健康的にダイエット!栄養満点なブロッコリーを使ったダイエット法

ダイエットしたいけど食事制限が辛くていつも失敗してしまう…。ダイエットに成功してもリバウンドしないか心配で…。ダイエットしようと決意しても、こんな悩みに直面する人、多いんじゃないでしょうか?

置き換えダイエットや炭水化物抜きダイエットなど、様々なダイエット法がネットを中心に広まっていますが、健康に良くなさそうで二の足を踏んでしまう…そんな人もいるのではないでしょうか?

そんな方のために、無理な食事制限をせず、健康的に栄養も獲れるダイエット法、ブロッコリーダイエットについてご紹介します。万能野菜ブロッコリーに秘められた無限の可能性、あなたはどれくらいご存知ですか?

超万能!ブロッコリーがダイエットに適しているワケ

緑黄色野菜のひとつであるブロッコリー。木のような見た目や、蕾の部分のもっそりとした食感など、子どものころ苦手だったという方も多いのではないでしょうか。海外ではピーマンよりも嫌いな人が多いとも言われています。

そんなブロッコリーですが、栄養価が高く、美肌効果やがん予防、貧血予防に効果があるとも言われていて、実は多方面に万能な野菜のひとつなんです。

そして、実はダイエットにも効果的と言われています。その理由について、詳しくご紹介していきましょう。

栄養満点!ブロッコリーは二役も三役もこなす凄腕野菜

さて、まずはブロッコリーに含まれる栄養素について見てみましょう。

  • ビタミンA
  • ビタミンB群
  • ビタミンC
  • ビタミンE
  • ビタミンK
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 食物繊維 etc…

これらすべての栄養素がブロッコリーには含まれているのです。

すべて書き出していくとキリがないので、聞きなじみのあるものを中心に挙げてみました。これだけ見ても、栄養豊富な野菜であることがわかりますね。

美肌効果が高いと言われているビタミンCやβ-カロテン、発がん性物質を抑えるスルフォラファン、貧血を予防する鉄分、お通じを良くする食物繊維も豊富に含まれているため、ブロッコリーを食べれば一度に様々な栄養を摂れるだけでなく、美肌効果やがん予防・貧血予防、便秘改善も期待することができるのです。

さらに、ダイエットの効果を高める物質も多く含まれていますので、そちらについて詳しく見ていきましょう。

糖質・脂質・タンパク質の代謝UP!ビタミンB群とクロムの役割

健康的な生活を送るうえで必要な栄養素と言えば、糖質、脂質、タンパク質です。これらは三大栄養素と呼ばれ、身体の機能を維持するためには必要不可欠な重要な役割を担っています。

しかし、必要以上に摂り過ぎてしまうと余分な物質と判断され、脂肪として体内に蓄えられてしまいます。これが肥満の大元の原因です。

そんな三大栄養素を効果的に働かせてくれるのが、ビタミンB群です。ビタミンB1は糖質の、ビタミンB2は脂質の、ビタミンB6はタンパク質の代謝に必要な物質で、ダイエットをするなら絶対に外せない存在なのです。

ブロッコリーにはこのビタミンB1、B2、B6すべてが含まれているので、ダイエットに効果的な野菜と言うことができるでしょう。

また、「代謝のミネラル」と呼ばれているクロムの存在も見逃せません。クロムとは、血糖値を調整するインスリンと結びついて、糖質や脂質の代謝を良くする栄養素のことです。

このクロムもブロッコリーには含まれているので、ダイエット向きの野菜として注目を浴びているのです。

体内の余計な水分を排出!カリウムでむくみを解消すれば体重減

体重の増加は脂肪による場合とむくみによる場合があります。むくみとは、身体に余計な水分が溜まっている状態のことです。むくみで体重が増加してしまった人は、水分を排出できればそれだけで体重を減らすことができます。

