目にいいだけじゃない!やせる効果もあるブルーベリー

一般的にブルーベリーは、目にものすごくいい効果があるといわれていて、視力回復が期待できます。

ブルーベリーを生で食べる人やジャムなどで食べる人、またはサプリメントで摂取する人と、様々な方法で口にする人がいます。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンなどの成分が、体の健康をサポートします。

そんなブルーベリーですが、食べるとダイエットに効果的だというのを聞いたことはないでしょうか。

様々な効果がありますが、ダイエット効果がその中にあるとやせたい人にとってはうれしいのではないでしょうか。

何が含まれている?ブルーベリーの栄養素とその性質

ブルーベリーはあんなに小さな果実ではありますが、実は栄養素がたくさん入っている果物でもあります。

以下の栄養素が豊富に含まれていて、それぞれが体に様々な効果を発揮する、優れた果物なのです。

  • アントシアニン
  • ビタミンC・E
  • 亜鉛
  • マンガン
  • 食物繊維

ブルーベリーの栄養素の中で、まず注目されるのはアントシアニンで、ポリフェノールの一種です。

ブルーベリーは抗酸化作用が強い食材といわれていて、それは紫外線から守るために多くのアントシアニンが蓄えられていることにあります。

同じ抗酸化作用が強い栄養素としてビタミンCとEがあり、ブルーベリーの中でも多く含まれています。

ブルーベリー100gを食べると、ビタミンEの1日の摂取量の20%を摂取でき、ビタミンCも効果的に摂取できます。

ミネラルに関しては、他のベリーに比べると亜鉛やマンガンが多く含まれていて、亜鉛は血液、マンガンは骨の形成に必要です。

ブルーベリーを皮ごと食べると食物繊維を多く摂取することができ、腸内環境を整えることができます。

ブルーベリーは100gあたり約50kcalで、摂取の仕方によって栄養素のとり方が変わります。

食べてやせられる!ブルーベリーダイエットの効果

ブルーベリーはダイエットに効果的な食べ物であり、実際にブルーベリーを食事に取り入れながらダイエットをしている人もいます。

ダイエット効果はブルーベリーに含まれている食物繊維にあり、それを摂取することでおいしくきれいにやせられます。

ブルーベリーに含まれる食物繊維の量は果物の中では最も多く、多く含まれているといわれるイチゴやキウイなどよりも多いです。

水溶性と不溶性の2種類の食物繊維を同時に摂取でき、水溶性は腸内環境を整え、不溶性は便秘解消に効果的です。

食物繊維のほかに、ブルーベリーに含まれるポリフェノールもダイエットに効果的な栄養素です。

ポリフェノールには脂肪の生成を抑える効果があり、体内で脂肪を分解する効果もあります。

ブルーベリーには食物繊維とポリフェノールの2つの栄養素が、ダイエットに効果的なのです。

どのように摂取すればいい?ブルーベリーダイエットの方法

ブルーベリーダイエットを始めるなら、まず朝食にジャムやヨーグルト、スムージーなどでブルーベリーを摂取します。

朝食だけでなく、間食にブルーベリーを取り入れるのも効果的で、気軽に食物繊維やポリフェノールを摂取できます。

日々の食事ではブルーベリーを食べるのが難しいと思う人は、ブルーベリーのサプリメントからでも摂取できます。

ブルーベリーから食物繊維を摂取しようと思えば、1日80~90個は食べなくてはならず、それはとても難しいです。

1日80~90個が難しいのなら、食物繊維が約3倍に凝縮されたドライフルーツやジャム、サプリメントなどから摂取するようにします。

サプリメントから摂取する場合、ビタミンの過剰摂取になる恐れがあるので、用法や用量を守って摂取するようにしましょう。

健康にいい食材!ブルーベリーの健康への影響

先ほどの内容ではブルーベリーはダイエットに効果的な食材だと言いましたが、ブルーベリーにはそのほかにも以下のような効果があります。

  • 目への効果・・・視力回復や眼病予防
  • 血液への効果・・・血流改善
  • 肌への効果・・・美肌効果

まず、ブルーベリーは目にいいといわれており、アントシアニンなどの効果で視力回復のほかに、白内障などの眼病を予防してくれます。

アントシアニンが網膜にあるロドプキシンの分解・再合成を働きかけ、この色素が正常に動くことで目の健康を守ります。

血流改善にも効果があり、これもアントシアニンが抗酸化作用によって体の老化のもとになる活性酸素を取り除いてくれます。

血流改善により毛細血管が強くなり、脳卒中や動脈硬化などを防ぐことができます。

アントシアニンの抗酸化作用により、美肌効果も期待でき、紫外線から肌を守ったりシミができにくくなったりと、効果的です。

ブルーベリーにはビタミンC・Eも豊富に含まれているので、肌への効果がより一層期待できます。

ダイエットと同時に美容や健康にも期待できるため、おいしく簡単に続けられると思います。

食べておきたい!ブルーベリーを使ったレシピ

ブルーベリーは近くのスーパーなどでも購入でき、生の状態のものや冷凍のもの、ジャムなどの加工品が販売されています。

これらをうまく取り入れることでダイエットができますが、実際に長く続けようと考えたら何かしらの工夫が必要です。

そこで、ブルーベリーを使ったレシピを知っておけば長く続けることができ、次のようなメニューがダイエットにおすすめです。

朝に最適!ダイエットに効果的なブルーベリースムージー

朝にこれを作れば1日のスタートを飾ることができ、毎日健康な体が作れて、便秘も解消します。

必要な食材 必要量(2人分)
ブルーベリー(冷凍) 100g
バナナ 1本
牛乳または豆乳 400ml

バナナは皮をむいて、幅1cmに切って凍らせておき、それに冷凍のブルーベリーと牛乳(豆乳)をミキサーに入れて混ぜます。

カロリーを気にしている人なら豆乳を使用することがおすすめで、1杯で食物繊維を豊富に摂取することができます。

食物繊維が豊富!さつまいものブルーベリー煮

食物繊維が豊富なさつまいもを使うので、ブルーベリーと一緒に食べると腸内環境がよくなり、ダイエットが期待できます。

必要な食材 必要量(2人分)
さつまいも 1本
ブルーベリーの実(缶詰) 1缶
ブルーベリーの汁と水 150cc
大さじ2杯
しょうゆ 大さじ1杯
砂糖 小さじ1杯

さつまいもを棒状に切って水にさらした後、ブルーベリーの汁と水、酒と一緒に鍋に入れて煮ます。

沸騰したらしょうゆと砂糖を入れて、ブルーベリーを入れて10分煮立てたら完成です。

美肌効果にも期待でき、これに鶏肉や豚肉などを入れるとメインのおかずとしても食べることができます。

ダイエットに効果的!おすすめのブルーベリーサプリ

ブルーベリーはサプリメントでも摂取することができ、サプリメントでもダイエットに効果的なものも販売されています。

今回の「シースルーライトBB」は体の中から体内のめぐりを良くしていき、やせられる体を作っていきます。

ブルーベリーの成分が含まれていて、噛んで食べられるタイプなので水なしで服用することができます。

このサプリメントを服用していたら、無理な食事制限をする必要はなくバランスのよい食生活ができます。

サプリメントに含まれる生きた乳酸菌と特許成分により、腸内環境がよくなりスッキリとした体が作れます。

このほか、体内に溜め込まれたエネルギーの燃焼をサポートしたり、余分なものを溜め込まないようにブロックしたりします。

食事だけでなく、サプリメントでもダイエットに効果的なので、自分にあった方法でブルーベリーダイエットを行うようにしましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.