平泳ぎで痩せる!?消費カロリーを比較してダイエット効果を検証!

水泳はダイエットに効果的ということを聞いたことありませんか?カロリーを消費したいとか脂肪を減らしたい人は、実際に水泳がダイエットに効果的なのか、気になりますよね。今回は水泳がダイエットに期待できるのか紹介していきたいと思います。

誰でもできるのか?誰でもダイエット効果があるのか?など、気になることは多々ありますよね。泳ぎ方は複数ありますが、その中で今回は「平泳ぎ」のダイエット効果について紹介していきます。

水泳にはダイエット効果もある!平泳ぎで効率よくカロリー消費

ダイエットする時に水泳を選択する人が多いですが、効果があるのか半信半疑の人もいますよね。

水泳はダイエット効果があるのか?ないのかというと、ダイエット効果はあります。

特に平泳ぎは、比較的泳ぎやすい泳法なので水泳が苦手という人でも取り組みやすいです。ダイエットは短時間に激しい動きをするよりも、長い時間をかけてゆっくり運動した方が効果的です。そのため、効率よくダイエットしたいなら、ゆっくり時間をかけて平泳ぎで泳ぎ続けてみましょう。

具体的な時間としては約30分を目安に水泳してみましょう。平泳ぎは、泳ぐときにフォームが乱れにくいし、そんなに動きに力は必要ないので長時間楽しく、楽しみながらダイエットすることもできます。

平泳ぎでのダイエットで効果が期待できないこともあるの?

確かに水泳はダイエット効果に期待することができますが、人によっては効果が期待できない人もいます。例えば、間違ったフォームで泳いでいると余計な筋肉がついてしまって、ダイエットに失敗してしまう可能性もあります。

脂肪燃焼という意味では成功と言えるかもしれませんが、単純に体重を減らしたいという人には失敗となってしまいます。さらにあまり長時間泳ぎ続けてしまった場合も筋肉が多くついてしまうため、失敗になる可能性があります。

つまりダイエットする場合は正しいフォームで30分程度の時間で行うようにしましょう。

平泳ぎダイエットで消費できるカロリーは1時間で約550キロカロリー!

ダイエットをする場合、気になるのがどれだけカロリーを消費できるのか?という点です。だいたいですが、平泳ぎの場合は1時間泳いで約550キロカロリーから600キロカロリーを消費することができます。

この数値が多いのか小さいのかよくわからない人もいると思います。例えばウォーキングのダイエットがありますが、これは誰でも取り組みやすいので試したことがある人も多いでしょう。

このウォーキングダイエットで消費するカロリーは1時間で約200キロカロリーから400キロカロリーと言われています。これを見ると水泳の平泳ぎは1時間でかなり効率よくカロリーを消費できるのがわかると思います。

確かにウォーキングは誰でも取り組みやすいですが、時間があるのであれば水泳でダイエットをした方が効率的であるといえます。

平泳ぎ以外でもダイエット可能!クロールならさらに効率的に

水泳と言えば泳法は平泳ぎだけではありません。例えばクロールですが、平泳ぎよりも2倍近いカロリーを消費することができるのでかなり効率的であるといえます。「クロール」「バタフライ」「背泳ぎ」の消費カロリーも紹介していきます。

クロール 約900キロカロリーから1300キロカロリー
バタフライ 約1000キロカロリーから1300キロカロリー
背泳ぎ 約600キロカロリーから700キロカロリー

どの泳ぎ方も1時間泳いだ時の消費カロリーです。クロールとバタフライは平泳ぎよりも効率よくカロリーを消費することができますが、注意点もあります。クロールの場合は、息継ぎがしにくいですし、フォームも崩れやすく水泳が苦手な人だと効率が悪い場合があります。

またクロールは平泳ぎよりも早く泳ぐことができますが、スピードに対して消費カロリーはあまり多くありません。バタフライも動きが大きいため、体力の消費が激しく長時間泳ぎ続けるということが困難です。ダイエットはゆったり長時間行った方が効率良いので、バラフライもダイエットにはあまり向いていないといえます。

背泳ぎは息継ぎが必要ないため、長時間の運動には申し分ないです。ただし背泳ぎができないという人も多いと思うのでそんな人は、まずは背泳ぎのマスターから始める必要があります。

まとめるとダイエットに向いているのは平泳ぎで、できる人は背泳ぎも効率よくダイエットが可能です。水泳でダイエットするならこの2つのどちらかで試してみるとよいでしょう。

水泳ダイエットをしている時の食事には気を付けよう!