カリウムは、そんなむくみの解消に最も効果的な栄養素です。塩分排出と利尿作用があり、水分の排出を促して、身体の水分量を一定に保ってくれます。

もちろんこのカリウムも、ブロッコリーに豊富に含まれているのです。栄養を摂りながらダイエットもできてしまうブロッコリーの可能性の高さは要注目です。

体脂肪の蓄積を抑制!インドリルメタンで抑えこむ

ブロッコリーには、インドリルメタンという物質も含まれています。これは女性ホルモンであるエストロゲンの働きを抑える効果を持っています。

エストロゲンは、筋肉の発達を妨げ、体脂肪を溜めこむ性質を持っています。そのため、女性は太りやすく、筋トレをしても筋肉がつきにくいと言われていますが、このエストロゲンの働きを、ブロッコリーに含まれているインドリルメタンが抑えてくれるのです。

さらに、エストロゲンが抑えられると、筋肉がつきやすくなる働きを持つ男性ホルモンのテストステロンの働きが活発になります。これによって通常よりも筋肉がつきやすくなるので、ダイエットで体重を落とすだけでなく、筋トレで筋肉もつけたいという方にとって、ブロッコリーはより効果的な食材と言えるでしょう。

置き換え不要!毎日の食事にブロッコリーをプラスするだけでOK

ここまでご紹介してきたように、ブロッコリーは栄養価が高いだけでなく、糖質や脂質の代謝を上げるビタミンB群やクロム、むくみを解消するカリウム、体脂肪の蓄積を抑えるインドリルメタンが豊富に含まれているため、ダイエットに最適な野菜のひとつと言えます。

それではどのようにブロッコリーを食べればいいのか。そのダイエット法についてご紹介します。やり方はとても簡単です。

毎日ブロッコリーを食べる。

ただそれだけです。ご飯やパンなどの主食をブロッコリーに置き換える必要はありません。無理な食事制限をする必要もないので、ストレスなくダイエットを続けることができます。

1日の摂取量の目安は100g程度です。スーパーで売られているブロッコリーは1株大体300g~400gなので、1/3株を食べるイメージで良いでしょう。茎に一番栄養がつまっているので、茎まで食べるようにしてください。

カロリーが気になる方もいると思いますが、ブロッコリーのカロリーは100gあたり33キロカロリーと低カロリーです。

もちろん食べ過ぎはよくありませんし、低カロリーでもその分プラスになっていることに変わりはありませんので、他の食事を少し抑えるなどして気をつけるようにしましょう。

オススメは、食事の一番始めに食べることです。よく噛んで食べることで満腹感が得られて、総食事量を減らすことができます。また、食物繊維を先に腸内に入れることで、糖質の吸収を抑えることも期待できます。

さらにオススメなのは、スープで煮こんで食べることです。ブロッコリーはゆでると栄養素がお湯に染み出してしまうと言われています。ポトフやシチューなど、スープにして煮こめば染み出した栄養素も余すことなく摂取することができるのでオススメです。スチーマーなどで蒸して食べるのもいいかもしれませんね。

身体の内側から健康に!ブロッコリーダイエットの効果

ここまで、ブロッコリーがなぜダイエットに適しているのか、その理由と、ブロッコリーダイエットの方法についてご紹介してきました。

ブロッコリーはダイエットに効果的なビタミンB群やクロム、カリウム、インドリルメタンを含んでいるだけでなく、栄養が豊富で、美肌効果やがん予防・貧血予防、便秘防止など、ダイエット以外の面でも様々な恩恵を与えてくれる万能な野菜です。

無理な食事制限をせず、毎日の食事にブロッコリーをプラスすることでそのダイエット効果の発揮を期待できるため、ダイエット後のリバウンドを心配する必要もありません。ブロッコリーダイエットは理にかなったダイエット法だと言えるでしょう。

ただし、一朝一夕で劇的に痩せるダイエット法ではありません。身体の代謝に働きかけるダイエット法のため、長い目で効果を見る必要があるでしょう。一食置き換えダイエットなどに比べたら、目に見えた効果はなかなか出てこないと言えます。

それでも、長い先の人生を見据えて、身体の内側から健康的に痩せられるブロッコリーダイエットを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.