腹式呼吸法を取り入れて寝ながら簡単ダイエット!寝付きもバツグン

ダイエットの方法はこの世の中にはたくさんあり、色々な方法で頑張っている人が多いと思います。

正統派のダイエット方法から、ちょっとユニークな方法まで色々あるのですが、その中で注目されているのか呼吸法によるダイエット方法です。

実は腹式呼吸を取り入れるとダイエットに非常に効果的だということが注目されていて、毎日この方法を行なっている方もたくさんいるんですよ。

それではどうして腹式呼吸がダイエットに効果的なのでしょうか。

その辺りについて詳しく説明していきたいと思います。

少しでも効率よくダイエットをしたいと思っている方、体質を変えたいと思っている方はぜひ最後まで読んで参考にしてください。

腹式呼吸を体得しよう!それだけで痩せやすくなる!

いつも普通に行っている呼吸、実はこの呼吸はダイエットと非常に深い関係があるんです。

呼吸を意識して行うことで、非常に痩せやすい体質に変化すると言われています。

ダイエットに効果的な呼吸法は腹式呼吸と言われていて、お腹が膨らむまでしっかりゆっくり、そしてたっぷりと鼻から息を吸い込みます。

そして今度はお腹がへこんでいるのを意識しながら、ゆっくりと口から息を吐き出します。

吸う時も吐く時もお腹がしっかりとへこんだり膨らんだりしていることを意識するために、両手をお腹に置いて確認しながら腹式呼吸をしてください。

呼吸の吸う動作は交感神経を、そして吐く動作は副交感神経を働かせる事が出来ます。

腹式呼吸は特に吐くことに重点を置いた呼吸法で、つまりは副交感神経を働かせることを意識した呼吸法になり、ストレスにさらされた人間にとってはとても重要な意味を持つ呼吸法となります。

人間は腹式呼吸をしてたっぷりの酸素を体の中に取り入れることができると、ストレスが軽減されるようになります。

人間はストレスを抱えると、どのようなことを行ってもなかなかうまくいきません。

ダイエットにしても例外ではなく、ストレスが過剰に溜まっている状態でダイエットを行っても、少し食事制限をしただけでイライラするため、ダイエット生活を長く行うことができにくくなります。

食べられないイライラ、なかなか体重計に変化が見られないイライラ、いつまでダイエットをしなくてはならないのか未知数のイライラ…このような状態に陥ったままで心に余裕が無いと不思議なもので、ダイエットをしてもなかなか効果が出ないものなんですよね。

ダイエットをするときはできるだけ精神的に余裕があるほうが、停滞期に差し掛かっても冷静に物事を判断することができますし、イライラすることがない分、過食に走ったりすることも少なくなりますので、絶対に良いんです。

そして腹式呼吸を行うことで副交感神経が活発となりその結果、気持ちが落ち着き、余裕をもってダイエットに取り込むことができるようになります。

色々なダイエットを試してみるけれどもなかなか結果が出ず、精神的に追い詰められてしまうという人は、是非、腹式呼吸ダイエットを行うようにしてみてください。

腹式呼吸はインナーマッスルの強化につながる!痩せ体質を目指そう!

さて、腹式呼吸は精神的に落ち着くだけでなく、インナーマッスル、つまり体幹を鍛えるのにぴったりだと言われています。

お腹をへこます時に力いっぱいお腹の脂肪を体の内側に引き込むようにして息を止めてみてください。

これは腹式呼吸からのドローインと言う動作になります。

お腹を力いっぱいへこませて、その状態を10秒から20秒ほどキープするようにしてください。

この時、息を止めないようにしてきちんと鼻から呼吸するように努めて下さいね。

そしてゆっくりと息を吐き出します。

そして数回腹式呼吸を行なった後、お腹をへこます際にまた思い切りお腹に力を入れてドローインしましょう。そしてまた10秒から20秒程度へこませたままの状態でキープします。

腹式呼吸と合わせたドローイン方法となりますので、体幹を鍛えたい、そして精神的にも落ち着きたいと前から思っている方にはとても効果的だと思います。

体幹を鍛えることができるようになると自然と代謝が活発となり、痩せやすい体を作ることができるんですよ。

腹式呼吸と合わせたドローインの方法は非常に簡単ですし、インターネットなどでもたくさん紹介されていますので、ぜひ毎日の習慣にしてもらいたいと思います。

サイトによって多少やり方は変わる可能性ありますが、大事なことは大きく息を吸って吐く時にお腹の脂肪も体の内側に引き込みキープすること!これが大きなポイントとなります。

腹式呼吸を取り入れながら日々の生活を送ってみよう!熟睡度アップ!

さて、腹式呼吸でしっかりと呼吸をすることで副交感神経が活発になり、ストレス解消に繋がりやすくなることがわかりました。

そうなると熟睡度が全く変わってくるんです。

副交感神経が働きやすくなると、精神的にリラックスしやすい状態になっていますので布団に入ってからの寝つきが全く変わってきます。

要するに深い眠りに陥ることができるようになるんです。

ここがまたダイエットには重要なポイントで、熟睡すればするほど成長ホルモンの分泌が活発になり、痩せやすい体質に変化するんです。

成長ホルモンという名前、恐らく聞いたことがある方も多いと思います。

ダイエット関連のインターネットサイトなどを閲覧していると、成長ホルモンについて言及されていることもありますのでご存じの方も多いと思いますが、この成長ホルモン、付き過ぎた脂肪を燃焼させる力があるのですが、残念な事に熟睡しなければ活発に分泌することができなくなるんです。

しかも成長ホルモンは、夜の10時から夜中の2時までの4時間の間に分泌が盛んになりますので、その時間帯にしっかりと熟睡していることが条件となります。

しかし腹式呼吸を取り入れながら生活するだけで熟睡できる可能性がアップしますので、寝ている間に成長ホルモンが活発となり、痩せ体質に変化していくという期待が持てるようになるんです。

また痩せたい人だけでなく、体調不良などがある方はしっかりと睡眠をとることで改善される可能性がありますので、日頃から腹式呼吸を意識して生活することをおすすめしたいと思います。

ずっと行うことは困難だと思いますので仕事の休憩の時、寝る前のひととき、お風呂上がりなど時間に余裕がある時に行なってみてください。

毎日続けることで必ず体に変化が出てきますので、それが体感できるまで続けるようにしましょう。

体の中にたっぷりの酸素を取り入れることは血液循環も活発になりますし、体の細胞が生き生きとします。

大抵の人たちはストレスなどで呼吸が浅くなっていますので、是非、腹式呼吸をマスターして1日に数回は新鮮な酸素を体の中に取り入れることをお勧めしたいと思います。

まとめ!複式呼吸で痩せ体質を手に入れる事は可能!

いかがでしたか。

腹式呼吸を行うことで痩せ体質を手に入れる事は十分可能です。

そしてストレス解消につながり、良い睡眠を得ることが出来るようになり、体の不調を立て直すことができるようになります。

ここ最近深呼吸をあまりすることがなくなった、イライラが募って仕事に集中できない、一生懸命ダイエットをしているのにも関わらずなかなか体重が減ってくれない、夜、ぐっすりと眠れないなどという悩みがある方は、是非、腹式呼吸を生活に取り入れて気が付いた時に繰り返し行うようにしてみてください。

最初はなかなかうまくできなくても、そのうちにコツをつかめて上手に腹式呼吸ができるようになります。

精神的にリラックスできるということは、非常に大切なことです。

何事に対しても前向きになれるよう、心にも余裕を持てるようにするためにも、上手に腹式呼吸を取り入れてみてくださいね。
▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.