ダイエットするなら、食事に気を付けましょう。単純に食事を食べなければカロリーは減らせますが、そうすると力が出ずにダイエットの効率を悪くしてしまう可能性もあります。しかも水泳をやったことがある人ならわかると思いますが、水泳は思った以上に体力を消耗する運動です。

そのため水泳でダイエットをするならば、きっちり3食しっかり食べておかないと効率が悪くなってしまいます。さらにしっかり食べずに水泳ダイエットをしていると、水泳後に食事以外で間食をしてしまうという可能性も高くなります。

食事を抜いてダイエットも並行して行えば確かに効率的ですが、体調面のことも考えて3食きちんと食べるようにしましょう。また食べる時には、水泳ダイエットでの消費カロリーと食事で摂取するカロリーを考えて食事をするようにしましょう。

消費するカロリー以上に食べてしまうとダイエットはできません。ダイエットをする時は食事を3食きっちり食べて、摂取カロリーに注意しておきましょう。

水泳ダイエットをする時の食事タイミングは考えなくてOK

ダイエットをする場合は空腹時の方が効率良いということがよく言われています。確かに効率はよさそうに思えますが、これについては気にする必要はありません。

つまり食事をしてから水泳をしてもOKですし、水泳をした後に食事をしてもOKです。

食事のタイミングによるダイエットの効果に変わりはありません。食事をする前に水泳をすると、効率が悪いこともあるし、運動後に動けなくなってしまう可能性もあります。

そのため、食事をしてある程度休んでから水泳をするという方法が効率良い方法であるといえます。神経質の人はダイエット中に食事のタイミングまで調整する人もいますが、気にする必要はないので、食べたい時に食べるようにしましょう。

ただし摂取するカロリーと消費するカロリーには気を付けるようにしましょう。

水泳でのダイエットは食事制限をしないと厳しい

水泳は確かにダイエット効果がありますが、水泳後に食事の量が増えてしまうことが多いので体重は減りづらいといえます。

そのため水泳でダイエットによる体重減少を期待するならば食事をある程度、制限する必要があります。制限すると、体調不良になってしまうことも多いのできちんと計画を立てて食事制限する必要があります。水泳でダイエットをするならば食事には気を付けるようにしましょう。

またダイエット中に3食きちんと食べてもまだ食べたいという場合もあります。そういった時にはお腹に溜まりやすいバナナとかジュースといった糖分があるものを摂取することでごまかすことができます。運動前、後どちらでもOKなので間食したい時に試してみるとよいでしょう。

食事制限しないとダイエットは難しいとはいえ、水泳は筋肉が付くので体の引き締め効果は残ります。筋肉による引き締め効果で体系をきれいにすることができるので、ダイエットが無駄になることはありません。

水泳でダイエットする方法!効率よくカロリーを消費するためには

水泳がダイエットに効率が良いといっても、具体的な方法がわからなければ実行しづらいです。水泳を利用した具体的なダイエット方法を紹介していきます。水泳にダイエット効果があるといっても、ただ泳げばいいという訳ではありません。

まず、泳ぐ前に準備運動を必ず行いましょう。知っての通り準備運動をすることで、実際の運動時にけがを防止することができます。知らない人もいますが、それだけではなく準備運動をすることで脂肪を燃えやすくする効果にも期待することができます。脂肪を燃えやすくしておけば効率よくダイエットが可能になります。

準備運動が終わったら次は筋トレを行うようにしましょう。

筋トレを行うと脂肪が分解されて、いざ水泳をしたときに脂肪が燃えやすくなります。筋トレは必ず必要という訳ではないので、もちろんしなくてもOKです。ですがダイエットを効率よく行うならば、筋トレも行う方がベストです。

ここまでしていよいよ水泳となります。前述している通り、短時間に激しく水泳をするのではなく、長時間ゆっくり泳ぐようにしましょう。脂肪が燃えるのは20分以上継続してからなので、最低20分は泳ぎ続けましょう。

水泳をする頻度ですが、週に2日から3日ほどプールなどに通い、泳ぐ距離はだいだい500から600mほどが効果的と言われています。人によって誤差があるので、必ずとは言えませんので注意してください。

泳ぐときにフォームが正しくないと効率が悪くなるし、余計な筋肉がついてしまいます。水泳ダイエットをする時には、フォームについても知っておくとよいでしょう。

筋トレが苦手とか泳ぐことが苦手なら、水中を歩こう!

