授乳中でもダイエット可能!産後ダイエットを成功させるポイント

女性にとって出産は素晴らしい出来事です。

これから可愛い赤ちゃんと共に生活をしていくわけですが、そんなお母さん方が一番最初に自分の体について悩むことは、産後太りではないでしょうか。

できれば妊娠する前の体型に戻したいと思うお母さん達は多いのですが、なかなか体型が戻らず、悩んでいる方も多いと思います。

また授乳が始まり、栄養もしっかり取らなければならない期間ですので、ダイエットをしたくてもどのようにすれば良いのか分からない方もたくさんおられると思います。

授乳中のダイエット、一体どんな方法があるのか調べてみましたので是非、参考にしてほしいと思います。

授乳中は特別な期間!ダイエットも無理は絶対禁物!

赤ちゃんにとってお母さんのおっぱいを飲むというのはとてもとても重要なことです。

命の元となることですので、お母さんにとっても赤ちゃんにとっても絶対に蔑ろにはできない部分です。

赤ちゃんは母乳を飲んで栄養をたっぷりと自分の小さな体の中に流し込み、逞しく成長していきます。

そんな大事な授乳の時期ですので、無理なダイエットをすることは絶対に禁物です!

母乳の中にはあらゆる栄養素が含まれていますので、お母さんが無謀なダイエットをして、その部分が枯渇してしまうのは絶対に避けなければなりません。

出産後に急激な無理なダイエットをすることでホルモンバランスが崩れ、体調が大きく崩れてしまう可能性が非常に高いです。

授乳期間はお母さんの体もとてもデリケートな時期です。

ダイエットをすることによって大きな体調変化があり、それがどのような事態を引き起こすか計り知れないところがありますですので、無理なダイエットは絶対にしないようにして、授乳期間は赤ちゃん第一で考えて欲しいと思います。

サプリメントなんてもっての他!絶対摂取するのは止めよう!

さて、授乳中はお母さんにとっても赤ちゃんにとっても大切な時期なのですが、どうしても産後太りを気にしてダイエットをしようと思い、手軽に試すことができるサプリメントに手を出す方もおられると思いますが、絶対に止めるようにしましょう。

サプリメントなんてもっての他です。

どんな添加物が入っているかもわからないものを体の中に入れることは、赤ちゃんのためにもそして自分自身のためにも絶対に避けなくてはなりません。

純度が高いと言われているサプリメントに関しても、正直、成分が目に見えるわけではありませんので、どんな悪影響を与えるかわかりません。

そのような不安材料になるものは出来るだけ体の中に取り込まないようにすることが賢明です。

ダイエットに関するサプリメントは本当にたくさん出ていて、食品だから大丈夫、体に悪い成分は一切入っていませんという謳い文句があったとしても、授乳中は避けるように心がけていた方が賢明ですよ。

取り敢えず痩せて見せたい機会がある時は矯正下着に頼ろう!

産後太りを気にして、何とかして細く見せたいという方は取り敢えず、矯正下着を利用してみるのが手っ取り早く痩せて見せる方法の一つでしょう。

授乳中ですので、無理なダイエットは良くありません。

しかし、少しでも細く見せたいと思う時は矯正下着をつけることで余分な脂肪を体の内側に閉じ込めますので、数センチ程度、痩せて見せることができます。

矯正下着を購入するのにお金はかかりますが、一枚持っておくとどこかに出かけなくてはならないなど、スタイル良く見せたい時にとても便利ですよ。

ただ、あまりにも強く締め付けてしまうようなタイプのものは、できるだけ避けるようにしましょう。

あまりにも強く締め上げることで体にストレスがかかり、母乳の出が悪くなることもあります。

お母さんの体と赤ちゃんがすくすく育つことを一番に考えなくてはならない時期ですので、体を無理やり締め付けたりすることもできるだけ避けた方が良いでしょう。

自分の体型に合った、気持ちよくホールドしてくれる矯正下着をチョイスして利用してみてください。

姿勢が良くなるので、インナーマッスル強化に期待大!

