椅子で体幹を鍛えてダイエット!うまく鍛えられるアイテムはコレ!

ダイエットは永遠のテーマで、痩せる事に関しては何十年も前から雑誌などでも常に話題に取り上げられ、ネットでも常に注目のワードであることは間違いありません。

通販などでもダイエットに関するグッズが山のように売れていて、ものすごい売上を誇るものもあります。

そんな中で注目を浴びているのが、なんと椅子なんです。

椅子に座るだけでダイエット効果があると言われているのですが…本当なのでしょうか。効果が本当にあるのならば購入したいと思う人も多いと思います。

実際、効果はどのようなものなのか…その点について調べてみました。これからダイエットをしたいと思っている方は是非、最後まで読んで検討してみてくださいね。

知りたい!そもそもダイエットになる椅子ってどんな効果があるの?

痩せる方法は本当にたくさんの種類がありますよね。

皆さんがよくやられているのは、おそらくカロリー制限を行う方法なのではないでしょうか。

昔からある定番のダイエット方法だけあり、きちんと続けることで効果がしっかりと出ると思います。

ただ、正直、食事制限だけを行うのは辛いですし、長続きしない人もたくさんいます。

そんな時は運動を一緒に取り入れると、とても効果的にそして比較的短期間でダイエットすることが可能になります。

ただ運動するのも正直苦手で、辛いという人もやはりたくさんいます。

しかし、食事制限だけでダイエットしようと思ってもどうしてもお腹が空いてしまいますし、それを耐えるのは辛いと感じる方もたくさんいますので、このような方の場合は効率よく体を鍛えると良いでしょう。

運動が苦手な方の場合、体を鍛えるというワードを聞くだけで拒絶反応を示す方も多いと思いますが、今、日頃座っている椅子の上にある特殊な座椅子を乗せるだけで痩せることが可能なグッズが売られていて注目を浴びてるんですよ。

その座椅子は少し不安定で、一瞬座り心地が悪く感じるのですが、不安定な分、体のバランスをとりながら座らなくてはならず、そうなると背筋が自然と伸び、体の中心が自然と鍛えられ結果、椅子に座りながら筋トレができるような感じになるんです。

この座椅子を自宅の椅子や、オフィスなどで使っている方も多いぐらいなんですよ。

ぶっちゃけ、座椅子の効果は?!

さて、不安定なこの座椅子…ぶっちゃけ効果はどんなものなのでしょうか。

最初座ると違和感を感じますので、これはダイエットに効果的だと感じられるのですが、この類の座椅子実は体がどんどんと慣れていってしまうんですよね…。

そして慣れてしまうと、あまり効果を体感できなくなるのも事実なんです。

不安定で体の中心を鍛えるのに最初は効果的だと思うのですが、その内、不安定な座椅子に座ったままの状態で腰を浅く腰掛けて、足を投げ出し姿勢悪く座れるようになってしまうんです。

リクライニングシートの上にその座椅子を乗せた場合は最初は背筋が伸びますので、リクライニングシートの背もたれに体を預けることができなかったのですが、慣れてくるとその座椅子に座ったままの状態でリクライニングシートを倒したりすることができるようになってしまうんです…。

早い話、背筋を伸ばすための座椅子であるのにも関わらず、慣れてくることで基本姿勢から大きく外れても平気で座れるようになってしまうのが最大の欠点と言えるでしょう。

ぶっちゃけ、その違和感のある椅子の形状に慣れてしまったら最終的にはその椅子の効果も感じなくなってしまうんです。

それなりに個人差はありますが、比較的早い段階で効果が実感できなくなってしまうと思っていた方が良いかもしれません。

一か月その効果を得ることができれば良い方でしょう。

この座椅子自体、正直、安いものではありませんので、この椅子を購入してもったいなかったと感じてしまう懸念は高いと言えます…。

ただ、椅子に座って正しい姿勢を保つということはこういうことなのだと言う感覚は分かると思います。腰の辺りを椅子の両サイドがぐっと持ち上げるような感覚がありますので、それによって正しい姿勢をとることができるのですが、ただそれも買って1ヶ月もたたないうちに慣れてしまう可能性が高いです…。

ズバリ!バランスボールに座る方が効果的!

