成功者が続出!チアシードを駆使するお手軽ダイエット方法を伝授

チアシードはすでに知っている方も多くなってきていますが、大さじ一杯分だけで1日に必要な栄養素を摂ることが可能なだけでなく、腹持ちが良く満腹感も得られるので、余分な脂肪や美容が気になる方にはとても強い味方となってくれます。

そんな何かと話題になっていることの多いチアシードですが、食べ方を間違ってしまっている人も意外に多くて、せっかく毎日続けられていることを無駄にしてしまっている人も多かったりもします…。

もちろん効率の良い摂り方や栄養素がどのように作用するのかなどもまとめておいているので、チアシードを試してみたい方や正しい摂り方を確認しておきたい方は一度目を通しておいてください。

チアシードを試してみたい場合どうやって食べるのが良いの?

チアシードは粒の中に豊富な栄養素が凝縮されているだけではなく、飲み物や料理に混ぜるだけで摂ることが出来るのが特徴になります。ダイエットを出来るだけ手間を掛けずに継続したい方にはうってつけの食材となります。

チアシードは見た目がゴマよりも細かな粒上の形をしていて回りの水分を吸収するのが特徴で、水やジュースなどの飲み物に混ぜることで大きさが約10倍位に膨らみます。スープやヨーグルトなどにも混ぜて食べてみるのもおすすめです。

水分を吸収することで種の表面にゼラチン状の物質が出来ていきますが、これらの成分は水溶性の食物繊維となります。ゼラチン質の食物繊維を摂る事によって、満腹感だけではなく食物繊維も多めに摂ることが出来るので、ダイエット食材としてはとても優秀です。

おすすめな使い方もまとめて紹介

全てのチアシードが膨らみきるのには数分程度掛かかってしまうので、料理の材料として使う方法もあります。クックパッドなどで検索してみても様々なアレンジレシピが公開されています。

最近では既にチアシードが入った状態で販売されている商品も増えてきていて、スーパーやコンビニなどで購入することが出来ます。チアシード入りのジュースを飲んでおくだけでも、十分な満腹感を得られるので、余計な物を食べてしまう心配も少なくなります。

チアシードは他のダイエット食材と比べてみても、飲み物や料理に混ぜておくだけなのでとてもお手軽です。食事前や間食などに事前に食べておくことで、食べすぎを防ぐことが出来ます。

チアシードだけでも一日に必要な栄養素を大よそ摂取することも一応可能ですが、規則正しい食事をすることが当然前提となります。

出来上がったチアシードがなんか気持ち悪くて食べにくい

チアシードを水に戻す方法以外にも、料理のトッピングなどにしたりして使用するという方法もあります。水で膨らませた時の見た目が、カエルの卵や羽化した直後のタニシっぽくていまいち苦手…という方はこちらで試してみるのがおすすめです。

ご飯やサラダなどにゴマのようにふりかけたりする方も多いですし、ハンバーグやパンケーキなどに練りこんでみたりするという方法もあります。ただ、体内で膨張はしますが水に戻した場合よりも満腹感や食物繊維などの効果は薄れてしまいますので気をつけてください。

食べ過ぎは逆効果に!チアシードの間違った食べ方って

チアシードはダイエットや美容などにはとても適した食材になりますが、あくまでも種の一種となるので一日の摂取量を越えてしまうと同時にカロリーも増加していってしまいます。一日あたりの適量(大さじ一杯分)を明らかに超えてしまうような摂り方は避けるようにしてください。

チアシードをそのまま生で食べようとする方もいますが、口の中で噛み続けていると水分をチアシードが吸収してしまい気持ち悪くなってしまうのであまりおすすめは出来ません。ゴマはすりつぶした方が消化されやすいですが、チアシードはそのまま食べても基本的には大丈夫です。

  • チアシードは飲み物や料理に混ぜるだけで使用することが出来て、満腹感と食物繊維をとることも可能なのでダイエットととても相性が良い。
  • その他にもトッピングや練りこみといった使い方もある。ただ、一日当たりの適量は守った方が良い。

美肌やデトックス効果も!通称スーパーフードの驚きの効果とは

チアシードを食べることを毎日継続することで、ダイエットだけではなく美肌やデトックスといった効果もあります。数多くの栄養素をお手軽に摂取出来るので、面倒なことが苦手な方でも続けられるかと思います。

理想の体型を手に入れる為にはダイエットをする必要があるかと思います。チアシードは水に混ぜることによって大よそ10倍の大きさに膨らみます。この腹持ちの良さと満腹感がダイエットをしている時の空腹と戦う強い味方となります。

間食や小腹がすいている時には、カロリーが高いお菓子を食べたくなってしまう人も多いです。そうなってしまう前にチアシードを摂っておくと、お菓子などを食べすぎてしまうことを事前に防ぐことも出来ます。