水泳ダイエットをしたいけど、泳ぐのが苦手だという人もいますよね。そんな人にオススメな方法は水泳ではなく水中を歩くことです。ただ歩くだけなら、水中でなくてもいいのでは?と思うかもしれませんが、全然違います。

まず水中なので足腰に負担がかかりにくい点が大きなメリットです。特にダイエットを必要としている体重が重い人にはこの点はうれしい点であるといえます。さらに、外を歩いた場合だと筋肉は下半身ばかりについてしまい、全身を鍛えるということが難しいです。

その反面、水中を歩く場合足腰に負担をかけることなく全身を鍛えることができます。漫勉なく鍛えられるので一部だけ筋肉が付くことがないので、体系にキレイになります。

脂肪を燃焼させたいという人は水中を大股で歩くととても効果的であるといえます。こちらも水泳ダイエットと同様にじっくり時間をかけた方が効果的なのでゆっくり歩いてみましょう。

水泳ダイエット初心者という人は、初めから泳ぐよりもまずは歩いてみることをオススメします。

水泳ダイエットをしても痩せない時は何が原因か確認しよう

水泳ダイエットをしても効果がでない、全く痩せないということもあります。そういった時は何か原因があると思うので、その例を紹介していきます。

  • 食べすぎ
  • 体の冷え
  • 運動量が足りない
  • 泳ぎ方に問題がある

例をあげるとすると上記の4つがあります。万が一水泳ダイエットをして、効果が出ない場合は上記のことを確認してみましょう。

水泳ダイエットをするなら食べ過ぎには特に注意

水泳ダイエットだけではありませんが、体を動かした後というのは沢山動いたから食べても大丈夫!と思う人もいます。確かに消費したカロリー分を食べるのは問題ありませんが、それ以上を食べてしまうと当然ですがダイエットはできません。

特に水泳は体力を使うので、動いた後に何か食べたくなることが多いので注意が必要です。1食当たりの食事量も増えてしまう可能性も高いので水泳ダイエット中は食事には気を付けましょう。

水泳ダイエットをするなら体が冷えないようにしよう

水泳ダイエットは水中で行うものなので、ダイエット中は水中にいる時間が長くなります。そうなると体温が下がってしまい、それが原因で体がエネルギーの消費を抑えようとしてしまいます。その結果脂肪が燃えずになかなかダイエットできない原因となってしまいます。

それが一時的なら何も問題はありませんが、体温が下がって血行不良になり代謝が落ちてしまう可能性もあります。代謝が落ちると痩せにくい身体になってしまうため、さらにダイエットしにくくなってしまいます。

水泳ダイエットをするならば、最低20分から30分間は水中にいる必要がありますが、体が冷えてきたと感じたらすぐに水中から上がるようにしましょう。運動をしたらお湯に浸かるとかサウナを利用するなどをして体を温めるようにしましょう。

水泳ダイエットは運動量を見極めるのが難しい

具体的にどれくらい運動すればダイエットできるのか目安はありますが、それは個人によっても変わってきます。そのため、効果に期待できる20分もしくは30分運動しても、カロリーが消費しきれないこともあります。

カロリーが消費しきれないということは体脂肪も減らないし、体重が減ることもありません。20分とか30分の運動を何日か続けてダイエット効果がないという場合は運動量が足りないことも考えられるので運動量を増やしてみましょう。

平泳ぎで水泳ダイエットをするなら正しい泳ぎ方で!

平泳ぎなどで水泳ダイエットをするならば、泳ぐときにできるだけ正しいフォームで行うようにしましょう。そうでないと無駄に筋肉がついてしまうため、体脂肪が減っても体重が減らないということになりかねません。

自分で正しいフォームで泳げているのか判断できないと思うのでそこは人に頼るしかありません。泳ぎ方を教えてくれるスクールに通うとか、家族に泳いでいるところを見てもらうとかして悪いところを改善していきましょう。Webで泳ぎ方を確認するという方法もあるので、ダイエット前に探してみるのも一つの方法です。

水泳ダイエットは性別、年齢関係なく誰でも行える?

水泳を利用してのダイエットは性別、年齢関係なく誰でも行うことは可能です。

さらに泳ぐことが苦手という人でも水中を歩くだけでもダイエットをすることができます。それどころか陸上で行う運動よりも満遍なく筋肉がつくし、体への負担も少なくて済みます。

体への負担も少ないのである程度歳をとっている方でもダイエットが可能です。歳をとっている方はダイエットというよりも健康のためにも効果があります。誰でも試せるので、ダイエットや体を動かしたいという人は水泳をお試しください。

ただし、泳ぐ場合は腰とか肩を動かす泳法もあるため、腰や方が悪い人は負担が大きくなってしまいます。そういった人は歩くだけにとどめておきましょう。

ダイエットしたいけど水泳は筋肉が付きすぎるのが不安!?

ダイエットしたいけど水泳は筋肉が付きすぎて不安という人もいますよね。特に女性は筋肉が付きすぎるのではと不安な方も多いでしょう。確かに本格的に水泳をやるという場合は筋肉がかなり付きますが、ダイエット目的ならばそんなに筋肉が付きすぎることはありません。

むしろ水泳は適度に筋肉がついて、体が引き締まり体型をきれいにしてくれます。ダイエットと同時にきれいな体型も手に入れることができるので、女性の人にオススメのダイエット方法と言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.