ふくらはぎを細くする方法、簡単に続けられる運動、マッサージ

女性にとって理想の体型を思い浮かべることは多いと思いますが、体のどの部分が気になっているのかは人それぞれです。

気になる箇所をスリムにしていきたいと感じている人は、その部分を中心に行う部分痩せダイエットを行っています。

今回のふくらはぎに関しては、脚は女性にとって一番よく見せている場所であり、むくんでいると見た目が悪くなります。

むくみが気になるふくらはぎを細くしたいと考えているなら、細くなるための運動やストレッチなどを行うことで改善できます。

動いて細くする!ふくらはぎを細くする運動

ふくらはぎのむくみを改善するためには、血液やリンパの流れをよくすることが重要で、細くするには運動をすることが大事です。

運動することで脂肪の燃焼に期待でき、体が細くなっていきますが、ふくらはぎの場合は運動の方法によっては逆に太くなることがあります。

運動の中にはランニングやウォーキングといった脚を使うものがありますが、脂肪燃焼と同時に筋肉が付くため、結果的に太くなることが考えられます。

ふくらはぎを細くするには、脂肪の燃焼はもちろんですが、あまり筋肉が付かないような運動の方がおすすめです。

最も効果的な運動としては、つま先立ちで上下にゆっくり動かす運動で、動きが激しくないが脂肪が燃焼しやすく、ふくらはぎが細くなっていきます。

脂肪や筋肉が程よくついている方が、ふくらはぎを細くきれいに見せることができ、同時に脂肪が付きにくい食生活にする事でも効果が期待できます。

効果的な方法!ストレッチでふくらはぎを細くする

ふくらはぎを細くするために運動をすると、方法によっては筋肉がついて太くなってしまうことがあります。

脂肪を燃焼させることが重要で、ふくらはぎを細くするためにはストレッチもおすすめで、実際に行うことで細くなっていきます。

ストレッチをすればある程度の筋肉がついて、脂肪を効率よく燃焼できるので、ふくらはぎを細くするのに効果的です。

ふくらはぎを細くするストレッチでは、階段などの段差がある場所でのストレッチが最適で、毎日のように続けていくことができます。

この方法のやり方は、かかとが付かないようにして、この状態から背伸びを30回程度行い、ふくらはぎの筋肉を使うようにします。

ふくらはぎに働きかけることができますが、ストレッチ後は筋肉疲労によるけがを防ぐために、マッサージをしてふくらはぎをほぐしてあげることが大事です。

揉むと効果が得られる!細くなるリンパマッサージ

ふくらはぎはむくみやすい場所であり、血液やリンパの流れが悪くなるとむくみやすくなり、太くなっていきます。

ふくらはぎはマッサージをすることで簡単に細くしていくことができ、マッサージだけでも効果があるといわれています。

単純にふくらはぎをもみほぐすだけではなく、リンパマッサージによってふくらはぎのむくみを取るようにしていきます。

リンパマッサージのやり方は簡単で、むくみをなくす方法としてはかなり効果的で、リンパの流れをよくしていきます。

誰でもできる方法で、下から上へラインに沿って手を動かすことで、リンパの流れが徐々に良くなっていきます。

マッサージをしていくことで、ふくらはぎについている脂肪が柔らかくなっていき、燃焼しやすくなっていきます。

マッサージをしていくだけでは完璧に細くなっていくわけではありませんが、効果的な方法としてよく行われています。

簡単にできる!靴下をはいてふくらはぎを細くする

ふくらはぎを細くする方法としては、運動やストレッチ、マッサージといったものがありますが、毎日のように続けるのが面倒だという人もいます。

それらよりも簡単にできる方法として、ふくらはぎを細くするための靴下が販売されており、それを履くことで簡単に続けられます。

実際に履くことでむくみが簡単に解消されるようになり、履いてみたときには細く見えるようになります。

細くなる靴下は「加圧靴下」と呼ばれるもので、普通の靴下よりも締め付けが強いものになっているのが特長です。

靴下の締め付けがポンプの補助をするようになり、むくみの原因である血液やリンパのたまりを解消してくれます。

加圧靴下をはくことで血液やリンパの流れがよくなりますが、ただ履くだけではなくて動かなければ意味がありません。

脚を動かさないと、加圧されたままの状態になってしまうので、血管が細くなってよりむくみやすくなってしまいます。

ふくらはぎを細くするには運動・ストレッチ・マッサージ・加圧靴下の4つの方法があり、どれも簡単に行えるものとなっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.