好きな物に大さじ一杯足すだけで必要な食物繊維が摂れる

チアシードには必須アミノ酸の他にも食物繊維が先ほど説明した通り他の食材と比べてみて多く含まれています。食物繊維を多めに摂ることで、ご存知の方も多いと思いますがお通じなどが良くなるので、内側から効率的に痩せることが出来ます。

食物繊維をより多めに摂りたい場合には、ごぼうやえのきなどを調理の際に多めに使おうと意識してしまいがちですが、チアシードは大さじ一杯分で4g位の食物繊維を摂ることが可能になります。好きな飲み物や料理に混ぜるだけなので試してみてください。

チアシードは黒色の他にもホワイトチアシード(サルバチア)といった物もあります。膨らむ倍率も15倍前後となっていて、必須アミノ酸などの栄養素もやや高めになのでおすすめですが、黒色の物よりかは値段が高めになってしまいます。

チアシードはツブツブ感や見た目がいまいち苦手な人もいると思いますが、よく飲むことの多いジュースなどに気にならない程度の量を混ぜておいたりすることで、そこまでは気にはならなくなってくるかと思うのでおすすめです。

チアシードに含まれている栄養素をより具体的に紹介

チアシードは先ほども説明しましたが、大さじ一杯分で一日分の栄養素を摂ることが可能です。そう言われる理由としては、チアシードには他の食材よりも必須アミノ酸がとても豊富に含まれているからです。

必須アミノ酸には、ダイエットやアンチエイジングだけでなく、美容効果や生活習慣病対策などに効果があるとされています。なので、美しく痩せたい場合には必要不可欠といっても良い位摂っておいてもらいたい栄養素となります。

その他にも必須アミノ酸は人間の体内では作ることが不可能なだけでなく、大きく分けて9種類もあると言われていて、それぞれバランス良く摂取しないと身体に栄養として正しく作用しなくなってしまいます。中には、サプリメントなどで足りない部分を補っている人も結構いたりもします。

チアシードには必須アミノ酸が8種類も含まれているとされているので、9種類のほとんどを補うことが可能とされています。食材でここまでの必須アミノ酸を摂取出来るのも、ダイエットにチアシードを使用するメリットの一つです。

それ以外にもチアシードには、オメガ3脂肪酸が多く含まれているのも特徴の一つです。オメガ3脂肪酸はえごま油や青魚などに多く含まれているイメージがありますが、チアシードからでも十分な量を摂取することも可能です。

その他にも、たんぱく質やマグネシウムといった体にとって重要な栄養素も十分に含まれていますし、鉄分が多いのも貧血がちな方には頼もしいと思います。飲み物などに加えて混ぜるだけでいいのがとても便利です。

そんなチアシードの栄養素をちゃんと知っておきたい

こちらが成分表になります。

チアシード 大さじ一杯分
エネルギー 51kcal
たんぱく質 20mg
食物繊維 4g
オメガ3脂肪酸 2.6g
マグネシウム 40mg
鉄分 0.8mg
亜鉛 450mg
オメガ3脂肪酸は脂肪酸の一種でリノレン酸とも言われていることも多いです。先ほど説明した通りダイエット、美容や生活習慣病対策などに効果的として注目されるようになってきました。皮膚や粘膜などの細胞の機能を正常に戻す効果なども期待できます。
必須アミノ酸はタンパク質の一種とされていています。人間の体を作るアミノ酸は全部で20種類ありますが、体内で作ることが出来ない9種類のアミノ酸のことを必須アミノ酸といいます。

アミノ酸は脂肪や糖質などを組み合わせることによって補うことが出来ますが、必須アミノ酸は食べ物などからしか摂取することが出来ません。

必須アミノ酸は美容目的でも摂取してみるのを強くおすすめします。アンチエイジングの際には定番になるコラーゲンなども、元々はアミノ酸から作られているので、美容目的でのチアシードの飲用もおすすめです。

活性酸素も除去!オメガ3脂肪酸を正しく摂ることで老化防止

その他にもオメガ3脂肪酸には活性酸素を身体から除去する効果があるので、老化対策にもとても効果的になります。ダイエットや美容にこれだけ効果的なことを考えてみると、チアシードが話題になる理由も納得ですよね。

  • チアシードにはダイエットの他にも美容効果なども期待することが出来る。より栄養素が高いホワイトチアシード(サルバチア)といった物も。
  • チアシードには必須アミノ酸やオメガ3脂肪酸といった必要不可欠な栄養素を大さじ一杯で摂ることが可能。

