セルライトとさよなら!スラリと美脚を手に入れる方法!

ダイエットをする時に一番気になるのがセルライト。「エステに行かないと減らない」というイメージが強いですよね。自宅でもローラーでひたすらゴリゴリとマッサージしているのに美脚に近づけない、なんてお悩みではないでしょうか?

それではセルライトを減らして美脚に近づくための自宅で出来る正しいケアとは何かをご紹介していきます。

セルライトに医学的根拠なし!

太ももやお尻のセルライト。お肉をつまむとボコボコとしていて、多く付いてしまっている人はつままなくても皮膚の表面がボコボコとして見えてしまいますよね。その見た目からオレンジピールスキン(オレンジの皮のようにデコボコとした状態)と言われることもあります。

でも、セルライトって物質は医学的には存在しません。セルライトという言葉の由来は細胞を意味する「cellule」と鉱物を意味する「ite」が合わさった造語と言われています。

セルライトって脂肪ではないのか

セルライトってどこから生まれたのか気になりますよね。

まず、セルライトとはどんな性質を持っているかと言うと

  • 皮下脂肪同士がくっついたもの
  • 脂肪細胞に老廃物が付着して固まったもの
  • 血管の周りに付いている

このような特徴があります。

セルライトは血管の周りに付いているため血管を圧迫して血行が悪くなり、さらに血行が悪くなると老廃物がたまるので、それがまた脂肪細胞にたまり大きくなっていく。まさに悪循環の塊です。

更に脂肪細胞は老廃物によって大きくなる時、それぞれの細胞の塊が大きくなっていくため、皮膚の表面がボコボコとして見えるというわけです。

皮下脂肪とどう違うのか

普通の皮下脂肪はいわゆる蓄えです。栄養不足などに陥った時にその脂肪がすぐエネルギーになる。そのため減食したりしてすぐ減らせるのは普通の皮下脂肪です。

しかしセルライトというのは老廃物によって大きくなって冷え固まっている脂肪細胞なので、そんなすぐにはエネルギーとしての役割を果たせません。むしろ大きくなることで血管を圧迫して血行が悪くなり、冷えやむくみの原因になる。そしてそんな状態が続けば老廃物がたまりセルライトが…繰り返しますが、悪循環の塊なのです。

物質そのものはセルライトも脂肪なのです。でもセルライトとは減らすのが難しい厄介な脂肪。どうしたら減らせるのか?

セルライトを撃退できるのはエステだけじゃない!

セルライトを減らす方法として代表的なのがマッサージです。でも自宅でローラーでケアしたり、力強くハンドマッサージしても全然減らない…と思ってまいせんか?

そこで何故エステで施術をしてもらうと効果が目に見えるのでしょう?答えは簡単です。エステではマッサージだけしている訳ではないからです。

キャビテーション

セルライト対策として有名なのが「キャビテーション」です。キャビテーションとは何かご存じでしょうか?

キャビテーションとは、圧力の差によって液体中に気泡が発生する現象です。 この現象を脂肪に働きかけることによって脂肪細胞の中に気泡を発生させ、気泡がはじける作用で脂肪細胞を内側から破壊するのがキャビテーショントリートメントです。
引用元:エステサロンBloom

「脂肪細胞を内側から破壊」して脂肪の性質を変化させる効果があるようです。

ラジオ波

もう一つエステでの痩身メニューとして耳にするのがラジオ波。

「ラジオ波」とは「無線周波数」のことで、0.03MHz~300MHz. (30,000Hz. ~ 300,000,000Hz.)の周波領域をいいます。
引用元:株式会社インディバジャパン

キャビテーションもラジオ波もエステ業界が使っている俗称です。

キャビテーションに関しては「現象」で、それを特殊な機械で超音波を発生させて、その振動でキャビテーションという現象を起こしているようです。このキャビテーションという現象で脂肪が破壊され、固まった脂肪が柔らかく変化します。ラジオ波は高周波を当てることにより、脂肪を温め溶かす。そういった効果が期待できるようです。

キャビテーションとラジオ波だけじゃダメ

キャビテーションやラジオ波は脂肪を柔らかくしてくれますが、ここから排出するのが大変なのです。思い出してください。セルライトは厄介な脂肪です!

