椿油の効果が凄い!万能オーガニックオイルで美容ダイエット

椿油というと、力士の方が髷(まげ)を結う際に用いられるものです。しかし椿油には頭髪などに色々な効果が見込めるとされています。その中には、ダイエット効果もあるというのをご存知でしょうか。

そこで今回は、椿油を使ってどの様にダイエットを目指すのかなどについて迫ってみたいと思います。痩せたいという方はぜひ、ご参考になさってください。

ここに注目!椿油にはダイエット効果があるから試してみよう

椿油というと、髪に使ったりするものというイメージがあるかもしれません。しかし、ダイエットにも効果的なのです。

オレイン酸によってコレステロール値の低下などが見込める!

椿油はオレイン酸が主成分となっています。

このオレイン酸は、コレステロール値を低下させたり、動脈硬化および心臓の病気を予防が期待できるのです。

それに便秘の改善も見込めるでしょう。こうした点で、ダイエット効果があるとされていると考えられます。椿油は体内に摂取することもできますし、痩せたいという方はどんどんと取り入れてみてはいかがでしょうか。

肥満の予防や病気の弊害も防げるのもポイント!

上記のように、オレイン酸はコレステロール値を下げてくれますが、コレステロールや飽和脂肪酸の多い食事をし過ぎると、血中の悪玉コレステロールを増加させてしまいます。血中のコレステロールが増えれば、血管を塞いでしまい動脈硬化や心疾患といったものになってしまう恐れがあるのです。

オレイン酸は、善玉コレステロールは減らさずに悪玉コレステロール減少させてくれるため、コレステロールの増加での病気の弊害や肥満を防止できるでしょう。

ダイエット以上に健康のためにもなるということなのです。

椿油は全身マッサージなどに取り入れるのがポイント!

椿油でダイエットをするなら、マッサージなどを取り入れてみるのがポイントです。ぜひ実践してみてください。

椿油のマッサージで肌にハリや弾力が生まれる可能性がある!

椿油は、全身マッサージに使用することが可能です。少しダイエットとは異なりますが、フェイシャルやボディ、ハンド、フットなどの全身に使えるのです。お風呂に入る際やお風呂上りに肌にオイルを馴染ませてマッサージをすれば、肌のカサつきがあまり気にならなくなり、ハリや弾力が生まれるでしょう。

それに椿油を使ってフェイシャルマッサージをすると、顔のリフトアップも望めるとされているのも魅力です。

ダイエットをしながら、こうした点にも気を使うのも大事ですね。さて次は、椿油を使った実際のダイエット向けマッサージについてご紹介いたします。

これでダイエット!椿油でリンパマッサージをしよう

椿油でリンパマッサージをするというダイエット法もあります。

滞ってしまったリンパ液を、体内のそれぞれのリンパ節に流し込み排せつするという方法です。

これは、リンパをスムーズに流れるようにするというものになります。リンパが滞ってしまうと毒素の排泄ができなくなり、新陳代謝や水分の代謝が悪くなってしまい、むくんでしまうことや肌荒れ、セルライトが付いてしまったりするのです。

椿油を使ったリンパマッサージのやり方をご説明いたします。まず両手に沢山の椿油をとり、片方の耳の下に両手の手のひらを当てて、首筋に沿わせて肩の先までオイルを伸ばすようにして丁寧になで下ろしましょう。

続いて鎖骨のくぼみを指の腹を使って僅かに押して、外側から中に向けて指の腹を使いさするのです。それから背骨よりも外側にある髪の生え際付近を、指の腹を使い優しく押しましょう。

次は右の手のひらを左の脇腹に当て、右へと引っ張るようにしてさすります。これを、左も同様に行います。そして、5本の指を使いお腹の肉をつまみ、左右の手を交互に上下させて腹部全体を揉み解しましょう。

手を、水をすくうような形にして下腹を下から上へと全体的に叩きます。続いては足首です。椿油を両手にとり、足首を両手で握り力を加えつつ膝の裏までをさすり上げます。ふくらはぎを両手で包んで、筋肉を揉み解しましょう。

最後は手の形を水をすくうような状態に作り、ふくらはぎの内側を下から上へと全体的に叩くのです。

覚えておこう!椿油を使う時の注意点などについて

椿油を使うなら、注意点もあります。その点についてもしっかりと覚えておくようにしましょう。

これ必ず!パッチテストをしてから使用するようにしよう

椿油というのは、美容などの他に肌や髪の健康等に有効とされる成分がたっぷりと含まれています。けれど、それは皆に効果があるというわけではありません。肌に合わなくて皮膚科を受診するという方も中にはいるのです。

よって、使用前にはパッチテストを行うのが大事になります。

パッチテストをして問題がなければ椿油を使っても大丈夫と考えられます。もし使っている途上で肌にトラブルが起こったなら、使用しないようにしましょう。使わなくなっても症状が出たままであれば、病院にいくことが賢明です。

口から摂取するなら食用のものを使用するなどがカギ!

椿油を口から摂取するなら、食用のものを使うのが重要になります。

また、どれだけ良いオイルだったとしても、摂りすぎてしまえばカロリーオーバーです。逆に太ってしまいますので、量は適切にするのが大事です。それにオレイン酸はお通じを良くしてくれますが、日常的にお腹を壊しやすいという方はもしかしたら合わない可能性があります。

その油大丈夫?椿油は保管についても気を付けよう

椿油は性質として酸化しにくいのですが、使用期限がありますし品質が低下することもあります。よって、保管する際には品質が下がらないように直射日光もしくは高温多湿の場所に置かないようにして、冷暗所に置くようにしましょう。

また、とても気温の低い場所であればオイルが白く濁ってしまうために、常温で保管するのがポイントです。それにオイルは空気に触れると酸化しやすくなります。なので、オイルを取り出す以外は蓋をきちんと閉めておきましょう。

注意点なども把握して椿油でダイエットをしてみよう!

椿油にはオレイン酸が含まれていて、これによりコレステロールの低下が見込めます。また肥満を防止できますし病気の予防になるのが魅力です。さらに椿油で全身マッサージをすると、肌にハリや弾力が与えられます。

そしてダイエットで椿油を利用するなら、リンパマッサージに用いる方法もあるのです。椿油を摂るなら、食用のものを選ぶといった注意もありますし、肌に使うならパッチテストをしてからにしましょう。

保管にも十分気を付けるのも大事になります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.