ダイエット中のストレス解消法。運動や食事制限が辛いときに実践

ダイエット中は普段の生活に運動や食事制限といった制約が加わることでストレスが溜まりやすくなります。

適度なストレスは人間にとって必要不可欠なのですが、溜め込むと体にも心にも悪い影響を及ぼすため、放置するのはよくありません。

ストレスを解消しないままダイエットを続けていると、痩せるどころか余計に太ってしまったり、情緒不安定になることがあります。

楽しく健康的に痩せるために、ダイエット中のストレス解消法について正しい知識を身に付けましょう。

過度のストレスはダイエットを妨げる原因となる

ダイエットに多少のストレスは付き物です。

まずはダイエットとストレスの関係性について説明します。

ストレスを感じるとコルチゾールが増える

ストレス太りという言葉がありますが、この原因の一つとされているのがコルチゾールというホルモンです。

別名ストレスホルモンとも呼ばれ、ストレスが溜まれば溜まるほど分泌量が増えます。

コルチゾールが増えることで、食欲を抑えたり精神を安定させるセロトニンの分泌が阻害され、イライラや過食を引き起こしてしまうのです。

また、コルチゾールには脂肪の合成を促進したり血糖値を調整するインスリンの働きを低下させるといった作用もあります。

したがって、ストレスを感じやすい人ほど太りやすい傾向があるといえます。

ストレスは基礎代謝を低下させる

痩せやすい体になるには基礎代謝を向上させる必要があります。

しかし、ストレスが溜まると基礎代謝はどんどん低下していきます。

基礎代謝が低下すると筋肉量が減って脂肪が蓄積されやすく、カロリーも消費されにくくなります。

その結果、ダイエットを続けてもなかなか効果が出ず、さらにストレスが溜まるという悪循環に陥ってしまう可能性があります。

自分に合ったストレス解消法を取り入れよう

ダイエットとストレスに深い関係性があることはこれまでの説明でお分かり頂けたかと思います。

ここから先はダイエット中にオススメのストレス解消法をいくつか紹介していくので、自分に合うと思う方法をぜひ試してみてください。

自分にご褒美をあげる

食事制限をしている場合、自分にご褒美をあげる日を週に1日程度設けるとよいでしょう。

ダイエット中だからといって、脂っこいものや甘いものを一切食べてはいけないというルールはありません。

ただ我慢するのではなく、時々好きなものを食べるようにしましょう。

1日くらいカロリーオーバーしたとしても、急激に太ることはないので安心してください。

趣味を楽しむ

空腹はあまり感じないけれどとにかくイライラするという場合、趣味を楽しむのがオススメです。

スポーツ・音楽鑑賞・カラオケ等、自分が楽しいと思えることなら何でも構いません。

趣味に没頭すると心身のリラックス効果が高まり、ストレスがかなり軽減されます。

体を動かして気分転換

特に趣味がない人はとりあえず体を動かしてみることをオススメします。

体を動かすと言っても、激しいトレーニングやスポーツをする必要は全くありません。

近所を軽く散歩したり簡単なストレッチをするだけでも十分な運動になります。

ウォーキング・ジョギング・スクワット・エアロビクス等、一定のリズムを刻みながら同じ動きを繰り返す運動はセロトニンの分泌を活性化させる効果があるので、自分が続けやすいと思うものを取り入れてみましょう。

ダイエットは無理せず楽しく行うのが一番!

最後におさらいとまとめをします。

ダイエットを成功させるうえで重要なのはストレスを上手に解消することです。

ストレスが溜まってコルチゾールが増えたり基礎代謝が下がることで、太りやすく痩せにくい体になります。

好きな食べ物・没頭できる趣味・軽い運動はストレス解消に効果的です。

ダイエット中でなくても、人間は常に何らかのストレスを受けながら生きているため、完全にストレスを失くすのは難しいですが、ちょっとした工夫で緩和・軽減させることは可能です。

なかなか結果が出ないからと、自分を責めたり焦ったりしてはいけません。

決して無理をせず、気持ちに余裕を持ち、楽しくダイエットすることを心がけましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.