ふくらはぎを揉むと痩せる効果あり!正しい揉み方で根気よく続けよう

これまでいくつかダイエットを試してきたのに、なかなか痩せられないというアナタ。何処かに原因がありませんか?

食事制限をして、栄養バランスよく食べているし、スポーツジムに通っているにも関わらず何だか痩せた気がしなくて、毎日体重計に乗るのが嫌になってきたなど、そんなお悩みはありませんか?

もしダイエット中に、体がしんどい、疲れやすいと感じているとしたら、アナタの体の血液の循環が悪くなっているかもしれません。

今回はその血液の循環について大いに関係しているふくらはぎについて、ダイエットに意外な効果をもたらしていることをご紹介しましょう。

たかが足の一部だと思わない!ふくらはぎの重要な役割の実態を知って

皆さんは1日行動する中で、足をよく動かすことが多いはずです。歩く、階段を上り下りする、時には走るなど、様々な形で足は動いています。

そんな足の一部であるふくらはぎですが、これは人間にとってはある意味とても重要な役割を果たしています。

たかが足の一部だとそう思われがちですが、ふくらはぎが一体どんなに重要なのかをこれからご紹介していきましょう。

アナタは知っていますか?ふくらはぎは第二の心臓であることを

人間も動物も心臓が動いているお蔭で生きることが出来ます。心臓はいわば命の大きな綱の役割です。心臓から体中に血液を送り届けるようになっています。

その心臓の他に大切な箇所があるのをご存知ですか?それがふくらはぎなのです。

ふくらはぎは、人間の体の第2番目の心臓としてとても重要な役割をしています。

ふくらはぎは、下半身の血液の循環を左右する働きを持っています。ふくらはぎの筋肉は常に活発に伸び縮みしており、そのお蔭で下半身にたまった血液を心臓まで押し上げてくれる働きをしているのです。

しかし、このふくらはぎはとてもデリケートに出来ており、長い事運動不足が続いたりするとたちまち血液循環は悪くなってしまい、「浮腫み」や足がつったりするなどのトラブルの引き金になりかねません。

浮腫むと足は腫れぽったくなりますし、足がつると激痛が走ったりして実に厄介なので、ふくらはぎは常に動かすことによって、血行を良くする状態にしておかなければなりません。

また肥満体になりますと、非常にひざやふくらはぎに負担がかかりますので、痛める原因になりかねません。

ですから肥満にならないために、食生活や運動などの見直しも必要になってきます。

たかがふくらはぎ、されどふくらはぎなのですが、甘く見てはいけません。

こんなに頑張っても痩せられない!それはふくらはぎに原因がある!

こととダイエットとなると、どうしても体重を落とすことを優先的に考えてしまい、体調面を気にしない人が案外多いものです。

食事の量を減らしたり、または朝食、昼食、夕食などの1日3食のいずれかを抜いたりすれば勿論健康上良くありません。

1日3食きちんと食べないと、栄養が偏ったりして大変です。

まして体を動かさないのも問題であり、適度な運動は人間にとっては必要不可欠なのです。運動をすると血液の循環が良くなり、気分も晴れてきます。

栄養バランスのいい食事、適度な運動をしているのに何故か痩せられない…他に原因があるとしたら?それはふくらはぎに原因があるかもしれません。

ふくらはぎを触ると?アナタの体の状態が分かる!

第二の心臓と言われるふくらはぎ。何をやっても痩せられないアナタ。一度自身のふくらはぎを触ってみてください。

何か感じませんか?

  • ふくらはぎが何だか固い
  • ふくらはぎが以前と比べて太く見える
  • 体が冷え性なので、冷たく感じる

上記のような感覚を感じるとすると、血流の働きが悪くなっているかもしれません。つまり、アナタの体全体の血液循環は良くない傾向にあるのです。

心臓から体中に血液を送るように、ふくらはぎは下半身にたまった血液を心臓まで押し上げる重要な役割があります。

その役割が出来なくなると、ふくらはぎはたちまち固くなったり、浮腫みやすくなってしまいます。

冷えても血液循環はすぐに悪くなってしまいます。

女性の大半の皆さんが夕方になると「浮腫み」に悩まされることが多いです。これは長時間同じ体制でいたことによって、体中に含まれている水分や血液が殆ど下半身に降りてしまうからです。

ですから少しでも浮腫んでしまうと、体重が増えてしまう原因を作ってしまうのです。こういう状態が続くと、いくら頑張っても痩せられないというわけですね。

それから浮腫むと、当然ふくらはぎは固く、太くなります。

本格的に痩せるためには、まず浮腫みをなくすことと、冷え性で冷たい方はそれを改善させる必要があります。

それには血流を良くすることが大事です。

アナタもふくらはぎを揉んでみよう!痩せる効果がありますよ

まだ赤ちゃんが産まれたばかりで、家にこもりがちの専業主婦の皆さんやまたは在宅ワーカーの仕事をされてる皆さんはとかく運動不足になりがちです。

特に同じ体制の時間が長いと、ますます血流の働きが悪くなりますので、ふくらはぎを揉むことによって改善されることが多いです。

それにふくらはぎを揉むことで、痩せる効果が出てくることが判明してきました!

ふくらはぎを揉んでみよう!血液循環が良くなりますよ!

オフィスのデスクワーク、自宅での在宅ワーカーなど、仕事がらどうしても運動不足になりがちなアナタには、ふくらはぎを揉むことがお勧めです。

ふくらはぎは浮腫みや冷えなどで、固くなって血液循環が悪くなっていますので、揉むことにより、それが徐々に改善されていくことが明らかになっています。

揉み方はいたって簡単です。ふくらはぎに手を当てて、ある程度の力を入れて上から下へと揉んでいけばいいのです。

ふくらはぎを揉みますと脳を刺激して、体中の血液循環を良くする効果が出てきます。それだけじゃなく、ふくらはぎのリンパ腺も刺激するので、下半身にたまっていた血液が体全体に回るようになります。

そして体が温まり、新陳代謝が改善し、体の調子も良くなってきます。

ふくらはぎを毎日揉むと、浮腫みは勿論、冷えも徐々におさまっていき、体重を減らすことが出来ます。

あの浮腫み独特の腫れぽったさが取れると、あの悩みが嘘だったかの様に、痩せる方向へ向かっていくので、何とも嬉しくなります!

出来れば、長距離でなくてもいいので、ウオーキングを取り入れると尚のこと痩せる効果は大になります。

根気よく続けよう!ふくらはぎを揉んで痩せる習慣を身に付ける!

女性は痩せることに大変興味を持ちます。そんな中でどんな痩せ方がいいのかを試行錯誤しながら、日々実行している方も多いかと存じます。

スポーツジムだとお金がかかるし、ウオーキングやジョギングは毎日やるのは抵抗があって続くかどうかも分からないと言われるアナタ。

是非ふくらはぎを揉んで痩せる習慣を身に付けましょう。

痩せることには楽は一切ありません。

楽がないからこそ、毎日の根気よく続けることが大事なのです。

そのアナタの根気と努力がダイエットに成功につながる道なのです。「自分は続かないからダメだ」と簡単に諦めるのではなく、まずは少しずつからでもいいので、根気よく始めることです。

痩せたい女性の皆さん!共に頑張りましょう!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.