セルライトに変化していない皮下脂肪でもエネルギーとして燃やさなくては排出されません。そこでエステではキャビテーションやラジオ波とセットでリンパマッサージの施術をしているところが多いのです。脂肪を柔らかくして柔らかくなったばかりの状態ですぐリンパマッサージを行うことで排出を促す効果が高まり、すぐ効果が目に見えて分かるという仕組みになっています。

キャビテーションやラジオ波なんて自宅にありません。必死にマッサージしていたのが無駄だったの?とがっかりされている方。ご安心ください。セルライトは厄介な脂肪なので、一工夫が必要なだけなのです。では効果的に減らせる正しいケア方法は何かをご紹介します。

セルライトは溶かして排出!毎日10分のマッサージ法

ここまでで「セルライトを減らすのは無理」なんて心配になっていた方、ご安心ください。もちろんエステで施術を受けるよりはすぐ効果は出ません。しかし一気にとってもまた付いてしまったら本末転倒です。自宅で出来るケアを習得して、美脚を維持するのです!

温めることが先決!

エステではキャビテーションやラジオ波を使う効果を紹介しましたが、自宅で行うマッサージもただ気持ちよくマッサージしただけでは減ることはありません。身体を温めることがイチバンのポイントになります。冷えて固まっているセルライトを排出しやすいように変える必要があるのです。

そこで、セルライトを排出しやすくするポイントを挙げましょう。

  • お風呂上がりなど身体が温かいタイミングを狙って行う
  • 血流を良くするためストレッチで身体をほぐす
  • マッサージで血行促進

この3つがポイントとなります。冷えたものを溶かすためには温めるという方法しかありません。

まずは太ももをストレッチせよ

セルライトって太ももやお尻に付きやすいですよね。それは、血流が滞りやすい個所だからです。まずはこの部分をきちんとストレッチをしてリンパを流しやすい状態にすることが大切です。やり方はとても簡単です。

【太ももの前部分のストレッチ】

1.横向き、またはうつ伏せで寝る
2.膝を曲げて足首を持つ(右足だったら右手で、左足であれば左手)
3.身体を反らせるような感覚で太ももが伸びているのを感じる位置で10秒キープ

【太ももの後部分のストレッチ】

1.仰向けに寝る
2.膝を曲げてももの裏側を両手で持ちお腹の方に近づける
3.背中を曲げないよう注意しながら太ももが伸びているのを感じる位置で10秒キープ

気持ちよいところで大丈夫です。強くやり過ぎて傷めないように注意して行ってください。

マッサージは“下から上へ”が基本!

マッサージの目的はリンパや血流を良くすることです。血流を良くすることによって一緒に老廃物が流れていき、排出へと促すという役割を持ちます。老廃物の排出は汗などもありますが、やはり一番は排泄することです。きちんと排泄へと促す器官へ老廃物を流すために“下から上へ”、足で言うとつま先から付け根のほうへマッサージすることが大切です。

【Step1:足裏のマッサージ】

1.足指をギュッと曲げると凹む指の付け根の中心部分を指圧
2.足裏の中心部分を指圧
3.手の指を曲げた第二関節で、土踏まず側の柔らかい部分を全体的にマッサージ
4.足指と手の指を絡めて足首を回す
5.回したらゆっくり足先の方に向けて、絡めた手の指を抜く

【Step2:脂肪をつぶすことを意識しながらマッサージ】

1.足首から膝にかけてリンパ(足の外側のライン)を意識しながらマッサージ
2.セルライトの気になるところを、指の腹でつまむようにつぶす
(注意:皮膚に痣が残らないよう、爪を立てたり力を入れ過ぎないように)
3.くるぶしの辺りから足の外側に沿ってゆっくりリンパマッサージ
4・恥骨の横の辺りの付け根を、手をグーの状態にして2,3秒指圧する

理想にしていた美脚への近道

「疲れているし」「そんなゆっくりしている時間がない」なんて思ったあなたは美脚への道は遠いかもしれません。でも、入浴後にテレビを見ながらダラダラとリラックスタイムを取ったりしていませんか?その10分を今回ご紹介したストレッチやマッサージの時間に変えるだけで、いつの間にかセルライトが減っていた!なんてことも。

テレビを見ながらでもいいのです。仕事の休み時間やお手洗いの時間にストレッチをするようにすると、むくみも取れて一石二鳥です。

エステに行けば目に見えて効果も出ます。即効性もあります。でも美脚を維持するためには結局自宅でストレッチやマッサージをこまめにやるほうが効果的なのです。これを期にこのマッサージを日課に出来れば、あなたも理想の美脚へと近づけるはず!ぜひやってみる価値ありです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.