダイエットを続けていることが多いのです。

  • 2Lの水を飲む
  • 全卵のオムレツ、アボガドを食べる
  • 白湯を飲む

これらのダイエットをベハティ・プリンスルーは実践しているのですが、実は理に適っているダイエット方法のため、今では、健康番組でも特集されることの多いダイエット方法として、多くの人に知られるようになってきました。

例えば、2Lの水を飲むという行為は、汗を良くかく習慣を得るために必要で、モデルのようなスリムボディを維持する人たちにとっては、重要な行為であると言われているのです。もちろん2Lの水を一気飲みするわけではなく、食前食後を意識して飲むようにします。

人間の体は血液、そして多くの水分を含んでいるのですが、大量の水を飲むことによって、体内に流れている古い水を、新しい水と取り替えることが可能になります。すると発汗量が上がる、使われていない汗腺が使用されることが多くなり、キレイでスリムな体が手に入るのです。

全卵のオムレツ、アボガドについても1日に必要なたんぱく質、ミネラル、ビタミンを摂取する上で必要となりますし、それほどカロリー量が多いわけではありません。

ただ、水を飲む際は白湯を飲むようにしたほうが良いです。白湯には新陳代謝アップにつながる効果があり、胃腸にダメージを与えない優しい飲み物です。

ベハティ・プリンスルーも実践している!水泳で体がキレイになる

近年では、ダイエット方法として有名になってきましたが、水泳、もしくは水中ウォーキングは、ダイエットに効果的な手段です。というのも、水泳、水中ウォーキングには新陳代謝アップの効果があるからです。

新陳代謝アップに成功すると、以下のようなダイエット効果も出やすくなるため、女性にとっては特に重要な運動方法、ダイエット方法と言われることが増えてきました。

  • 筋肉量が増える
  • 基礎代謝量アップにつながる
  • お通じが改善する
・基礎代謝

人間の体は、何もしていない時であっても体内の栄養が消費され、これによって体の健康が維持されるようになっています。

基礎代謝量がアップすると、体内に余分なエネルギーが余っていない状態となり、これこそが痩せやすい体質と言われている要素の1つなのです。

水泳は全身運動を繰り返すだけでなく、実は体にかかる負荷がそれほど高いわけではありません。

つまり、ベハティ・プリンスルーのダイエットは、体力に自信が無い女性であっても実践可能なのです。もし水泳そのものが辛いという場合は、水中ウォーキングからスタートすると良いでしょう。

水泳を行っていると、水の力に逆らって泳ぐコツを学べるようになります。

こちらもスリムボディを維持する上で重要となり、水泳には、体全体に蓄積している脂肪量を減らす効果、そして、くびれなどを生み出す力もあり、ランニング、ストレッチを同時に行っているような痩身効果もあるのです。しかも今では温水プールが増えておりますので、冷水に弱いという女性であっても、ベハティ・プリンスルーのダイエットを安全に始められます。

意外ときつい水泳!?消費カロリー量も知っておいたほうが良い

水泳、水中ウォーキングは体全体に負荷がかかると言われていますが、消費カロリー量を知ると、体に対して良い負荷がかかっていることが良くわかります。

  • 平泳ぎ:約520kcal
  • クロール:約420kcal
  • ランニング:約400kcal
  • 水中ウォーキング:約220kcal
  • ランニング:約200kcal

上記は体重50kgの人が、1時間だけ運動をしたという前提で、カロリー計算が行われています。

驚きの数値を叩き出しているのは水中ウォーキングでしょう。ただ歩くだけで約220kcalもカロリー消費できるのです。

なので、ランニングするだけ、ウォーキングするだけのダイエットをするより、少し負荷の高い水泳、水中ウォーキングをされたほうが、より効率的にダイエットできるようになりますし、ベハティ・プリンスルーのようなスリムボディに近づけるのです。

姿勢が良くなる!?人気のピラティスによるダイエット

ベハティ・プリンスルーも行っているダイエットの中には、人気のピラティスもあります。

ピラティスには、以下のような良い健康効果があるため、女性だけでなく男性の中にも、ピラティスを始める人が増えてきました。

  • 骨に対して適切な負荷を与える
  • 姿勢が良くなる

人間の体は、姿勢が悪い人ほど1日の消費カロリー量が減るということが、今ではわかっています。そのため、痩せるためのヨガをされている女性も増えてきました。

ピラティスの場合、ヨガよりも簡単に始めることができますし、なにより動画投稿サイトなどで、有名なピラティスの実践方法を学ぶことが可能です。

ベハティ・プリンスルーも、そんなピラティスを水泳と同程度で行っています。

ピラティスには体幹を改善してくれる効果がありますし、ピラティスの効果は、あまり運動をされてこなかった人ほど、驚きの効果が上がるとされているのです。その理由ですが、ピラティスには以下のような効果もあるからです。

  • 自律神経を整える
  • 基礎代謝量アップにつながる

近年では、男女に関係なく自律神経の悩みを抱えている人が増えてきました。

その理由は、テレビ、パソコン、スマートフォンを良く利用するようになっているからです。これらのものを使用していると、人工的な光を良く浴びるようになるのですが、人工的な光には自律神経優位を促す効果もあるため、体に良くないものであることが段々とわかってきました。

自律神経が整っていると、リラックスできるようになり、熟睡もできるようになることがわかっています。すると、睡眠時間が長くなるだけでなく、睡眠の質が向上するに連れて基礎代謝量アップも可能となるのです。

他にも、ホルモンバランスを整えることで肌荒れが少なくなり、ストレスに強い体になることもわかってきました。そのため、ベハティ・プリンスルーのダイエット方法は人気が高いのです。

メリハリをつけてダイエット!ダイエットの注意点

ベハティ・プリンスルーのダイエット方法ですが、メリットとしては以下のようなものがあります。

  • 筋肉の増強につながる
  • 体幹が良くなる
  • ダイエット、美容に良い

注意点として、ベハティ・プリンスルーのダイエット方法にも、以下のようなデメリットがあるので注意してください。

  • 水分摂取量によってはむくんでしまう
  • 水分摂取量によっては内臓が冷えてしまう
  • 運動を取り入れないと消費カロリー量が上がらない

このようなデメリットを知ってしまうと、デメリットの多いダイエット方法だと思ってしまいますが、一般的なダイエット方法と比べると、好きなものを食べても良いというメリットも出てきます。

なので、比較的簡単なダイエット方法を探している場合は、ベハティ・プリンスルーのダイエット方法を参考にすると良いでしょう。

それと、水分摂取量は2Lを目安にする必要はありません。1日の水分摂取量の目安となるのは、体重に43.6をかけることです。

つまり体重50kgの人であれば、2L以上を飲んでも問題ありませんし、体質的に太りやすいと感じている人は、多く飲むように調整しても良いのです。そもそも、水分摂取量が多い少ないというのは、自分の体の変化でわかるものなので、飲まないと絶対に痩せないと決めつけないようにしましょう。

水分摂取量を増やすダイエットの多くで、水分摂取量は少しずつ増やすだけで問題ないと言われていますし、このようなコツを知っていると、より上手にベハティ・プリンスルーのようなスリムボディに近づくことができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.