姿勢を矯正してくれるその座椅子は最初は良いものの、慣れてくることで効果が出なくなってしまいますので、本格的にダイエットを目指すのならばぶっちゃけ、バランスボールを椅子代わりにして使うほうが非常に効果的なんです。

バランスボールは姿勢を正し、インナーマッスルを鍛えるのに非常に有効です。

会社でバランスボールに座りながらパソコン作業などを行うわけにはいかないところも多いと思いますが、そんな場合はせめて、バランスボールを購入して家で椅子代わりに座るようにすると良いかもしれません。

バランスボールは玉状ですので、それこそバランスをとっていないと転倒することになってしまいます。

転ばないようにするには、体の中心にしっかりと力を入れて踏ん張らなくてはなりません。

かなりの全身運動になるのは間違いないでしょう!

現にバランスボールを椅子代わりとして利用している人も多く、姿勢を正しくする座椅子を使うよりも長い期間、効果的に利用できると思いますよ。

実はバランスボールを会社内で取り入れているところも増えてきているんです。

それぐらいバランスボールは非常に効果的だということになります。

パソコン作業などをしていると姿勢が悪くなりがちですので、バランスボールで体の中心を鍛えながら入力作業をすることで、肩こりなどから解放される可能性が高くなります。

ただ、会社でバランスボールを導入しているところが増えてきていると言ってもまだまだ少ないです。

せめて家では椅子代わりにバランスボールに座る癖を付けて、インナーマッスルを鍛えましょう!

注意!思わぬ転倒で大怪我になることも!

バランスボールは姿勢の矯正座椅子よりももっとダイエット効果が高いですが、ふざけて使っていると思わぬ動きをして、大怪我につながる可能性がありますので注意をしなくてはなりません。

バランスボールはボールですので転がっていくのが当たり前です。

その上に座るのですから、少しバランスを崩すだけで背中から落ちたりすることもありますので、ふざけず、体を鍛えて姿勢を整えるんだと言うきちんとした意識の元で使うようにしてください。

覚えておこう!バランスボールを椅子として使う時のコツ!

バランスボールを椅子として使うときのコツとして、まだバランスボール自体に慣れていない場合はボールにパンパンになるほどの空気を注入するのはやめておきましょう。

パンパンに入れると不安定度がアップしますので、その分インナーマッスルが鍛えられ、背筋も十分に伸びるのですが、慣れていない分、体を支えきれず転倒する可能性が高くなります。

また転倒しないようにインナーマッスルに力を入れることに集中しすぎて、本来やらなければならないことに手がつかなくなることが多いんです。

そして、翌日びっくりするぐらいの筋肉痛に見舞われることが多いですので、いきなり欲張ってパンパンに膨らましたバランスボールを椅子代わりに使うのは控えることをお勧めします。

一番最初にバランスボールを椅子として使う場合は、足が直角になり、足の裏がきちんと地面につく角度になるように空気を抜きつつ、うまく調整しながら座るようにしてください。

その状態に慣れてきたら徐々に空気を多めに入れて、つま先のみ地面に着かないような状態にして、椅子代わりとして使ってみましょう。

その頃にはつま先だけでも転倒しないぐらいのインナーマッスル強化状態になっていると思います。

また、バランスボールは直径が色々ありますので、自分の身長や足の長さによってチョイスが違ってきます。間違えて購入しないようにしてください。

選び方がわからない場合は、スポーツ用品店の店員さんにきちんとアドバイスをもらうようにしてから購入してください。

結論!痩せやすい体を作るにはバランスボールを椅子代わりに使おう

いかがでしたか。

姿勢を矯正する高い座椅子を購入するのも良いのですが、慣れてしまうことで効果を感じることができず、早い段階でがっかりしてしまう可能性が高いです。

それならばバランスボールを椅子代わりにして、しっかりとインナーマッスルを鍛えるようにしてみましょう。

それが習慣化するとかなり体の中心が鍛えられますので、非常にお勧めですよ。

最近運動不足である、姿勢が悪いと自覚している、肩こりや首こりが辛い、なかなか痩せることができない…このような悩みを持っている方は是非バランスボールで自分の体の中心をしっかりと鍛えるようにしてみてください。

それだけで悪い習慣が強制され、疲れにくい体を作ることが出来ると思いますよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.