手っ取り早く痩せて見せることができる矯正下着、体に大きく負担がないものならば着用していて問題はないと思うのですが、実はもう一つ、矯正下着には良い点があり、ハード目の仕上がりになっていますので、自然と姿勢が正しくなり、知らず知らずのうちにインナーマッスルが強化されている場合が結構あるんです。

姿勢を正しく保つことで、背中の筋肉やお腹周りの筋肉に力を入れることになり、それが腹筋や背筋などを鍛える手助けとなっていることがあるんです。

人間姿勢を正しくするだけで新陳代謝が上がり、痩身効果がアップしますので、日頃から姿勢が悪くなっているなと感じている方には矯正下着はそういった点においてもお勧めできるんです。

下着ですので、強烈に締め上げてストレスを与えない限りは、母乳に大きく影響を与えることはありませんので、その点に関しても安心ですよね。

  • 1・着けていて疲れない
  • 2・あまりにも締め付けるようなものは選ばない
  • 3・長時間着けていても気持ちよいホールド力がある
  • 4・ある程度、縦の長さがある
  • 5・型くずれしにくい

以上の5点は出産を終えて授乳中のお母さん達にもお勧めできる矯正下着の選び方ですので、購入したいなぁと思っている方は是非、検討してみると良いのではないかと思います。

食事管理で痩せたい時は栄養面を考えて、低カロリーなものを!

どうしても授乳中にダイエットをしたい場合は、やはり、カロリーを抑えた食事に切り替えることが一番有効かもしれません。

カロリーは抑えながらも必ず栄養をしっかり取れる献立を考えて、積極的に食べるように心がけると良いでしょう。

栄養が偏る事は授乳中は避けなければいけません。

栄養はしっかり摂れるけれどもカロリーが低い献立をインターネットなどで検索して、レパートリーを広げてみてください。

たくさんの献立が出ていますので、是非、チャレンジしてみてほしいと思います。

そうすることにより順調に体重は減りますし、栄養もバランスよく摂取することができますよ。

置き換えダイエットは効果的だけども、成分が心配…

正直、カロリーの低い献立を考えるのは面倒くさい…そんな風に考える方も多いと思います。

そんな時は、ドラッグストアなどに売られている、カロリーを抑えて栄養素がしっかり摂れるダイエット用の置き換え食品を利用すると便利です。

ただ、正直、どんな成分が入っているのかわからなかったりしますよね。

保存料や添加物なども含まれていることが多いと思いますので、非常に便利ではあるものの、授乳中はその成分表示に注目をして、安全なものかどうかをしっかりと確認しておく必要があります。

置き換えダイエットの食品に関しても、インターネットなどで口コミなどを見て購入するかどうかを検討すると良いと思いますよ。

授乳中のお母さんたちが情報交換している掲示板などもあると思いますので、産後ダイエットについての情報を共有すると便利なのではないかと思います。

まとめ!ストレスに繋がるダイエットはNG!ゆっくりと正しい方法で

産後、なかなか体重が落ちなくて悩んでいるお母さんは多いと思いますが、痩せなくてはいけないという気持ちが強くなりすぎてしまうと、ストレスがのしかかり、子育てに支障が出てくる場合もあります。

授乳中は、赤ちゃんが優先の生活を送らなくてはなりません。

例えば重度肥満で、お医者様から痩せるようにと言う忠告を受けた場合は、お医者様と相談をしながらどのようにダイエットしていたら良いのかをアドバイスしてもらうようにしてください。

そうでない場合は徐々に体重を落とすようにして、できるだけストレスのない生活を送ってほしいと思います。

無理をしては絶対にリバウンドしてしまいますし、そうなったらまた余計にストレスがのしかかってくるようになってしまいます。

赤ちゃんのためにも、できるだけ大らかに、気楽に、そして楽しく毎日を過ごすことが一番ですので、授乳中のダイエットについてはあまりストイックになりすぎずに、徐々に体重を落とし、リバウンドしにくいダイエット方法を選択するようにしてくださいね。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.