間違った食べ方だと効果が無い!?チアシードの正しい摂り方って

チアシードはダイエットに利用すると様々な恩恵を得ることが出来ますが、副作用や効果がないといった噂も意外にあります。チアシードは自然食品なので、どこまでが本当なのか心配な人も多いと思います。

チアシード自体に副作用や危険性といったものはありませんが、一度に目安の摂取量を超えてしまうような摂り方をすると、下痢や嘔吐といった症状があったりします。下痢まではいかなくても、お腹ゆるく状態がしばらく続くようなこともあるので、一度に大量に食べることは避けるようにしてください。

中には、ダイエット食品を摂り続けている安心感から食事の量を元に戻してしまう人がいますが、摂取カロリーが増えてしまうと痩せるのは当然困難になってきます。食事前や間食などにチアシードを取り入れることで、食べ過ぎてしまうのを事前に防ぐなど工夫することも重要になってきます。

食物繊維を毎日摂っているつもりが便秘の原因に…

チアシードには先ほどから説明している通り食物繊維が豊富に含まれています。ただ、戻す時には必要最低限の水を使うよりかは、出来るだけ水分も多めにとっておいた方が身体に吸収されやすいです。

水分をあまり摂らなかったり食事がチアシードばかりに偏ってしまうと、今度は便秘などの原因となってしまいます。チアシードは一日に必要な栄養素が凝縮されていますが、規則正しい食事を心掛けることがダイエットを行っていく上での基本となります。

チアシードを水に戻さずにトッピングとして使う方法もありますが、摂取量を超える量をそのまま食べてしまうのも、人によっては便秘の原因となる場合があります。

チアシードは水分を吸収することで「グルコマンナン」を分泌しますが、この成分を摂る事によって便秘などの症状が改善されます。そのまま食べても食物繊維を摂る事は可能ですが、便秘の状態が続いてしまう場材には、出来るだけ水を使って食べるように切り替えてください。

チアシードには副作用があると言われてしまう主な理由としては、アレルギー体質の方にはアレルギー反応が起こってしまうことがあります。特に、穀物アレルギーを起こしてしまう方は、チアシードでもアレルギー反応を起こしてしまう場合があるので、初めて食べる時には注意するようにしてください。

有害物質や発がん性があると話題になってしまったのは本当?

市販のチアシードに「アフラトキシン」という発がん性を持っているカビが検出されたことで、悪い意味で話題になってしまったことがあります。ただ、チアシードにそのようなカビが付着しやすいのではなく、販売していた会社の衛生管理に問題があったのが原因なので、チアシード自体に問題があったわけではありません。

チアシードは海外で輸入した物を販売していることが多いので、日本とは衛生管理が異なることがどうしても多くなります。カビなどが付着しているような物を購入してしまわない為にも、購入する前にはまず安心して食べることが出来る物なのかの確認だけは絶対にするようにしておいてください。

  • チアシードは食べ過ぎたり戻す時に水が不足していたりすると、下痢や便秘の原因となることがある。アレルギー体質の方は特に注意が必要。

スーパーフードとは言ってもやっぱり毎日継続することが基本に

どうしても説明不足になってしまいますが、説明してきたことを3ヶ条にまとめてみると。

  • チアシードは少量で満腹感や食物繊維をとることが出来るのでダイエットととても相性が良く、飲み物や料理に混ぜるだけで使用することが出来るので比較的に続けやすい。
  • その他にも必須アミノ酸やオメガ3脂肪酸なども摂取出来るので、同時に美容効果なども期待することが可能に。
  • ただ、間違った食べ方をしてしまうと、下痢や便秘の原因となるので、適量(大さじ一杯位)を守って毎日食べることが重要。人によってはアレルギー反応もあるので要注意。

まずはチアシードが自分に合うか合わないか試してみて

チアシードは他のダイエット食材と比べてみても、細かい粒上なので色々と応用することが出来ます。
自分の好きな物などに軽く足すだけのダイエット方法となるので、成功者が多いのもおすすめの出来る特徴のひとつになります。

理想の体型を目指したい場合でも、いきなり食事制限やきつめな運動を続けてみようとしても、途中で挫折してしまう人はやはり多いです。なので、入口としてチアシードを試してみるのも良いかと思います。

チアシードには必須アミノ酸などの必要な栄養素も豊富に含まれているので、ダイエットの際に体に無理な負担も掛からないというのも安心です。それに加えて、美容などにも効果があるというのもとても助かります。

これだけチアシードをダイエットや美容の際には有効的と紹介してきましたが、人によっては体長不良やアレルギー反応なども起こりやすいのも事実です。

適量を守って継続していくことが重要になりますし、自分の体質に合わない場合は、無理せず他の向いていそうな方法に切り替えてみるというのも悪くはないかと思います。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 脂肪が気になるなら燃やせばいいじゃない【ダイエットワネット】 All Rights Reserved.